星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム

事故調査・未解決の疑問を放置したままのIAEAの見解〈2〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

世界は今、福島第一原発の事故対応をどう見ているか 『日本の原子力産業の監視態勢は企業と政府との「馴れ合い」 』

環境問題特派員 リチャード・バック / イギリスBBC放送 6月23日

6月28日に〈1〉を掲載し、〈2〉〈3〉と続けてお送りするつもりでしたが、29日にロス・アラモス国立研究所に迫る大火災、30日には水没するフォート・カルフーン原子力発電所の話題をお送りしたため、今日〈2〉をお送りすることになりました。
日本のNHKなどは東京電力に対する原子力保安院の監視が「充分に機能しない」などと、一応は機能していたかのごとく報道しました。
しかし、BBCは「COZY」、つまり東京電力と原子力保安院の関係は「なれ合い」だったと伝えています。
このように、ちょっとしたニュアンスを「変える」事で、伝わり方は大分違って来ます。その結果としての認識の方は、大きく違ってしまうことになります。

- 以下、記事の翻訳 -
(6月のIAEA閣僚会議が公にしたレポートについて)
しかしながら、ひとつの条項が数名の各国関係者をうろたえさせました。それは「原子力産業における企業と担当者の安全規則実行責任...云々」に言及している点です。
日本の原子力産業の監視態勢は企業と政府との「馴れ合い」関係に陥っています。
これを見ても、監視機関が能率的に手早く、利害関係から完全に解き放たれてこの規則を厳格に実施できるようにすることは、大変難しい事のように見受けられます。

福島第一原発の事故に関して、主席調査官であるイギリスのマイク・ウェイトマンに率いられた国際的な実状調査団による調査報告書が、IAEAの会合で配布されました。
報告書の中では(2、3週間前に発行された日本の政府報告書にもあったように)3月11日の東北太平洋沖地震が発生した当時、予測されていたよりもはるかに早く、そして深刻なメルトダウンが進行していた事実が明らかにされています。
例えば原子炉一号機に関する分析結果は、冷却水の高さが事故三時間後には燃料棒を露出させるレベルにまで、急激に下がった事を示しています。
「停止後2時間後には炉心は完全に露出していました。露出4時間後には炉心の損傷が始まり、中央部の燃料は5時間30分後にメルトダウンを始めたと計算されています。」
「停止後14時間30分で炉心は完全に損傷、15時間後には容器の底に燃料が溶け落ちて溜まっていたことになります。」
他の3基の原子炉もほぼ同じような状態に陥りました。
知られているように、電源の供給、冷却装置、そして各種装置がすべて稼働しなくなり、そこに人為的ミスも加わり、これらが連続していった結果、福島第一原発の重大事故は起きました。
しかし最も重要な原因を「ひとつ」あげるとすれば、それは実際には14メートルもの高さの津波が襲ったにもかかわらず、この原子力発電所はその3分の1の規模の津波しか想定せず、そのための備えしかしていなかった事です。

本日の動画【王宮の花火の音楽】
夏になると演奏される機会が多くなる、ヘンデルの「水上の音楽」と「王宮の花火の音楽」。
いずれも当時莫大な借金を抱えていたヘンデルが、イギリス国王の発注により、いわばイベント用に作曲しました。
こちらの動画、「王宮の花火の音楽」から序曲。エリザベス女王の誕生50年を祝って、バッキンガムで開催されたコンサートから。

アメリカの原子力施設を襲う大火災〈 老朽化した原子炉からはトリチウム(放射性三重水素)漏出の恐れ 〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

ニューメキシコ州の山火事(大火災)がロスアラモス国立研究所に迫り、危機に陥っている事は昨日アップしましたが、その後進展はありません。火災は衰える事は無く、研究所側は「危険なものはすべて密閉されている。」という発表を繰り返しています。
一方、ミズーリ川の氾濫による脅威を受けているのが、 ネブラスカ州の2つの原子力発電所です。
こちらは日本時間29日(アメリカ28日)のニュースで「安全は確保されている」状態にあると伝えています。
しかし、原発の立地によっては住民の避難に大変な困難が伴う事がわかってきました。

『今の原子力事故の避難プランでは、増加している人口を避難させることはできない』
- ネブラスカ州フォート・カルフーン原子力発電所の危機 -

AP通信の新たな調査によれば、アメリカ国内に多数ある原子力発電所は、事故の際必要となる避難マニュアルを何十年間も見直していません。
特に地震などの天災によって引き起こされる可能性がある、道路と橋などの損傷についてはほとんど顧慮していないのです。
原子力プラントが老朽化していくのとは対照的に、周辺では一般住宅が立ち並ぶようになり、現在ではその人口はかつての4倍を数えるまでになりました。比例して万が一の際の住民の避難も、ますます難しくなって来ました。
現在、洪水の脅威にさらされている。 ネブラスカ州フォート・カルフーン原子力発電所の周囲の人口は、ここ30年間で41パーセント膨らみました。
「避難プランは更新されましたが、私の意見では、原子力施設の関係者や当局者は、原子力施設に近接している地域の一方的な人口増加の問題を考慮に入れていません。」と、エド・ライマン(憂慮する科学者連盟の研究主幹)は語っています。
アメリカの原子力行政のトップは、福島原発事故の際は在日アメリカ人に50マイル(約80km)より外に避難するように勧めたにもかかわらず、アメリカ国内では政府は原子力事故が起きた際、半径10マイル(16km)外への避難しか求めていません。
ニューヨークのインディアン・ポイント原子力発電所の半径50マイルの住民を避難させるとなると、実に1,700万人(米国人口の6パーセント)以上の人々を移動させなければなりません。

実は、老朽化していく過程で原子力発電所は、重大事故は起きていなくとも、すでに汚染を引き起こしているかもしれないのです。
別のAP調査によれば、トリチウム(放射性三重水素が)米国原子力サイトの四分の三から漏れていたことが判明しました。
連邦政府の監督機関が原子力発電所の認可期間を延長していた間にも、漏出箇所と厳しさは増加しました。
トムとジュディ・ジンマーは、2005年にシカゴの郊外のブレイドウッド原子力発電所のすぐ近くの家に引っ越しました。しかしそれは発電所の所有者が、同発電所においてトリチウムの漏出があった事を発表する直前だったのです。
「トリチウムが何であるかを知りませんでしたが、それが放射性物質である以上、人間の体にとって良くないことは知っていました。」と、トム・ジンマーは言いました。
「私たちの人生を台無しにするたぐいの何かである、とね。」
- 6月27日付ABCワールド・ニュース

ネブラスカ州フォート・カルフーン原子力発電所および80マイル下流のブラウンズビルのクーパー原子力発電所は、ともに耐水装置が正常に稼働しており、現在のところ安全性に問題はありません。
- 6月28日付NBCナイトリー・ニュース

いずれの発電所の周囲でもやはり住民の避難が行われ、不自由な生活を強いられています。
東日本大震災で私たちは地震、津波に福島第一原発の事故による放射能汚染、と三重苦を強いられています。
現在はアメリカでも大火災と原発、大洪水と原発、苦しむのは一般の人々、普通の人々ばかりです。
大都市を中心に有り余る電力を供給し、「快適」な生活を保障してくれるはずだった原子力発電所。
この夏、クール・ビズなんて中途半端なことを言っていないで、暑苦しい都会を抜け出して、緑の木陰で仕事しませんか?

アメリカの原子力施設を襲う大火災 -1マイル先に迫る炎 –

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

今日はIAEAの調査と発表に対する、英国BBC放送の記事の第2回をお送りする予定でした。ところがアメリカのネブラスカ州にあるフォート・カルフーン原子力発電所には洪水が迫り、水没の危険が迫っていると伝えるABCのニュースが飛び込んできました。
一方、ニューメキシコ州にあるロス・アラモス国立研究所には、折からの大火災が迫っているとのニュース。同研究所は広島・長崎に投下された原子爆弾を製造した場所として有名ですが、現在も一部の核兵器が存在しているようです。
どちらも対応策を取る時間がありましたので、福島第一原発のような事故には発展しないと思われますが、実はフォート・カルフーン原子力発電所の方には、福島第一原発と共通の「老朽原発」に関するある問題がありました。
急遽予定を変更し、今日はロス・アラモスの、明日はネブラスカの危機に関するABCのニュースをご紹介します。
その後、BBCの記事をご紹介させていただきます。
動画とともにご覧ください。

■大火災に脅かされるロス・アラモス研究所
「一万人が避難を開始」
- ABCテレビ・ニュースキャスター : ダイアン・ソイヤー -

もはや手の施しようが無くなったニューメキシコ州の山火事(大火災)は、ロスアラモス国立研究所(多くの危険な放射性物質が収納されている、最新設備の国家安全研究施設の1つ)からちょうど1マイル(1.6km)の地点まで迫って来ました。
炎はニューメキシコの研究施設からは一定の距離を保ったままのようにも見えますが、研究所の職員は風向き次第でどう変わるかわからないと恐れています。
研究所のウェブ・サイトは
「夜通し吹いた北西風が研究所への飛び火を防いでいますが、正午頃には風向きが変わる可能性があります。」と言及。
研究所側は全ての危険な物質は適切に密閉され、格納されている、と声明を発しました。
「対策として徹夜の作業を行い、研究所は遠隔地である南西の領域の、テクニカルエリアへの天然ガスの供給を遮断しました。」
声明はさらに
「すべての危険で放射性の材料が密閉され、格納された状態で残ってはいるものの、適切に保護されます。陽子加速器、スーパーコンピュータなどの主要な設備なども同様です。」と伝えています。
消防士達が火災との戦いを開始すると同時に、研究所では全ての作業を中断しました。

「消防隊にはとっては、非常に長い夜になるでしょう。」と、研究室ディレクターのチャールズ・マクミランは声明の中で言及しました。
ニューメキシコの知事スサーナ・マルチネスは、住民の避難と緊急時対応を万全のものにするため国家警備隊軍を展開したことを発表しました。さらに消防隊は研究室の周囲から延焼する可能性のあるものを取り除くため、予め焼き払った事も発表しました。
知事の要求によって、連邦緊急事態管理局は火災管理特別予算を執行しました(予算は消火活動に必要な経費の75パーセントをまかなうことなります)。
ラス・コンチャス火災(今回の火災の名前)は日曜日午後1時頃に出火したとみられています。InciWebは特殊な情報システムを使って、政府機関からの情報を一般向けに公開していますが、同レポートは、日曜日の気象状況は気温が非常に高く、乾燥し、強い風が吹いていた事を伝えています。
それらが全て、この大火災を深刻化させてしまったのです。

今日の予報は研究室所の敷地を危険にさらす、風向きの変化を予測しています。
研究所の危機管理センターは正常に稼働しており、監視のための航空機が火災の大きさや進行方向を監視するため配備されました。
付近のバンデリア国定記念物や観光地、キャンプ場などにいた人々は、日曜日のうちに避難させられました。また、自主避難勧告がホワイト・ロックとロスアラモスに対して出されています。
環境問題の専門家がその領域に配置され、大気などの測定を行っていますが、火災が発する煙の影響について懸念しています。

ロス・アラモス研究所内の低レベル放射性廃棄物の格納施設

ロス・アラモス研究所内の低レベル放射性廃棄物の格納施設

事故調査・未解決の疑問を放置したままのIAEAの見解〈1〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

このような弱腰の提言は「決まりきった惰性の産物」

環境問題特派員 リチャード・バック / 英国BBC放送 6月21日

月曜日に集中して行われた作業によって、IAEAは1週間かけて開催された閣僚会議の結果を、興味深いドキュメントにして公にしました。

これは、IAEA加盟各国の政府が、現在稼働中の原子力産業に関する国際規則を、どのように変更するかを決めるミーティングです。
そしてこの25年間で世界最大の原子力事故となった福島第一原発の問題が、こうした動きを決定づけた事は間違いありません。
原子力産業に関する国際規則に何か変化があるとすれば、それはIAEAの調査によってもたらされるはずでしたが、福島第一原発への調査はたいへん軽いもので終わってしまいました。

原子炉を保有するフランスやチェコなどに隣接しているために、その脅威にさらされざるを得ないドイツやスイスの代表は、会議に対して意見を提出しました。
それは、原子炉保有国の隣国の政府は、その原子炉が安全であるかどうかを確認する権利を持つべきである、というものです。
さらに、IAEAの天野事務局長は会議冒頭の演説で、原子炉を保有する国々はIAEAが臨時に派遣する調査団に対し、いつでもその調査を受け入れるべきである、と話しました。
いずれの意見も、原子力の安全性については、その国が総合的に管理する権利を持っていると自覚する、原子炉保有各国の政府が気持ちよく受け入れられる性質のものではない事は明らかです。

こうした意見に対し、6月20日にウィーンで発表された『原子力の安全性に関するIAEA閣僚による宣言』は、原子力事故は国際的な問題に発展しうるものだとし、各国政府と監視機関との協調を強めるべきであると言及しています。そして協調の強化と、国際的な安全専門家による質の高い関与が実現は、原子力の安全に大きく貢献すると述べています。

実際のところは、この宣言の中でか細いながらも将来への保証となっているのは、「適切な原子力災害補償を提供するために、原子力事故で影響を受けるかもしれないすべての国々の懸念について表明できる、グローバルな原子力責任機関の必要性」を認識しているという部分です。
もしこれが無かったら、このような弱腰の提言は「決まりきった惰性の産物」と解釈せさるを得ませんでした。
また、宣言が「行動計画」の草案を準備することを天野氏に求めている事も含め、この中身についてはこの数週間で明らかになるでしょう。

- - - 続く

今日は自然が大好きなイギリス人、その中指揮者としても活躍したヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)の作曲による『揚げひばり』をお楽しみください。

レコードの楽しみ – トーレンスに、SMEに、オルトフォンに……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

- すみません、ホントのひま話です -

いつだったか、スピーカーのお話をしました。
わたしの世代は音楽の記録媒体がCDになったのは、社会人になってからしばらくのこと。
それまでは何と言ってもレコードとカセットテープ。
オーディオにそろそろ本格的にはまりだしたとき、それまで使っていた10数万円の国産のダイレクトドライブ・プレーヤー(レコード専門再生装置)よりも、音楽がよりなめらかに、繊細に再生できる装置がある、と聞きつけました。
スイスのトーレンスというメーカーのベルトドライブ(モーターにベルトを引っ掛け、それでレコードをのせたターンテーブルをまわす方式)プレーヤーがそれでした。お値段298,000円、でも悲しいことに、これだけではまだレコードが再生できないのです。まずアームを取り付けます、これがイギリスのSMEというメーカーの120,000円のお品物。次にレコードから音を拾うカートリッジ、これがドイツ・オルトフォン製で59,800円。でもこれでも足りないのです。取り付けたオルトフォン・MkⅡはMCカートリッジといって出力が小さく、オーディオアンプとの間にトランスを接続し、音を増幅させなければなりません。これもオルトフォン製で40,000円。
そしてさらに.......

レコードというのはプラスチック製の円盤なので、必ず「反り」があります。そのため微妙な音のゆがみが発生します。もし、レコード盤を真っ平らにできれば、さらに音が良くなる可能性があります。
これを製品化したのが日本のオーディオテクニカでした。レコードをのせるターンテーブルの上にアルミダイキャスト製の円形の台を設置。レコード盤をのせ、電動ポンプを接続し、レコード盤と台の間の空気を抜いて真空にします。これでレコード盤はアルミダイキャスト製の台に圧着され、ほぼ真っ平らになるのです。驚いたことに、この作業による音質の改善には著しいものがありました。
しかし、レコード盤は先ほども書きましたがプラスチック、こすれば静電気が発生しどうしてもホコリが付着し、再生するとノイズが発生します。今度はアメリカの会社が特殊な溶剤でレコードを洗うとごく薄いコーティングがなされ、静電気の発生を防ぐキットを発売しました。これが15,000円程。以来、暇さえあればレコードを洗う作業に没頭することとなりました。
ではここまでかかった費用を計算してみましょう。
298,000+120,000+59,800+40,000+40,000+15,000=572,800円也
実にスイス+イギリス+ドイツ+日本+アメリカというセットです。

ところが、このセットを組上げて半年も経たないうちに、ソニーが世界初のCDプレーヤーを発売したのです。上位機258,000円、普及機158,000円でした。ブラームスのヴァイオリン協奏曲だけで300枚のレコードを持っている年上の友人が上位機を、私は普及機を発売と同時に購入。ただし、当時はCD一枚が4,200円~3,800円。
さすがに57万もかけたアナログ・プレーヤーは、CDプレーヤーと比較しても音の上で遜色はありませんでした。
しかし、手間が違いました。
CDがトレイにのせた次の瞬間には音を出せるのに対し、アナログの方はレコード盤を専用クリーナーでホコリを取ってから、まず台の上に。ポンプをつないでスイッチを入れ、「ドッドッドッ...」といいながら空気が抜けるのを待ちます。次にプレーヤーを回転させ、回転が安定するまで待ってレコード盤にそっと針 - カートリッジを降ろすのです。
そしてA面B面。30分を超える交響曲なら第2楽章を聴き終えた段階で盤面を上下逆にしなければなりません。するとまた、空気抜きからやり直しです。
やがて発売されるCDが増え、価格も2,800円~2,000円程になった頃には、聴くのはCDばかりになっていました。

ある日、3歳の息子が「ぐーるぐるぐる...」と言いながら、レコードプレーヤーのターンテーブルを指でぐるぐる回しているのに気がつきました。
「こ、これはやめようね...いい子だからね...」
と言い聞かせましたが、また次の日も、
「ぐーるぐるぐる」......
そのうち、ターンテーブルの回転が一定でなくなっていることに気がつきました。
And Now... Et Maintenant... そして今は
CDプレーヤーは既に4代目となる一方、アナログ・プレーヤーのカバーの上にはティッシュペーパーやら使い捨てマスクやらの箱が並べられ、もはや接続もされていないのです。

かつてレコードで持っていて大好きだったのに、今となってはどうしても手に入らない曲。
今日はその中から「時の過ぎ行くままに - As Time Goes By」(映画カサブランカ)を Love Unlimited Orchestra でお聴きください。
オリジナルのバラードより、何か胸に迫る切なさみたいなもの、お感じになりませんか?

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報