星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 

【 福島発 : 新しい反人種差別ムーヴメント 】《3》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

ヘイトスピーチ関連のデモや集会は福島第一原発の事故の補償金までやり玉に挙げ、原発難民に落とされた人々まで攻撃の対象にした

ヘイトスピーチ・デモの参加者は減少、しかし姿を隠したソーシャルメディアの虐待的差別発信は多数

 

ビビアン・ショー / アルジャジーラ  2017年3月12日

 

最終的に『しばき隊』は対レイシスト行動集団(C.R.A.C)へと発展しました。

彼らは日本国内でヘイトスピーチや差別集会の頻度の高い場所にカウンター・デモを行うための地方支部を準備開設しました。

その場所は大阪、京都、北海道、沖縄、そして福島県が含まれます。

C.R.A.C.の結成母体となったのはそれぞれの立場で人種差別との戦いを続けてきた文化事業従事者、音楽家、デザイナーなどです。

彼らは反ファシズム・ファッションを『かっこいい』ものにするべく、Tシャツや帽子をデザインし、クラブ・パーティーの開催も行いました。

 

日本の法務省の調査では在特会とそれに類似するグループが2012年4月から2015年9月の間に開催したヘイトスピーチ関連のデモや集会は1,100回以上に上っています。

こうした集会などで在特会が攻撃対象にしているのは主に在日韓国朝鮮人ですが、矛先を向けられ被害を受けたのは中国人、難民、そして移住してきた家族など、その幅は広がっています。

彼らは福島第一原発の事故の補償金や賠償金までやり玉に挙げ、事故によって避難を余儀なくされた人々まで攻撃の対象にしたのです。

 

▽ ヘイト・スピーチの禁止

 

結局、ヘイトスピーチ集会やデモに参加していた人数、そして在特会のメンバーは数の上で減少局面へと転じました。

特に2013年夏に在特会会長の桜井誠氏が起訴され、2009年に朝鮮学校に通う小学生たちに対して行った脅迫行為に対し、約1,200万円の損害賠償を命じる最高裁判所の判決が下されるなどのスキャンダルが起きると、その傾向はより明らかになりました。

さらに連携して日本の差別問題に関する情報発信を行う世界中の報道機関、人権活動家、人権擁護団体、そして政策担当者の数が増加した結果、2014年夏、日本に対し国連が状況の改善を求める厳しい勧告を行うことになったのです。

 

さらに国内の人権活動家と一部政治家が協同してこの問題に取り組んだ結果、2016年5月には日本で初めてヘイトスピーチ集会を禁止する法律が成立し、この問題への取り組みを続けてきた人々の手に一定の成果がもたらされたのです。

 

それでも2017年になっても尚、在日韓国朝鮮人やその他の国々の人々に対するヘイトスピーチ集会が公共の場で続けられています。

活動家や評論家はその原因がこの法律の弱点にあると考えています。

この法律はヘイトスピーチ集会を禁止してはいるものの、違反した者に対する罰則の規定が無いのです。

 

在特会が行なうヘイトスピーチ集会やデモの参加者は、減少傾向によって概ね100以下に減りましたが、その代わり開催場所は韓国系の人々が多く暮らす新大久保などから、東京の観光やショッピングを代表する場所、銀座と秋葉原へと移りました。

 

2017年2月20日、東京を代表する観光地で浅草寺や東京スカイツリーなどの観光スポットが点在する浅草で、大勢の中国人観光客を運んできたバスの車列の反対側で、在特会のデモが始まりました。

この時はヘイトスピーチ・デモの参加者同様、カウンター・デモを行う側の参加者もその数を減らしてはいましたが、それでもヘイトスピーチ・デモ参加者よりは明らかに多いように見えました。

 

しかしソーシャルメディアにおける極端な罵詈雑言を使ったヘイトスピーチは、衰える気配がありません。

反人種差別運動の高まりによって、やっと一般の日本人の目に見え始めた在日韓国朝鮮人女性の置かれている状況は、彼女たちが職場において、そして普段生活している場所で、日常的に攻撃の標的にされるという脅威にさらされている実態を明らかにしました。

ソーシャルメディアやウェブサイトで依然続くヘイトスピーチ問題に取り組んでいる法律の専門家、政治家、そして人権活動家たちもこうした問題にも目を向け始め、解決の必要性を認識するようになりました。

 

国内の人権活動家は日本の人種差別がヘイトスピーチに留まらない、もっと奥深い問題であることを懸念しています。

2016年7月に行われた東京都知事選では、在特会の桜井誠元会長が約110,000票を獲得しました。

これは得票数で第5位、投票総数のわずか2パーセント未満という数字でしたが、翌月には極右政党『日本第一党』を結成したのです。

 

※ビビアン・ショーは人種、政治と文化を研究分野とする社会学者です。

-《4》へ続く -

http://www.aljazeera.com/indepth/features/2017/03/fukushima-gave-rise-anti-racism-movement-170310103716807.html

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

【 マスターズ2017 】

 

USPGAツアー 2017年4月9日

ジョーダン・スピース(アメリカ・11位タイ)

松山英樹(日本・11位タイ)

ジェイソン・デイ(オーストラリア・22位タイ)

ライアン・ムーア(アメリカ・9位タイ)

ジャスティン・ローズ(英国・2位)

セルヒオ・ガルシア(スペイン・優勝)

http://www.pgatour.com/news/2017/04/09/golf-best-photos-pictures-gallery-masters-augusta-national-major-emotions-reactions.html

 

 

【 福島発 : 新しい反人種差別ムーヴメント 】《2》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

言葉による暴力を浴びせ、小中学生にまでいたたまれない思いをさせる虐待行動を繰り返した日本の人種差別主義者

日本国内で散発するヘイトスピーチのような非人道的行為は、絶対に止めさせる必要がある

 

ビビアン・ショー / アルジャジーラ  2017年3月12日

 

▽ 韓国朝鮮人と他の少数民族を支援する動き

 

2013年2月目前に脅威が迫っていることを痛感した野間泰道氏は、ツイッターである訴えを展開し始めました。

国家主義者のグループであり、在日韓国朝鮮人が特権を享受しているとして排撃を企てるグループ『在特会』が東京都内で在日韓国朝鮮人が数多く暮らしていた新大久保でデモ行進を行ったのです。

東京以外でも大阪の鶴橋や多文化的な特徴を持つ川崎地区の桜本など、韓国朝鮮人が数多く居住活動している場所を狙い撃ちし始めたのです。

 

在特会が攻撃目標としたのは日本国内の外国籍居住者としては最も多い在日韓国人です。

彼らは国籍こそ持ちませんが、第二次世界大戦(太平洋戦争)以前に朝鮮半島から強制移住させられた人々の子孫で数世代に渡って日本で暮らしている人々から、K-ポップや韓国料理を日本市場に供給するため韓国からやってきた『新顔』まで、その背景は様々です。

野間氏が訴えたのは人種差別主義者に対し、立ち上がって行動することでした。

 

2006年に創立された在特会は以前、2009年に14歳のフィリピンの少女を標的にした攻撃を行ったこともありました。

彼女の両親はビザの滞留期限を過ぎて日本に不法滞在したかどで国外追放となりましたが、その後在特会は少女を国外追放にするよう要求し、彼女の自宅や学校の周囲で示威活動を繰り返しました。

 

そして京都府内の小学校の周辺で在特会は韓国朝鮮系の子どもたちを「スパイの子供たち」と呼び、キムチの「においがする」などと言葉による暴力を浴びせ、小学生や中学生にまでいたたまれない思いをさせるという虐待行動を繰り返したのです。

 

▽ 外国人を排斥・迫害する政治へ道を開いた3.11

 

東日本大震災と福島第一原発の事故の結果、日本では政治的混沌と社会不安が拡大し、外国人の排斥を主張し、混沌や不安の責任を彼らに転嫁する在特会などのグループの勢力の伸長を許すことになりました。

極右の思想を持つインターネットユーザーは2チャンネルなどを使ってパニックを煽りました。

2017年になっても、極右系のウェブサイトは毎日100万件の新しい投稿があることを自慢しています。

そして在日韓国朝鮮人が日本の福祉制度を悪用していると訴え、日本国内で行われている大規模な原子力発電への反対運動が『本当の日本人』が行なっているのではなく、外国人の扇動家たちが煽っているのだという噂をまき散らしました。

 

彼らは東アジア地区で高まっている外交的な緊張も利用しながら、1923年関東大震災の際に強制的に徴用されていた朝鮮人が暴動を起こすというデマが流され、首都圏で6,000人の朝鮮人が虐殺された過去の事件を彷彿とさせる社会不安を巻き起こすことになったのです。

 

TwitNoNukesの中心メンバー、何人かのアーティストとデザイナーと一緒に、野間さんは『しばき隊』を結成しました。

この招待者のみのすべて男性メンバーの「隊」結成のヒントとなったのは、過去に実績のあった国境を越えて結成されたパンク・ミュージシャンによるAntifa運動(Anti-fascism : アンチ・ファシズム)でした。

 

在特会は東京の新大久保地区の韓国系商店やその経営者に対しても威嚇行動や嫌がらせを行っていますが、『しばき隊』は商店主や住民を守るために敢えてその攻撃にさらされる場に自分たちの身を置く、犠牲的精神を発揮しました。

「私たちは、怒りをエネルギーにしています。」

ある日昼下がり、たばこの煙型が漂う喫茶店の中で野間氏がこう語りました。

 

こうした哲学を導き出したものは、心の奥深く脈打つ抵抗精神と自ら体を動かすことによって生まれて来る行動への衝動、その両方です。

しばき隊の行動原理は男らしいスタイル、そして体面ばかりを気にする日本の政治への抵抗姿勢が見られますが、怒りと義憤を基本に据えた戦術は、一方では保守派と革新派の双方から反発を受ける結果になりました。

既存の政治勢力からの批判にさらされながらもしばき隊の存在は、人種差別を批判してその誤りを正そうとする運動を盛り上げる原動力の一つとなりました。

そして漫画やアニメによって人種差別主義者と対決するグループ、オタク・オブ・アンティファ(反ファシズム)などを掩護する役割も担い、『おとこ組』など人種差別主義に対し直接行動を起こす組織結成の起爆剤の役割も果たすことになったのです。

 

人種差別主義と戦う活動家のひとり、サバ子さんは抗議行動に初めて参加した時の体験について『唖然とさせられる』ものだったと語りました。

 

サバ子さんは進歩的な家庭で成長し、差別の問題にも強い関心を寄せてきましたが、自分の目と耳でヘイトスピーチを目撃した時には大きな衝撃受けました。

当時の在特会は現在と比べさらにひどい内容だったと語りました。

サバ子さんは悪名高い在特会のスローガンについてひとつひとつ説明してくれました。

「韓国人を叩きだせ!」

「死ね!」

「殺せ!」

さらには韓国朝鮮人を「ゴキブリ」「ウジ虫」と呼んでいることについて…

 

「私は、心の底から怒りました。」

サバ子さんがこう語りました。

「私たちの多くが、特に女性は自分たちが感じた衝撃と恐怖について話し合いました。しかし私自身の中では、問題はそこだけにはとどまりませんでした。」

「私は強烈ないらだちを感じました。そしてヘイトスピーチ運動に対する強い破壊衝動を覚えたのです。私たち日本人はこのような非人道的行為を絶対に止めさせなければなりません、私は日々その思いを新たにしています。」

 

-《3》へ続く -

http://www.aljazeera.com/indepth/features/2017/03/fukushima-gave-rise-anti-racism-movement-170310103716807.html

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

アメリカの黒人差別の歴史において、『プア・ホワイト』と呼ばれる白人の最下層が最も激しく黒人たちを攻撃したことが物語っているように、自分たちが社会の最下層かそれに近いという不安が大きければ大きい程、人種差別などという愚劣な行為に惹かれるのだと思います。

自分が置かれている立場を創意工夫と努力によって変えていく、それによって人間としての充実感を得るなどという事は嫌いなのでしょう。

それよりはてっとり早く他人を攻撃し、現実世界には存在しない自分のプライドを満足させたい、自分の下を作りたい、それが人種差別だと私は考えています。

こういう行為を、日本語では『卑怯』というのではないでしょうか?

 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 福島発 : 新しい反差別ムーヴメント 】《1》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

福島第一原発の事故への抗議運動、在日韓国人などマイノリティの人権を守る新たな人種差別への反対運動に発展

日本政府、既存の大手メディア、そして科学分野を所轄する諸機関に対する不信感をエスカレートさせた3.11

 

ビビアン・ショー / アルジャジーラ  2017年3月12日

 

間接照明の中に浮かび上がる東京都恵比寿のレストラン、私がテーブルに着くと向かい合って座っていたサバコ(仮名)さんは、ちょうど2個のおにぎりの写真を撮っているところでした。

 

仮名で取材に応じてくれたサバコさんはこの店のシェフの友人であり、人種差別反対主義運動を行っている活動家であり、東京で行われるLGBTや音楽イベントの際は飲食関係を担当しています。

です。

彼女は撮影した写真をツイッターの『おにぎりアクション』のアカウントにアップロードするのに2、3分かかりました。

 

運動に携わる人々は、昨年の11月下旬の数日間、日本国内で拡大する貧困、そして満足に食事すらとれない人々のための啓発活動を行うために、このハッシュタグを使っていました。

そして今年3月、サバコ(仮名)さんは2011年3月11日に発生したマグニチュード9.0の地震によって引き起こされた巨大な津波、そして原子炉がメルトダウンした日本の巨大三重災害の傷あとが未だ癒えてはいないことをアピールするため、路上でのデモ行進とソーシャルメディアでの発信を行った数多くの市民運動家のひとりです。

 

18,000人もの人々が死亡または行方不明となり、数千人の人々が移住せざるを得なくなった2011年3月11日の災害について多くの日本人が普通の日常が戻ったと考えていますが、被災地の現実は当時の悲惨な傷跡が癒えたとはとても言えない状況にあります。

 

福島第一原発が環境中に大量に放出した放射性物質による汚染は東日本のほぼ全域に拡大し、多くの人々がパニックに陥りました。

東京都内で暮らしていたサバコさんも10代だった子供と他の家族とともにずっと北の札幌市に避難しました。

彼女は1ヵ月間その場所で暮らしました。

そしてツイッター・アカウントを開設し、東京に戻ると同時に定期的に反原発集会とデモに参加するようになったのです。

 

彼女は事故によって放出された放射性物質が自分の家族にどのような危険をもたらす結果になったのか、冷静にその分析を行う一方で、東京電力の管理責任の欠如や福島第一原発の事故原因を間接的に作りだしたと彼女が考えているその他の政府機関などに対しては、ただただ怒りを感じてきました。

 

しかし最近、サバコさんの時間と関心の多くは人種差別主義、そして外国籍の人びとをターゲットにするヘイトスピーチ・スピーチとの戦いに費やされるようになりました。

 

▽ アフター・フクシマ

 

日本で再び社会的差別に対する反対運動が盛り上がるきっかけを与えたのが、3/11の予想外の副産物でした。

福島第一原発の事故は、危機的状況の中では民主主義というものがいかに脆く、そして変容してしまう可能性のあることに、何万人という人々が初めて『目覚める』きっかけを与えることになったのです。

そしてこの数多くの人々の目覚めは、巨大災害のがれきの中から新しい日本を生み出すための動機を与えるだけにはとどまらなかったのです。

 

これまで日本国内での原子力発電所建設に無関心であったことへの深い後悔の念に加え、日本政府、既存の大手メディア、そして科学分野を所轄する諸機関に対する不信感がエスカレートしたことにより、日本人であること及び日本の国土で暮らすという事のこれまでの概念が、大きく揺さぶられることになったのです。

 

20世紀を通し日本国内で続けられてきた人種差別への反対運動の代表的なものは、日本社会でのマイノリティーである在日韓国朝鮮人への差別撤廃運動、部落解放運動、そしてアイヌ民族や沖縄の人々などの先住民族差別への反対運動などがあります。

しかし人種差別に反対する市民グループが3/11の後で切望したものは、これらとは異なるものでした。

 

最初に民族の違いを理由にする人種差別問題に取り組んだ市民活動家たちは、人種差別は社会のすべての面に対して有害な問題を引き起こすものと見なしていました。

こうした活動家たちは日本の中での人種差別主義への反対運動の主流となり、日本国内の少数民族が直面している肉体的・精神的重圧を軽減するために、労働組合的運動も取り込もうとしています。

 

2012年には一度その頂点を迎え、原子力発電の中止を求めて東京都内にある首相官邸前及び国会議事堂前の道路を約200,000の市民たちが埋め尽くしました。

こうした運動を率いたのは、東日本大震災・福島第一原発事故が発生した一カ月後の2011年4月、一団の文芸評論家や音楽雑誌の副編集長だった野間泰道氏などが結成したTwitNoNukesというツイッター名のグループで、様々な職業や政治的立場を持っていた一般市民の心の中に芽生えた反原子力発電感情を一つにまとめ上げる、橋渡しの役割を担ったのです。

 

それまでの既存のマスメディアが福島第一原発の事故を引き起こした勢力に対し毅然とした態度をとれずにいたことに加え、ツイッターやその他のソーシャルメディアで韓国朝鮮人などの少数派に対する誹謗中傷が相次いだことで、一般市民の中の多くの活動家が野間泰道氏をオピニオン・リーダーとして認めるようになりました。

 

-《2》へ続く -

http://www.aljazeera.com/indepth/features/2017/03/fukushima-gave-rise-anti-racism-movement-170310103716807.html

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

【 3月24日 – 31日の報道写真から 】

 

アメリカNBCニュース 2017年3月31日

 

2017年3月25日シリアの首都ダマスカス近郊、反政府勢力に対する空爆が行なわれる中、車いすの男性を避難させるその妻。(写真上)

2017年3月25日シリアの首都ダマスカス東郊のゴータ地区で、反政府勢力に対する空爆が行なわれた後、泣きながら救護所値を待つ子供たち。

この空爆では少なくとも16人の一般市民の犠牲者が出ました。(写真下)

http://www.nbcnews.com/slideshow/week-pictures-march-24-31-n740981

 

【 東芝の原子力事業の崩壊、欧州にも飛び火・フランスのエネルギー企業、提携を解消 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

ウェスティングハウスの破産に加え、英国内での原子力事業にも危機が発生

極端に高額な原子力発電所建設費用に苦しむ英国のエネルギー行政、先行きを見通せず

 

ロイター / ガーディアン 4月3日

 

東芝と合弁で原子力事業を手掛けるベンチャー企業であるニュージェン(NuGen)社を設立した電力・ガスの供給で世界2位の売上高を持つエンジー(Engie)社がその所有権を売却しました。

その結果トラブル続きの東芝は今後単独で英国のムーアサイド原子力発電所プロジェクトにおいて、3基の原子炉建設を進めなければならない立場に追い込まれることになりました。

 

フランスの巨大エネルギー企業のエンジー社が進めてきた東芝と合弁で英国北西部のムーアサイド原子力発電所の建設プロジェクトの権利売却に伴い、東芝はこれを買い支えなければならなくなりました。

今後同原子力発電所の建設プロジェクトがトラブル続きの東芝の単独事業となることにより、先行きが全く見通せない状況に陥りました。

 

エンジー社は4月4日火曜日、ウェスティングハウス社の事業破たんにより東芝が経営危機に陥ったことを受け、協同で設立した原子力事業のベンチャー企業であるニュージェン社の所有株式40%を売却する権利を行使すると発表しました。

東芝は153億円を投じてこの株式を買い取ることになります。

 

これについて現時点でニュージェン社の唯一のオーナーとなった東芝は、総額が1兆6,600億円から2兆2,000億円の規模になると見られているムーアサイド原子力発電所の建設プロジェクトについて、別の出資者を募るか、あるいはプロジェクトをすべて売却する方向で検討を進めていると語りました。

 

英国は石炭火力と2020代に廃炉が決まっている古い原子力発電所に代わって新たな原子力発電所建設に対する投資を必要としていますが、必要とされているのは規模的にも大容量の発電施設であり、特に原子力発電所建設についてはその費用が極端に高額であるという問題に苦しんでいます。

 

総額が約2兆5,000円の費用が見込まれるサマーセット州のヒンクリー・ポイントC原発建設プロジェクトはフランスのEDF社が手掛けてきましたが、数年の遅れの後、最終的に財政面でフランス政府が保証人となることにより、2016年に事業の推進が決定しました。

 

英国政府はこれまでニュージェン社への新たな出資者を募ってきましたが、一部のアナリストはエンジー社の撤退により、東芝の全面撤退の可能性が現実味を帯びてきたと語っています。

 

現在候補に挙がっているのは韓国電力(Kepco)です。同社のトップは今年3月、ニュージェン社の経営権を買い取ることを目下検討中だと語りました。

 

英国政府の報道官はエネルギー大臣が現在に滞在し、原子力事業を含めた英国と韓国の協力関係について協議するため、韓国に滞在していると語りました。

またニュージェン社の広報担当者は次のように語りました。

「現在ニュージェン社はムーアサイド原子力発電所の建設プロジェクトを維持・前進させるため、あらゆる取り組みを行っています。」

 

東芝はエンジー社がニュージェン社の経営権を売却したことについて、ウェスティングハウス・エレクトリックが米国の第11章破産保護を申請し、実質的に経営破たんしたことが背景としてあったと考えていると語りました。

そして東芝はニュージェン社の株式を153億円でエンジー社から買い取ったことについて、その金額がこれまで同社の投資額を市場価格に換算した金額にほぼ等しいものだとしています。

 

東芝は2013年後半にスペインのイベルドローラ社からニュージェン社の経営権50%を、約192億円で購入していました。

 

https://www.theguardian.com/business/2017/apr/04/toshiba-moorside-nuclear-nugen-engie-reactor

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

【 シリアでの毒ガス攻撃、多数の子どもたちを含め死亡者数が増加 】

 

ドイチェ・ヴェレ 2017年4月4日

 

現地時間4月4日朝シリア北西部で、多数の子どもたちを含む少なくとも58人が毒ガスと見られる攻撃により死亡したと、現地の人権監視団が発表しました。

ロンドンに本部を置く人権監視団体(SOHR)は、シリア、イドリブ市内の反政府勢力の勢力圏にあるハーンシャイフーンに対し行われた空爆により、多数の一般市民が死亡したと伝えました。

 

SOHRはシリア国内の市民の証言などをもとに国際社会に対する報告や警告を行っていますが、今回シリア政府軍の航空機、あるいは同盟国ロシアの航空機のいずれかが投下した物質の分析と特定を行っていると語りました。

ロシアとシリアは、化学兵器攻撃を行ったことを否定しました。

 

2013年にダマスカス郊外で行われたサリン攻撃によって数百名が死亡した後、アメリカ軍が直接軍事行動に踏み切る姿勢を見せたのに対し、シリア政府は備蓄されていた化学兵器をすべて廃棄すると公約していました。

2014年にシリア国内の査察を行った化学兵器禁止機関は、シリア国内のすべての化学兵器の廃棄を確認したと語っていました。

http://www.dw.com/en/death-toll-rises-in-syria-gas-attack/a-38282661

【 ニッポンの人種差別実態、詳細な調査で実態が明らかに 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

日本で暮らしている外国人の約3割が、出身国や地域を理由に蔑むような発言をされたことがある

差別的なヘイトスピーチや外国人に対する差別的行動は、決して見過ごされるべきものではない

 

ダニエル・ハースト / ガーディアン 2017年3月31日

 

日本国内で行われた人種差別に関する調査で、外国人3人に1人の割合で、差別を経験したことがあることが分かりました。

日本の法務省は数万人の在日外国人を対象にこれまで試みたことの無い調査を行い、事実の一端が垣間見えてきました。

 

今回実施された先例のない調査により、日本で暮らしている外国人の約3割が、出身国や地域を理由に蔑むような発言をされたことがあると語りました。

今回の調査は外国人観光客などの増加を受け、人種差別経験の実態を調査するため、法務省が国内の1万人を超える外国人居住者に質問状を送る形で実施されました。

 

韓国朝鮮人と中国人を誹謗中傷していたとして非難の的となっている国家主義教育を行っていた幼稚園と安倍首相の関係に世論の圧力が強まる中、今回の調査結果が明らかにされました。

この調査は本来2019年開催予定のラグビーワールドカップと2020年のオリンピックを主催することにより、世界的なスポットライトに備えて行われたものです。

 

法務省は日本全国の18,500人の外国人居住者に質問状を郵送、うち4,252人から回答を受け取りました。

回答者の約3割が『しばしば』あるいは『時々』結果的に差別につながる言葉を浴びせされた経験があると語りました。

時事通信社が伝えたところでは、多くの人が差別的発言を受けたのは全くの他人からである場合が多く、また職場で上司、同僚、部下からそうした発言をされた人も多くいました。

 

職場での差別は、単にことばの上だけ問題には留まりませんでした。

仕事を探していた際4人に1人の割合で、外国人であることを理由に採用を断れたと考えており、また採用後も5人に1人の割合で、仕事の中身は同じであっても外国人であることを理由に日本人よりも報酬を低くされていたと考えていることが解りました。

 

さらに回答者の内2,044人は、住む場所を探していた際に外国人であることを理由に差別された経験があると語り、外国人居住者の間では住宅問題における差別も日常的に存在すると考えられていることが明らかになりました。

 

10人に4人の割合で、外国人という事が解った時点で入居を拒否されたこと、さらには外国人の居住は出来ないという事を(いわば当たり前だとして)告げられもしないで断られたケースも多数に上っていると。共同通信社が伝えました。

こうした結果に対し日本政府は今後人権問題に関する教育に力を入れると宣言する一方、外国人居住者に対しては差別に遭遇した場合にアクセスすることが出来るサポート・サービスを実施していることを伝えました。

 

「差別的なヘイトスピーチや外国人に対する差別的行動は、決して見過ごされるべきではありません。」

法務大臣の金田勝年氏が記者団にこう語りました。

 

さらに今回の調査では、大都市の目抜き通りを自分たちの感情を大音量のスピーカーで主張して回る超国家主義者の集団、いわゆる右翼の街宣車に対し在日外国人が深刻な不安を感じていることが明らかになりました。

 

以前法務省が公表したデータによれば、2012年4月から2015年9月にかけ日本全国で1,150回以上のヘイトスピーチ集会や示威行進が行なわれました。

今回行なわれた調査の回答者の10人に4人は、外国人排斥を訴えるこうした行動に不快感を持っていると回答しました。

日本は昨年6月ヘイトスピーチを規制する法律を成立させましたが、罰則の規定は無く多方面から非難されることになりました。

 

日本政府当局は、レジャー、仕事、留学などの目的で日本を訪れる外国人の数を増加させる必要性があることを認識しています。

昨年観光のため日本を訪れた外国人の数は2015年と比較して22%の増加し、2400万人以上になりました。

日本政府は、この数を年間数を4000万×2020、東京オリンピックとパラリンピックが開催される2020年までに4,000万人にまで増やそうとしています。

 

一方、合法的な外国人居住者の数は一年間で7%上昇し、2016年末には240万人を記録しました。

昨年、安倍首相はヘイトスピーチについて

「我が国の品位を傷つけ、人々の尊厳に悪影響を与える」「とても残念な」

社会現象だと語りました。

その一方で安部首相は現在、外国人を誹謗中傷したことを訴えられている大阪府の国家主義教育機関である森友学園との関係が取りざたされている政治疑惑の渦中にいます。

安部首相は森友学園に個人として内密に寄付をしたという学園側の主張を否定し、学園が計画していた小学校建設のため国有地を不当に安い価格で払い下げた件について、安倍首相の関与が証明されるようなことになれば、自ら進んで辞任すると発言していました。

 

https://www.theguardian.com/world/2017/mar/31/japan-racism-survey-reveals-one-in-three-foreigners-experience-discrimination

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +
【 メトロポリタン美術館375,000点の収蔵作品をデジタル化、無料提供 】《17》

ニューヨーク・メトロポリタン美術館

 


ニューヨークのメトロポリタン美術館はそのコレクションをデジタル化し、無料で375,000点に上る画像データを公開しました。
いずれも公有財産として、無料で制約なしで利用することが出来ます。

 

オーキュストルノアール(フランス : 1841–1919)作[シャルパンティエ夫人とその子供たち](写真上)油彩、1876。
依頼を受け制作したこの肖像画でルノアールは、詩人マルセル・プルーストが表現した「自分たちの時代の美しい衣装を身にまとった、エレガントな家庭の詩的情景」を表現しました。
パリ市内のタウンハウスの中に日本式の直接腰掛ける様式を取り入れた生活スタイル、夫人のすぐ脇にいるのは3歳の息子のポールです。
この時代は男の子であっても、幼児期は女の子の扮装をさせることが流行していました。
同じいでたちの姉、ジョージェトは飼い犬の上に腰かけています。
裕福な出版業者の妻としてシャルパンティエ夫人はサロンを営み、そこにはフロベール 、 ゴンクール 、エミール・ゾラなど選り抜きの文学者が出入りしていました。
http://www.metmuseum.org/art/collection/search/438815

【 ウルトラ国家主義教育機関への現金授与と便宜供与 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

極端な立場の歴史観、中国人や韓国人に対する偏見に満ちた発言、安倍首相と籠池理事長の認識は

軍国主義的教育カリキュラムを『好ましい』と発言していた安部首相、スキャンダル発覚後に態度が一変

 

山口まり / AP通信 / ワシントンポスト  2017年3月23日

 

日本の安倍晋三首相は超国家主義的教育を行っている教育団体に妻を介して100万円の寄付を行っていたと、この教育機関の理事長が3月23日に国会で証言しました。

さら同理事長は現在日本国内で大きなスキャンダルに発展したこの教育機関が、国有地を異常に安い価格で国から払い下げられた件について、政治家による『口利き』があったことを示唆する証言も行いました。

一連の騒動が発覚したのは2月上旬のことでしたが、その2週間後に辞任するまで、日本の首相夫人である安倍昭恵氏は数カ月間この教育機関が建設を進めてきた小学校の名誉校長を務めていました。

 

宣誓の後議会の場で渦中の森友学園グループの籠池泰典理事長は、昭恵夫人が2015年9月に森友学園が経営する幼稚園を訪問した際、安倍首相に代わって封筒に入った現金を手渡されたと証言しました。

 

安倍晋三はそのような寄付をしたことを一切否定しましたが、仮に寄付をしていたとしても森友学園がある大阪は安倍首相の選挙区ではないため、日本の法律の下では寄付について違法性を問われることはありません。

さらに阿部首相は昨年、実勢価格の7分の1という1億3,400万円で国有地が籠池氏が理事長を務める教育機関に払い下げられたことについて、いかなる政治的関与も否定しました。

 

昭恵夫人も寄付をしたこと及び国有地の払い下げについて何らかの働きかけを行ったことを否定するコメントを、自身のフェイスブックに投稿しました。

一方で昭恵夫人は籠池氏から国有地の購入に関して質問を受け、FAXで公式アシスタントから返答したことを認めました。

しかしいかなる優遇措置も行っていないと語っています。

 

籠池氏と安倍首相の関係については籠池氏の極端な立場に立つ歴史観、中国人や韓国人に対する偏見に満ちた発言などが問題視され、さらには国有地の取引に関するスキャンダルが加わり、安倍政権の支持率の低下につながりました。

安部首相は自身と夫人、あるいはその事務所が今回の一連の事件に直接関わったとする証拠が明らかになれば、首相を辞任すると発言しました。

 

籠池氏が経営する教育機関のカリキュラムは、第二次世界大戦前の日本の軍国主義教育と類似するものだとみられています。

安部首相が2012年に政権の座に返り咲いた際、それを強力に後押しし、政権誕生後はその保守的政策の推進に影響力を振るっていると見られているのが、日本の保守系圧力団体である日本会議です。

籠池氏はその日本会議の幹部級のメンバーです。

 

安部首相は当初、籠池氏の教育方針は好ましいものだという発言をしていましたが、一連のスキャンダルが明らかになるとはっきりと距離を置くようになりました。

そして籠池氏について、あまりに偏った考えの持ち主だと批判するなど態度を一変させました。

 

https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/japan-pm-accused-of-giving-cash-for-nationalistic-school/2017/03/23/545e6f74-0f85-11e7-aa57-2ca1b05c41b8_story.html?utm_term=.1e7caf03d020

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

今や日本は国を挙げてこの問題の本質をすり替えようとしているようです。

森友学園へ『便宜供与』したその実態解明が主題であったはずなのに、今や行政も司法も議会もマスコミも挙げて森友学園自体をやり玉に挙げています。

しかし今回ばかりはその姑息な隠ぺい工作ぶりが、国民にははっきりと見えています。

 

これほどあからさまな問題のすり替えに対し、日本国民はどう反応するのでしょうか?

その結果によっては、日本人にはもはや民主主義の恩恵に浴する資格なし、そんな海外の報道が流れるかもしれません。

 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

【 メトロポリタン美術館375,000点の収蔵作品をデジタル化、無料提供 】《16》

 

ニューヨーク・メトロポリタン美術館

 

ニューヨークのメトロポリタン美術館はそのコレクションをデジタル化し、無料で375,000点に上る画像データを公開しました。
いずれも公有財産として、無料で制約なしで利用することが出来ます。

アルフレッド・シスレー(英国生まれ、フランス : 1839–1899)作[マルリー・ル・ロアの風景](写真上)油彩、1876。
イギリスで生まれ、パリで暮らしていたシスレーはパリ郊外のマルリー・ル・ロアの借家に住んでいました。
この絵は街を見渡せる北西の景色を描いたものです。
青々とした手入れの行きとどいた画面右の敷地はアマチュア歌手のロベルト・ル・ルベの持ち物ですが、彼はカミュ・サン-サーンスやシャルル・グノーのパトロンでもありました。

 

http://www.metmuseum.org/art/collection/search/437682

【 日本の高等裁判所、高浜原発の稼働差し止め命令を破棄 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

今回の判決は安全上の深刻な問題が未解決のままの高浜原発の再稼働に、道を開くことになった

福島第一原発の事故収束・廃炉作業の本格的見通しも無いまま、原発の再稼働へと向かう日本

 

ダニエル・ハースト / ガーディアン 2017年3月28日

 

高浜原子力発電所には深刻な安全上の問題が未解決のまま残されているとグリーンピースが指摘しているにもかかわらず、1ヵ月以内には再稼働する見通しとなりました。

福島第一原発の事故発生以来苦境に立たされていた日本の原子力産業ですが、2台の原子炉の稼働を停止させていた地方裁判所の命令を取り消す判決を手に入れました。

6年前に発生した3基の原子炉がメルトダウンした福島第一原発の事故以降、日本の原子力産業界は多くの市民と一部の自治体などが一貫して持っている原子力発電への不信感から、一致した反対に直面してきました。

 

福島第一原発の事故の後、日本の原子力発電事業に対する国内の評価が決定的に悪化した結果、事故当時稼働していた原子炉の数は42基でしたが、日本原子力産業会議によれば現在稼働しているのは3基だけです。

大阪高等裁判所が京都北郊にある高浜発電所の原子炉3号機と4号機の再稼働を27日火曜日に支持したことにより、稼働中の原子炉の数は増えることになります。

 

高等裁判所の判決に対し、隣県である滋賀県の住民たちは、滋賀県の中心に位置する琵琶湖の水系が汚染される恐れがあるとして、抗議の声を挙げています。

高浜原発を所有する関西電力は、稼働停止を命じた先の地方裁判所の判決は客観的な科学的知見に基づくものではなく、稼働停止により1日あたり2億円以上の損失が発生していると主張していました。

 

グリーンピース・ジャパンで世界のエネルギー問題の上席担当者であるケンドラ・ウルリク氏は、今回の稼働停止命令を覆した判決について、

「原子力産業側に有利な判断を繰り返してきたことで悪名が高い日本の裁判制度の事を考えれば、今回の判決は当然予想されていたものです。」

と語りました。

「今回の判決は安全上の深刻な問題が未解決のままの高浜原発の再稼働に、道を開くことになりました。」

今回の判決を受け、地方紙や地方の放送局は、高浜原発は1カ月以内に再稼働することになるだろうと伝えました。

関西電力の岩根茂樹社長は記者団に対し、関西電力は

「安全を最優先する。」

と語りました。

 

2週前東京圏の地方裁判所は、国による管理業務の怠慢が2011年3月に福島第一原発が事故を起こす原因を作ったと判断し、避難を余儀なくされた住民に対し損害賠償を行うよう命じる判決を下しました。

 

安倍政権は、新たな安全基準に適語した原子炉から順次再稼働させる事を支持すると明言し、2030年までに日本が消費する電力の20%~22%を原子力発電によって賄うという目標をセットしました。

福島第一原発で事故を起こした東京電力は、もう一つ別の柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を実現しようと、懸命の取り組みを行っています。

 

東京電力柏崎刈羽原子力発電所は世界最大の原子力発電所ですが、福島第一原発の事故以降もう何年もの間、稼働していません。

福島第一原発の最も重要な建物が東日本大震災の巨大地震に耐えることができなかったという極秘報告を東京電力が明らかにしたことに対し、2017年2月日本の原子力規制委員会は同社に対し報告書を提出するように命じました。

 

廃墟と化した福島第一原発で、東京電力は数十年を要すると言われている事故収束・廃炉作業に取り組んでいます。

現在同社は重要なプロセスのひとつである溶け落ちた核燃料をどのようにして除去すべきか、試行錯誤を繰り返しています。

 

しかし東京電力は、巨大地震と巨大津波が原因となってメルトダウンを起こした原子炉の内部に投入したロボットを、すでに数体失ってしまいました。

 

https://www.theguardian.com/environment/2017/mar/28/japanese-nuclear-industry-court-injuction-takahama-greenpeace

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

【 メトロポリタン美術館375,000点の収蔵作品をデジタル化、無料提供 】《16》

 

ニューヨーク・メトロポリタン美術館

ニューヨークのメトロポリタン美術館はそのコレクションをデジタル化し、無料で375,000点に上る画像データを公開しました。

いずれも公有財産として、無料で制約なしで利用することが出来ます。

 

エドゥアール・マネ(フランス : 1832–1883)作[アルジャントゥイユの自宅の庭のモネ一家](写真上)油彩、1874。

 

1874年の7月から8月にかけてマネは自宅があったパリのジャンヌビリエで過ごしましたが、セーヌ川をはさんだ対岸のアルジャントゥイユにはモネの自宅がありました。

2人はその年の夏、頻繁に行き来をしていましたが、そこにルノアールが参加することもありました。

 

マネが描いたこの絵ではモネとその妻カミーユ、息子のジャンの姿が見えますが、このときモネもマネの姿を描きました。

ただし、モネの作品の方はその後どうなったのか現在は所在が不明です。

この時もルノアールが居合わせ、マネの隣にカンバスを置き、一緒にモネとその妻カミーユ、息子のジャンの姿を描きました。(写真下)

http://www.metmuseum.org/art/collection/search/436965

【 隠しきれなかった極右団体と安倍首相のつながり 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

日本政府から不正な財政的便宜を供与された極右的見解を持つ教育団体

森友学園問題は安倍政権と日本政府全体を揺さぶる大きな事件

 

ジョナサン・ソブル / ニューヨークタイムズ 2017年3月16日

 

3月16日木曜日、極右的見解を持っていることで知られ、現在スキャンダルの渦中にある教育団体の理事長が、2015年に安倍首相から寄付金を受け取ったと証言しました。

これは直接の関係を否定している安倍首相の主張とは明らかに矛盾するものです。

もしこの証言内容が事実であれば、安倍首相には深刻な政治的ダメージを課すことになるでしょう。

ただこの教育団体のリーダーである籠池泰典理事長は、その証言内容を裏付ける証拠をすぐには提示しませんでした。

 

籠池理事長が日本政府から不正な財政的便宜を供与されていたという告発は、日本国内の報道のトップを独占し、安倍政権の支持率を低下させるスキャンダルに拡大しました。

ネットワーク・ニュースの取材記者たちは16日木曜日に大阪市内にある籠池理事長の自宅を訪れた国会議員のグループに密着し、籠池氏に直接質問を行った結果について報道するため現場から実況中継を行いました。

 

籠池氏は日本国内の大物政治家と関係を持っており、その事が今回籠池氏が持っている極端な右翼的思想が大きな問題となる一因を作りました。

籠池理事長が率いる教育団体が運営する幼稚園は、戦前の日本の軍国主義的教育制度の要素を教育カリキュラムの中に取り入れることにより、子どもたちに「愛国心と誇り」を育もうとしています。 その中で籠池理事長は中国人と韓国人について差別的・軽蔑的な声明を行ったとして告発されました。

 

籠池氏と政治家とのつながりが国家レベルのスキャンダルに発展したのは、今年2月に籠池氏が理事長を務める森友学園が、巨額の不当な割引をした上で国有地を払い下げる措置が取られたことが明らかになったことが原因でした。

この土地は森友学園が小学校を建設するために購入したものであり、資金調達のため寄付金を募り、右派・保守団体などから支援を受けていました。

 

その中で突出した存在のサポーターであったのが安倍首相の昭恵夫人でした。

そしてスキャンダルに火が点くまで、昭恵夫人は建設が進められていた小学校の、「名誉校長」に就いていました。

昭恵夫人はスキャンダルが国家的規模にまで拡大する中、先月名誉校長を辞任しました。

 

しかし安倍首相は、個人的に森友学園と直接つながりがあったという事を否定しました。

「安部首相は直接寄付をしたことは無く、昭恵夫人、安倍首相の事務所、あるいは第三者を介して寄付をしたこともありません。」

籠池理事長が発言を行った後、安倍政権の菅義偉官房長官は16日の会見でこう語りました。

 

安部首相はこの問題が最初に発覚した時点で、首相自身あるいは昭恵夫人と今回の国有地払下げとの間に直接関係があったことが明らかにされた場合には、政治家を辞任すると語っていました。

 

「籠池氏の証言は安倍首相のこれまでの発言がうそであったことを証明する結果になる可能性があります。そしてこの問題は日本政府全体を揺さぶる大きな事件です。」

政治評論家の伊藤敦夫氏がこう語り、たとえ安部首相の個人的寄付が法的には合法なものであったとしても、安倍首相にとって「倫理に問題」があることは否定できないと語りました。

 

籠池氏本人は「安倍首相にご寄附いただいた金額」も含め、2015年9月に受け取った寄付金については鮮明に記憶していると語っています。

籠池氏はそれ以上詳細には語りませんでしたが、いずれ国会の場で詳細な情報を明らかにするつもりであると語りました。

 

日本の国営放送局であるNHKの報道によれば、安倍首相率いる自民党は当初籠池氏を国会の場で証言させることに反対していましたが、16日の会見後態度を翻し、国会での証人喚問に同意しました。

籠池氏の証人喚問は3月23日に行われます。

 

16日籠池氏本人との会談を行った国会議員のグループは、会見後にいくつか事件の詳細に関わる発言を聞くことが出来たと語りました。

安倍首相の昭恵夫人から100万円の寄付金を受け取ったタイミングは、2015年9月に幼稚園で昭恵夫人がスピーチをした際だったことを議員団は籠池氏から聞き出しました。

さらに議員たちは受け取った100万円の寄付の出所について、籠池氏は安倍首相本人であると考えていることも明らかにしました。

 

安倍政権の稲田朋美防衛大臣も今回のスキャンダルに関わっています。

元弁護士の稲田氏は、2004年に行われた訴訟において森友学園を弁護する側に立っていました。

しかし国会の場での質問に対しては、まず最初に森友学園の側に立って働いたことはないと否定しました。

しかしその後、当時のことは忘れてしまっていたとして当初の声明を撤回し、謝罪しましたが、野党側は大臣として不適切だとして辞任するよう要求しました。

大阪府当局は森友学園に対し、学校設置許可の虚偽申請を行ったかどで、刑事告発することを検討していると3月中旬に明らかにしました。

 

森友学園が新設しようとしていた小学校の初期の広告媒体には、旧大日本帝国がアジア各地で行った残脚行為等についての学校の歴史教科書の記述を曖昧なものとし、学校教育の内容そのものを変えてしまおうとしている保守政治家の代表的存在である安倍首相について、学校名にその名を冠する予定である旨記載されていました。

 

財務省は森友学園が大阪郊外の空港近くの8,770平方メートルの土地を、評価価格の14%にあたる1億3,400万円で売却しました。

際゛むしょは大幅に低い金額で国有地を譲渡した理由について、現場にある産業廃棄物の処理に必要な費用と相殺したためだと語っていますが、そのために森友学園が実際にいくら支出したのかは明らかにはされていません。

 

https://www.nytimes.com/

Shinzo Abe Hurt by New Disclosures Over Ties to Extreme Right-Wing Group

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

今となってはいささか旧聞に属する記事になりましたが、安倍政権による日本の民主主義の破壊を食い止めるためには、日本国民がこの問題から目をそらさないようにしなければならない、という別の報道記事を読んで、敢えて翻訳し掲載しました。

 

【 日本 - 裕福な国の貧しい子供たち 】ドイチェ・ヴェレ( http://kobajun.biz/?p=30144

【 6年 – なおも苦しみ続ける福島の女性とこどもたち 】ドイチェ・ヴェレ( http://kobajun.biz/?p=30766 )

などの記事を思い浮かべてその内容と見比べたとき、安倍政権の政治の本質というものが声なき弱者を見捨てたまま、声高に国家主義を叫ぶ者などを思い切り優遇するという、前近代的で身勝手なものだという事を痛感せざるを得ませんでした。

 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

【 メトロポリタン美術館375,000点の収蔵作品をデジタル化、無料提供 】《15》

ニューヨーク・メトロポリタン美術館

 


ニューヨークのメトロポリタン美術館はそのコレクションをデジタル化し、無料で375,000点に上る画像データを公開しました。
いずれも公有財産として、無料で制約なしで利用することが出来ます。

クロード・モネ(フランス: 1840–1926)作[エトルタ](写真上)油彩、1883

モネは1883年の2月の大半ををノルマンディー地方の漁村、エトルタで過ごしました。
この際、20点に上る海岸の風景画、そして3点の岩礁エトルタを描いた作品を完成させました。
今日でこそ岩礁と波頭に反射する光までをとらえたモネの画法の質の高さが正当に評価されるようになりましたが、この絵を初めて見た19世紀の人々は、石灰岩質の断崖が続く海岸にある奇岩の自然の造形の方に目を奪われていました。

 

http://www.metmuseum.org/art/collection/search/438823?pos=59&pg=3&rpp=20&offset=0&rndkey=20170309&ft=*&deptids=11&when=A.D.+1800-1900

【 責任を負うべきなのは日本政府と東京電力 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

福島第一原発の事故は「予測可能」だった、したがって「事故の発生を防ぐことは可能だった」

被災者にされた住民が直面させられた精神的な苦悩について、十分な評価が行なわれたかどうか、大きな疑問がある

 

モトコ・リッチ / ニューヨークタイムズ 3月17日

 

3月17日金曜日、東日本地区の地方裁判所は2011年3基の原子炉がメルトダウンし、一時は160,000人が緊急避難を強いられた福島第一原子力発電所の事故について、管理していた日本政府と電力会社が事故を未然に防ぐための対策を怠っていたとする判決を行いました。

2011年3月に襲った巨大地震と巨大津波がきっかけとなり、福島第一原発の3基の原子炉がメルトダウンを引き起こした事故について、日本政府、東京電力の双方がその責任を負うべきであると日本の法廷が判断を下したのは初めてです。

現在日本の各地で生活をしている約12,000人の避難民が何十件もの同様の訴訟を起こしていますが、今回の判決が影響を与えることは必至と見られています。

 

群馬県の前橋地方裁判所が行なった判決に関する日本国内のニュース報道によると、判決文の中で群馬県の前橋地方裁判所は1986年に発生したチェルノブイリ原発事故以降世界最悪の規模にまで拡大した福島第一原発の事故について「予測可能」であり、したがって、「事故の発生を防ぐことは可能だった」と結論しました。

法廷は日本政府と東京電力に対し、そして福島第一原発の周辺の市町村から避難し、現在は群馬県で暮らす62人の住民に約3,800万円の損害賠償を払うよう命じました。

個人によって差がありますが、1人当たり約60万円の賠償額が算定されました。

 

この訴訟では137人の元住民が一人当り1,100万円の損害賠償を求めましたが、判決は半分の原告に対する損害賠償を認めました。

原告の半数は日本政府に避難を命令された人々ですが、残り約半分は自主的に避難した人々です。

賠償額は一人ずつ当時の状況を検証した上で決定されました。

裁判所は第一原発周辺の福島県の市町村から避難した約160,000人の人々がこれまで日本政府や東京電力から十分な損害賠償を受け取っているかどうかを検証しました。

これまで約90,000人が帰還、あるいは別の場所に定住しています。

東京電力はすでに約7兆円の賠償金を支払っています。

 

 

裁判で原告側は日本政府と東京電力が、発生する可能性のある地震のマグニチュードと津波の高さについて適切な予測を行い、それらから原子力発電所を守るための設備をもっと充分に行うべきであったと主張しました。

2011年3月11日、東日本の太平洋岸地域一帯を襲った巨大地震と高さ約17メートルの巨大津波が福島第一原子力発電所の防波堤を破壊、大量の海水が敷地内に流れ込んで建物を進水させ、停電時など緊急事態が発生した際に重要な機器を作動させ続けるために必要なディーゼル発電機を破壊しました。

東京電力は17日判決が言い渡された後、自社の責任を否定しない内容の声明を発表しました。

「わが社の原子力発電所が事故を起こしたことにより、福島及びその他の場所で暮らしておられた方々に、耐えがたい苦しみと将来に対する大きな不安を与えることになってしまったことについて、改めて衷心よりお詫び申し上げます。」

東京電力の広報を担当する伊藤氏がこう語りました。

「今日前橋地方裁判所で下された判決文を精査の上、今後の対応について検討を行う予定です。」

安倍内閣の菅義偉官房長官は、日本政府は判決の詳細をまだ確認できていないとした上で、記者団に次のように語りました。

「関係する省庁と諸機関で判決文の内容について詳しく検討の上、政府としてどのように対応する協議することになるでしょう。」

 

複数のアナリストが今回の判決が重要な先例になるだろうと分析しました。

「東京電力のこれまでの主張の基本にあるのは、福島第一原発の事故発生以前に東京電力が行なってきたすべては、事前に日本政府の承認を得ていたというものです。

一方日本政府は、東京電力が指針に適切に従わなかった結果だと主張してきました。」

金沢工業大学未来デザイン研究所の所長であり、独立した立場で福島第一原発の放射線量の調査と監視を行っているセイフキャストのボランティア研究者であるアズビー・ブラウン氏がこう語りました。

「今回の判決は、事故の責任が日本政府と東京電力の双方にあるという事を証明する証拠が揃っていると判断したものと思われます。」

「私は日本政府、東京電力ともに控訴することになり、従って結論が出るのはしばらく先になるだろうと考えています。」

 

福島第一原発の問題で日本政府と東京電力を相手に別の集団訴訟を担当している馬奈木厳太郎(まなぎ いずたろう)弁護士は、日本政府が管理監督責任を怠っていたと語り、今回の損害賠償額では「まだ不十分」であると語りました。

集団訴訟において日本政府と東京電力の過失について訴えているグループの代表は、自分たちは損害賠償の金額よりも、今回の事故の本質が解明されたかどうかの方が重要だと語りました。

「金額が問題なのではありません。」

福島県相馬市の元住民で、馬奈木弁護士が取り扱っている4,200人の原告の代表世話人を務める66歳の村松孝市氏がこう語りました。

「たとえ金額が1,000円、2,000円という金額であっても、私はかまいません。それよりもまず、日本政府が責任を認めてほしいと思っています。私たちが最終的に目指すのは、日本政府に彼らの責任を認めさせ、二度と同様の事故を繰り返さないということを肝に銘じさせることです。」

 

今回の訴訟で原告団を代表する鈴木克昌弁護士は声明の中で、

「日本政府による管理監督業務が不適切であったことを改めて確認した」という意味で、今回の判決は重要なものであると語りました。

 

しかし一方で鈴木弁護士は、損害賠償の低さには失望したと語りました。

「被災者にされた住民が直面させられた精神的な苦悩について十分な評価が行なわれたかどうか、大きな疑問をもたざるをえません。」

 

https://www.nytimes.com/

( Japanese Government and Utility Are Found Negligent in Nuclear Disaster )

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

原発事故の補償というものについていつも考えているのは、自分の生活の完全な復元などおよそ不可能だろう、という事です。

モノだけについて考えてみても、人間の暮らしは生活必需品だけで成り立っている訳ではありません。

絵を描くのが趣味の人は、自分の作品や画材などを失ったでしょう。

写真が趣味の人は、高額なレンズなどの機器を失ったかもしれません。

音楽が趣味の人は、大切なライブラリーを失ったかもしれません。

これらはすべて人生の大切な一部だったでしょうが、原発事故の補償がそこまで及ぶはずもないでしょう。

 

そして故郷。

故郷に値段が付けられるでしょうか?

上の写真にもありますが、福島第一原発の事故発生以来、いったい何人の人々が何度「自分の故郷を返せ!」と思ったでしょう?

【 福島の放射線量はもはや安全という幻想 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

日本で最大規模の事故現場、最も高額な費用を必要とする作業現場、その福島第一原発の状態はこれから何十年も続く

事故収束・廃炉作業が手順通り・計画通りに進行すると公言してはばからない日本政府当局、その楽観的な見解には深刻な疑念がある

 

マーティン・フリッツ / ドイチェ・ヴェレ 2017年3月11日

 

第一原子力発電所の3基の原子炉がメルトダウンし、言葉などでは表現しようがない程苦しめられた福島…

6年が過ぎた今、外見上は他の場所と変わらない日常を取り戻したように感じられるかもしれません。

しかし福島第一原発の事故収束・廃炉作業現場に目を移せば、そう簡単には進みそうもない長い道のりが残されています。

 

口と鼻を得覆うためのフィルター付きのマスク、ヘッドスカーフ、ヘルメット、そして2重になったソックス、これらは福島第一原発の敷地内に一般人が入る際、必ず身につけなければならないものです。

しかし現在は敷地内の地面が放射能の拡散を防ぐためにすべてコンクリートで覆われ、フェースマスクや放射線防護服を着用しなければならない作業員はごく一部だけという状況に変わりました。

 

「現在の放射線量は、東京銀座の商店街と同じくらいにまで下がっています。」

東京電力の原子力・立地本部長代理の岡村祐一氏が、福島第一原発を最近訪問した一団のジャーナリストにこう保証しました。

しかし訪問者たちが施設内を巡るバスからそばに原子炉が見える場所に降り立ち、線量計の針が安全と考えられる放射線量の2,000倍である160~170マイクロシーベルトを指すのを見ると、正常になったという錯覚はたちまち消えてなくなります。

「長時間ここにとどまることはできません。」

岡村氏がこう警告しました。

 

外見上、6年前地震、津波、原子力発電所事故の三重災害に襲われた当時と比較すると、福島の様子は著しく変わったように見えます。

事故収束作業は、明らかに前進しました。

 

しかし建物を支えていた鉄骨がむき出しになり、壁が裂けて何本もの配管が寸断されている光景は、6年前この施設を水没させ、原子炉の機能を完全に奪ってしまった高さ17メートルの津波の事を思い出させます。

マグニチュード9.0の地震とそれによって発生した巨大津波に襲われ、チェルノブイリ以来世界史上最悪の原子力発電所事故を引きおこした福島第一原発の事故収束・廃炉作業には、30年から40年かかるとされています。

日本政府の当局により作業全体で約21兆5,000億円の費用がかかると見積もられていますが、費用はさらに高額になる可能性があります。

6,000人の労働者が立ち働く福島第一原子力発電所の事故収束・廃炉作業現場は、日本国内で最大の規模、そして最も高額な費用を必要とする工事作業現場ですが、その状態はこれから何十年も続くことになるのです。

「私たちは今、4つの問題と戦っています」

東京電力の原子力・立地本部長代理の岡村祐一氏がこう語りました。

「福島第一原子力発電所内の放射線量を下げること、原子炉への地下水の流入を止めること、使用済み核燃料棒をすべて回収すること、そして溶け落ちてしまった核燃料を取り除くことです。」

 

▽ 原子炉格納容器内の黒いかたまり

 

しかしこうした分野における状況はゆっくりとしか進んでいません。

一例をあげると作業員は現在、原子炉1号機の原子炉建屋の周りに足場を組んでいますが、そこにあるがれきその他をすべて取り片づけるにはこれから4年がかかる見通しです。

その作業が終わらない限り、原子炉1号機の原子炉建屋内にまだ残っている約400本の使用済み核燃料棒を取り出すことはできないのです。

 

隣接する原子炉2号機の青い原子炉建屋の外部はまだ無傷のままです。
原子炉建屋の上で新たに設置された金属プラットホームの上を、防護服を着けた作業員たちが歩いているのを見ることができます。
しかし壁の後にあるものは原発の悪夢です。
1月に原子炉内に送り込まれたロボットは、原子炉の外殻である原子炉格納容器に高温で溶け漏れ出した核燃料が凝固したとみられる、きわめて危険な黒いかたまりを発見しました。

「現在その部分には致命的に高い放射線量があります。」
岡村本部長が語りました。

 

岡村氏はすぐに3号機に話題を転じました。

ここの進展具合はさらに明らかです。
水素爆発は原子炉建屋の屋根を、曲がりくねった金属がもつれあったスクラップに変えてしまいました。
この鋼鉄製のスクラップを解体し、がれきを取り除くことに何年もかかりました。
「現在私たちは、巻き上げ式のホイスト・クレーンを使って新しい屋根を造っています。」
岡村氏が誇らしげに語りました。
「来年以降、私たちは最終的に約600本の使用済み核燃料棒に近づくことができるようになります。」
岡村氏がこう解説しました。

 

しかし、原子炉が爆発しなかった4号機とは異なり、メルトダウンした1〜3号機の周囲は人が2、3分しかそこにとどまることができないほど放射線量が高く、すべての事故収束作業は遠隔作業で行う必要があります。
その結果、クレーン関係の装置を設備するだけのことで、すでに数年間のスケジュールの遅れが発生しています。

 

▽ すべては不明のまま

 

福島第一原発の原子炉の実際の状況を見る限り、事故収束・廃炉作業が手順通り・計画通りに進行すると公言してはばからない日本政府当局の楽観的な見解に対し、深刻な疑念を抱かざるを得ません。


引き続き東京電力の岡村氏は地下凍土壁のコントロール・センターについ説明しました。
凍土壁は原子炉の基礎部分にある、原子炉内を冷却した際に発生した高濃度の汚染水がある場所に地下水が流れ込まないようにするためのものです。
凍土壁が建設されて以来、原子炉基礎部分への地下水の流入量を減らすことができました。
しかし5つに区切られた凍土壁は、内部で水位が急激に上昇した場合に大量汚染水が氾濫する可能性があり、これを防ぐため開口部を作らざるを得ませんでした。

 

このように困難な問題が山積しているにもかかわらず、日本政府と東京電力は今年の夏という早過ぎる時期にケルトダウンした原子炉内からどうやって融け落ちた核燃料を取り出すべきか、決定する予定になっています。
福島第一廃炉推進カンパニー・バイスプレジデント兼福島第一原子力発電所長の内田俊志氏ですら、こうしたスケジュールが実現可能なのかどうか、この日訪問したジャーナリストたちの前で、自身が持つ疑念を隠すことはできませんでした。
「すでに私たちの手元にはロボットとカメラが提供してくれた、貴重な画像があります。」
内田氏がこう述べ、次のように続けました。
「しかし内部で本当に何が起きているか、いまだ不明のままです。」

 

http://www.dw.com/en/the-illusion-of-normality-at-fukushima/a-37885120

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

【 メトロポリタン美術館375,000点の収蔵作品をデジタル化、無料提供 】《15》

ニューヨーク・メトロポリタン美術館

 


ニューヨークのメトロポリタン美術館はそのコレクションをデジタル化し、無料で375,000点に上る画像データを公開しました。
いずれも公有財産として、無料で制約なしで利用することが出来ます。

カミーユ・コロー(フランス: 1796–1875)作[荷船を漕ぐ男性](写真上)油彩、1865
Camille Corot (French, Paris 1796–1875 Paris)

1796年、パリの裕福な織物商人の子として生まれたコローは、画家になることを反対していた父親にしたがい、いったんは商人としての修業をしますが、1822年26歳の時、ようやく父の許しを得て画家を志すことになりました。
ありふれた風景を詩情ゆたかに描き出す手法により、のちの印象派の誕生を導き出すことになりました。

http://www.metmuseum.org/art/collection/search/435969

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報