星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム

価格の無いレストラン 「持ち合わせがなくても、十分なお食事をどうぞ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

「何かみなさんの心を和ませるような話題は無いだろうか?」と思って、いろいろ探しているうちにこんなニュースを見つけました。
6月6日夜(日本時間7日午前)のNBCニュースから。

内容は「価格の無いレストラン」のお話です。
持てる人はより多く支払い、そうでない人は払える金額を支払えばいい、というレストラン経営が軌道に乗り、店舗数が増えている、というお話です。
チャリティの考え方が浸透しているアメリカらしい話題ですが、みなさんにとって一服の清涼剤になれば.......

+ - + - + - + - + - + - +

ブライアン「今夜の『Making a Difference - 良い形になりました』は過去のあるレポートについてです。あるNPOレストランチェーンの経営者がたまたまNBCのこの番組でレポートを見て、このアイディアを採用する事を決心したのです。今ではその事により、他に対しはっきり差別化ができています。
セントルイスからロン・モットがお伝えします。」

女性スタッフ「セントルイス・ブレッド・カンパニーのカフェにようこそ。」
記者 : パンを入れるボックスには古びたパンの塊ではなく、若々しく新鮮なパンのような取り組みが詰まっています。一年前、パネラ・ブレッドは利益を目的としない、ある実験的取り組みを始めました。
今や彼らの試験的取り組みはより大きなスケールで展開されています。
モンタナ州クレイトン、ミシガン州ディアボーン、オレゴン州ポートランドにそれは広がっています。

ブライアン「食に関して何を人々に提供するのか、というビジネスのお話です。」

彼は2年前にデンバー(コロラド州)の小さなレストランが同じ取り組みをしているのをNBCのこの番組で見ました。お客さんは支払う事のできる金額を支払えばいいのです。
NPO責任者「この番組を見て私は考えました。これなら私たちにもできる、スキルもあるし経営資源もある。やるべきだ、いや、これは私たちの義務なんだ、とね。」

いくら支払うかはその人の人間性に対する問いかけです。

白人男性客「これは気軽に地域社会に貢献できる方法だよ。」
黒人男性客「たった2ドルか3ドルしか持ち合わせが無かったときもあったよ(それでもここでは十分な食事をする事ができたんだ)」このレストランには持続性がある。5人の客のうち1人が価格表が伝えている事を正しく理解してくれ、応分の寄付をしてくれる事によりこのシステムはうまく行くのだと話してくれました。
ジミー・ジャィルズやボニー・スミスのような人々は週に2回はこのレストランを利用しています。
「まったくのところ、ここのおかげで何とか一ヶ月をしのぐ事ができるんだ。」

記者 : 食事を提供するだけでなく、この会社は社会貢献を全うできるよう望んでいます。
NPO責任者「私たちは貧困そのものを解決する事はできません。でも、この取り組みを続ける事で、少しずつ地域社会を変えていっていると思います。」
パネラ・カンパニーでは貧困から抜け出そうとする人々の空腹を満たすだけでなく、彼らが自ら新たなる糧を創造する、そのための手助けをしているのです。
女性スタッフ「すすんでお支払いいただく事は尻込みせず、(暮らしやすいコミュニティー創造に)ご参加いただく事なのですよ。」

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

政治不在で新たな生命の危険にさらされている被災地の人々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

数日前、「この国で暮らす事がツラクなって来ました。」と申し上げました。
しかし、津波の被害を受けた被災地には辛いどころか、新たな「生命の危険」が迫っているというのです。

オーストリア 1974年発行

オーストリア 1974年発行

6月6日の毎日JPの記事には、被災地に堆積したままのヘドロの中には中毒症状を引き起こす有毒物質のほか、感染症の原因となる破傷風菌やレジオネラ菌、ノロウイルスなどがいる、と伝えています。梅雨に入るとヘドロに含まれる最近や有害物質が雨で広範囲に広がってしまい、体内に入りやすくなり、高齢者や体力が弱った人は命にかかわる恐れもあるそうです。
このための対策は市町村では到底対処できず、国による一刻も早い対応が必要なのですが、その「国」の方針を決める人たちが何をしているかは、みなさんが毎日テレビで見せられている通りです。
もっともそれが何か大切な事のように毎日伝えているテレビもテレビです。

「あいつじゃダメだ。あいつをやめされば俺たちも協力してやる。」
要するにこういう事を最大野党は言っているのだと思います。
でも被災地のど真ん中で新聞を読み、テレビを見ても、現地に足繁く可能な限り通いつめ、復興のためのプランを考え続けている国会議員さんの話などはまるで伝わって来ません。
結局「協力する」というその内容というのは、自分たち国会議員が現地を徹底的に調査して復興計画を練り上げる、という事ではないようです。
官僚にプランを作らせ、それが国会に提出されたときに「賛成」と手を挙げてやろう、というそれだけの事ではないのでしょうか?
日本の国会議員さんというのは今のところ、単に「アタマ数」というだけの意味であるようです。

外国への「視察旅行」ならたっぷり一週間かけて行ってくる議員さんたち。
その中で現地に地盤がある人を除き、被災地の一番被害のひどいところに一週間程もカン詰になって、毎日被災者に話を聞き、被災地の惨状を肌で感じようとした議員はいるのでしょうか?

折しも今夜、地方テレビ局の報道番組で京都からボランティアに来て、被災地の石巻市で自転車店を開業する事になった青年の話を紹介していました。
京都の自転車店で働いていた青年は、被災地で自転車修理の需要が逼迫している事を伝え聞き、石巻市を訪れました。
そして今日まで、ひたすら自転車の修理のボランティアを続けてきたのです。
その姿に感動した石巻市民に望まれて、こんど石巻市で自転車店を開業する事になったというのです。店は震災をきっかけに廃業する事にした店舗経営者が提供する事になりました。
たくさんの石巻市民がひたむきな青年の姿の中に、人々のために尽くしたいという「真情」を感じ取ったに違いありません。

この青年の半分でも、被災地で「存在感」を示した議員のセンセイをご存知の方はいらっしゃいますか?

twitter

後悔のゴルフ〈7〉 10年間苦しみ抜いて、不惑の年にカムバックしたゴルファー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

ゴルフで一番克服するのが難しいのが、自分の「心」。
臆したり、思い上がったり、一番難しい問題ですよね。
あのタイガーですら、例の大スキャンダルの後は全く勝てなくなりました。
そう言えば今週のメモリアル、予選開始の時に皆さんに今田竜二選手に念を送ってもらったおかげで、14位で予選通過しました。
ところが念の効果が薄れた土曜日に、58位まで急降下。
さすがに優勝が狙える順位ではなくなりました。
次回は1日おきに皆さんに念を送ってもらおうと思っています。

首位はスティーヴ・ストリッカー(アメリカ合衆国イリノイ大学出身)、44歳。
23歳でプロ転向し、もの静かで控えめな性格ながらも、シャープなゴルフで「サイレント・アサッシン(静かなる刺客)」なんてあだ名を付けられたのですが、程無くしてその後大スランプに。
ドライバーが左45度に曲がるようになり、ドライバー恐怖症、つまり最初の一打が打てない状態になって10年程もシード落ちの日々が続きました。
家族とともに苦しみ抜いたようです。
こうなると後悔とか、そんなレベルの話では無くなります。
それが2007年40歳でカムバック、一勝をあげた上、12回もトップ10入りし、いきなり賞金5億円を獲得、その年の「カムバック・オブ・ザ・イヤー」に選ばれました。
一勝を挙げた時は、この物静かな人が男泣きに泣いていました。
グリーンの脇では奥さんが泣き崩れて顔を上げる事すらできず、最後はストリッカーに抱きかかえられるようにして会場を後にしていました。

翌年は優勝はありませんでしたが、獲得賞金2億5千万円。
そして2009年には3勝、獲得賞金は6億5千万円に迫り、まだ大活躍していたタイガー・ウッズ他を抑えて、ついにその年の「プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたのです。
「ついでにカムバック・オブ・ザ・イヤーをもう一度もらったら?」
というジョークまじりのインタビューに対し、
「それだけはもう二度ともらいたくない」、つまり再びシード落ちするような目には遭いたくない、と答えていました。
本当につらい10年間だったのですね。
昨年も2勝・獲得賞金4億円、今年も5月が終わった時点で1億円強獲得しており、今週勝てば2億円を超える事に。
40歳から44歳の半ばまでに20億円の賞金を獲得した事になります。

なのにこの人は、本当に控えめで思いやりが深く、優しい人のようです。
勝っても勝っても、思い上がったり、偉そうにしたり、なんて事はいっさい無い人だそうです。
そして苦しんだ10年間、自分を支え続けてくれたのが家族であった事を忘れる事無く、いつも何よりも家族、そして友人を大切にしているそうです。

今田竜二選手は勝てないでしょうが、私は今週ばかりはこのストリッカー選手の優勝を願いつつ、床につく事にします。
ではトーナメント2日目、ストリッカー選手のホール・イン・ワンの場面をどうぞ。
嬉しそうだけど、控えめな笑顔は見せても、「どうだ?!」というような様子は見えません。
ところで「いいショット」のために、この人のリズムを真似するといいと思いますよ。
ただし、この人のようにフォローをまっすぐ出そうとすると、我々はダフるかスライスすると思いますけど......

わかってしまおう、英語ニュース〈4〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

ここの所ガソリンの値段が乱高下して生活に不安を与えています。
そこで今回は、物価や買い物に関する英語について覚えちゃいましょう。

gouge(がウジ - ひらがな部分にアクセント)
このような単語は辞書で引いても、最初に「まる鑿」なんて意味が出て来て、全然重要単語には見えませんが、時々名詞の gouging の形で出て来ます。
意味は「便乗値上げ」「ゆすり」「詐欺」などの意味。ただ、詐欺になると fraud の方が多用されます。
Is this gouging ?!
これって便乗値上げじゃないの ?!
イズ・ディス・ガウジング ではなく、イズ でぃッス がウジング?
He got money by fraud.
彼は金をだまし取った。
ヒー がット マニー バイ フらード
ネットの世界にもたくさんいるので、気をつけましょう。

sky-high(スかイはイ - ひらがな部分にアクセント)
本来は空まで高く、非常に、などの意味がありますが、今回のようにガソリン価格が「あり得ないほど高く」なったりしたときにこの表現が出て来ます。
sky-high inflation
天井知らずのインフレ
スかイはイ インふレーション

price(プらイス - ひらがな部分にアクセント)
価格、これはみなさんご存知だと思いますので、ニュースで頻出する言い回しを。
market price 市場価格
price of commodities 物価
最近、商品取引相場などで日本でも使われるようになったコモディティ、本来は『役に立つもの、値打ちのあるもの - 儲かるもの』という意味で、転じて先物取り引きの砂糖や大豆のような『商品価値のある品物』のことを言います。
a retail price 小売価格
a cost price 原価
a set price 定価
any price は少し「価格」という意味からは離れて「どんな対価を支払っても」という意味で使われます。さらに否定分に使われると、
I will not have it at any price,
どんなに安くたって、それはいやだ。
と、なります。
英語は広い意味での Vocabulary、つまり単語だけでなく、熟語を覚える事で幅がグンと広がります。
個人的な意見ですが、文法は後付けでも大丈夫だと思います。

今日は昨日ご紹介した Laughter in the Rain の、ニール・セダカが歌うオリジナルの方をお聴きください。
とってもいい曲でしょ、35年以上も前の曲ですけど。
それにこの動画、というかスライドショー、ちょっと恥ずかしい、だけど見ているうちに不思議と感動するんです。

歌詞のサビの部分、訳しましょうか?

Oo, I hear laughter in the rain
Walking hand in hand with the one I love
Oo, how I love the rainy days
And the happy way I feel inside

雨の中から、笑い声が聞こえる
愛する人と手をつないで歩いている時に
どれほど僕は雨の日を愛していることか
そして心の中に現れた幸せのゆくえを

この国で暮らす事、今日はツラくありませんか? – この曲を聴いて、癒されてください –

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

つくづくこの国に暮らす事が、ツラくなってきました。
6月2日の首相不信任案騒動について、新聞等で隣国の反応が報道されました。
いちいち詳しくここに書き出すより、公式コメントの裏に透けて見えるその本音は?!
韓国「この時期に一体何やってるんだ、アタマおかしいんじゃないか?!」
中国「いつもの事じゃないか......今さら驚くにあたらないよ。」
アメリカ「毎度の騒ぎだとしても、ひどい......日本は大丈夫なのか?!」
大丈夫じゃありませんよ。
このまま行くと、被災地復興のための政府の機能が、秋頃には一斉にマヒする恐れが出て来たそうです。

でも私たち日本人が選んだんですよ、この人たちを。
上方の方では府議会で最大会派になったナントカ維新の会がまずやった事、
「学校で国旗掲揚・国家斉唱する際には必ず起立すること」
という法律をつくったとか。
普段から日本の国の政治や何やらを尊敬できて、
「この国に生まれてほんとに良かった」
と思っていれば、国旗掲揚・国家斉唱、みんな自然と誇りを持ってできますよね。
アメリカ人が星条旗を愛するように、なぜ日本人の中に日の丸を愛せない人がいるのか、よくよく話し合う事もせずに、法律を作って強制する。
どこが新しい政治なんでしょうか?
『維新』という言葉、利用された坂本龍馬、西郷隆盛、桂小五郎が怒りますよね...

現実逃避しちゃいましょうか...
いやされる音楽、お聴きになりたくありませんか?
今日のおすすめはこれ。
以前、http://kobajun.biz/?p=518 でお薦めしたアール・クルーの
【雨に微笑みを】
もともとはニール・セダカのヒット曲のカヴァーですが、アール・クルー初期の代表曲になりました。ちょっとオタクっぽいことを言いますと、バッキングのギターのリー・リトナーが素晴らしい演奏をしています。
こころがすぅーっと、軽くなりますよ。

[埋め込みコード]

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報