星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム

【ニューヨークはハリケーン被害に無縁ではない】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

広告
広告

過去にニューヨークを襲ったハリケーンの被害を振り返る

- アメリカNBCニュース 8月26日(日本時間27日)

ブライアン・ウィリアムス
過去に襲ってきた巨大な、そして忘れる事のできない名前のハリケーンの大きさを検証してみましょう。もちろんニューヨークが毎日ハリケーン襲来の警報が発せされる訳ではありませんが、今夜は違います。 NBCのレヒーマ・エリスがローワー・マンハッタン地区のバッテリーパークにいます。
レヒーマ、ハリケーンが最高潮に達した時にあなたがそこにいると、高潮によって頭のてっぺんまで沈んでしまうそうですが、本当なのでしょうか。

レポーター:ブライアン、それは本当ですし、私たちがいちばん懸念している事なんです。
しかしここニューヨークでは、人々はハリケーンが大波を起こす熱帯水域からは離れているし、まあ、大丈夫だろう、ぐらいに考えがちです。しかし、そうではないのです。
度々あった訳ではありませんが、ここでもハリケーンの被害は発生しているのです。

1985年9月、ニューヨークを襲ったハリケーン『グロリア』は、その年最も大きな被害をもたらした嵐のひとつだったのです。
当時の放送「ハリケーン『グロリア』は、SF映画が飛び出したモンスターのように今夜、東海岸に移動している。」
レポーター:風速100マイルの暴風を伴い、家々を破壊し、木々や送電線をなぎ倒しながら、ニューヨーク都市圏に狙いを定めて移動しました。当時、ロングアイランドの公益事業会社に勤務していたロン・ヌーンは、嵐の間に電力を失った75万人分の世帯の復旧のために3週間働き詰めでした。
「それは最も忌むべきたぐいのものでした。多くはありませんでしたが、中にはあまり見たくはない振る舞いに及んだ人々もいたのです。」

レポーター:『グロリア』はこの25年でニューヨークを襲った最初のハリケーンでしたが、1960年にはハリケーン『ドナ』がこの年を襲いました。

当時の放送「地下鉄に大きな被害が発生し、無数の車が立ち往生しています。」

レポーター:ニユーヨークの埠頭では11フィートの高潮を観測し、船舶が破壊され、街中の交通網が機能停止に陥りました。ハリケーンの被害は地域一帯に広がりました。

その他には『ロングアイランド・エクスプレス』という1938年の悪名高いハリケーンがありました。
その強力な嵐によって、ニューヨーク市で10人が死亡しました。当時の新聞の見出しを見る事ができます。

「ある地点での暴風は風速120マイルを上回っていました。それは、ロングアイランドの風景を変えてしまうほどだったのです。」

レポーター:しかし実際には、ハリケーンの中心は1821年以来、ニューヨーク市を直撃した事は無いのです。1821年のハリケーンは13フィートもの高潮を引き起こしました。つまり私が今立っているこの辺り一帯を水没させたという事であり、今人々が 恐れているのは、それが再現される可能性があるからなのです。

ブライアン・ウィリアムス
なんという事でしょう、レヒーマ、想像するだけでも恐ろしい光景です。
何かのきっかけによってハリケーン『アイリーン』が、この地を外れて行ってくれる事を願うばかりです。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

3.11の後2週間程して宮城県女川町の友人を見舞った際に、そのお父さんから聞いた話です。
「昭和三陸大津波の経験者の中に、今度の津波で流されてしまった人が多いんだよ、『津波はここまでは来ない』って言ってね.....」
自然というものが、人間の頭脳では捉えきれないほどのスケールを持っている、という事を証明したのが東日本大震災でした。

しばらく前の原稿に[アリゾナのダスト・ストーム 「この地上のボスは誰?!」]http://kobajun.biz/?p=701 という原稿がありましたが、まさに大自然、母なる自然の前には常に襟を正しておくのが穏当というものかもしれません。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

[『アイリーン』は一生のうちに出会う最大のハリケーンになるかもしれない ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

広告
広告

- Irene could be "the hurricane of a lifetime"
[完全無敵の大嵐]- We are talking about a perfect storm

上の二つのコピーは私が考えた訳ではなく、NBCニュースの別のコーナーからひろった物です。
今年はアメリカは『大災害の年』と言われています。
冬、北西部を襲った大寒波と大雪に始まり、春にはその雪が溶けて大洪水。そして南東部には大竜巻が発生し、南西部では巨大自然火災が発生しました。
そして8月には熱波が襲い、今度は「一生のうちに出会う最大のハリケーン」がやって来るかもしれません。
まさに踏んだり蹴ったりのアメリカですが、3.11の傷跡が一向に癒えない宮城県に住んでいると、そのつらさ、その怖さが思いやられます。

世界の2大先進国を襲った、いや襲い続ける大災害は何かのシグナルなのでしょうか?

【巨大ハリケーン『アイリーン』の襲来】
ニュージャージー州、ニユーヨーク州に緊急事態宣言

アメリカNBC放送ナイトリー・ニュース 8月25日(日本時間26日)

すべての天気予報、そしてコンピュータによる気象解析はハリケーン『アイリーン』の次の到達場所の検出に忙殺されています。
ノース・キャロライナの海岸、ナグス岬からNBCのマーク・ポッターがお伝えします。

レポーター : こんばんは、ブライアン。ご覧の通りです、今日は海岸で遊ぶ人の姿をほとんど見かけません。それというのもたくさんの人々がハリケーン『アイリーン』について深刻な心配をしているからなのです。
多くの人々が家の窓を板で塞ぎ、高い場所へと避難しています。嵐が近づくにつれ、旅行者はここから退去して行きます。観光シーズンのまっただ中にも関わらず、ノース・キャロライナの沿岸部には15万人分のキャンセルがあり、ホテルを退去して荷物を車に積み込み、家路を急いでいます。

「やるべきことをしているだけ。ハリケーンの怖さを知っているんだよ。」

レポーター : 当局の危機管理者は宇宙から観測した様子から判断して、ハリケーン『アイリーン』は破壊的な強風と猛烈な雨をもたらし、道路ですら寸断されるだろう、と語っています。
避難する人の中、ウェディングドレスをぶら下げてやってきたのはフィラデルフィアからやって来たメリッサ・クック、婚約者とともにここナグス岬で結婚式を挙げる予定でしたが、今や恨めしそうに海を眺めています。
ハリケーン『アイリーン』は二人の夢を台無しにしました。
「長い時間をかけて、一生懸命準備して、それがみーんな台無しよ。」」

レポーター : 住民約30,000人は、明日までに避難するよう命令が出されました。88歳になるステイシー・マンが彼の家を板で覆っています。
「一体どんな風が吹くか、わかったものじゃないからね。」

リチャード・ピーターソンは、強力な高潮が襲ってくる事を心配しています。
「望ましいのは5フイート以下の波しか来ない事、最悪なのは家が流されてしまう事。」

誰もがここを離れようとしています。この場所で暮らす人の収入はゼロになってしまいました。

避難したくてもできないこのノース・キャロライナの住人に、100頭程の野生の馬たちがいます。過去に彼らはこの地を襲った幾度もの嵐を生き延びて来ました。
フィラデルフィアから来た新郎新婦は、結婚式は丈夫な屋根があって、彼らをちゃんと守ってくれる場所で結婚式をあげる、と語っています。
地元の住民はここアウターバンクから避難する事はないだろうし、今回も何とか乗りきれるだろう、と話しています。

しかし当局の危機管理者は、今回は屋外で被害にあった場合には、外に出て彼らを救出する事は不可能だろう、と話しています。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

[ アメリカ東海岸の大規模地震(続き)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

広告
広告

さて、昨日の原稿の後編です。

それにしても、気がかりなのは「地球が地震活動期」に入ったとする、一部の学説です。
日本では「原発懸念につながる題材には、できるだけ触れたくない」という底意があるためか、あまり取り上げられる事もありません。
もっとも世界の地球物理学者全員がそうだ、と言っている訳ではありません。
しかし、今年4月、東日本大震災の後でアメリカで開催されたアメリカ地震学会では、米国の科学者から「東日本大震災の震源域に隣接する地域(の巨大地震発生)を強く懸念している」という指摘がありました。

このような懸念がある中、「日本の電力業界は福島第一原発の事故について、それをさほど大きな失敗としては認めていません。そのために、彼らが福島第一原発の事故から学んだものなど、基本的にはゼロなのです。」という驚くべき指摘がドイチェ・ベレからありました(http://kobajun.biz/?p=845)。
原発に利害など持ちようも無い私たち宮城県庶民の、福島第一原発事故に対する恨みは骨髄に達しています。
身の回りの自然、環境、そして何より人間、特に子供たちが汚染されて行くこの状況は、何を情状酌量したところで許せるものではありません。
福島県の人々はなおさらの事でしよう。
人間として、今やいわれなき「汚染差別」すら受けているのですから。

2009年時点で東京電力に対し、国内の津波や地震の専門家から、アメリカの原子炉の専門家から、「福島第一原発は今のままでは危ない」という指摘がありました。
結果としてそれらの指摘は無視され、今回の事故が引き起こされたのです。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 史上最大のマグニチュード5.8の地震、ヴァージニアからニュー・ハンプシャーまでを襲う(後編)】

アメリカABC放送ワールド・ニュース 8月23日(日本時間24日)

今回の揺れは中央バージニア地震帯に集中しました。
「アパラチア山脈はかつてロッキー山脈よりも高かった事があるのです。その後時間の経過とともに風化が進み、現在の姿になりました。しかし、カナダまで含めた広い範囲で、地震活動が完全に止んだとは考えていません。」と米国地質研究所の地球物理学者D.グラントは語りました。
この一帯での最後の大きな地震は1875年にありました。
2003年12月にこの地域で発生したマグニチュード4.5の地震でも、軽微な損害が発生しています。
統計上の様々な測定値と計算結果を分析する CONVERTALOT.com によると、マグニチュード5.8の地震は、TNT火薬10,676トンの爆発に相当するエネルギーを発散すると言います。
バージニア州ミネラルのルイーザ郡、緊急サービス事務所長兼広報担当のアマンダ・ライデルバックは、最初の地震が襲ってから、町では「少なくとも6回以上の」有感地震が発生している、と述べました。
「かなり深刻な余震がありました。我々は、通りを歩いて、ちょうど地面が波打っているように感じました。」

町のいくつかの住宅に損害が発生した、との報告があるとライデルバックは語っていますが、重傷者がいるとの報告はありません。
幹部を除く政府および自治体の職員は、地震直後の避難命令によって自宅に帰されました。
学校も閉鎖されています。
地震の震源は、ドミニオン原子力発電所の原子炉ノースアンナ1号基と2号基の非常に近い場所でした。

原子力規制委員会の広報担当者エリザベス・スタックルは、2つの原子炉は
「自動的にかつ安全に停止しました。原子炉は4段階の緊急レベルの最も低いカテゴリである『突発事態発生』を宣言しました。その結果、原子炉を低温に保つためにバックアップ発電機に自動的に電源が投入されました。」
と語りました。
東海岸の他の9つの原子力発電所ではいずれも『突発事態発生』宣言が発せされましたが、停止した原子炉はありませんでした。

地震はこの地域の旅行客にも影響を与えています。
アメリカ国有鉄道旅客会社は、列車はすべて速度を落として運行し、線路や駅の損害について調査を行っていると発表しました。
ワシントン首都圏交通局は、検査担当者がすべての路線をチェックするため、地下鉄は時速15マイル(時速24キロ)で運行中であると述べました。

バージニア州のダレス国際空港、ニューヨークとフィラデルフィアのJFK国際空港での発着が、一時的に停止されました。 JFKとニューアーク国際空港の管制塔からは、職員が一時的に避難しました。
連邦航空局(FAA)は地震が原因の遅延による影響が、地域全体にゆっくりと波及して行くだろう、と警告しています。
さらに、十数便はJFKからボストンに着陸地を変更させられました。

バージニア州ミネラルの理髪店で働く女性は、彼女の店の中刃物が散乱していると話しましたが、町の広場は外観上大きな損傷があるようには見えない、と話しています。
バージニア州リッチモンドで20階建てのビルの18階に働く女性は、最初に建物が揺れ始めたときに同僚と一緒に建物に残っていました。
「はじめは上の階の人が飛び跳ねているのかと思ったわ。ところが大きな音ともに本格的な揺れが来て、本当に怖かったわ。」
マンハッタン42丁目のニューヨークタイムズのビルの人々は、建物全体がずれたように感じたといいます。
彼らは実際にオフィス家具がずれるのを見たのです。
ニューヨークの高層ビルが左右に揺さぶられ、人々が通りに走り出てきました。
ローワーマンハッタンのニューヨーク市刑事裁判所からも人々が走り出てきました。

ボルティモアのアーティストのリサ・レウェンツは、地下のスタジオで働いているときに、足の下に揺れを感じ始めました。
「スタジオの中のすべての物が振動し始めて、地下の方から地鳴りがし始めたの。私はロサンジェルスに長い事住んでいて、経験があったので、急いで階段を駆け上がったわ。」
「一分程ガラス製品がカタカタいっていたわ。友人へ電話手も通じないし、新しいニュースも流れてこないし、家が壊れちゃったんじゃないかって、心配しちゃったわ。」とレウェンツは話します。
東海岸としては珍しい今回の地震は、マグニチュード5.8の規模でした。
重傷者などはいなかったため、予期しない地震ではありましたが、幾分かはほっとする事ができました。

ミシェル・ミッテルスタッドは「私にとって初めての地震体験よ。次はイナゴの異常発生?!」
連邦航空局(FAA) で働く別の女性は
「地震のために避難する必要があるときは、ナショナル・モールがとりあえず避難する場所として良い、ってことがわかったわ。」と話します。
東海岸を襲った地震は、月曜日にコロラドで発生した地震に続いて発生しました。
マグニチュード5.3の地震がコロラド州トリニダード付近を襲いましたが、米国地質調査所のワルドはこう語りました。
「2つの地震に関連性がある、というは物理的証拠はありません。偶然同じ時期に発生したと考えられます。」
米国地質調査所は、地震が1774年以来、中央バージニア州の地域で発生し続けていると語っています。

[ アメリカ東海岸の大規模地震 ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

広告
広告

いつものようにアメリカNBC、ABCのニュースをチェックを始めたところ、押しつぶされた自家用車の映像に earthquake(地震)の文字、しかも東海岸。アメリカ東海岸は脊梁を成すアパラチア山脈の山齢がきわめて古く、地震が起きにくい場所とされてきました。
「ええっ?! いよいよ地球が地震多発期に入ってしまったのか?! 」
とばかりに読み進めると、次に目に入ったのがマグニチュード5.8の文字。
「なぁーんだ…」と言うつもりはありませんが、マグニチュード5.8と言えば、3.11以降、ここ宮城県辺りでは当たり前のように発生している『余震規模』。

でも、地震に慣れていない人にとっては、本当に恐ろしかったに違いありません。
原子力発電所の原子炉も2基、緊急停止しています。
以前、ニューヨーク在住のアメリカ人の友人に
「震度3の地震に襲われた事がこれまで一度だけあるが、その時は本当に恐ろしかった。」と聴いた事があったので、このニュース映像を見て「むべなるかな」という気がしないでもありません。
しかし、別のアメリカのニュース番組では3.11の東北太平洋沖地震(東日本大震災)のマグニチュード9.0の地震は、今回のアメリカ東海岸の地震の「33,000〜50,000倍」と伝えていました。
日本の原子力発電所はアメリカの原子力発電所の「33,000〜50,000倍」、耐久性に優れているのでしょうか?

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 史上最大のマグニチュード5.8の地震、ヴァージニアからニュー・ハンプシャーまでを襲う(前編) 】

アメリカABCニュース 8月23日(日本時間24日)

記録されている中で最大となった東海岸の地震は、マーサズ・ヴィニヤードからノースカロライナ州まで広がり、人々を怯えさせ建物をガタガタ揺らし、鉄道と航空運行を混乱させ、2カ所の原子炉をシャットダウンさせ、さらに議会の建物からの人々の避難させることになりました。

マグニチュード5.8と推定される地震が、午後1時51分ワシントンD.C.の首都を襲った時、オフィスビル、病院、国防総省、そして国務省から人々が一斉に溢れ出しました。
ワシントンにある建物の柱という柱が揺れていました。警報がFBIと司法省の建物の周囲で鳴り響き、ペンタゴンの屋上に避難した人々もいました。
ワシントンの公園や歩道は、それらの建物から逃げ出した人々でいっぱいになりました。
ナショナルモール沿いの記念建造物のすべてが閉鎖されました。
騎馬警官はワシントン記念塔と新しいマーティン・ルーサー・キング・ジュニア・メモリアルから離れるよう人々を誘導しました。

国立公園サービス・スポークスマンのジェフリー・オルソンは、ワシントン記念塔、リンカーン記念館やナショナルモール沿いの、他の観光施設への被害は『全く無かった』とAP通信に語りました。
国立大聖堂は尖塔のうち少なくとも3つに被害を受けたと、大聖堂の大司教サミュエル・ロイドは語りました。
大聖堂は防護措置として、警察が黄色のテープで封鎖しています。
国会議事堂では議員とそのスタッフが建物に戻る前に、職員が被害状況を調査しました。

「小さな余震が発生する可能性は高い。」と、米国地質研究所の地球物理学者のデール・グラントは述べています。
「これ以上大きな地震は発生しないと思いますが、可能性が全く無い訳ではありません。」
「地球に起きるべきことが起きただけです。」と彼は付け加えました。

地震は、はるかに北のニューハンプシャー州を始め、オバマ大統領と彼の家族が休暇をとっているマーサズ・ヴィニヤード島でも感じました。
今回の地震は、南側はサウスカロライナ州、いちばん西側ではオハイオ州クリーブランドで観測されました。
「過去10年間、アメリカではすべての州で地震を観測しています。」今日の午後遅くの記者会見で、米国地質研究所の地球物理学者は語りました。
「今日の地震は25の州で観測されており、同研究所のデイヴィッド・ウォルドは「どちらかと言えば、あまり例のない地震」であると話しています。

東海岸では時折地震がありますが、建物を揺らす程の地震は滅多にありません。
建築学と地震活断層を研究しているスタンフォード大学の地球物理学者ポール・セーガルは、今日の地震について
「世界の中でこの場所に大規模地震が発生すれば、深刻なダメージを与える事になるでしょう。」と語りました。
「これほど大きな地震が東海岸で発生した事は、記憶にありません。」

重大な損傷や死亡例は報告されていません。
「何人か負傷者がいることが、ワシントンDCで報告されています。」と、消防署のスポークスマンはAP通信に語りました。
また、ニューヨーク市では、消防局はたくさんの通報を受けたと述べました。

ニューヨークとワシントンの当局は、携帯電話の回線への負担が急増し、そのことが警察消防への緊急連絡の妨げになっている、と語りました。アメリカ連邦緊急事態管理局のスポークスマンは、混雑を緩和するためにしばらくの間、連絡は電子メール、またはテキストメッセージの送信によって行うよう利用者に促しました。

震源地はバージニア州ミネラルの近く、バージニア州リッチモンドから39マイル、アメリカの首都から83マイルの地点でした。震源の深さは0.6マイル(約1キロ)でした。
(続く)

[ リビア内戦終了後の武器はどこへ? ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

広告
広告

ついにリビアがカダフィ政権の圧政のもとから解放されました。人々の権利が回復され、秘密警察の目が光る生活から解放される事は、同じ人間として本当に喜ばしい事です。

しかし、一方で懸念もあります。
ビデオでも武器を持った国民協議会の兵士が多数映っていますが、内戦の終了後はこれらの武器が回収され正規軍だけが武器を持つ、という治安が回復するのでしょうか?
有名な話なのでみなさんもご存知とは思いますが、アフガニスタンのゲリラ、タリバンに始めに武器を与え、訓練をしたのはアメリカでした。
1978年のソ連のアフガン侵攻に対し、アメリカが抵抗勢力であるムジャヒディーンに武器供与などを行ったのです。
さらには1988年のソ連軍撤退の際、大量の武器がアフガニスタン領内に遺棄され、これが現在まで続く泥沼の内戦で使われることになってしまいました。

はかない願いですが、一般の人々が武器に怯えないですむ『新リビア』の誕生を願ってやみません。

なお、事態が流動的なため、この原稿がアップされる時点でニュース・動画ともに現実とくい違ったりするかもしれません。
その節は平にご容赦を......

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 リビア市民首都の大半を制圧、カダフィ大佐は行方不明 】

アメリカABC放送ワールド・ニュース 8月21日

反乱軍は8月21日夜になってトリポリ市内のほとんどの地域を制圧し、数千人の人々が首都トリポリを始め国中の都市の道路に溢れ出し、モマール・カダフィの42年に渡る支配が終わる事を喜びあいました。
「私たちはこの日の来る事を待ち望み、そしてそれが現実になったのです。」50歳のエンジニア、ヌール・エディン・シャトウニは強権体制の支配が終わった事を祝福し、AP通信に語りました。
「すべてのモスクで神に対する感謝の祈りが一斉に捧げられました。とても良い香りがしました。それは勝利の香りです。来るべきときが来たのです。」

反乱軍が設定した暫定国民協議会(NTC)政権は、カダフィの3人の息子たちが拘束された、または降伏したと語りました。ムハンマド・カダフィ、リビアの最高指導者の息子は、涙ぐみながら反対勢力に降伏したことを電話でアルジャジーラに語りました。 彼は電話口で泣きながら、彼の家が武器をもって包囲され、自宅軟禁下にあることを語りました。

暫定国民協議会によると、この電話の直前、セイーフとサーディの二人の息子がにトリポリの反乱軍によって拘束されました。
セイーフ・アル・イスラムは、父親同様、人道に対する罪の容疑で国際刑事裁判所に起訴されています。
月曜日、国際刑事裁判所の代表者が国民協議会と会談し、セイフ・アル・イスラムをハーグに移送する方法を協議する予定である。」と国際刑事裁判所主任検察官ルイス・モレノ・オカンポは、AP通信に語りました。
反乱軍はカダフィのバブ・アル・アジジヤの邸宅を包囲していると、反乱軍の代表は周辺で銃声が続く間、AP通信に語りました。
モハマド・アル・アカリ国民協議会顧問は、モアマル・カダフィはトリポリに残っている、バブ・アル・アジジヤのどこかに潜んでいると信じる、と語りました。
「今夜すべては終わった。」とアカリは語りました。

国民協議会はまた、カダフィ大統領護衛隊のメンバーが反乱軍に降伏したと主張しています。
リビアの反乱軍はトリポリの中心部にある緑の広場に集まりましたが、複数の報道によると、政府軍および狙撃兵との衝突が、市内全域で繰り広げられました。
リビア東部のベンガジでは、群衆が旗を振ってカダフィの退陣を喜びあい、花火を打ち上げました。

アメリカのオバマ大統領は「今日の出来事はカダフィに対したったひとつの選択を求めています - 強権を放棄し、リビアの人々自身に将来のことを決めさせる事です。」と語っています。
「流血の事態を終わらせる最も確実な方法、それは簡単な事です。モアマル・カダフィと彼の政権は、彼らの支配が最後に迎えていることを認識すればいいのです。」オバマ大統領は語りました。
「カダフィは、彼がもはやリビアをコントロールしていないという現実を認識する必要があります。今や、彼はすべての権力を放棄しなければなりません。」

北大西洋条約機構(NATO)の現地司令官は、NATO軍の空爆が反乱軍の成功を後押ししたと述べ、カダフィ政権は「明らかに崩壊した」と述べました。
NATO現地司令官アンダースン・フォー・ラスムッセンは、政府側の「市民を脅かすどのような攻撃」に対しても、空爆を行う、と語りました。

カダフィの所在は不明ですが、彼の生命がこの夜国営テレビで放映され、彼の軍は決して降伏しない、「最後の血の一滴になるまで戦う。」と演説しました。
「何のためにお前たちはここに来るのだ?再び占領するためか?」とカダフィ大佐自身は映っていない放送で述べました。
「裏切り者が、トリポリに展開する占領軍の道案内をしているのだ。」

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
広告
広告
カテゴリー
メタ情報