星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » アーカイブ

【 放射線科学の世界的権威が明らかにする・日本の黒い塵、その正体 】《第4回》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

子供たちを守りきる、そのためには対策を徹底して行う必要がある
日本政府は派生的に発生している問題の対応に忙しく、対応が非常に難しい本質的な問題の解決については、その入り口にすら立っていない

フェアウィンズ 7月10日

汚染01
ガンダーセン : お話を伺っていて思い出したことがあります。
2年前の10月、アメリカ公衆衛生協会の依頼によるあなたの文章が新聞に掲載されたことがありました。
記事中には、子供のスニーカーの写真が掲載されていました。
あなたがおっしゃっていることはまさにこれなのですね。
子どものスニーカーの靴ヒモなどにこの物質が付着してしまう。この子は家に帰り、靴ヒモをほどいて靴を脱ぎ、家に入る。すぐに手を洗えばいいのでしょうが、子供たちの行動がそんな秩序だったものであるはずがない。
帰ってきたそのままの手で食べ物をつかみ口の中に放り込む。それでこの物質が子供の体内に入ってしまうことになります。
ただ、吸入という可能性は低い…

カルトフェン : そうです、期間をそのまま通過する程小さくはありません。
ここでしっかりと認識しておかなければならないことは、私たちの手元には100ミリグラムのサンプルしかないものの、ワーチェスター工芸研究所の物理学者たちはこの中から非常に興味深いものを数多く見出した、という点です。
そして平均的な、屋外で遊んだり運動したりする子供たちの口には、100~200ミリグラム程度の砂埃やその他、土壌に関連する物質が入り込む可能性は極めて高いと言わなければなりません。
この事実は、私たちが真剣に考えなければならない問題だと思います。

ガンダーセン : 確かに考え込まざるを得ない問題です。
この現実を前に、行政機関は『除染が完了した』とされる地区でも、その後の放射性物質の移動という事が可能性としてある訳ですから、監視の目を緩めてはならないということになります。
放射性物質自体に自治体ごとの境界線でとどまるなどと言う『自覚』など、あるはずがないのですから。

浪江04
カルトフェン : 今私たちが問題にしているこの黒い物質が、どういう条件でどのように移動するか、モデル化するための方法が複数あります。
ですから、実際にこの物質のサンプルが手に入ったということが、大きな意味を持ってくることになります。
問題の物質の構成と構造が解れば、最終的にどういう場所に溜まりやすいのか、どんな場所が放射線量が高くなるか予測することが可能になります。そうすれば除去するための効率的な方法を検討することかできるようになり、人々に不用意な被ばくを指せないようにできるのです。

司会 : お話はよく解りました。
物質についての分析と検討を進めることで、より効率的な除染を行う機会を手に入れられるという事ですね。
では具体的に、線量の高いホットスポットから、どうすればこの物質を取り除くことが出来るのでしょうか?

カルトフェン : 私は放射性物質に関わる問題を解決するための土木技師としても充分な経験を積んできましたが、こうした場所の除染と土壌改良のための技術はすでに存在しています。
建設現場、開発現場、あるいは不動作取引の際、放射性物質の存在が問題となる現場で、解決のための手順はすでに確立しており、実際に良好な結果を得た例も多数あります。

しかし、この取り組みを成功させるにはある条件が必要です。
全権を持った人が、この処理を実行するという事を隅々まで理解させる、トップダウン・アプローチが必要なのです。
つまり、政治的な決断が必要だという事です。
そうでなければ必要な技術すべてを、現場に投入することが出来ません。

082904
関わっているすべての人々が根本的な除染が必要だという事を認識すること、そして政府が実施するための前提条件をすべて整える必要があるのです。

ガンダーセン : その問題については、私も昨年来機会がある度お話してきました。
日本政府を動かさなければならない、実はそれこそが最も大きな問題なのです。

本当に解決しなければならない大きな問題、その問題と日本政府が正面から取り組もうとしているようには、私には見えません。

福島第一原発の事故収束作業に関して、日本政府は派生的に発生している問題の対応に忙しく、対応が非常に難しい本質的な問題の解決については、その入り口にすら立ってはいない、私はそう考えています。

カルトフェン : 私は日本政府の政策について論評する立場にはありません。その問題について私は門外漢です。
しかしこの問題がいつまで手付かずのまま、先送りして良い問題ではないことぐらいは解ります。
この問題は国全体、世界全体で取り組まなければならない問題なのです。

〈 第5回につづく 〉

http://fairewinds.org/podcast/japans-black-dust-with-marco-kaltofen
  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

今回のシリーズは明日掲載の第5回で完結します。
明後日5日・土曜日は休載とさせていただきます。
6日・日曜日新たな翻訳記事をアップいたします。
よろしくお願いいたします。

  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 2013年・宇宙カメラマン・オブ・ザ・イヤー作品集 】《後篇》

アメリカNBCニュース 9月28日
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)

Astro16
[グリーン・エネルギー]ノルウェー : フレドリック・ブロムス
異動するオーロラが、地球の複雑な磁場によって千変万化する様子をとらえています。(写真上)

[宇宙空間での整列 : 彗星レモン、GC 47巨嘴鳥座、SMC]アルゼンチン : イグナシオ・ディアス・ボビリョ
彗星レモン、GC 47巨嘴鳥座として知られる球状星団、そして小マゼラン星雲
を一枚に収めた、非常に珍しい銀河系の写真です。(写真下・以下同じ)
Astro17
[磁場のメールストロムの旋渦]アメリカ : アラン・フリードマン
太陽の黒点とその周囲の表面の様子を詳細にとらえた写真です。磁場の中心である写真の小さな黒い点の実際の大きさは地球と同じ程度で、それぞれの磁場は地球の10倍ほどの大きさがあります。
Astro18
[金星の太陽面通過、キツネ狩りをする人々の墓所、ウェールズの高地]イギリス : サム・コーンウェル
太陽の右上、太陽が欠けたようになっている部分が金星です。
Astro19
[不等辺四辺形星団と周囲の星雲]ハンガリー : ラスロ・フランシス
不等辺四辺形星団がその中心にあるオリオン星雲は、別名「星の保育園」とも呼ばれています。雲状のちりとガスの噴出により、絶えず大小の星が無数に生み出されていることから、この名がつけられました。
Astro20
[天を塗る絵具 : Sh2 - 239]アメリカ : アダム・ブロック
宇宙では2,000~3,000年以上かかって、星雲の中にある星が発射する放射線により、ゆっくりと消滅して行きます。
しかし宇宙の時間感覚から見れば、ほんの一瞬の出来事に過ぎません。
Astro21
[月の影]オーストラリア : マーク・ジー
昇る月に対して輪郭を映し出したシンプルな写真ながら、無数の物語が秘められているような錯覚を憶えます。
Astro22
[コロナの花びら : 2012]中国 :マン・トウフイ
Astro23
http://www.nbcnews.com/id/53097406/displaymode/1247?beginSlide=1

【 放射線科学の世界的権威が明らかにする・日本の黒い塵、その正体 】《第3回》[フェアウィンズ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 11分

燃焼しなかった核燃料の一部も含まれている、その危険性がある
セシウム134、137、そしてラジウム226の存在は、何を物語るのか

フェアウィンズ 7月10日

DW01
司会:あなたは、こうしたホットスポットが存在する理由について、どうお考えですか?

カルトフェン : そうですね、現実に高い放射性を帯びているという点について考えてみましょう。
原子炉内から取り出された、あるいは放出された物質は一般的に何かの粒子にくっつき、拡散しない傾向があります。
また雨水に溶け込んでしまったりもせず、したがって植物の組織内に取り込まれることもありません。
そして結合力を保ったまま、なぜか放射性崩壊が進まないのです。

さらにはいったんひとつのかたまりになったものが再び分解したり、あるいはもっと単純な物質に変化したりすることもありません。
そして非常に興味深いのは、ここに含まれているのがセシウム1種類だけではない、という点です。
多量のラジウムが検出されたのです。

今回分析を行ったサンプルには、高濃度のラジウム226が含まれていました。
ラジウムもセシウムと同程度の、放射線の放射を行っているものと考えられます。
ラジウム226はウラニウムが放射性崩壊することによって生み出されるもので、ウラニウムそのものはこのサンプルからは検出されていません。

ウラニウムの半減期は非常に長いため、ガンマ線検出器では検知されません。
ウラニウムは数十億年前に地球の誕生と時を同じくして生成されたと考えられているにもかかわらず、現在でも世界各地で採掘が可能なのは、その半減期が非常に長いためなのです。

111005
しかしウラニウムがいったん放射性崩壊して生み出された物質、ラジウム226などはウラニウムと比べ非常に高い放射線を発します。
これらのことから、以下のことが推論されます。

すなわちこの黒い物質には、原子炉内で放射性崩壊した後の廃棄物だけが含まれているのではなく、燃焼しなかった核燃料の一部もまた含まれている、と。

これは通常、あり得ない現象です。
このサンプルには、これまで原子炉内で発生する核分裂によって生まれる廃棄物、あるいは放射性物質によって汚染された土、そのいずれと比較しても非常に高い放射線を発していることになります。

私たちが目にしているのは、原子炉内で不完全燃焼をしてしまった核燃料から生み出された物質、まさにそうした物質なのだと考えられます。

ガンダーセン : よく解りました。
伺った話から結論できるのは、この物質が採取されたという事は、原子炉格納容器の密閉性はすでに失われている、それを証拠立てているという事です。
一度聞いただけですと、黒い塵などと言う表現から藻類、あるいは菌類などを連想しがちですが、これは断じて有機物などではない、それで間違いありませんか?

FOX News
カルトフェン :おっしゃる通り、有機物とは違います。
非常に小さな物質が寄り集まって作られた混合体とも言うべきもので、外観が黒いのも、大きさも形も不揃いな物質が組み合わさっているために、光が反射されにくくなった結果、人間の目に黒く映るのだと考えられます。

司会 : お話を伺っていて疑問に感じる点があります。
それ程放射線量が高いホットスポットが散在するエリアに、未だに人が出入りすることが許されていますが、なぜなのでしょうか?
さらにはこのホットスポットが発する放射線で人間が被ばくしてしまった場合、起こりうる影響にはどのようなものがあるでしょうか?

カルトフェン : 立ち入り禁止区域、あるいは避難区域内にあるこの黒い物質が、人々が暮らしている区域に入り込まないようにする、どのような防衛線も現実には存在しません。
私はこの問題について、どのような政治的判断を下すべきか話す立場にはありませんが、この黒い物質の問題については、政治的立場からものを考えたり、規制すべき政府機関の立場から対応を判断すべきではないと考えています。
この黒い物質について私は降雨、あるいは風などによって移動し得るものと考えています。

ガンダーセン : ただし、先にお話しましたがこの物質は重いので簡単に風に運ばれることは無いでしょうが、強風が吹いた場合は別です。
ただし、海にまで飛ばされていくほど軽いものではありませんが、事故現場から10~20キロ離れた場所なら飛ばされていく可能性はあります。

浪江06
カルトフェン : そうですね、今回分析を行ったサンプルは事故現場から10㎞離れた場所で採取されました。
10㎞離れた場所にあったという事は、さらに広域の調査を行なえば、数多くこの物質が存在していることを確認する可能性があるという事です。
実際にはこの物質が、さらに離れた場所でも発見されたという情報が確認されています。
考えられることはこの物質はもっと小さな状態であった時に各所に運ばれ、その後に現在の大きさになるまでの結合が行われたという事です。
これは別に特別なことでも何でもありません。

一方でこの物質は、非常に高い放射線量を持った物質が集積して小さな物体を形成した、非常に象徴的な存在だと言えると思います。

そして試験結果が示しているのは、この物質にウランが放射性崩壊した結果できる放射性物質、セシウム134と137を高濃度に含んでいるという事であり、福島第一原発以外にその発生源を考えることはできません。
そして放射性崩壊によって生成される物質が含まれているという点が特徴的であり、それらの物質の内いくつかは原子炉内で生成されたと考えられます。

ガンダーセン : この物質ですが、何かの拍子に口に入ってそのまま嚥下したり、呼吸によって体内に入り込んでしまう可能性はあるのでしょうか?

カルトフェン : その可能性はあると思います。
私が言う可能性とは、この物質が付着した手を使い、食物を口に入れる可能性がある人なら、誰にでもその機会はあるという事です。
特に可能性の高いのは土いじりが好きな子供たち、農家の方々、そして建設労働に従事する人々はこの物質を体内に摂取してしまう深刻な危険があります。

farm02
吸入、つまり呼吸によって取り込むには、この物質は大きすぎると思います。
特に互いがくっついて大きくなった場合には、呼吸によって体内に入り込むことはまず考えられません。
しかし嚥下による体内摂取の危険は明らかに存在し、特に子供たちと農業従事者の危険性は高いと言わなければなりません。

〈 第4回につづく 〉

http://fairewinds.org/podcast/japans-black-dust-with-marco-kaltofen
  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

フェアウィンズの記事を翻訳することは、ある程度前段の知識を有する福島第一原発の事故の社会記事を翻訳するのとは異なり、未知の科学的事実の分析があったりして、私にとってなかなか骨の折れる作業です。
しかしそれだけにやりがいもあり、国内の報道などでは決して取り上げない事実が次々と指摘されたりして、スリリングな展開に思わず興奮したりもします。

今回の記事もこのカルトフェン氏の言い回しが、かなり独特のもののため難渋する場面もありました。
本来なら全文翻訳の後で、前後の事実関係に齟齬が生じていないか検証すべきなのですが、前回記したとおり『思わぬ公開』となってしまいそれもできませんでした。
読み取りにくい部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。

  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 2013年・宇宙カメラマン・オブ・ザ・イヤー作品集 】《中篇》

アメリカNBCニュース 9月28日
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)

Astro08
[窓からの眺め]カナダ : エリック・ジュワー(15歳)
真夜中の撮影にもかかわらずシャッターを解放し、砂漠の夜を昼間と同じぐらいの明るさで表現しています。(写真上)

[接近し溶け合う星雲 - M81星雲-とM82星雲]ハンガリー : イヴァン・エデル(写真下・以下同じ)
Astro09
[北の国のペルセウス座流星群]アメリカ : デイヴィッド・キングハム
8月のペルセウス座流星群流星雨の興奮と活力を伝えるために、別々の23枚のスチールを組み合わせた作品です。
Astro10
[オメガ・ケンタウリ]アルゼンチン : イグナシオ・ディアス・ボビリョ
オメガ・ケンタウリは球状星雲で、数百万の星を含むと考えられており、生成は数十億年前にさかのぼります。
約2,000年前、天文学者プトレマイオスが最初にその存在を語り、1677年に天文学者エドモンド・ハレーによって正式に存在が確認されました。
Astro11
[氷の使者]ノルウェー : フレドリック・ブロムス
Astro12
[偉大なる星雲]イギリス : サミュエル・コプリー(15歳)
オリオン(M42)星雲
Astro13
[サタン(土星・悪魔)の栄光]イギリス : デミアン・ピーチ
Astro14
[リング・オブ・ファイア]シンガポール : ジア・ハロー
2013年5月の環状日食の進行をとらえた合成写真。
Astro15
http://www.nbcnews.com/id/53097406/displaymode/1247?beginSlide=1

【 放射線科学の世界的権威が明らかにする・日本の黒い塵、その正体 】《第2回》[フェアウィンズ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 11分

福島第一原発周辺で採取、高い放射性を示す物質の集合体、その正体とは?
ホットスポットに人が近づかないよう、的確な情報開示をすべき

フェアウィンズ 7月10日

NBC 04
ガンダーセン : 実は私も長年、この黒い物体についてはその正体について考え続けてきました。
長い間疑問が解けずにいるこの黒い物体は、他の物体の表面などに付着していたものが、雨に洗い流されたりするなどして、地表の窪地などに集積すると考えられます。
また、段階的に小さくなっていく性質も持っているようです。
そしてあなたがおっしゃったように、非常に高い放射能を帯びているために、発見されやすいという特徴もあるようです。
これを発見した他の人々も、他の物質と比べ際立って高い放射能を帯びているために、この物質の発見に至ったようです。
ところでこの物質は黒い色をしていますが、その事に何か意味はあるのでしょうか?それともたまたま黒い色をしているというだけなのでしょうか?

カルトフェン : 私は色が黒いという事には意味があると考えます。
この物体を顕微鏡で確認することが出来ましたが、単純な小片の集まりではありませんでした。
集合体(凝集体)であるようです。
チーズボールをご存知ですか?
顕微鏡で見ると、この物質は砕いたナッツで覆われた一個のチーズボール(写真)のように見えます。同型の小さな物体の集合体であることが解ります。
それがこの未知の物質の見た目です。
言ってみれば、スノーコーン(かき氷を丸く固めたもの)状の放射性物質の集合体というところです。

GRD01
そして集合体でありながら、なぜそうなっているかはわかりませんが結合性が比較的強く、研究所内でこの物質を取り扱った際に、一部がバラバラになったりはしませんでした。
これを顕微鏡で見る機会があれば、何百個もの様々な形と大きさの放射性物質を糊で固めたような印象を持たれることでしょう。
見た目が黒く感じられるのは、不揃いな集合体であるためです。
そして強く結合しているために、環境中においてその存在を確認しやすくなっていると考えられます。

ガンダーセン : お話を伺っていると、この物体は福島第一原発において作りだされたように感じます。つまり、福島第一原発の外で集合体となったのではなく、施設内において現在の形になり、福島第一原発の周囲に存在しているように思われます。
カルトフェン : そうですね、その可能性はあります。
ところで私たちは、採取したサンプルの中に、この物質の放射性には均一性が無いという事を証明するものは、ただの一個も無かったのです。
つまりこの物質の構成要素すべてが放射性を帯びているという事であり、つまりはこの物質は放射性物質と一般的な土の成分の混合物では無いということになります。

こうしたサンプルのいくつかをエックス線透視用のプレートの上に広げると、光やエックス線を照射しなくともこの黒い塵が放射線を放出していることを確認できます。
エックス線用のフィルムが、その部分だけ黒くなるからです。
黒い塵のすべてのサンプルで、この結果が確認できました。
例外はありませんでした。

ガンダーセン : 非常に興味深い結果ですね。
お聞きになっていらっしゃる皆さんに、この物質がどれ程の放射線を放出していたのか、その点について劣らせする必要があると思います。

NBC02
あなたの研究室にサンプルを送った日本の方は、ガイガーカウンターを携行して歩いていて、この物質を発見した周辺で高い放射線量を計測しました。
驚いた彼はあなた、そして私に連絡をしてきました。
そこで私たちはその物質には高い放射性が計測されていたため、途中不測の事態などが発生しないよう、ごく少量のサンプルを送ってもらうことにしたのです。
その量は1グラムの10分の1、つまり0.1グラムです。
1グラムという重さを具体的に理解していただくために申し上げると、1ドル紙幣1枚の重さが約1グラムとお考えいただけると、解りやすいかと思います。
こうして郵送により、私たちの手元に0.1グラムのこの物質のサンプルが届けられることになりました。

そして、私は、あなたにそれをここから拾うようお願いするつもりです、マルコ、そして、1グラムのサンプルのその10日が何を含んだかについて見分けます。

さてそこでマルコ、ご説明いただきたいのですが、この0.1グラムのサンプルの中に含まれていたのはいったい何なのでしょうか?

廃棄物
カルトフェン : 日本から送ってもらったサンプルはごく少量ですが、元の大きさはアスピリンの錠剤ほどであったようです。
そして検出された放射線の大半はセシウム134と137からのβ(ベータ)線でした
MK: 全てのサンプルは、多分アスピリン錠のサイズについてあるでしょう。 そして、それは、大部分は我々が持ったCesium 134と137のβ放射線でした。
そしてこの物質に含まれていたのは、1キログラムにつきメガおよそ1.5メガベクレル(150万ベクレル)の放射性セシウムでした。
という事は、この物質が1キログラムあれば、そこでは1秒につき150万回の放射性崩壊が起きるという事です。
今回ここにあるサンプルは非常に小さいものなので、こう言いなおした方が良いかもしれません。
この物質については1グラム当たり、1秒間に1,500回の放射性崩壊が起きていると。
150万と比較すれば1,500という数字は少なく感じるかもしれませんが、放射線量としてはきわめて高い数値であると言わなければなりません。
この数値は福島第一原発の周辺でこれまで確認された放射線量の中で、最も高い数値なのです。

ガンダーセン : この物質は1キログラムにつき、1秒間に150万回放射性崩壊して行きます。1秒で150万回、次の1秒にも150万回、そしてその次の1秒にも150万回。
ですからこの場所にこの物質がキログラム単位で存在しないことを、神に感謝しなければなりません。
日本の国土の一定のエリアが汚染され、その中の一部分から私たちはこの物質を採取することになりました。

汚染02
カルトフェン : 何か大切な事実がここにはある、そう感じています。
確かにこの物質は、福島第一原発の事故によって影響を受けた地域全体を象徴するものではありません。
このサンプルは福島第一原発からちょうど10キロメートル離れた場所で採取されました。
そしてこの物質は避難区域内、ただし立ち入り禁止区域の外側にありました。
かつて住民だった人々はここまではいることが出来ますが、滞在することは許されません。

この場所で起きたことが、この物質にどのような形でか集約されているかもしれません。この物質は周辺の土壌と比べ非常に放射性が高く、この場所に留まったまま周辺には拡散していないということが言えると思います。
何らかの自然現象によって集積された形を作りこの場所に集まり、その部分だけが放射線量が高くなっていて、人間は被ばくについて警戒する必要があります。
事故が発生してから2年以上が経ち全般に線量が低下しているにもかかわらず、このホットスポットに限って周辺よりも高い放射線量を示しているという点を考えれば、この場所を地図に明示し、人々が近づかないようにする必要があります。

〈 第3回につづく 〉

http://fairewinds.org/podcast/japans-black-dust-with-marco-kaltofen
 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

実はこのシリーズは未だ翻訳が終わっておらず、また前段が非常に長いことから公開方法をどうしようか、迷っていました。
そして28日・土曜日にお知らせしていた通り、30日月曜日は休載の上、10月1日(月)からは別の原稿の掲載をする予定にしていました。

この【日本の黒い塵】については全文を翻訳の上、結論・展開等を検証の上掲載するつもりでしたが、保留にしておいたものが手違いにより30日(月)に掲載されてしまいました。
こうなっては掲載を続けるしかありません。
鋭意、正確な翻訳をしたいと思いますが、お気づきの点などございましたら、ぜひお知らせください。

 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 2013年・宇宙カメラマン・オブ・ザ・イヤー作品集 】《前篇》

アメリカNBCニュース 9月28日
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)

Astro01
オーストラリアのカメラマン・マーク・ジーはこの写真で2013年・宇宙カメラマン・オブ・ザ・イヤーでグランプリを獲得しました。
この写真の中には銀河、そしてその付属星雲である大マゼラン、小マゼランのすべてが写しだされています。(写真上)

今回は49か国から1,200点以上の応募があり、審査員は記録的な数の作品の中から優秀作品を選び出さなければなりませんでした。

米国のベン・カナーレスの写真「ハイ、ハロー!」は、大賞の次点作品。
銀河が地上から立ち上っているようにも見えます。(写真下・以下同じ)
Astro02
アイルランドのトム・オダナヒューの作品「ネビュラ星雲のRho Ophiuchiとアンタレス星雲」
Astro03
スペインのダニ・カクセテ「月の光輪の四重奏」
Astro04
アメリカの14才のジェイコブ・マルキオの作品「満ち始めの月」。
Astro05
オーストラリア、マイケル・シドニオルの「浮かぶ大都市 - NGC 253」、
NGC 253は、1783年天文学者キャロライン・ハーシェルによって初めて発見されて以来、自身の星雲内で次々と新星が作られている「星形銀河」、きわめて珍しい存在です。
Astro06
アメリカの10歳の少女、アリアナ・バーナルの大パノラマ、『日没と月の出 – ゴールデンゲイト・ブリッジ』。
Astro07

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報