星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » アーカイブ

【 サンタクロース作戦本部、その全容について 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

[この世界をかえていく![ メイキング・ア・ディフェレンス ]

アメリカNBCニュース 12月2日

ブライアン・ウィリアムズ :
私たちはサンタクロースがたくさんの仕事を抱えながらも、北極を拠点に大きなスケールで、みんなが喜ぶ仕事をしていることを知っています。
しかし、考えてもみてください。
この季節、彼はてんてこ舞いをしています。
そこでサンタの助手を志願する人々が現れました。
NBCのアン・トンプソンがお伝えするのは、すべてのクリスマスの願いが実現するよう、配置について取り組みを行っている人々についてです。

「こんにちは、ピート、あなたのサンタクロース作戦が始まりましたね。」
リポーター:ピート・フォンタナは並の妖精ではありません。
ピート「私は妖精たちのリーダーとして、サンタクロースに直接報告をする係なんです。」

リポーター:彼の作業はニューヨーク中央郵便局の中にある、サンタクロース作戦本部です。
ピート「私の役割はサンタクロース宛の郵便を開封し、手紙をくれた家族や子どもたちにクリスマスの日、望み通りのプレゼントが届くように間違いの無い手配をすることなんです。」

リポーター:この冬、ニューヨーク中央郵便局の彼の作戦本部には、この冬約200万通の手紙が届く見込みです。
手紙は郵便番号によって分類され、ここにいる人々が中身を確認します。
フォンタナの妖精チームは一通一通手紙を読み、サンタの助手としての職務を忠実に行いたいと思う人々により、プレゼントを贈るべき対象を選び出します。
彼らは時に読んでいて辛くなるような手紙も扱います。

手紙「わたしのお母さんは一生懸命働いていますが、うちにはプレゼントを買うだけのお金がありません。」
「かわいそうね…」
「胸が痛むわ…」
手紙「わたしは髪型を自由にセットできる、パービー人形のプレゼントが欲しいのです。愛するサンタクロース様。」
このプロジェクトでは返事を書いて、天国からの贈り物と一緒に届けるのです。」

リポーター:プレゼントはきれいに包装され、クリスマスイヴにサンタクロースが届けに行けるよう、郵便局内にセットされます。
ロバート・ライターはこの取り組みを始めて7年になります。
ロバート「すべての子どもたちが、クリスマスに起きる魔法を経験すべきだと思います。」
リポーター:国内の75の郵便局がこの取り組みを行っていますが、多い局は昨年までに6年間この取り組みを行っている、とピートが話します。

リポーター「サンタクロースは、良い上司ですか?」
ピート「もちろん、素晴らしい上司ですよ。あらゆる人の中で最も楽しく、愛すべき人間です。」

リポーター: そうした人間だからこそ、テレサ・ウイリアムズも助手を志願したのです。
テレサ「私もサンタの助手を務める、小さな妖精になれたわ。」

リポーター:すべての妖精たちが子どもたちに、そして若い人にも年配の人にも、信ずべきものについて伝えて行きます。
アン・トンプソン、NBCニュース、ニューヨーク。

ブライアン・ウィリアムズ :
ご覧いただいた通り、サンタクロースですら助けが必要です。
もしあなたも、助手をご希望なら、MSNBC.comにアクセスの上、詳しい情報をご覧ください。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

福島第一原発の海洋汚染 – イギリスのメディアはどう伝えたか?その2 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 11分

汚染水は太平洋に流れ込み、専門家はその中に放射性ストロンチウムの存在を確信

ガーディアン(英国)2011年12月6日

福島第一原発の水処理施設の壁の割れ目から、大量の放射能の高濃度汚染水が漏れ出しました。
一部は海洋中に流れ込んだものとみられる、と東京電力が発表しました。

メルトダウンを起こしている3基の原子炉を冷却するため、使われた水の浄化装置のコンクリートの擁壁のひび割れから、45トンの汚染水が漏れ出した、と東京電力は話します。
同社はそれ以上の漏出を防ぐため、土嚢を積み上げましたが、その時点ですでに600メートル離れた太平洋の海中に、側溝を通って汚染水が流れ込んだ恐れがあります。
専門家は汚染水には高濃度のストロンチウム-90によって汚染されていた、と考えています。
このベータ崩壊型(ベータ線を放出しながら崩壊する)放射性物質は、体内に入り込むと骨肉種(骨にできる悪性腫瘍・青少年期の発症が多い)を発症させる危険性があります。

公共放送局NHKは、漏れ出した汚染水に含まれるセシウムのレベルは低いものの、半減期29年のストロンチウムの量は1平方センチメートル当たり130,000ベクレルの値の可能性がある、と伝えました。

緊急作業員は4日・日曜日、汚染水の水たまりを発見した後、浄化装置を停止させました。
東京電力はこの水たまりの表面から、一時間当たり1.8ミリシーベルトのガンマ型放射線と、110シーベルトのベータ型放射線を検出した、と声明の中で述べています。
漏水はすでに止まったと思われ、現在はスケジュール通り、浄化された水によって原子炉の冷却作業が行われている、と述べています。

今回の事件は膨大な量の汚染水の再利用をどうするか、という問題も含み、福島第一原発の作業員にとって事 態がますます難しいものになっていることを、強調する結果となりました。
10月に、フランスの政府機関である放射線防護原子力安全研究所は、福島第一原発は史上かつてない規模で行われた放射性物質の放出に対し責任を持つべきである、と語りました。

ところで、3月11日午後、高さ14メートルを超える津波に同発電所が襲われた際の、現場の技術者たちの絶望的な戦いの様子が明らかになりました
無名の労働者のうちの一人は災害発生時、中央制御室にいましたが、同僚に対し、どうか持ち場を離れないでくれ、と懇願したことを思い出しました。
彼は中央制御室にあるパネルのランプが点滅を始めたとき、津波が発電所の災害を発生させてしまったことに気づき、制御室を飛びだしました。
「私は一人の作業員が制御室に飛び込んできて『海水が押し寄せて来た!』と叫んだとき、津波が発電所を襲ったことを知りました。
「私は、すべての電源が失われると、全身から力が抜けてしまいました。」
発電所の「事態を憂える」従業員たちが、どうやって危機を食い止めるか大声で議論を始めると、一人が全員で逃げ出すしか選択肢は無い、と話しました。
「ここに留まっても、私たちに出来ることなんか何もないでしょう。」
と彼は言いました。

「私は頭を下げ、彼らにここに留まってくれるよう頼みこみました。」

事故の後始末を行う労働者は、『福島の50人』という別名でよばれることもありました。
事故の発生以来、大体50人前後で処理に当たったためですが、持ち場に残り、事故が大崩壊へと向かわないよう、英雄的な戦いを行ったのです。

中の一人は高まり続ける原子炉内の圧力を下げるため、原子炉内建屋に入り、手動で換気用のバルブを開ける作業を行うべく、申し出た作業員のことを思い出しました。
「我々は完全な防護服を着用していましたが、その場の放射線量はあまりに高く、若い彼をその場に行かせることはできませんでした。」と、彼は語りました。
「その場所に着いたとき、私は下の方から奇妙な、大きなボコッボコッ、という音が聞こえました。そして作業を始めたのですが、熱のためはいていた黒いゴム長靴が溶けてしまいました。」

労働者たちは彼らが『死ぬ』と思った瞬間の状況について、つい先ごろ食道がんのため現場の責任者を退くことになった、福島第一原発の吉田雅夫所長と同じ説明を行いました。
「私たちは大きな余震に襲われ、再び津波が襲って来るのではないか、と防備マスクをしたまま丘を必死で駆け上がりました。」
と一人が話してくれました。
もう一人は彼自身、そして一緒に働いていた仲間が、水たまりにつかったまま作業を続けている間中、ずっと感電死の心配をしなければならなかったことを思い出しました。

http://www.guardian.co.uk/world/2011/dec/05/fukushima-leak-radioactive-water?INTCMP=SRCH

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

この原稿がアップされるのは12月10日土曜日、用意していたクリスマスの『感動的なお話』をご紹介するつもりだったのですが、次々ニュースを訳しているうち、こちらを掲載せざるを得ないな、と思い、予定を変更しました。
しかし、福島沖、いや東日本沖太平洋の汚染はいったいどれほどなのでしょうか?

そのことを解明すべく行われた、日本・アメリカを中心とする国際チームによる調査に、日本政府が資金提供を拒否したことは、ここでも一度ご紹介しました(【 福島沖には驚くべき事実が隠されている – 海洋汚染の実態 】http://kobajun.biz/?p=1268)。
福島第一原発の事故については、海外のメディアでは4月ごろから『cover-up(隠ぺい)』の文字が見え始めていたのですが、いまだに続いていると思わざるを得ません。

そして、福島第一原発の作業員の方々の『命を懸けた戦い』、敬服するほかはありません。
しかし、東京電力の経営層がこうならないための対策を。事故前きちんと行っていれば…
全くの天災ではなかったはずです。
ここでも、そのことを指摘した記事をいくつかご紹介済みです。
【 東京電力のサクセス・ストーリーの、暗い側面を明らかにした福島の原子力発電所事故〈前編〉】ドイチェ・ベレ(ドイツ国際放送) http://kobajun.biz/?p=920
【 日本人の静かな怒り】〈 日本の原子力発電に幻滅はつきもの 〉フランス / ル・モンド http://kobajun.biz/?p=1068
【 世界の原子力発電の経済性、危険性の議論と福島の現状〈後編〉 】アメリカCNNニュース http://kobajun.biz/?p=1087
など…

事実を隠さずすべて公開し、議論を重ねながら最良の解決策を探る、なぜそれができないのでしょう。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 枝野経済産業大臣、東京電力への資金注入を否定 】

英国BBC放送 12月9日

日本の経済産業大臣枝野幸男は、問題を抱えた原子力発電会社東京電力は、政府による巨額の資金援助を受ける予 定であるとする報告を否定しました。

枝野氏は機能不全に陥っている福島原子力発電所を運営する東京電力は、公的資金に対する要求は行っていないと述べました。
問題の報告は東京電力が実質的に国営化されるだろうというもので、来年日本政府が1兆円 を 支出し、実質的に経営権を握ることになる、としていました。

東京電力の株価は木曜日急落し、11%以上値を下げて取引を終えました。

3月に発生した巨大地震と津波により、東京電力が運営する福島第一原発は3基の原子炉がメルトダウンを引き起こし、同社は賠償と放射能汚染対策のため、巨額の支出に直面しています。

政府は11月にすでに被災者に対する補償を行うため、9,000億円の資金援助に合意していました。
木曜日日本のメディアから出された情報では、今回の1兆 円の支出は、この9,000億円とは別に支出される、というものでした。
匿名の情報を引用したこの報告は、来年6月の定時株主総会で新株を発行する枠である株式授権枠の拡大について承認を求めることになるだろう、と述べています。
一部の報道では、購入する株式の総額が3兆円に上る、としています。

しかし枝野氏は金曜日に記者団に対し、こう述べました。
「現在のところ、東電側から具体的な資金供与の要請があった訳ではありませんが、公的資金を注入する方向での調整を行うべき事例ではありません。」
「今は我々はあらゆる可能性を念頭に置いて、検討を行っています。」

http://www.bbc.co.uk/news/business-16082349

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 毎年恒例のパレードが今年は抗議の場に?! 】

アメリカNBCニュース 11月29日

毎年新年に行われるカリフォルニア州パサデナでのバラ祭りのパレードも、今年は米国経済の現状を映し出すものになるかもしれません。 『ウォール街を占拠せよ!』の抗議者たちがこのイベントに数千人規模で参加する計画を立てています。今年はパレードのフロートの数が減ら される予定で、フロートを制作する地元の会社1社には仕事がありません。
いくつもの会社が脱落していきました。
記憶に残る限り初めて、バドワイザー・クレイズデール(アメリカでイベント用のタレント馬を飼育しレンタルする会社)のような会社ですら、地元セント・ルイスで私たち同様パレードをテレビで眺める羽目になるかもしれません。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

【 福島第一原発の海洋汚染・英国メディアはどう伝えたか? 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

〈 イギリスのメディアはどう伝えたか? 〉

ザ・インデペンダント 12月5日

日本の制御不能に陥っている福島第一原発の浄化装置から高濃度に汚染された約45トンの水が漏れ出し、一部が海洋中に流れ込んだ恐れがある、と東京電力が発表しました。

この漏出の事実は、津波によって破壊された福島第一原発の冷温停止を年末までに実現する、としている東京電力が、さらに難しい局面に追い込まれてしまったことを意味します。
汚染された水たまりが12月4日の日中、浄化装置近くで確認された、と東京電力がウェブサイトの中の声明で明らかにしました。

浄化装置を停止した後、漏出はいったん止まったかに見えました。
しかしその後、作業員がコンクリートの擁壁にひび割れを発見、そこから海につながっている側溝に汚染水が漏れ出していました。
ひび割れが土嚢でふさがれるまでに、約300リットルの汚染水が漏れ出したものとみられています。
現在東京電力がどれほどの量が海の近くまで漏れ出したのか、確認作業を行っています。

3月11日の福島第一原発の事故以後の数週間、汚染水が太平洋に流れ込んだことは、沿岸部の魚介類への汚染問題へとつながりました。

浄化装置の周囲にたまっている汚染水は日曜日に計測した結果、1リットルあたり16,000ベクレルのセシウム134、29,000ベクレルのセシウム137に汚染されている、と東京電力が発表しました。
この値は政府が決めた安全基準のそれぞれ、270倍、322倍という高さである、と東京の原子力資料情報室が公表しました(http://cnic.jp/)。

セシウム137は 数十年間環境に留まり続け、ガンを引き起こす放射線を発し続けるため、危険な存在です。
セシウム134の半減期がおよそ2年であるのに対し、セシウム137の半減期はおよそ30年です。
東京電力は原子炉の冷却作業に使った水の除染を行うため、浄化装置を使用しています。
3月11日津波によって原子炉の冷却装 置が停止し、3基の原子炉の炉心がほぼ完全なメルトダウンを引き起こしました。

http://www.independent.co.uk/news/world/asia/radioactive-water-leaks-from-japanese-nuclear-plant-6272550.html?origin=internalSearch

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

この報道は昨日、すでにニューヨーク・タイムズの記事をご紹介しましたが、「検証を重ねる」意味でイギリスの新聞記事もご紹介します。
一つの事実について、複数の報道をご紹介することで、福島第一原発の事故の真実に近づくことができる、と考えています。
そうすることで、原子力発電の危険性、非経済性もまた、明らかになるのではないでしょうか?

そして今日は12月8日、真珠湾攻撃から70年の日だったのですね。
アメリカのメディアは今日こぞって、この日のことを取り上げていました。
私たち戦後生まれの日本人は生まれた時点で、「やった側」の人間になっています。
しかし「やられた側」の人々の認識についても理解しておけば、以後私たちは戦争などという手段を用いずに国際問題を解決して行けると思うのです。

今年のアメリカ側の式典にあったのも日本に対しての何事かではなく、戦争という悲劇に対する思いの方が強かったようです。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 真珠湾犠牲者の遺族、70年後の願い 】

アメリカABCニュース 12月7日(日本時間8日)

真珠湾攻撃の犠牲になったと思われる人々の遺族にとって、いつの日か遺体の確認が行われ、葬られるべき場所でやすらかな眠りにつかせることが、この70年間の願いでした。

しかしすでにボストン・グローブが報道していますが、これまで『身元不明者』として納骨箱に入れられ、埋葬された74,000人の中から、海軍のエンジニアだったユージン・ケラー・エバーハルトの遺族は、DNAテストによって彼を探し出すことができるようになる、ということを知らされたのです。

マサチューセッツ州ロックポートに住むエバーハルトの姪、ジョーン・ロバーツは遺品の確認を行い、身元判別に協力してもらえるよう、テキサスにある海軍犠牲者・捕虜・戦闘中行方不明者合同調査機関の支部から電話連絡があった、と同紙に語りました。

また、科学者のディー・ディー・キングは、ユージンの兄で今年現在107歳になるジョージに連絡しました。

遺族は期待をふくらませています。
しかし、他の不明者の確認作業にも取り組んでいる人類学者である科学調査担当者は、分析過程が非常に難しく、 数年を要する可能性がある、と語りました。
海軍犠牲者・捕虜・戦闘中行方不明者合同調査機関・中央研究所の人類学者のグレッグ・バーグは、不明者の遺骨は何人もの他人の遺骨と混じり合っている、と話します。
2003年にこの組織が本格的に活動を 開始して以降、身元が判明したのはたった5人だけなのです。

しかし、バーグはまだ楽観的です。
「遺骨が混じり合っている問題は、解決できないわけではないのです。私たちは一つ一つのケースについて、解決に導くだけの能力を持っている、そう自信があります。」
彼は電子メールの中でこう述べました。
ウェブサイトで合同調査機関は、不明者の1,000個 の納骨箱のうちの2割が第二次世界大戦にかかわりのあるものだと、語っています。
しかし、個々の納骨箱の中身は混じり合い、一つに4,5名分の遺骨が入っており、一人の遺骨が複数の納骨箱にばらばらに入っている、とも語ります。

合同調査機関は、年月を経た遺骨の確認作業に、普通はミトコンドリアDNAを利用します。
ミトコンドリアDNAは、母親から子供たちへと受け継がれていきます。
ミトコンドリアDNAは長い間生き残り、母系遺伝の中で生き続けます。

一方、核DNAは 細胞の核で見つかって、両親から受け継がれます。
核DNAは識別手段として、より信頼性が高い場合があります。
しかし、核DNAの分解速度は早く、特定の環境状況で生き残ることができません。
このため、識別に必要なだけの十分な量のDNAが 残されることはほとんどありません。

家族が待っている間、ジョージ・エバーハルトは大切な弟を家族の墓に、一緒に埋葬できる日を夢見ています。
そして弟に向かい、「おかえり…」と言える日が来るまで、生きていたいと願っています。
「私は、楽観主義者です」と、彼は言いました。
「私は120歳 まで生きれるかもしれない、そんな気がするんですよ。」

http://abcnews.go.com/blogs/health/2011/12/07/decades-later-hope-for-pearl-harbor-victims-family/

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

【 漏れ出したセシウム137は、271,000,000,000,000,000ベクレル(2京7,100兆ベクレル)を超えている 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

〈 福島第一原発から太平洋に - フランスの放射線防護原子力安全研究所が見積もる 〉

ニューヨーク・タイムズ 12月4日

少なくとも45トンの放射能によって非常に汚染された水が、福島第一原子力発電所で浄化装置から漏れ出し、その一部は太平洋に到着したかもしれないと、東京電力が12月4日・日曜日に公表しました。

地震と津波によって破壊されてからほぼ9ヵ月を経て尚、福島第一原発は大きな環境破壊をもたらし続けています。
今回の漏出以前にも福島第一原発の事故は、一度の事故としてはかつてない規模の放射性物質を海中に放出し、この海域の野生生物と魚介類に対する重大な脅威となっている、と専門家は語りました。
今回の漏出事故は、福島第一原発の安定化に向けた作業が順調に進んでいる、との東京電力の主張に対する疑問を引き起こしました。
東京電力は福島第一原発を今年の年末までに『冷温停止』と呼ばれる、安定状態に至らせることができる見込みである、と公表していました。

今回の事故は日曜日、2段階を経て発生した、と東京電力は報告書の中で述べています。
朝、発電所の作業員が汚染水が浄化装置の次の過程の、貯蔵プールにまで達していることを発見しました。作業員は浄化装置の運転を中止し、そこで漏出が止まったかに見えました。
しかし後になって漏れ出した汚染水が、おそらくは貯蔵プールのコンクリート壁の割れ目を伝って、その外側にある側溝にまで達していることを発見しました。

朝日新聞が東京電力職員の発言として伝えたところによれば、220トンの汚染水が漏れ出した恐れがあります。

汚染水は政府が定める安全基準の100万倍の放射性ストロンチウムに汚染されています。
一方、放射性セシウムについては、すでに浄化済と考えられる、と東京電力は話します。
しかしいずれの放射性物質もいったん体内組織に入り込めば、ガンになる危険性をいちじるしく増大させることになります。

東京電力は土曜日の時点のチェックでは、漏水は確認されておらず、そのことから土曜日の夜から日曜日の朝にかけて漏水が発生したものと思われる、と語ります。
同社は現在、どのような形の漏水であっても、それを止めるべく現在対策を行っている、と語りました。

3月に発生した事故以来、現場の作業員は原子炉を冷やすべく大量の水を使用してきましたが、その過程で水は汚染され、その汚染水をどう処理するかが新たな問題となっています。
9月に新たに設置された循環型冷却装置はフィルターを通して放射性物質を取り除き、水の再利用を行っています。
しかし東京電力は漏れ出した水が、海中に流れだした事実を把握しています。そして原子炉建屋の地下には、数万トンに上る汚染水が残されたままになっています。

3月の事故発生から7月中旬までの間、福島第一原発から太平洋に漏れ出した放射性セシウム137の量が27.1ペタ・ベクレルに達したと、フランスの放射線防護原子力安全研究所が見積もりました。
ご存じのように、この量は一回の事故で海洋に放出された量としては、史上最大のものです
(ベクレルは一般に用いられる放射線量の単位です。そして、ペタ・ベクレルは1000兆ベクレルです。)

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

この記事を翻訳していて、今日は全く不愉快になってしまいました。
3月11日から、7月中旬までは4ヵ月、今は12月ですからさらに5ヵ月近く経過しています。
4ヵ月時点ですでに2京7,100兆ベクレルが放出された太平洋には、9ヵ月経過した今、いったいどれだけのセシウム137が放出されてしまったのでしょうか。
まさに日本近海の太平洋は、「天文学的レベル」の汚染が進行している事になります。
そこにさらにストロンチウムが漏出された訳です。
「冗談じゃない!」
とにかく今は、その言葉しか浮かんできません。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 無粋なその名はケプラー22b 】

アメリカNBCニュース 12月5日

お話はもちろん、私たちが暮らす地球と関係がありますが、他にも同じような星があることが、今日わかりました。
天文学者がこの地球から600光年離れた彼方に、地球と似た星を発見した、発表しました。
地球と似た外見を持ちながら非常に大きいこの星は、常時華氏70℃ 代(摂氏21℃~26℃)の温暖な気候を持っていると考えられます。

さて、この新天地についてどう考えればよいでしょうか。
この星では地球と違う何かが進行中かもしれません。
シカゴ・カブス(1945年 を最後にリーグ優勝は一度も無く、ワールドチャンピオンに至っては1908年以来100年以上遠ざかっている)が常勝チームであり、どこでも自由に駐車ができ、生産的活動を行う国会議員がいて、決して通話不能にならない携帯電話サービスがあるかもしれません。
その星の名は『ケプラー22b』。
こんな無粋な名前ですが、だからと言って私たちの夢が壊れるわけではありません。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

あらゆる場所で脱原発!【 飛行の新時代を約束するソーラー飛行 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

アメリカCNNニュース(スイス)2011年11月29日

翼の長さはジャンボジェット並み、エンジンの大きさはスクーター・サイズ。
ソーラー・インパルス号はユニークな飛行機です。

12,000個近くの太陽電池と4つの電気駆動プロペラのおかげで、日中も夜間も、燃料なしで飛行可能な世界の最初の航空機です。
63メートルの幅と1,600キログラムの重量のこの飛行機は、2010年に26時間の連続飛行を達成して記録を打ち立て、その記録は未だ破られていません。
しかし、それはただ単に飛行記録だけの問題ではない、とパイロットのアンドレ・ボルシュベルグは言います。
「私たちは太陽電池と電動プロペラで、どこまでのことができるのか証明したいのです。」
「我々は生活の質を保ちながら、一方でエネルギー消費を減らし、石油と原子力エネルギーへの依存を減らすことは可能なのです。」

ソーラー・インパルス号のアイディアは、ベルトラン・ピカール(世界で初めて気球でノンストップの世界一周を達成)がヒントになりました。
1999年当時の大冒険を振り返り、ピカールはこう語りました。
「燃料切れのため、我々は危うく失敗するところでした。」
「その時私は、次に挑戦するときには燃料が無くても飛行できるようにする、と自分に誓ったのです。この構想実現のため、ソーラー・インパルス号は生まれたのです。」

しかし、その構想を実現のためには、彼は7年前のボルシュベルグとの出会いまで待たなければなりませんでし た。
2014年に航空史上初となる、彼らの最終目標である燃料無しでの世界一周を実現するためには、1億3,400万ドルの予算が必要であり、そのためのスポンサーが必要です。
「やることすべてが初めてのことになります。過程のすべてが初の試みなのです。」
ピカールは語ります。
「ライト兄弟が飛行機を発明してから、リンドバーグが初めて大西洋横断に成功するまで、25年の月日が必要でした。このとき彼は一人でしたが、100人の乗客を乗せた飛行機が大西洋を横断するまでは、さらに25年がかかりました。」

彼らの背に向かって順風が吹いています。
ピカールとボルシュベルグは太陽光エネルギーによる飛行に明るい展望を持ち、21世紀の航空史にパイオニアとして2人の名を刻み込むことになる、ソーラー・インパルス号の記録達成を確信しています。

【改良型・スイスでの飛行に成功】
アメリカNBCニュース 5月24日

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

この【星の金貨】をスタートの頃からご覧いただいておられる方には、すでにおなじみの[メイド・イン・アメリカ]。
ここではアメリカ製品をすすめている訳ではなく、私たち日本人も[メイド・イン・ジャパン]、いや日本製品を消費・愛用すれば、その分日本人の雇用が生まれるのではないか、という事をお伝えしたいのです。

アメリカABCニュースの[メイド・イン・アメリカ]は今年4月頃からスタートしたと記憶していますが、同国内で多くの共感を得たようです。
ここでも、主なものはすべてご紹介しています。
(http://kobajun.biz/?p=621、http://kobajun.biz/?p=655、http://kobajun.biz/?p=722など)

アメリカ程ではないにしても、日本でも働く場が無いために、生活の再建ができない方が多くいらっしゃいます。
ここ、3.11の被災地でも、職が無いために、生活再建の目処をたてられず、不安なままに年を越さなければならない方がたくさんいらっしゃいます。

確かに『日本製』は割高かもしれませんが、購入する事で身の回りの雇用創出に貢献する、という意識を常に持っても良いのではないでしょうか?

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

[メイド・イン・アメリカ・クリスマス]あなたは参加しますか?
〈 雇用拡大のため、自国製品の購入を呼びかける 〉

アメリカABCニュース 11月30日

ABCワールド・ニュースは[メイド・イン・アメリカ・クリスマス]企画をさらに強力なものとするべく、皆さんに手を貸していただくことにしました。

一般的アメリカ人はクリスマスの贈り物に、一人当たり平均704ドルの出費をします。
アメリカ全体では4,650億ドル(約3兆6,300億円)という金額になることが、全米小売組合連合会の試算で明らかになっています。
もしこの金額がすべてアメリカ製品の購入に充てられれば、4,600万人分の雇用が生まれることになります。
しかし、このたびはそこまでは欲張らないことにします。
もし私たち一人一人が、この年末に64ドル分のアメリカ製品を購入すれば、200,000人分の雇用が新たに生まれることになるのです。

そこでお尋ねします、あなたはこの取り組みに参加なさいますか?
もしご参加いただけるのであれば、お聴きしたいことがあります。
あなたは64ドル分、どのようなお買い物をされますか?

あなたはどんな素晴らしいアメリカ製品を買われましたか?
あるいはお買いになる予定でしょうか?

我々ABCニュースは、あなたがこのクリスマス・シーズンにどんなアメリカ製品をお買いになり、そしてご近所の方々に、どんな風にこの取り組みをご紹介されるおつもりか、お尋ねしたいと考えています。

あなたはご家族、お友達、ご近所の皆さん、読書クラブのお仲間あるいは教会でのお知り合いに、このクリスマスシーズンに64ドル分のアメリカ製品を購入するよう、おすすめいただけたでしょうか?
そしてどれほどの方にご賛同いただけたでしょうか?

あなたの体験をABCニュースにもお話しください、ABCワールド・ニュースの番組、またはウェブサイトでご紹介できるかもしれません。

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

【 エネルギーについて再考を求められる日本人 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

ドイチェ・べレ(ドイツ国際放送)11月29日

2011年が終わろうとしていますが、日本人は第二次世界大戦以降、最も困難な年となったこの一年を振り返り、今後の展望が全く変わってしまった、と語ります。
そして休止中の原子力発電所を再稼働すべきかどうかの議論が、白熱してきました。

ある年配の女性が、3月11日の地震は彼女にとって生涯最悪の体験だった、と語りました。
「あれから生活のすべてが変わりました。」と、彼女は語りました。
「まるで戦争中のように、真っ暗な中で食事をしました。私たちは限られた資源をまず何に使うべきか、考え始めました。この出来事は、日本人に非常に深く考えることを求めることになったのです。」

日本の原子炉の3分の2は現在停止中のため、電力の多くが水力発電所から供給されていますが、しばしば停電が起きています。
(この部分には疑問あり : 訳者注)

東京では人々は節電に慣れましたが、今やさらに西や南の人々も節電をしなければならない状況に追い込まれています。

▽ 再生可能エネルギー対原子力発電

菅前首相は退任の条件として、日本の原子力発電と今後のエネルギー政策に関し真剣な議論を行うよう求め、議会に再生エネルギー法案の可決を要求しました。
しかしその後継者である野田首相は、この路線を引き継ぐことには、より消極的であるようです。
菅前首相は福島第一原発の事故が原子力発電に対する彼の態度を決定的に変えた、と語りましたが、野田首相が目指したのは彼自身の立場と支持基盤の強化でした。
「政治家には夢が必要であり、意志の力、情熱、そして温かい心が必要です。」と彼は語りました。
「そうしたことが欠けているため、国民の中には政治家に対する根強い不信があるのです。」
野田首相は今後新たな原子力発電所が建設されることは無い、と語りましたが、既存の原子力発電所については、 安全が確認され次第、順次再稼働されることを強く望んでいます。

概ね日本の国民は、特に原子力発電所の近くに暮らす人々は、その安全性についての政府の発言に極めて懐疑的になっています。
政府が代替えエネルギーへの切り替えを実施することが可能なら、国民の半数以上が原子力発電所の完全な停止を望んでいますが、一方では原子力発電からの撤退については、経済的、社会的損失が大きすぎる、と主張する人々もいます。

▽ 解決しなければならない多くの課題

福島第一原発の3基の原子炉の圧力室の温度が100℃を下回り、環境への放射性物質の放出量も低下し、状況は安定している、と誰もが安心しているように見受けられます。
しかし、今回の災害の事故調査委員会の委員長を務める、京都大学の山名元教授は解決のためには数多くの課題を解決しなければならず、そのためには30年の月日を要する、と語ります。
「格納容器内の使用済み核燃料棒を、我々はどう処理すればよいのでしょうか?」
彼は尋ねますが、これは緊急に解決しなければならない課題のうちの、たったひとつに過ぎません。
「我々は圧力容器内の様子を確認しなければなりませんが、放射線量が高すぎて、現在のところそれは不可能です。そのため、必要な技術を新たに開発しなければなりません。」
さらに、と彼は付け加えます。
「放射能漏れを止め、圧力容器に出来た穴をふさがなければなりませんが、どうすればそれが可能なのか、今はわかりません。」

もう一つの問題は津波により発生した、膨大な量のがれきをどうするか、ということです。
木造家屋やアパートの残骸、機械類などからなる2,200万トンに上るがれきは、岩手、宮城、福島の3県にわたり積み上がり、焼却などの処分が必要です。
しかしがれきには放射能汚染の恐れがあるため、行政も、そして住民もこれらの焼却の責任を背負い込もうとはしません。

▽ 家に戻れるのか?

津波によって家を失い、福島第一原発の事故により避難を余儀なくされている人々は、いったいいつになったら、 あるいは果たして自宅に戻ることができるのかどうか、悩み続けています。

大蔵いねさんと星場きくこさんはこの5月、仮設住宅に引っ越しましたが、政府から補償金として100万円を支給されました。
新しい家には冷蔵庫、炊飯器、食器類、そしてテレビが備えられていますが、彼女たちは残りの人生をここで終えなければならないだろう、と考えています。
「はっきりしていることは、私たちはこれから2年間、家賃なしでここに住むことができます。でも、2年は短すぎます。私たちは年を取りすぎているし、十分なお金を持っているわけでもありません。家を建て直すことなどもう不可能だし、頼るべき親戚も残っていないのです。ここで暮らすしか、途は残されていないんです。」

http://www.dw-world.de/dw/article/0,,6669635,00.html

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

☆ エルヴィス・コステロ「クリスマスに俺のボックス・セットを買わないでくれ」

アメリカNBCニュース 11月29日

この時代のミュージシャンの中で、エルヴィス・コステロにはその正直さに関する賞を授与する必要がありそうです。
クリスマスに彼の限定盤のボックスセットが発売される予定です。
コステロはこの自分のボックスセットについて、支払わなければならない価格ほどの価値は無い、と彼のファンに告げました。
彼はクリスマスにはジャズ界の巨人、ルイ・アームストロングのボックスセットを購入するように薦め、彼自身のボックスセットは年が明ければもっと安い価格で手に入る、と話しています。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

【 メルトダウン、最悪の事態だけは免れた日本 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

『冷温停止とは核燃料がもはや脅威ではなくなるまで、温度が下がった状態の事のはず…』

ルーシー・クラフト / アメリカCBSニュース 12月2日

福島第一原発の事故の程度が、当初考えられていたものよりはるかに悪いものである事が明らかになりました。この春の津波により、福島第一原発の原子炉がメルトダウンしましたが、このうちの一基では燃料が燃えたまま地中に入り込む寸前でした。詳細について、CBSニュース通信員ルーシー・クラフトがお伝えします。

最近では一連のメルトダウンと爆発によって、頑丈な鉄筋作りの建物がめちゃめちゃに破壊された様子にばかり、レポーター達の目がいきがちです。しかし最近明らかにされた事実により、被害はさらに深刻 - 原子炉一号基はほぼ完全にメルトダウンを起こしていた事が確認されたのです。

新たな報告によれば、溶けた核燃料が炉心を覆っていた、厚さ24センチのコンクリートの格納容器を突き破りました。そして原子炉建屋の基礎のコンクリートの4分の3まで入り込んで行ったのです。

メルトダウンは格納容器の下部にとどまり、地表から約7メートル50センチの部分で留まっています。

内藤まさのり氏は福島第一原発の再検証を行った原子力技術者の一人です。
「まさに危機一髪でした。メルトダウンは一層悪い事態に陥った可能性もありました。しかし、汚染は食い止められた、と言えると思います。」

ここで留まったのは炉心を冷やすため、原子炉内に海水を大量に注ぎ入れた取り組みによるもの、と報告書には記載されています。
もし溶けた核燃料が格納容器を突き破ってしまっていたら、いったいどれほどの地下水と土壌を汚染する事になったか、計り知れません。

高山ゆきおさんは事故の6日後に事故現場に派遣された、ベテランの消防士です。彼は事故の始まりを間近に見る事になりました。
「その光景は私に幽霊屋敷を思い起こさせました。全くの静寂、噴き上がる煙、不気味でした。火災からは熱、そしてガス臭を感じ取りました。福島第一原発、それは驚きを完全に超越していました、なぜなら危険は、全く目で見る事ができなかったからです。」

これまでのところ、彼に放射線障害の兆候はありません。同行した32名のメンバーの中にも。
しかし、あの時、彼らの中で生還を確信していた人はありませんでした。
そして、彼らの安全を保証する政府の言葉も信じられませんでした。
「その時テレビはこう放送していました。メルトダウンも起きていないし、放射能漏れ起きていない。心配しなければならないような事は何も起きていない、と。」
当時の事を高山さんは思い出します。
「しかし事故現場を目の当たりにしたとき、これが普通の事故と全く違っている事はすぐにわかりました。」

東京電力は年内の冷温停止に向けたスケジュールは、予定通り進行している、と語ります。しかし、冷温停止とは核燃料がもはや脅威ではなくなるまで、温度が下がった状態の事です。
そこまでには長い道のりがあるはずです。
原子炉を分解し、原子力発電所内からすべての汚染物質を取り除くまでには、なお30年の月日を要するのです。

http://bit.ly/sTGq5k

【 海底地殻の大破壊と巨大津波 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

[ 私たちの素晴らしい地球 ]2011年12月1日


Caption: A map of estimated tsunami travel times. CREDIT: NOAA.

この3月に日本を襲った猛烈な津波は15,000人以上の命を奪い、国内のエネルギー供給とライフラインを途絶させ、福島第一原子力発電所を制御不能に陥らせました。
日本最大の島・本州に向け海底を押し込んだマグニチュード9.0の地震によって、巨大な津波が引き起こされました。

しかし、この地震によって地球がどう変わってしまったのかは、現在まで不明でした。

2011年の東日本大震災の前と後では、新たな研究結果は海底の地殻が大きく動いたことを明らかにしました。

▽『異常なほどの』巨大地震

東北太平洋沖地震のマグニチュードは、海洋地形調査を行う科学者の通常の計測機械でも観測を可能にした程大きなものでしたが、「そんなことはかつて無かった事です。」
と海洋研究開発機構の地球物理学者・藤原利也氏が語ります。
「この地震は並外れて、異常に巨大だったのです。」
藤原氏は、『私たちの素晴らしい地球』に語りました。

藤原氏の研究チームは地震後の日本海溝とその周辺の地図を作製するため、多重ビーム式水深測量術調査機を使いました - この機械は水深と海底の形を計測するために、音響探知法を使用します。

研究チームは同じ海域について、1999年と2004年に観測したデータと今回のデータを比較しました。
比較の結果、海底の地殻が大きく変動した事が明らかになりました。
これまでの100回の地震による変動以上、海底が動いた事が明らかとなったのです。
「このようなごく普通の観測機械で、海底の地形変動が捉えられるとは考えていませんでした。海底の変動は通常ミリメートル、あるいはセンチメートルの単位で発生するものであり、10センチを超えて移動する事はあり得ません。」

たとえば2005年のマグニチュード7.2の宮城県沖地震の場合、日本海溝付近の観測点から10センチの移動が確認されました。
しかし2011年の東北太平洋沖地震では、同じ観測点で単位が2桁上回る15メートルの移動を確認した、と藤原氏は語ります。
別の言い方をすれば、ほとんどの地震が海底に穏やかな『突き』を与えるのに対し、東北太平洋沖地震は巨大な力で海底を押し込んで行きました。

▽ 破壊されてしまった『限界』

10メートルの垂直移動に加え、日本海溝と本州の間にある巨大なスラブ(海洋プレートがマントル中に沈み込んだ部分)が4メートルから6メートル、あるいはそれ以上上に持ち上げられたことを藤原氏の研究チームは突き止めました。
この移動は日本を襲った「津波波の大きな脈動パターン」を生み出す事になった、と研究チームは報告書の中で述べています。この報告は『サイエンス』誌の12月2日号の『史上最大の津波』という論文の中で明らかにされています。

海底の地殻をこれほどまで大きく動かしたこの断層は、日本海溝の中心線に沿ってほぼ全域に広がっており、改めて今回の地震の巨大さを際立たせることになった、と藤原氏は語ります。
「これまで私たちは、海底の地殻変動は地底のどこかで止まるものと考えてきました。しかし、今回の地震はそのような限界を、全プレートにおいて破壊してしまったのです。」

http://www.ouramazingplanet.com/2097-massive-sea-floor-shove-triggered-japan-tsunami.html
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 ジョン・レノンの to do リスト 】

アメリカNBCニュース 11月29日

11月29日はたまたまジョージ・ハリスンの10回目の命日ですが、ジョン・レノンの私生活、日常をちょっとばかりのぞき見してみましょう。
彼の暮らしぶりはジョンの『to do』 リストに載っている、いくつかの項目が明らかにしてくれます。
彼はケーブルテレビの視聴を楽しみにしている、魅力的な普通の人間である、 という一面をのぞかせています。
リストによれば、彼は3時から5時の間、アメリカHBOケーブルテレビの番組を見ていました。
また、2台の自家用車のガソリンは常に満タンにしておくこと、とあります。
マーマレードに関するメモもあり、また、浴室のドアの取っ手が壊れていることも書かれていました。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

【 理想の職業と高校中退 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

[この世界を変えていく![メイキング・ア・ディフエレンス]

アメリカNBCニュー ス 11月17日

ブライアン・ウィリアムズ :
これはあまり愉快な数字ではありません。
今や25%を超えるこの国の高校生が、卒業せずに学校を去っています。
この数字を改善するため、様々な取り組みが行われています。
そのうちの一つは、子供たちの放課後も学校とのつながりを保てるよう補助するものです。
NBCの教育問題担当チーフ特派員のレヒーマ・エリスが、最も基本的な疑問に答えることを助ける組織からお伝えします。

あなたの理想の職業はなんですか?
どうすれば、その職業につけるのでしょうか?
その答えが今日の『この世界を変えていく』Making a Differenceです。

レポーター(レヒーマ・エリス) : デヴォントル・ブラウンはテレビゲームが大好きです。
指導者の男性「そう、この部分だよ。」
レポーター : 今彼は、ゲーム制作について学んでいます。
「こんな仕事がしたいんだ。」
8年生になってデヴォントルは、この年頃の子供たちのほとんどが一度は突き当たる壁を目の前にしている、その兆候を見せています。
すなわち学校の授業への興味の喪失と得点の低下です。
ブラウン「今度の試験はちゃんとできたよ。」

レポーター : しかし状況は全く変わりました。今や彼は学生の中退を防ぐため、学生一人一人の適性に合わせて将来就くべき職業を理解するため、具体的指導を行うスパーク(spark : 才能を発揮する)というプログラムに真剣に取り組む、数百人の高校生のうちの一人です。
スパークでは生徒は自分がつきたい職業を決めた後、その道のプロとペアを組みます。
画家や写真家、消防士までいます。

クリス・バルメ氏(スパーク・プログラム運営責任者の一人)
「多くの子供たちが、学校と実社会の間のつながりを見つけることができません。そしてたくさんの学生にとってそのギャップの大きさが、中退してしまうか、学校に残るかの分かれ道になってしまうのです。

レポーター : ジャビエル・マドロノの場合です。
彼は設計事務所のスタッフとペアを組み、一緒に設計図を見ています。
パティ・ハーブルグ・ペトリッチ(ジャビエルの職業指導者)
「さあ、実際にいい仕事とはどんなものか、見に行きましょう。」
そして実際に建設現場に出かけて行きます。
ペトリッチ「私たちの仕事に対し、彼が興味を示す様子を見ていると、改めて自分の仕事に対して熱意を感じるです。」

レポーター : スパーク・プログラムによりこれまで1,000人以上の10代の子供たちが職業体験を行ってきましたが、それは興味深い結果に結びつきました。
アメリカ国内の学校をちゃんと卒業する学生の割合は72%です。
これに対し、スパークに参加した子供の卒業率は98%に達したのです。

ソニア・シャウドリーは2006年にソーシャル・ワーカーの職業体験をしました。
彼女は今、特待生としてスタンフォード大学のソーシャルワークの専門学科の1年生として、2013年の卒業に向け順調に勉強を続けています。
ソニア「私が進みたいと思っていた方向に具体性を与えてくれたので、スパークのプログラムは本当に役に立ちました。私はこのプログラムのおかげで、目指す職業につくためには何をしたら良いのかよくわかったわ。あとはその仕事を選んだら、どんなチャンスがあるのかを確かめるだけで良かったの。」

レポーター : 才能のきらめき
男性「カメラの3つのポイントについて考えてごらん。」
レポーター : それを実際の職業に生かす
女性「Dイコール……」
レポーター : 学校に通いながら
女性「さあ、やってみましょう。」

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

【 数年に及ぶ食品汚染危機に直面する日本 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

[11月30日の東電の発表、米国メディアはどう伝えたか?]

アメリカCBSニュース 11月30日

この春発生した日本の福島第一原発の事故は、当初伝えられた『一部のメルトダウン』などではなく、ほとんど完全なメルトダウンであることが明らかになりました。
東京電力は11月30日水曜日、原子炉一号機の核燃料は原子炉の底を突き破り、コンクリートの土台を破壊し、地面近くまで達していると発表しました。

3月、福島第一原発は大地震と津波により深刻な損傷を受けましたが、CBSの特派員ルーシー・クラフトは、これらすべてのことが日本の食品に今後どれだけの影響を与えるのか、日本は懸念を深めている、と伝えます。

原発から170マイル(270キロ)の場所で暮らす専業主婦の安田としこさんは、原発事故の影響を心配し、近頃は食料品店での買い物をすることが少なくなりました。
「汚染された牛肉がスーパーマーケットで売られたことがありました。ブロッコリーも、ホウレンソウも、シイタケにも似たようなことがありました。汚染の事実が明らかになった時点で、これらはみんなすでに販売されていたのです。もうこれ以上、政府の言うことは信じられません。」
安田さんはさらに、放射線そのものが微量ではあっても、8歳になる娘のあいみさんを傷つけかもしれないと心配しています。
食事の準備をしていてもこの心配が頭を離れることは無く、彼女はほとんどの食材をインターネットで購入するようになりました。

彼女ははるか遠くの南日本の販売業者から卵やその他の生鮮食品を購入し、遠く米国から購入することすらある、 とCBSの特派員に話しました。

東日本全域の漁師や農民にとっては、放射性物質による汚染そのものより、人々の放射能汚染への恐怖がもたらす彼らの生計手段に対する影響の方が大きい、と語ります。

常陸那珂港は、制御不能に陥っている福島第一原発の南約100マイル(160キロ)の場所にあります。
ほぼ週に一度程度、水揚げされた魚について放射線量の測定を行っています。
これまでのところ、基準以上に汚染されている魚は皆無でした。
ここの漁師たちは、彼らが獲ったヒラメ、タコ、エビは食べても安全であると主張します。
しかしながら、近くの直売所の客足は原発事故以降、それまでの半分にとどまっています。
「これ以上消費者が風評被害に惑わされることが続けば、ここにいるみんなが食べてはいけなくなってしましま す。」

政府は人々の食品に対する不安は、過剰反応だと主張します。
毎日何百品目もの食品について放射線検査を行い、このうち放射性セシウムが基準値を超えて検出されているのは数点にとどまる、と発表しています。

しかし、放射線検査機器の数が不足しており、すべての漁船のすべての水揚げについて検査するのは不可能です。

リスクは大きくないかもしれないが、安田さんは放射線で汚染された食べ物が決して娘の口に入らないようにしている、と話します。
「低い線量の放射線被ばくで娘がガンになることは、多分無いでしょう。でももし5年後、娘がガンを発症してしまったら、私は後悔に苛まれることになります。なぜもっと、細心の注意を払わなかったのか、と。」

低いレベルではあっても非常に広い範囲に広がっている土壌と水資源に対する放射能汚染、日本はこれから数年の長きに渡り、食卓に載せても安全な食品とは何か、悩み続けなければなりません。

http://www.cbsnews.com/8301-18563_162-57334218/japan-faces-years-of-food-contamination-fears/?tag=cbsContent;cbsCarousel

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

私自身、暮らしているのが福島第一原発の北約95kmの仙台市なので、こういうニュースを見ると心穏やかではありません。
『いったい何であれば食べても安全なのか』、私たちにとって毎日の懸念になってしまいました。

11月8日、9日の2日間ご紹介したアメリカ・ニューヨークタイムズの海洋汚染の実態についての記事 ( http://kobajun.biz/?p=1268 )、そして16日にご紹介したイギリスBBC放送の汚染マップ( http://kobajun.biz/?p=1314 )、さらにはドイツ国際放送による放射性物質以外の汚染物質の存在( http://kobajun.biz/?p=1388 )と、福島第一原発の事故による日本の国土の汚染が容易ならざる状況に陥っていることが、 震災後8か月が経ったこの11月になって次々に世界各国のメディアに取り上げられています。
さすがに国内のニュースでも、福島県北部の深刻な汚染状況が取り上げられるようになり、ひところ問題になった「20ミリシーベルトなんて大丈夫なんです!」などという発言を繰り返していた『学者』も、姿を見せなくなりました。

しかし、深刻な危険と向き合う生活を強いられるのはこれからです。
今回のニュースでも、『数年にわたり』と表現されています。

これらの問題が『完全に』解決されない限り、原発の再稼働など『あり得ない』話だと、私は考えます。

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報