星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム

原発より停電という選択 – イタリアで国民の94%が「原発NO!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

まず始めに昨日の『後悔のゴルフ〈8〉』の動画の説明で「見事ホール・イン・ワンを決めるシーン」は「もう少しで見事ホール・イン・ワンを決めそうになったシーン」の間違いでした。お詫び申し上げます。

さて、今日6月14日、イタリアで原発存続の是非を問う国民投票の結果が明らかとなりました。
実はこの国民投票には2つのポイントがありました。
(1)国民投票が成立するためには、有権者の50%以上の参加が必要。
(2)反対、賛成、いずれかが50%を超える得票が無ければならない。
ベルルスコーニ政権は(1)の要件が達成されず、国民投票そのものが成立しない事を狙っていた、と言われます。
というのも、イタリア国内の原子力発電所はロシアのチェルノブイリ原発事故の後、国民投票によってすべて停止しました。
これにより20%程の電力不足に陥りましたが、足りない分は隣国フランスから輸入する、という形で補ってきました。
ところが2002、03年頃から電力不足が顕在化し、国内で大規模停電などの問題が発生するようになりました。
そこでベルルスコーニ政権は2008年頃から原子力発電所の業務再開を目指してきたのです。
ところが2011年3月、福島第一原発の事故が発生するに及び、イタリア国民がこの計画に危惧を抱き、今回の国民投票となったのだそうです。

私の住んでいる仙台市は3月11日の東日本大震災の直後から、すべてのライフラインが止まりました。
季節は3月、東京以西の春の暖かさを含む気候と違って、仙台の3月初旬~中旬はやっと冬が終わろうとしている季節。現に大地震・津波の直後に雪が降り出し、被災者を苦しめました。
私の家は数年前に建て替えた際に、『オール電化』にしたため、電気が止まると家事などがすべてできなくなってしまいます。
でもライフラインが全部止まった中で、一番困ったのは電気ではなく、水でした。私は色々と買い貯める癖があり、地震発生直後のペットボトルの在庫は水やお茶が大小あわせて10ケース近くあって、飲み食いには困りませんでした。
困ったのは、洗面や洗い物、そして何よりトイレ用の水でした。
結果的に電気は4日、水道は10日程で回復しましたが、いざという時は電気よりも水源の確保、ということが今後の新たな課題となりました。

今日の日本国内の報道では、福島第一原発の事故によって汚染されてしまった乳牛の生乳を、毎日捨てていた酪農家の男性が自殺したことを伝えています。
精神的にも、経済的にも追いつめられていたのではないか、と周囲の人は話しているそうです。

イタリアの国民投票の結果は有権者の50%以上が参加して「成立」、投票結果は94%の人が原発再開に反対し、ベルルスコーニ政権はイタリア国内における原発の再稼働を断念しました。
イタリアの人々は、自殺してしまった日本の酪農家のような悲劇が続けて起きる事は、回避した事になるのだと思います。

今日はイタリアのオペラ歌手、プラシド・ドミンゴ氏がニューヨークで同時多発テロの犠牲者のために歌ったシューベルトの『Ave Maria』を、福島第一原発の事故が間接的原因となって亡くなられた方々に捧げます。

後悔のゴルフ〈8〉 仕切り直して、ホール・イン・ワン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

今朝13日月曜日の朝は、日本の今田竜二選手がUS PGAツアーの第25戦、フェデックス・セント・ジュード・クラシックで3位タイに食い込み、来期のシードも確実にしました。
みんなでアメリカに念を送りましょう!と、このブログで呼びかけてから、それまで不調だった今田選手があっという間に復活しました。
どなたか、超能力をお持ちの方がいらっしゃるのではありませんか?

それにしてもPGAの試合を見ていると、いつも開催コースの美しさに憧れてしまいます。
そこで次々に繰り広げられるスーパープレーの数々。
見ていると、そんなにじぶんにもできそうな気分になってくるのですが、
「そんなはず無いでしょ。テレビの中の人たちと自分が同じレベルだと思ってるんでしょ。お・お・ま・ち・が・い、だからね。」
これは私の奥さんの指摘です。
まあ、当たっているのですが。

さて、今日はゴルフの「仕切り直し」についてです。
みなさんは、ゴルフコースに行ってさあボールを打とう、という瞬間
「何だかおかしいな」
と思いつつ、
「まあ、いいか…」
と、そのままショットした事はありませんか?
で、結果はいかがでしたか?
多分、ミス・ショットでしたよね。

ゴルフをしておられる方ならコースをまわって「そこそこ」と言われるまでに、かなりの量の練習や経験を積まれた事と思います。
その間、数々のミスショットをされた事と思いますが、人間の脳はきわめて優秀なため、それらをほとんど記憶しています。
ショットの前の「ちょっとおかしいな」という違和感は、その記憶からの警告なのです。
立っている位置がちょっと違う、とか、場合によってはもっと深刻な間違いを打つ前に、すでにおかしている可能性もあります。
問題は私たちがそれに対処しきれるのか、という事ですが、アマチュア・ゴルフアーでいる限りは多分難しいでしょう。
逆に考えれば、その問題を自分はまだ解決できていないのだよ、というのが脳からの警告の内容です。

ゴルフはある面では、リスクを回避する「知恵」を問われるスポーツです。
だからこそ、トッププロでも一本調子の「攻め」を続けていると、ある瞬間に落とし穴にはまってしまうのです。
まして私たちは技術も経験も未熟なアマチュア・ゴルファー、「何だかおかしいな」と思ったら仕切り直す勇気を持ちましょう。

「仕切り直し」がどれほどこうかがあるものなのか。
フィル・ミケルソンが今年のプレヤーズ選手権で、見事ホール・イン・ワンを決めるシーンをどうぞ!

雇用創出に一番貢献している車種は何? 〈メイド・イン・アメリカ – 自動車編 – 後篇〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

私たちABCは、トヨタ・カムリ、フォード・エスケープ、そのどちらの車がアメリカ人のための雇用を、より多く作り出しているか明らかにするため3つの質問を行いました。

ABCテレビ「車はここで完成するのですか?」
トヨタ「そうです、6,000人以上がカムリの生産のため働いています。」
フォード「そうです、2,250人がエスケープの生産に従事しています。」

ABCテレビ「何パーセントの部品がアメリカ製ですか?」
トヨタ「80パーセント。」
フォード「65パーセント。」

ABCテレビ「一年間で売れた台数は?」
トヨタ「328,000台です。」
フォード「200,000台をほんのちょっと下回ります。」

「どちらの車がアメリカ人のための雇用を、より多く作り出しているか?」
これらの数値が明らかにしたその答えは?!
お察しの通り「カムリ」。

フォード・エスケープは100台作るごとに、13人分のライン作業の雇用を生み出します。
トヨタ・カムリは100台ごとに20人分の雇用を創出します。

そして、その結果を受けて.....
スチュアート家は結局、古き良きアメリカを代表する車、部品の85パーセントがアメリカ国内で生産されているフォード・エクスプローラーの新車を購入したのです。
確かにエクスプローラーは生産台数が少ないため、カムリやエスケープ程の規模の雇用は生み出しません。でもスチュアート家の面々は自分たちの買い物によって、アメリカ人労働者の雇用が守られた事に大満足です。
さあ、「メイド・イン・アメリカ」の大きなステッカーを貼って、
「出発!!」

どうでしたか?!
番組が良くできていて、ニュース番組なのに「楽しく」笑わせて、いや微笑ませてくれました。

でもアメリカ3大ネットワークのひとつ、ABCがこうした「メイド・イン・アメリカ」のようなキャンペーンを行う事は、アメリカ人にとって意義のある事だとはお思いになりませんか?
単なる外国製品排斥キャンペーンでない事は、アメリカ人の雇用創出にいちばん貢献している車が「トヨタ・カムリ」である、と結論づけている事でもわかります。
ABCはこの番組を通し、アメリカ人に自分たちの雇用を守るための「消費の質」について考えさせようとしています。
どちらかと言えば「濫費傾向」のあるアメリカ人に、「考える」消費を求め、そして「行動する」事を求めています。

では日本のメディアはどうでしょうか?
東日本大震災の被災地のひとつ、宮城県石巻市では、働いていた人の実に40パーセントが震災のため職を失ってしまいました。
津波で家や家族を流された上、仕事まで失った人はどうやって再び立ち上がればいいのでしょうか?
かつて私はこのブログで皆さんにこう訴えました。
私たちが被災した市や町が生産したものを、ひとつでも多く消費する事により、被災地の人々の雇用をひとつでも多く創り出せるのではないでしょうか?、と。
そしてそのために日本のメディアは今、購入可能な被災地の生産物を日本全国に発信すべきではないか?、と(http://kobajun.biz/?p=526)。

しかし日本のテレビも新聞も、国民の多くが「どうでもいい」という思いで見ている「政局」については熱心に報道しても、ABCテレビが行ったような「働く一人一人のための」キャンペーンを、被災地のためにしてくれてはいません。
日本の新聞やテレビは、いったい誰のために「報道」を行っているのでしょうか?

雇用創出に一番貢献している車種は何? 〈メイド・イン・アメリカ – 自動車編 – 前編〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

昨日はアメリカNBCの特派員報告を全文翻訳しましたが、今日はアメリカABCニュースのコラムをご紹介します。
ABCのワールドニュース・ウィズ・ダイアン・ソイヤーでは半年程前から「メイド・イン・アメリカ」キャンペーンを行ってきました。
最初はコマーシャル程度だったのですが、回を追うごとに内容が充実してきました。
その名の通り「できるだけ made in America 製品を使って、アメリカ人の雇用機会を増やそう!」というキャンペーンですが、実に面白く、考えさせられる内容となっています。
今回取り上げるシリーズは6月8日水曜日から10日金曜日まで、3回にわたり放送されたものですが、掲載された記事の全文を2回に分けて翻訳し、ご紹介します。

- Made in America! シリーズ -
【 どの自動車がアメリカ人の雇用を、いちばん多く創り出しているか?! 】

ご覧いただいている『メイド・イン・アメリカ』は、アメリカの家庭の中をちょっと変えてみようという試みです。
今回のテーマは新車の購入。
水曜日に始った今回の『メイド・イン・アメリカ』は、どの自動車メーカーが一番アメリカ人の雇用を創出しているかを明らかにするものです。
アメリカ合衆国では698,700人が自動車の組み立てに従事し、他の9つの産業を支える結果となっています。
自動車産業は昨年に比べ、4万人にのぼる新たな雇用を生み出した産業なのです。
アメリカ市場で売られているどの車を購入すれば、私たちは最も多いアメリカ人の雇用を創出する事ができるのでしょうか?
それは伝統的アメリカ企業でしょうか?
それともアメリカで車を生産している外国資本の企業でしょうか?

答えを見つけるため、私たちはとあるアメリカ人一家の協力を得る事にしました、スチュアートさん一家です。
スチュアートさん一家が彼らの古いワゴン車を買い替えるため販売店をあたっている間、私たちはどの車が一番多くアメリカ製部品を使っているか分解して調べるため、製造ラインにあたる事にしました。
あなたはどの自動車が一番アメリカ人の雇用を創出していると思いますか?
ワールドニュース・ウィズ・ダイアン・ソイヤーが、今週正しい答えを明らかにします。

私たちは1970年型のフォード・マスタングを「新車を購入する」という次なるチャレンジを行う、とあるアメリカのお宅の前に止めました。
スチュアート家のフォート・エクスプローラーは走行距離が180,000kmを超え、壊れかけているように見受けられます。エンジンの異常を知らせる警告ランプは点灯しっ放し、そしてトランスミッションは今にも壊れそうで、ボンネットから煙を噴いています。
そんな状態と私たちの心配にも関わらず、そのエクスプローラーはスチュアート家の新車探しのためにまずトヨタの販売店にやってきました。
一家はファミリーセダン車としては国内販売No.1のトヨタ・カムリに試乗しました。
ブライアン・スチュアート氏の感想は
「とっても快適な乗り心地だ、とってもいいよ、内装もすごく良くできてる。」
という高評価。
次にスチュアート家が訪れる予定にしていたのは、アメリカでもっとも人気のあるコンパクトSUVのエスケープを販売するフォードの販売店です。
アメリカではSUVは昨年度、売り上げを21%も伸ばしています。スチュアート家の面々は燃費や子供たちにとっての居住性について質問していましたが、それは私たちも知りたいと思っていた事です。

一方、ABCニュースチームは車のそれぞれの部品がどこで生産されたものかを確認するため、カンザスシティにあるフォード工場まで旅しました。
エスケープの部品は
ガラス : テネシー州、ドア : シカゴ、タイヤ : アメリカ国内、カーペット : オハイオ州、シート : ミズーリ州、後部ウインドウ : メキシコ製となっています。

同チームはケンタッキー州のジョージタウンにあるトヨタの工場にも行きました。
カムリの部品は
シート : ケンタッキー州、タイヤ : 南カリフォルニア、シートベルト : カナダ、電子機器 : メキシコ製でした。

さあ、どちらの車がより多くの、アメリカ人労働者のための雇用を生み出しているのでしょうか?
明日、答えがわかりますよ!

【 原発事故による放射能汚染が、どれほどの災厄を人類にもたらすかこの目で見ました 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

【 放射能がどの程度の期間影響を与え続けるかは、誰にもわかりません。】
- アメリカNBC放送・科学担当特派員が見たフクシマ -

3月の大地震と津波、そして引き続き起きた福島第一原発の事故は日本を打ちのめしました。
私は福島に関して毎日東京からレポートしていました。
そして事故から3ヶ月が経とうとしている今、私は福島第一原発そのものまでは行けませんでしたが、福島県内の破壊された原子炉から12マイル(約20km)までの地点までは確かに行く事ができました。

その場所に立ったとき、私が始めに感じたのは景色の美しさでした。
起伏に沿って整然と並ぶ水田、そして小川や滝が流れる丘のそばに立つ日本の伝統家屋。
それらは自然景観としてはアメリカのカリフォルニア州の Big Sur に勝るとも劣らぬ美しさです。

[カリフォルニア州 Big Sur ]

[カリフォルニア州 Big Sur ]


しかし、私にさらに強烈な印象を与えたのは、放射能漏れによって引き起こされた人々の悲劇でした。
私の3月の報道のほとんどは、150マイル(約240km)の外に逃げようとする外国人労働者や一部の日本人のパニックを沈静化させようとするものでした。
私は今その事を悔いてはいませんが、しかし原発施設に近づけば近づく程、放射能漏れが人類に対しどれほどの災厄をもたらすものかを見て取る事ができます。
ある原子力技術者が私に言った通りなのです。
「原子炉がだめになった時、ほんとうの失敗が始まったのだ。」(つまり原子炉の破壊という機械的問題よりも、恐怖、汚染、避難、大量の失業者の発生などの社会的問題の方が遥かに大きくなったという事)

3ヶ月経った今でも、着の身着のままで逃げ出し未だ避難所生活を強いられる人々のための、政府や県の住居を確保する取り組みはまったく実を結んでいません。家族は引き裂かれ、たとえ1人が仕事や住む場所を見つけたとしても、全員が一緒になることはできません。

そして放射能に関してはどうなのでしょう。
40万人を超える人口を有する郡山市や福島市は福島第一原発から35マイル(56km)程離れていますが、空気中の放射能の値は通常の2倍から50倍に達しています。ほとんどの放射能は事故直後の数日間で地面に撒き散らされました - 学校の校庭、住民の家屋、そして広大な面積の農地を汚染したのです。
政府は福島県内に設けた7カ所の「大気中」観測点を設けました。しかし放射能は微粒子として降り注ぐため、ある場所でほとんど検出されなかったとしても、数フィート離れた場所では非常に高いレベルに達することもあります。
放射能の影響がどの程度の期間影響を与え続けるかは、誰にもわかりません。
放射線量の増加による健康被害、低レベルの放射線量がどのような健康被害をもたらすかは、最も大きな医学上の論争を引き起こしています。
住民は彼ら自身への影響、とりわけ子供たちに対する影響を心配しています。
農民は春に植え付けをした作物を秋になって収穫したとき、果たして商品価値があるかどうか、心配しています。
そして誰もが福島第一原発の事故が、終息しそうも無い事を知っています。
畜産農家を営むハナイ・ヒデオさんが言う通りなのです。
「見る事のできない化け物に、追い払われているようなものです。」

動画はこの記事の中に埋め込まれていた6月8日(日本時間9日)のニュースで、ロバート・バゼル記者自身がレポートしています。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報