星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » アーカイブ

ただ平和を願っているだけ、そうした人々の祈りも軍備拡張に利用する現政権《前編》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

広告
広告

外交的配慮より、自分の周囲の国家主義者への配慮を優先?
「平和を祈念するための絶好の機会?」安倍首相の靖国訪問、実は周到な計算の下に行われた

エコノミスト 12月27日

安倍靖国
7年という時間、日本の首相が論争の的となっている靖国神社を訪問することはありませんでした。
そして靖国は神道の考え方によれば、約250万人の戦争犠牲者に加え、14人の最高レベルの戦争犯罪人の魂を祀っています。

しかし12月26日、報道陣のカメラが靖国神社の神官の後に従い、聖域とされる場所を進む安倍晋三首相の姿をとらえました。

ニュースは日本国内にいる右翼の国家主義者たちを喜ばせる一方、中国と韓国を激怒させることになりました。
さらにはアメリカも非難する声明を発しました。

「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している。」

日本の事情に通している人にとっては、安倍首相の靖国参拝はさほど驚くべき事ではありませんでした。
安倍首相は首相としての最初の任期である2006-07年、靖国に参拝できなかった事について強い遺憾の意を表明していたからです。
当時、それ以前総理大臣を務めていた小泉純一郎氏による参拝の繰り返しは、中国との外交関係を著しく損なっていました。

軍国主義 1
隣国にとって、靖国神社は過去の日本の軍国主義の象徴とみなされています。
そしてそう考えているのは、日本国外の人間だけではありません。
多くの日本人もまた、靖国神社とそれが象徴するものを非難しています。
その一方で何万人もの日本人が特にA級戦犯の合祀を意識する事なく、ただ戦争の犠牲者となった家族や友人を悼むためだけにその場所で祈りを捧げています。

昨年政権への復帰を果たした記念日に靖国神社を訪問した事は、2007年に政権から滑り落ちた後も安倍氏を支持してきた人間たちを安心させましたが、一方で参拝は彼らの要求でもあったのです。

就任1年目、安倍首相は何より経済の復活に専念する事を公約していたはずであり、これほど早く挑発的な行動に出ると予測されてはいませんでした。
この直前まで安倍首相は靖国神社の儀式には、供物だけを贈り続けてきました。
一年も押し詰まったこのタイミングでの安倍首相の信念の発露は、日本の外交に大きなダメージを与えましたが、しかしこのタイミングは周到に計算されたものだったのです。

〈後編に続く〉

http://www.economist.com/blogs/banyan/2013/12/japans-shrine-and-regional-tensions?zid=306&ah=1b164dbd43b0cb27ba0d4c3b12a5e227
  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

年末、NHKが放映したドキュメンタリー『オリバーストーンが語る、戦後のアメリカ史』全10回を録画し、時間を見つけては見ていました。
そして日本の現政権がやっている事が、経済政策のみならず、国全体を右傾化させるキャンペーンについてもレーガン政権のやり方をそっくり真似ているのではないかと感じました。

詳しくは番組をご覧いただくしか無いのですが、要は当時のソビエト連邦がゴルバチョフの登場によって民主化に向かい始めていたにもかかわらず、レーガン政権は『危険な共産党政権』というプロパガンダを執拗に展開、アメリカの軍産複合体を徹底的に太らせたというのが主要な論点のひとつでした。
ゴルバチョフと習近平は違うようですが、反中国感情を煽り続ける一部の日本メディアの宣伝もあり、日本人の対中国感情は急速に悪化しつつあり、それが日本の軍拡に利用されようとしています。

そして安倍首相やその周辺の『日本は自立しなければならない』という持論が、アドルフ・ヒットラーの主張と重なる事にも気がつきました。
「ドイツは自立する!」
誰にも邪魔はさせない、と。

  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 読者が選んだ2013年のベストショット 】《第3回》

アメリカNBCニュース 12月26日
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)

NBC 1
雨にぬれても…。5月16日に、ワシントンのホワイトハウスのローズガーデンでトルコのエルドアン首相と共同記者会見を行った際の一コマ。海兵隊員が差し掛ける傘がまだ必要かどうか、空を見上げる大統領。(写真上)

5月19日、アトランタのモアハウス・カレッジの第129回の卒業式で、来賓のバラク・オバマ大統領によって紹介され、祝福を受ける卒業生リーランド・シェルトン。 障害児として幼児期を過ごした後、シェルトンは全米優等学生友愛会の会員に選抜され、ハーバード・ロー・スクールへ進む事になっています。(写真下・以下同じ)
NBC 2
5月20日に襲った竜巻によりアメリカ、オクラホマ州ムーアの小学校が倒壊。救出された娘を抱きかかえ、破壊の現場を歩く母親。
NBC 4
5月28日、歩行者用通路の建設のためね公園内の樹木を切り払おうとする当局に抗議するトルコの市民たち。
警官に催涙ガスを浴びせられた赤いドレスの女性は、反政府運動の象徴的存在となりました。
NBC 3
6月10日ドイツのサクソニー・アーンハールト州のマグデブルク近く、エルベ川の氾濫によって水浸しになった民家の庭。
ドイツ、ハンガリー、チェコの兵士たちが自国領に水が入り込まないよう競い合うように土嚢を積み上げたため、数万人の各国の住民が避難する騒ぎになりました。
NBC 5
拡大するトルコの反政府運動。首都イスタンブールのタクシム広場で、警官隊の放水を浴びる男性。
トルコ政府による過剰な取り締まりは、国際社会の批判を浴びた。
NBC 6
ブラジルのリオデジャネイロで政府の腐敗と
物価上昇に対する抗議運動が展開された。警官隊によるゴム弾を至近距離から発砲され、驚く男性。
NBC 7
月1日、イギリスのミッドランド地方にあるリサイクル施設で火災が発生。100,000トンの廃プラスチックなどに火がつき、1,800メートルの黒煙が立ち上った。
NBC 8

数々の非道な行為について、充分な検証も反省も行っていない【 軍国主義日本の歴史を美化しようという意図が明白、安倍首相 】国際社会の疑念が確信に[ガーディアン論評]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

広告
広告

日本の歴代首相の中、安倍首相以外に歴史を書き換えることをあからさまに意図した人物はいなかった
歴史すら都合良く書き換えようとする人物、その認識を深めた各国政府、そして国際世論

ジャスティン・マッカリー / ガーディアン 12月26日

安倍靖国
日本の安倍晋三首相は論争の的となっている、東京都内の戦争の聖地への参拝を行いました。
そして中国からはきわめて厳しい反応を引き出し、アメリカには深い危惧の念を抱かせることになりました。

安倍首相はちょうど一年前に自身として二期目の首相に就任しましたが、当時の小泉首相が7年前に訪問して以来、靖国神社を公式参拝した初の首相となりました。

保守派の権化とも言うべき安倍首相は、第二次世界大戦中日本がアジア各地で行った振る舞いに関し、『自虐的』歴史観を捨て去るべきだと主張し、第一期の首相就任期間に靖国神社を公式参拝しなかったことについて「痛恨の極み」と言い表していました。

予想できたことですが、26日の参拝は中国と韓国から最大級の反発を引出しました。
中国も韓国も靖国神社については、日本の軍国主義の象徴のひとつと考えており、その場所を政治家が参拝するという事は20世紀前半に日本が中国大陸と朝鮮半島において行った数々の非道な行為について、充分な反省も検証も行っていない事を証拠立てるものだと考えています。

「中国政府は、日本の指導者が中国とその他のアジアの被害国の国民の感情を踏みにじり、公然と歴史の公正さと人類の良識に挑戦したその行為に対し、強い憤りを示す」
中国の外務省は声明の中でこのように述べました。

秘密保護法07
中国外務省の秦剛報道官は
「侵略と植民地支配を美化するものであり、国際社会の日本の軍国主義に対する正義の審判を覆そうと企んでいる」
と語り、以下のように付け加えました
「我々は日本の指導者の今回の行動に強く抗議するとともに、深刻に非難します。靖国神社への日本の首相の訪問の本質、軍国主義による侵略と植民地支配を行った日本の歴史を美化しようという意図が現実になったものです。」
中国政府は北京駐在の日本の木寺大使に「強い抗議」を行うことにより、今回の問題に対するより一層強硬な姿勢を明らかにしました。

韓国の報道官を務める劉震竜文化体育観光相は安倍首相が靖国神社を参拝したことについて
「時代遅れの行為」と非難し、次のように続けました。
「日韓関係に深刻なダメージを与えただけでなく、本当アジアの安定と協調のための基盤を根本から破壊してしまいました。」
「近隣諸国の懸念と警告にもかかわらず安倍首相が靖国神社への参拝を行ったことに対し、遺憾の意を持たざるを得ず、かつ怒りを表明せずにはいられません …」

靖国神社は、19世紀後半以来、戦争によって命を落とした約250万の日本人を祀っており、その中には第二次世界大戦後、連合国による裁判によってA級戦犯として有罪判決後に処刑された戦時指導者も含まれています。

アベ 3
安倍首相は中国や韓国の人々の感情を傷つける「意図は毛頭ない」と主張し、記者団に次のように語りました。
「戦犯を崇拝する行為との誤解に基づく批判があるが、政権が発足してから1年間の安倍政権の歩みを報告し、二度と戦争の惨禍で人々が苦しむことのない時代をつくるとの誓い、決意を伝えるために靖国神社に参拝したものです。」
「尊い命を犠牲にされたご英霊に対して、哀悼の誠をささげるとともに、尊崇の念を表し、御霊(みたま)安らかなれとご冥福をお祈りしました。」
「残念ながら首相による靖国神社参拝は大きな政治問題、外交問題になってしまいました。
しかし私は、中国や韓国の人々の感情を無視するつもりはありません。」

日本軍が中国大陸と朝鮮半島を占領していた当時の残虐行為に対しては言及しなかったものの、安倍首相は靖国参拝は過去に対する真摯な反省に基づき行ったものだとして、批判的な世論をかわそうとしました。

「日本は、二度と戦争を行ってはなりません。」
安倍首相はこう語りました。
「これは、過去に対する厳しい反省に基づく私の信念です。」

第二次世界大戦04
安倍首相は中国と韓国からの強い反発を覚悟していましたが、アメリカが異例の深刻な懸念を表明したことは予想外でした。
アメリカ政府は在日大使館のウェブサイトに以下の声明を掲載しました。
「日本は大切な同盟国であり、友好国である。しかしながら、日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している。」
「米国は、日本と近隣諸国が過去からの微妙な問題に対応する建設的な方策を見いだし、関係を改善させ、地域の平和と安定という共通の目標を発展させるための協力を推進することを希望する。」( http://japanese.japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20131226-01.html )

日本の岸田外務大臣は、新任のキャロライン・ケネディ駐日大使に、安倍首相の靖国参拝の意図について電話で説明しました。

しかし今回の参拝は、日本と近隣諸国との間に出来た溝を一層深めることになります。

日本は現在中国との間には尖閣諸島(中国名 : ダイユー諸島)、韓国との間には竹島(韓国名 : 独島)をめぐる領土問題を抱え、双方ともこう着着状態に陥っています。

尖閣・日中艦船
何人かのアナリストは、今回の参拝が安倍首相の国家主義者としての行動に懸念を抱く各国政府や国際世論に、歴史を恣意的に書き換えようとする意図を持つ人物としての懸念をも抱かせることになりました。

上智大学で政治学を専攻する中野孝一教授が次のように語りました。
「安倍氏はおそらく、歴代内閣の中で比較的高い人気を保持している上、靖国参拝については個人の信念の問題であり、一定限度以上の問題にはならないと考えていたと思われます。」

「しかし安倍首相と小泉元首相とは違う、そのことは誰もが知っていたのです。小泉氏は歴史までも書き換えようとする国家主義者ではありませんでした。自分に都合良く歴史を歪曲してしまう、この点に関し、一部の人々が安倍首相に疑問を持ち続けてきました。」

「そしてついに、その答えがはっきりしたのです。」

http://www.theguardian.com/world/2013/dec/26/japan-shinzo-abe-tension-neighbours-shrine
 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

前回まで翻訳・掲載してきた記事と基本的に同じものですが、この【星の金貨】では日本国内の問題について世界はどう見ているのか、多数派の意見はどうなのか、それを客観的に証拠立てるため、大きな問題については世界の代表的メディアの記事を出来るだけ多く翻訳・掲載するようにしています。

また、数多く翻訳する事で、日本国内のメディアからは手に入りにくい情報が手に入る事もあります。
今回もニューヨークタイムズからは
「「平和と民主主義の大切な価値」を守るため、1945年に平和憲法を起草・制定した人々に対する「深い感謝の念」を表明された天皇陛下( http://kobajun.biz/?p=15782 )
ワシントンポストからは
「安倍首相は国際社会では、歴史すら書き換えてしまう歪曲主義者として悪名高い存在」( http://kobajun.biz/?p=15805 )
ザ・インデペンダント(英国)からは
「安倍首相の靖国参拝は、日本の外交戦略にとってはきわめて愚劣な対応」( http://kobajun.biz/?p=15829 )
という指摘がありました。

2014年は日本にとって難しい課題が山積しています。
気がついたら自由も、平等も、平和も無くしてしまっていた…そんな事にならぬよう、目を見開き、ひとり一人が発信する年にしていきたいものです。

アジアで切迫する危機【 最悪の事態 : 武力衝突を引き寄せてしまった、安倍首相の靖国参拝 】インデペンダント社説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

広告
広告

日本のどんな国益にも利する事の無い、愚かな行為
安倍首相の靖国参拝は、両国の関係悪化を象徴する出来ごとに新たな一行を書き加ただけ
安倍首相の靖国参拝は、日本の外交戦略にとってはきわめて愚劣な対応

ザ・インデペンダント社説(英国) 2013年12月26日

Assisi 2
通常であれば「聖地」という言葉には穏やかな、そして人の心をいやす語感が込められています。
スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼の路、あるいはイタリアの聖フランチェスコ聖堂のような場所で、ろうそくの明かりに照らし出された聖像の前にたたずみ、しばし瞑想に耽るイメージが思い浮かびます。

しかし日本では「聖地(神社)」という言葉が、それとは異なる意味を暗示します。
そしてそれこそが日本の首相が靖国神社を参拝した事に対し、東アジア地区において大きな動揺を、場合によっては最強の2カ国間の武力衝突にすら発展しかねない緊張を引き起こした理由でもあります。

日本の戦没者の慰霊するために建立された靖国神社がことあるごとに議論の的となるのは、数えきれないほどのサムライ戦士の骨が安置されているからではありません。
最も間近に起きた戦争、すなわち第二次世界大戦中、日本の占領下にあった中国と韓国における残虐行為、そして日本の戦時指導者であった事により、戦争犯罪人として有罪とされた数百名もこの場所に祀られているからなのです。

反安倍 2
中国国内では第二次世界大戦中の南京における強姦を始めとする、日本軍の数々の残虐行為に対する記憶が薄れる事はありません。
それが安倍首相が靖国神社を参拝した事に対し、中国がきわめて厳しい姿勢で非難をする理由です。

東アジア最大の2カ国間の関係がすでに悪化していなかったならば、局地的な紛争はそれほど重要ではないかもしれません。
しかし実際には安倍首相の行動は、日本と中国の負の歴史に、新たな悪意の1ページを書き加える事になったのです。

尖閣諸島を巡る中国と日本のにらみ合いに一向に改善が見られないのと同様、今回の靖国参拝は両国の関係悪化を象徴する出来ごとに新たな一行を書き加ただけでした。

中国と日本は誰も住んでいない尖閣諸島を巡り、何十年もの間争ってきました。
日本は19世紀にこの島々の実効支配を確立しましたが、国有化はしていませんでした。
昨年個人所有者から買い取り、国有化に踏み切りました。

中国は今年11月23日、対抗手段に打って出ました。
尖閣諸島上空を含む東シナ海の大部分に、突如中国の防空識別地帯を設定した事を宣言したのです。

防空識別01
この一方的な決定に対する日本側の反応の少なさは、意外なほどでした。

日本の主な航空会社2社がまず最初に反応しました。
中国当局との正面対決を避けるため、旅客機の飛行ルートを変更しました。
しかしアメリカはそうではありませんでした。
11月26日、中国側に通告する事無く、2機のB-52爆撃機を中国が防空識別圏を宣言した空域を飛行させました。
幸い中国は緊急発進などの措置は行いませんでした。

非がアジア地区において力づくでの影響力行使を強める中国に対し、警戒し懸念を深めているのは日本だけではありません。
その事実こそは、安倍首相の今回の靖国参拝が、日本の外交戦略にとっていかに愚劣な対応であったかを物語っています。

ベトナムは言うまでもなく、中国の一方的な自己主張に対しては、韓国も台湾を懸念を深めています。
しかし、一方で韓国人は第二次世界大戦の最中、日本の統治により数々の苦痛を強いられました。
韓国の人々は、日本が第二次大戦の戦時指導者たちの行為を正当化する事については、中国の横暴に対するのと同様の怒りをつのらせています。
そして安倍首相の靖国参拝は韓国政府と台湾政府から対立感情を引き出し、中国の横暴にも増して日本に対する対決姿勢の必要性を認識させました。

防空識別04
直接の当事者でない限り、中国と日本という2つの強力な国家が2、3の無人島を巡り、これほどまでに対立感情を剥き出しにする事は考えられない事かもしれません。
しかし世界史を振り返ると、もっと考えられないような事が現実になっています。

1914年夏、ハプスブルグ家の広大な領土の辺境で人気のなかったオーストリア帝国の皇太子が暗殺された事が、ヨーロッパ全土を巻き込み、徹底的な破壊をもたらした戦争にまで発展すると考えた政治家は、当時全くいなかったのです。
わずか100年前、1914年にヨーロッパで現実となった事態が、今日の東アジア地区で再現される事は別に意外ではありません。
今必要なのは、そうさせないための努力です。

いずれにせよ、安倍首相は靖国参拝について、もっと思慮深くあらねばなりません。

http://www.independent.co.uk/voices/editorials/the-next-asian-crisis-shinzo-abes-visit-to-the-yasukuni-shrine-has-aggravated-china-and-increased-the-chance-of-a-calamitous-conflict-9026081.html?origin=internalSearch
 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

12月30日にご紹介したワシントンポストの社説には、安倍首相を「Notorious」と表現した一文がありました。
Notoriousは「悪名高き」という意味です。
今日ご紹介したインデペンダントの社説では、安倍首相の行動を「Foolish」と表現しています。
Foolはそのものずばり、ばか者、愚か者という意味です。

戦後の先進各国の首相の中で、「同盟国」の一流新聞の社説で「悪名高い」、あるいは「愚かな行為」などという指摘を受けた人間がいたでしょうか?

年度が変わり2014年になりました。
しかし特定秘密保護法に靖国参拝、相変わらず先の見えない福島第一原発の被災者の方々、にもかかわらず活発化する原発再稼働への胎動、弱体化し抵抗勢力を作れない野党など、これほど暗い材料の多い新年も無いと思います。
この上は日本に世界の世論を引き込み、世界の人々に日本の『闇』を叩いてもらおうかと考えています。

1月2日は掲載をお休みさせていただき、3日以降、世界の常識・人類共通の認識をご紹介してまいります。

どうか2014年もよろしくお願いいたします。

 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 宇宙写真傑作選2014 】〈1〉

アメリカNBCニュース
(写真をクリックすれば、大きな画像をご覧いただけます)

宇宙01
  ノルウェー、クベフィヨルドにて(写真上)

  馬頭星雲(写真下・以下同じ)
宇宙02
  オリオン座、魔女の頭部星雲
宇宙03
  砂漠での火星探査訓練。アメリカ、ユタ州。
宇宙04
  不運なカエル、アメリカ、ヴァージニア州NASA発射基地。
宇宙05
土星観察衛星のカッシーニが撮影した、土星の北極付近の嵐。直径は何と約2000キロメートル。
宇宙06
通常、欧州宇宙機関は宇宙飛行士を宇宙に送り出しますが、この時はイタリアのサルディーニャ島の地下の洞窟に送り込みました。
各国から参加した6名の宇宙飛行士は、極限の状況下で協力して作業を行う訓練のため、この洞窟で6日間を過ごしたのです。
宇宙07
死にゆく星、NGC 6302星雲の拡大写真は2013年6月7日にNASAが公開したものです。
2009年にハッブル宇宙望遠鏡の超広角カメラ3号機によって撮影されたデータを基に映像化されたものです。
星雲の中心部分には消滅寸前の星が推定250,000度という熱を放出しています。
よく見ると大量の紫外線が放射されているのが解りますが、光を反射する塵によって隠されています。
宇宙08
国際宇宙ステーションの内部にあった水滴を通し、顔の部分だけが逆転した写真。
写っているのは『歌う宇宙飛行士』として有名になったカナダのクリス・ハドフィールド。
2013年1月27日ハドフィールド自身がツイッターを通して公開した写真。
宇宙09

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
広告
広告
カテゴリー
メタ情報