星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム

【 がっちりまき上げられる日本!とうとうカジノ法案を成立させた日本 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

カジノがターゲットとしている顧客は裕福な日本人と金遣いの荒い外国人観光客

東京にカジノを作ることができれば「最高の儲け口!」とラスベガスのギャンブル業者

 

エコノミスト 2018年7月26日

東京都心のエスパス・パチンコ・パラーの店の外に列を作る人々の上に、登り始めた太陽から容赦なく強烈な光が降り注ぎます。
店内にはエアコン付きのオアシスがあります。
日本人はピンボールから派生したこのゲームに年間20兆円以上の対価を支払って騒音に包まれたスリルを味わい、退屈な仕事や家庭生活からの脱出を図っています。

 

そして今、この業界に強力なライヴァルが現れることになりました。

7月20日、日本の国会は国内の3都市でカジノを設立する法案を可決し、長年の論争に決着をつけました。

 

安倍首相のペット・プロジェクト(長年実現を目指してきた計画)であり、家族連れが一家団欒の時間を過ごすはずの統合型リソートの中にカジノを建設することにより、ある種のいかがわしい印象を曖昧にしてしまおうとする意図が見え隠れします。

 

このためジリジリと立法化が見えてくるに従い、人々の苛立ちも募ってきました。
安倍政権はこの法律に関する議論を途中で打ち切るという挙に出たため、激昂する野党議員たちが怒りをあらわにしました。

ほとんどの日本人は、ギャンブル依存症やヤクザの世界と関わりがあるカジノには興味も関心もありません。
日本の国民の約3分の2はカジノの開設に反対しています。

 

にもかかわらず、なぜ日本政府自らわざわざカジノを経営する人間たちを勇み立たせているのか、その理由は定かではありません。

 

3,500万人の住民の中に多数の裕福な退職者を抱える大都市圏の東京は、小国のシンガポールを凌駕する手軽なギャンブル拠点として周辺からギャンブル顧客をひきつけることになるかもしれません。

 

ラスベガス・サンズのボスであるシェルドン・アデルソンは東京について「究極のもうけ口」と表現しました。
ハードロックカフェとMGMリゾーツは年間収益が2兆円に達するだろうとの期待から、数年をかけて日本国内のパートナー業者の育成を図ってきました。

そして日本国内外の企業はリゾートを建設するためにたっぷりと稼がせてくれる建設契約を期待しています。

 

国内のパチンコ関連企業にも余得に預かることになるかもしれません。
既にスロットマシンの製造分野に進出を始めた企業もあります。
そうした企業を代表する存在がコナミであり、同社はすでにアメリカのスロットマシンの10分の1を供給している上に、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、南アフリカで何百というゲームライセンスを保有しています。

 

それでも日本の国会はカジノを運営する業者に様々な制約を課すためにケンケンガクガクの議論を重ねてきました。
この法案は日本人顧客に対し入場は週に3回までに制限し、6,000円の入場料金が設定されます(外国人観光客は自由に出入りできます)。

マイクロチップが埋め込まれた身分証明カードにより法の遵守が強化されることになりますが、政府や公安組織の関与が強くなることに神経質になっている人々もいます。
安倍政権の連立与党の公明党の政治家である濱村進(はまむらすすむ)氏は、カジノがターゲットとしている顧客は裕福な日本人と金遣いの荒い外国人観光客だと語りました。

 

日本政府はカジノをホテル、店舗、会議施設などともに『統合型リゾート』の中に固定したいと考えています。
大阪大学の谷岡一郎教授はカジノは統合型リゾートの稼ぎ頭になるものの、物理的には全フロアスペースの3%に制限されるとしています。

 

カジノの経営業者はラスベガスやシンガポールの競合他社よりも高い30%の高率の税金に直面することになります。
警察は、犯罪に対する懸念を緩和するために監視を強化することにしています。

昨年、政府選定の委員会の学識関係者として委員を務め三原徹氏は、統合型リゾートは観光客を呼び込んで地元の経済に恩恵をもたらすと語っています。
そしてシンガポールやマカオのような場所よりも優れているのは、日本人のおもてなしであると谷岡教授が語りました。

 

証券会社CLSAのアナリストであるジェイ・デフィボー氏は、一旦統合型リゾートが立ち上がってしまえば、周囲の嫌悪感も変わることになるだろうという見方に同意します。

 

しかし賭けが完全に成立して結果がはっきりするまでには時間がかかるでしょう。

 

https://www.economist.com/business/2018/07/26/japan-finally-gets-casinos

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

『草刈り場』という言葉があります。

誰かが勝手放題、荒稼ぎできる場所ねというほどの意味ですが、日本は今、トランプの草刈り場と化してしまったのではないでしょうか。

イージスアショアは、冷静な分析も何もないまま驚くほど高額な兵器をアメリカから買おうとしている、その象徴的事例です。

そして日本とEUに対し、まるで難癖をつけるようにして持ち出してきた各種の関税。

さらにはカジノ。

 

関税問題は別としても、イージスアショアとカジノについては、本当に必要なのかどうか国内の議論を押しつぶすようにして、アメリカの要求だけがまかり通るような状況です。

トランプの傍若無人ぶりを唯々諾々と受け入れる理由はなんでしょうか?

誰かが現在の政治的地位を保証してもらうためにために、日本の、日本国民の何もかもを平気で差し出しているのではないでしょうか?

LGBTの人々を「非生産的」と差別、激しい批判にさらされる自民党国会議員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

杉田衆議院議員自身は本質的に中身の無い人間、物議をかもしては注目を集める行為を繰り返している

総裁選挙を控え、今回の騒ぎを極力小さなものに抑え込みたい自民党幹部

 

バニ・サプラ / 米国CNNニュース 2018年7月26日

日本の政治家がLGBTの人々について、日本国民として当然受けるべき福利厚生の対象とすべきかどうかについて疑問をつきつけ、このために厳しい批判にさらされています。

 

自民党の杉田水脈衆議院議員は同性同士のカップルを「非生産的」と呼び、7月25日に発売された雑誌に掲載された文章の中で「国民が納めた税金の使い途として、同性愛のカップルを対象とすることは妥当なのか」と疑問を呈しました。

 

安倍晋三首相率いる与党自民党所属の国会議員として、杉田氏がこうした類の妥当性が疑われる発言をするのは初めてではありせん。

テンプル大学のジェフキングストン教授によると、彼女は以前、従軍慰安婦の存在を否定していました。
日本のMeToo運動の先頭に立つ女性も杉田議員の攻撃対象となった犠牲者のひとりであり、そして杉田議員自身は若手の国会議員として評価されるべき実績によって評価されているわけではなく、メディアの注目を集めることそのものが目的になっているような人物です。

「自民党の国会議員として、彼女は本質的に内容が全くない人物です。」
とキングストン教授がこう語りました
「しかし杉田議員は声高に右翼的な発言を行い、メディアの注目を集めているのです。」

 

杉田氏の発言は日本国内で物議を醸し、様々な政治家が51歳の自民党議員に対しソーシャルメディアを通して非難することになりました。
鳩山由紀夫元首相は「世の中には子どもを作らない愛もあるのだ。彼らにも堂々と人生を歩んで貰いたい。」とツイートし、杉田議員の記事について批判しました。
元外務大臣政務官の武井俊輔議員は同じく自民党の衆議院議員ですが、杉田議員の発言についてこう語りました。
「政治的発言というより、単なるヘイトスピーチです。」

 

日本のメディア報道によるとこれらの批判に対し杉田議員は、ツイッターを使い国会の他のベテランの議員たちは彼女を支持していると主張しました。
しかしその後、杉田議員は記事の掲載によってLGBTの人々の中に電子メールによる殺害予告を行った人物がいると主張、自身のツイートを削除しました。

▽ 繰り返される自民党議員の差別発言

 

自民党の議員がLGBTに対する敵対的感情を表明したのは今回が初めてではありません。
共同通信社によれば2017年11月、自民党の幹部議員が明仁皇帝が主催する皇室の宴席に同性愛者を公式に招待することを控えるべきだと述べたと伝えました。

 

杉田議員自身は以前にも同じようなLGBTに対する敵対的感情を表明しています。
2015年のトークショーでのインタビューが日本のメディアに改めて取り上げられ、教育現場におけるLGBTの学生への対応に関する彼女の扇動的な意見が再度紹介されました。
「通常とは異なる性的指向を認めてしまえば、兄弟姉妹間の結婚、親と子供との結婚、ペットや機械との結婚などすら可能になるという状況ににつながってしまう…」
杉田議員はかつてこう発言していました。

朝日新聞の報道によると杉田議員の発言について記者会見の席で考えを質された二階自民党幹事長は次のように語り、杉田氏を支持も批判もしませんでした。
「自民党は右派から左派までさまざまな分野のメンバーから構成されており、人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」

 

二階幹事長は多様な社会の必要性を強調してはいますが、金曜日に自民党本部前に集まり杉田議員の発言に抗議するという声明を発表した今日本で存在感を増しているLGBTコミュニティの人々が納得したわけてはありません。

 

日本は同性結婚を合法化してはいませんが、一部の市町村で同性同士の事実婚が認められています。
ヒューマン・ライツ・ウォッチによると安倍政権も教育現場における性自認とLGBTの学生に対するいじめ対策を講じることを含め、LGBTコミュニティの発展に積極的な関心を示しています。
日本の安倍昭恵首相夫人はLGBTの権利を主張しており、かつては同性愛者のパレードに参加していました。

キングストン教授によると、9月の自民党総裁選挙を控えた安倍首相は杉田議員の問題には触れてようとしていません。
「自民党はまさに今、次期総裁を選ぶ重要なタイミングに差し掛かっていますが、安倍氏が再選される可能性が高い」と語り、次のようにつけ加えました。
「この手の騒動について自民党幹部は、騒ぎを極力小さなものにしたいと望んでいるでしょう。」

 

https://edition.cnn.com/2018/07/25/asia/japanese-politician-criticism-intl/index.html

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

本文中、「自民党安倍派の杉田水脈衆議院議員自身は「essentially a nobody」!」とあります。

 

nobodyの意味を辞書で引くと、「…、つまらない人、面白くない人、取るに足りない人、才能のない人、くだらない人、雑魚〔取るに足りない人〕」と出ています。( 英辞郎 on the web - https://www.alc.co.jp/ )

 

こういう人間ほど、まっとうな人間が熟考したのとは全く異なる発言などをして、その場限りの注目を集めようとしたがるものです。

しかし許せないのは、それが人を傷つけているということです。

 

そしてこのような人物が国政の中心に座っている、それが安倍自民党の政治だということです。

日本が良くなるはずがない。

日本の政治が劣化を続けるのも当たり前。

 

かつて英国保守党は、議員の『資質』について極めて厳しいということをご紹介したことがあります。

品性下劣、私利私欲にたくましい、違法な金銭の授受の疑い、明らかに無教養、そして差別主義者。

こうした類の人間は国会議員どころか、地方議員になることは認められません。

自民党安倍派、麻生派、二階派の国会議員たちを、是非一度この基準でふるいにかけてもらいたいものです。

LGBTのカップルは「非生産的」だと主張、厳しい批判を浴びる自民党国会議員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

自民党・杉田水脈議員、同性関係を認めるような社会は崩壊する可能性が高いと主張

同性愛は不幸の定義ではない - 杉田発言のような差別が同性愛の人々を不幸に追いやる

 

トム・エンバリー・デニス / ザ・インディペンダント(英国) 2018年7月27日

日本の政治家がLGBTのカップルを「非生産的」と表現し、税金を投入してまでその地位を認める価値はないと発言し、激しい批判にさらされています。

 

国会議員の杉田水脈(みお)氏は雑誌の記事で、同性関係を受け入れる社会は、『常識』や『普通であること』を見失っていく社会は、『秩序』がなくなり、いずれ崩壊していく危険性があると書いています。

安倍首相率いる自民党の国会議員である杉田水脈(みお)氏(51歳)は、
「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がない。」と主張しました。

 

杉田氏はメディァの取材に対し、同性愛カップルを受け入れる行為は「通常のロマンスを楽しむことができ、結婚することができる」人々に、「同性愛者になる選択肢もあると信じ」こませてしまう可能性があると主張しました。

 

朝日新聞とジャパン・タイムズの報道によれば、月刊雑誌の新潮45に掲載した寄稿文の中で、杉田氏は次のような趣旨の発言を行っています。
「LGBTのカップルやコミュニティのために、国や地方自治体の予算を使うことの正当性には疑問がある。」

しかし多くの政治家やLGBTコミュニティの人々は、直ちにこの発言に反発し非難を強めています。

自ら同性愛者であることを最初に明らかにした政治家の一人である石川大我氏は、2020年の東京オリンピックを控えている現在、杉田氏の発言が「日本の評判を著しく損なう」ものだと語り、次のように続けました。
「同性愛そのものは不幸の定義ではありません。杉田議員のような差別的な発言が同性愛の人々を不幸に追いやるのです。」

 

元外務大臣政務官の武井俊輔議員は、杉田議員の発言についてこう語りました。
「政治的発言というより、単なるヘイトスピーチです。」

 

7月末杉田議員は「同性愛者を名乗る人物」からの電子メールによる殺害予告を受けたと警察に届け出たと語りました。

 

共同通信社は二階自民党幹事長が記者会見で次のように述べ、杉田氏を批判しなかったことを明らかにしました。
「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」

https://www.independent.co.uk/news/world/asia/japanese-politician-lgbt-unproductive-support-mio-sugita-liberal-democratic-party-a8463431.html

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

安倍政権になって以降の日本の与党政治・政治家の品性の低下、劣化、悪化については辟易するものがあります。

中でも差別が深刻化していることについては、国際的にも厳しい目が向けられています。

同性愛について何か専門的な知識があるわけではありませんが、少なくとも『差別を受けなければならない』欠陥であるはずがありません。

異性に恋愛感情も何も感じないということに非正当性があるはずもなく、異性に恋愛感情を持つことが殊更に褒められるべきことでもないでしょう。

 

この辺りを基準に誰かを非難するというのは、驕り以外の何ものでもありません。

同性愛者は民主主義社会が保証する基本的人権の全てを受ける権利がないというという考え方は、ホロコーストをやったナチスドイツのユダヤ人排外思想と同じ根っこを持つものです。

 

私自身は多種多様な価値観のもとで生きる人々が少しずつ力を合わせて生きる社会こそ活気があり、発展が期待できる社会だと思っています。

 

「同性関係を認めるような社会は崩壊する可能性が高い」と語っていますが、アメリカの業者に年間2兆円もの金を貢ぐカジノを認めることの方が、社会を崩壊させる可能性は高いのではないでしょうか?

記録的猛暑にあえぐ日本、2020年東京オリンピック開催に懸念が高まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

競技開始時間を早めても、選手たちは許容限度を遥かに超えたストレスに直面させられることになる
真夏の東京で競技を行う限り、あらゆる手段を積み重ねても安全を確保することは不可能

 

ダニエル・ハースト / ガーディアン 2018年7月23日

7月23日月曜日、東京の北西部の都市で気温が41.1℃にまで上昇し、日本の猛烈な熱波が2020年に開催される東京オリンピックの参加選手や観客にとって危険な状態を作り出す恐れがあるという懸念が高まっています。

 

日本の気象庁は埼玉県熊谷市で、2013年8月に高知県西部で観測された41℃ちょうどを超える41.1℃に達したと発表しました。
熊谷市の最高気温は1896年から記録されていますが、多くの都市で最高気温の記録が塗り替えられました。

 

7月下旬は東京オリンピック開催までちょうど2年のカウントダウンが始まるため、様々なイベントが企画されていますが、日本国内各地で異常な高温状態が続き、熱中症の危険性に対しこれまでにない懸念が生じています。

同じ23日東京都心の最高気温は39度でしたが、湿度が高いために「まるで43度と変わらないように感じる」という声が聞かれました。
日本全国では過去2週間に数十人が熱中症などで亡くなり、数千人が病院に運ばれました。

 

国際オリンピック委員会(IOC)はこの前週に東京オリンピックの競技スケジュールを承認したばかりですが、マラソン競技は午前7時と早いスタート時刻が設定されました。

2020年東京オリンピック大会のマラソン競技で選手が直面しなければならない熱ストレスのリスクについて研究している東京大学の横張真教授は、スタート時間を早めに設定するのは多少の改善にはなるものの、許容限度を遥かに超えたストレスに直面させられることになると語りました。

最近発表した論文の中で横張教授は、現在提案されているマラソンコースは晴天の日には危険、または非常に危険であると評価しています。
横張教授は、マラソン会場を北海道北部に移動させたり、スタート時刻を午前2時に設定するなど大胆な対策を検討し、状況を改善するためあらゆる手段を取るべきだと述べています。
他の選択肢として、ランナーたちを通りの東側を走らせることにより直射日光を遮る方法が提案されています。

 

しかしガーディアンの取材に対し、横張教授は次のように語りました。
「真夏の東京で競技を行う限り、あらゆる手段を積み重ねても安全を確保することは不可能です。」

 

小池百合子東京都知事は、7月下旬の数日間について「まるでサウナに住んでいるようだ。」と語りました。
小池知事は猛暑の問題に対処することが「2020年のオリンピックの成否を左右する重要な柱のひとつ」だと語りました。

2020年東京オリンピックの広報担当者は、主催者側はアスリートのための冷却ミストシャワーの設置などの猛暑対策をすでに検討していると語りました。
スケジュールについては「アスリートと観客を猛暑から守る必要性について考慮の上」最終決定されるとしています。

広報担当者はまた、「2019年7月にテスト・イベントを行う予定になっており、その結果を検証した後に具体的な対策を準備する」予定であると語り、次のように続けました。
「私たちの目標はすべてのアスリートが安全な条件のもとでベストパフォーマンスを発揮できるゲームを開催することです。」

状況がきわめて悪い状態になった場合には観客に警告を発する可能性があり、各会場には温度モニターが設置されることになっています。

 

東京オリンピックは2020年7月24日から8月9日まで、引き続きパラリンピックが8月25日から9月6日の2週間開催されます。
前回東京が1964年に夏季オリンピックを開催したとき、開催時期は真夏ではなくもっと涼しい10月に開催されました。

 

https://www.theguardian.com/world/2018/jul/23/japan-heatwave-prompts-concern-over-conditions-for-2020-olympics

【 安倍自民、半数以上の国民が反対するカジノ認可法案を数の力で強引に可決 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

パチンコ、競輪競馬…これ以上合法化されたギャンブル施設を拡大すれば、組織犯罪の温床を作りギャンブル依存症の人々を増加させる
日本は世界の先進国中、ギャンブル依存症の割合が著しく高い - フランスの3倍、ドイツの16倍

 

山口まり / AP通信 /ワシントンポスト 2018年7月20日

日本の参議院は2018年7月20日金曜日幅広い反対意見があるにもかかわらず、より多くの外国人観光客を誘致する手段の一つだとして、裕福なこの国で最大3カ所のカジノの開設を承認する法案を可決成立させました。
この法案は先月には衆議院で、そして今月参議院でいずれも議会で絶対多数の議席を有する連立与党によって反対意見を押しつぶすように承認され、立法化されました。

 

この法律は2016年に一旦可決されたカジノの誘致設立に関する法律に、運営規則が追加されたものです。
この『統合型リゾート』法の制定により、2020年代中頃にはホテル、会議室、ショッピングモールなどのリゾート施設でカジノを経営できるようになりました。

 

この法律の支持者は、カジノがこれまで以上に多くの海外からの観光客を引きつけることができると主張しています。

反対する人々は、日本はすでに圧倒的な数のパチンコ店を始め、競馬、オートバイレース、競輪、競艇と多数のギャンブル施設があり、この上さらに合法化されたギャンブル施設を拡大すれば、組織犯罪の温床を作りギャンブル依存症の人々の増加につながると警鐘を鳴らしています。

 

各報道機関による調査は、日本人の過半数がこの計画に反対していることを示しています。

そしてこの問題の専門家は、カジノの利用者の大半は外国人観光客ではなく日本人になるだろうと予測しています。

 

20日の国会でのこの法案の成立は、野党の抗議によって数時間遅れました。
立憲民主党の枝野幸男代表は1972年以来最長となる2時間43分の演説を行ってカジノ法案の成立を阻もうとしました。
演説の中で枝野代表は、カジノ法案をはじめとする安倍政権の政策の数々を批判し、中国・四国地方など西日本の豪雨災害の被災者の救援・救済を優先すべきであるのに「カジノ法案の成立を優先させる」安倍首相の政治姿勢を批判しました。

この法律は最大3カ所のカジノの経営を許可するものですが、2020年の東京オリンピック開催終了後、2020年代半ばまではオープンしない可能性が高くなっています。
西日本の大阪、和歌山、横浜、長崎県佐世保市、そして北海道北部の数カ所などいくつかの都市がカジノの誘致開設に関心を記しています。

カジノをホストする都市と日本政府は、税金としてカジノ収入の30%を徴収しこれを分配することになります。

 

ギャンブル依存症に対する懸念が大きいことに対処するため、法律では地域住民がカジノに入場できるのは週3回まで、月に10回までに制限しています。
入場料金は外国人観光客は無料ですが、地元住民は一定額の入場料を支払う必要があります。

 

MGMリゾーツ・インターナショナル、ウィン・リゾーツ、ラスベガス・サンズなどの米国の大手ギャンブル業者は、昨年のトランプの大統領就任以降、日本に対するプロモーションを積極化させています。

日本は、世界の先進国の中、ギャンブル依存症の割合が著しく高くなっています。
厚生労働省の2017年の調査によれば、約320万がギャンブル依存症に苦しんでいますが、成人人口に占める割合は約3.6%と他の国を圧して高くなっています。
フランスは1.2%、イタリア0.4%、ドイツは0.2%です。

 

多くの専門家やかつて依存症だった人々は、日本のギャンブル依存症患者の数の多さの原因のおもなものはパチンコだと語りました。

 

https://www.washingtonpost.com/business/japan-parliament-oks-law-to-allow-up-to-3-casino-resorts/2018/07/20/347457ec-8c1f-11e8-9d59-dccc2c0cabcf_story.html?utm_term=.52dc4960e1a9

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

7兆円規模の対米自動車輸出に高額の関税をかけるぞと脅すトランプに対し、2兆円という巨額の収益を持って行かれるカジノの建設を「どうぞどうぞ」と言わんばかりに『差し出す』安倍政権。

そんなことをしたところでアメリカ国民の対日感情が好意的になるわけでもなんでもなく、上の写真の2人のような人間たちが喜ぶだけの話です。

こんなものを国政というのでしょうか?

 

私見では民主党政権を崩壊させ安倍首相を復活させたのはアメリカの一勢力であり、安倍政権はその勢力の利益に適う政策を次々と実行してきました。

アメリカにとって『衛星国』が民主国家である必要はなく、コントロールしやすさで言えばむしろ独裁国家の方が望ましいでしょう。

真の民主国家であっては、ドイツのように簡単にアメリカの言うことを聞かなくなる恐れがあります。

歴代の米国共和党政権が中米南米の独裁国家を強力にバックアップし、意のままにしてきたことを見ればよくわかります。

そして現在そのアメリカの一勢力の上にトランプまでが相乗りし、日本を食いものにしています。

しかしこんな人間たちに唯々諾々と食い物にさせているのは日本の方なのです。

 

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報