星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 音楽とダンス / 幻覚臭感(POP)/ リーキーガット症候群 / 運動は朝食の後に

音楽とダンス / 幻覚臭感(POP)/ リーキーガット症候群 / 運動は朝食の後に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

「何なの?この悪臭!」- 思っている以上に危険な嗅覚障害 -

運動をするのはどちらが良いのでしょうか?食事をとってから、それとも空腹のまま?

 

ドイチェ・ヴェレ電子版 2018年8月28日

 

[音楽を聴くとなぜ踊りたくなるかご存知ですか?]

音楽は世界中のほとんどすべての文化と密接に関わり合い、聴いているうちに踊リダしたくなる気分になることが多々あります。
でも私たちの頭を揺らし、腕を振り足をタップさせたくなる音楽の原動力とはいったい何なのかご存知ですか?

オーストラリアの科学者たちはこの疑問について研究を行い、その答えが低音にあることを発見しました。

 

研究者たちは、私たちの脳が低周波音を処理する方法について詳細な研究を行いました。
低周波音は、通常、音楽のリズミカルな基盤を形成します。
研究では人間にそれぞれ高音と低音を別々に聴かせ、脳波記録(EEG)を使って脳の反応を確認しました。

その結果、人々の脳の活動は繰り返されるビートの回数と同期している可能性が高いことがわかりました。

低音のビートが強調されればされるほど、人間が踊りだしたくなる衝動が強くなりました。
この研究者を行った人々は様々な病気、特に認知機能障害、運動機能障害の治療に役立つようになることを願っています。

 

「何なの?この悪臭!」- 思っている以上に危険な嗅覚障害 -

実際には何もないのに、異臭を感じ取る人がいます。
これは幻覚臭感(phantom odor perception - POP)と名づけられ、火災発生の際の物が焦げる匂いや腐敗した食べ物など、人間にとって危険な状況を嗅ぎ分ける能力を妨げてしまう可能性があります。

 

米国の研究者らは2011年から2014年にかけ7,000人を超える個人から収集したデータを解析し、幻覚臭感(POP)がこれまで考えられていた以上に多くの人に広がっている可能性があることを発見しました。
この研究によれば40歳以上の15人に1人が幻覚臭感(POP)を経験し、さらに女性は男性の2倍の確率で発症することを明らかにしました。

 

こうした症状を引き起こす最大の原因が全身的な不健康状態であることもわかりました。
また喫煙者は幻覚臭感(POP)に苦しむ可能性がより高いこともわかりました。
幻覚臭感(POP)の発症原因はまだ分かっていませんが、研究者らは鼻の臭気感知細胞の過剰反応が関与していると考えています。

 

[いがみ合ってると病気になりますよ]

ヨガのトレーニングに励むことから最新のダイエット法にチャレンジしてみることまで、様々な生き方があなたの腸に影響を与え、結果としてあなたの健康に影響していることがわかりました。
米国オハイオ州の研究者が夫婦間の敵意がリーキーガット症候群を引き起こす可能性があることを確認しました。

リーキーとは「漏れる」ガットは「腸」、リーキーガット症候群とは腸壁にあいた穴から毒素や細菌などが血液内に入り込むことによって引き起こされる病です。

細菌や毒素によって体内の各所が炎症を起こし、病気を引き起こす可能性があります。

 

研究者たちはまず夫婦間でどのような話題がいさかいになりやすいかを突き止めました。
答えはお金、そして互いの両親です。
次にこの二つをテーマに夫婦間で20分間の話し合いをしてもらいました。

その結果、配偶者に向かって敵対的な態度をとり続けた人々は、リーキーガット(漏出性腸症)候群を示す血液中のタンパク質のレベルが上昇していました。
そしてタンパク質のレベルが上昇した人々は、同時に炎症の程度を示す値が上昇していました。

 

研究者はさらに、うつ病の病歴を持っている人々が結婚相手の敵意によって、リーキーガット(漏出性腸症)候群を誘発される可能性がさらに高くなることを確認しました。
ストレスが強い夫婦関係は、あなたの健康に大きな影響を与える可能性があります。

 

[水分の豊富なお粥とフルーツボウルを、朝の運動の前にとってみてください]

運動をするのはどちらが良いのでしょうか?食事をとってから、それとも空腹のまま?

朝の運動の前に朝食をとると運動中に消化が促進され、さらに炭水化物を燃やすことができるという新しい研究結果が公表されました。

 

英国の研究機関が運動する前に朝食を食べることが体にどのように影響するかについて研究しました。

研究の参加者は、ミルクとお粥の朝食を食べた後、1時間自転車をこぐ運動をするように求められました。
その後参加者の血糖値と筋肉に蓄積された特定の炭水化物のレベルをテストしました。

 

その結果、運動前に朝食を食べた方が、運動後空腹になってから食事をとるよりも全身の健康に良いことがわかったのです。
体の中に蓄積されていた炭水化物を含め、運動中により多くの炭水化物が燃焼するメカニズムが解明されつつあります。
血糖値は2度目の食事が終わった後も低下したままでした。

 

https://www.dw.com/en/dws-health-news-why-does-music-make-us-dance/a-45246371

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報