星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » アーカイブ

支えることで支えられた11日間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

今日3月22日午後2時、11日の震災以来、11日間我が家で避難生活を送っていた大学生の男性が、ご両親の強いすすめもあり、東京の実家に帰っていきました。

彼が我が家にきたのは震災当日、3月11日の夜。大学生の息子の携帯電話に、彼からのSOSが入りました。大学と住まい がある船岡に向かう途中、地震に遭遇、夜7時頃に仙台駅に着いたものの、そこからの交通手段がすべて途絶していました。タクシー乗り場で一時間待ったもの の、いっこうにタクシーが来る気配もなく、気温はぐんぐん下がり、寒さに震え上がってしまったようです。

息子とは大学が違いますが、ともに所属するテニス部が、大学を横断してメンバーが構成され各種の大会などを運営する「学連」という組織で、ともに大会運営などを行ううちに友人になったようです。

電話を受けてすぐ、息子を乗せ、自家用車で家を出ました。雪が強く降り、震災と相まって市内は大渋滞との情報がありましたが、できるだけ幹線道路を避けた結果、7キロほどの道のりを30分ほどで仙台駅に着きました。

息子が車から出て携帯で連絡を取り合いながら彼を捜し、無事彼を収容、家路につきました。帰路、信号はすべて消えてしまっていました。帰宅 のための交通手段を失ってしまった人があらゆる場所を歩いており、人を避け、車をかわしながら、それでも一時間かからずに家に着きました。家は既に停電し ており、ろうそくの灯で夕食を摂ってもらい、その日は息子と同じ部屋で休んでもらいました。

以来11日間の我が家での生活。しかも19日までは友人の中国人のご夫婦も一緒のため、我が家4人に加え、7人での共同生活となりました。

幸い、我が家は私の両親と一緒に住むことを想定した二世代住宅でありながら、両親が未だ別の場所で2人暮らしを続けており、泊まってもらう 部屋に不自由はしませんでしたが、はじめは電気も水も無い生活。電気は3日目に復旧、水道は6日後に復旧しました。オール電化の家のため、それからは生活 にあまり不自由はありませんでしたが、彼にしてみれば突然迷い込んだ知らない家で大分気を使っていたことでしょう。

彼の実家は東京ですが、お父さんが仕事の上で転勤が多く、小学校時に既に3回転校しなければならず、それを嫌った彼は小学校6年から高校卒 業までずっと東京で寮生活。そのせいか団体生活のリズムが身にしみついており、22歳という若さにも関わらず、私たちの生活のリズムが少しでも狂う、とい うようなことはいっさいありませんでした。どころか、自宅近くのみやぎ生協でアルバイトをしていた息子が、混乱する店から召集を受け、毎日特設売り場で働 くのにつきあい、一円の報酬も受け取ること無く一生懸命働いていました。

2日目に連絡がついた彼のご両親は「ご迷惑をおかけして...」としきりに恐縮されていました。しかし5日も過ぎる頃には、食事や寝る場所 を彼に提供しているのは確かに私たちではあるものの、それ以上のものを彼が私たちに与えてくれていることに気がつきました。屈託の無い明るさ、素直でまっ すぐな感謝、そうしたものが悲惨なニュースや原発の恐怖におののくばかりの私たちの心を、どれほど明るくしてくれているか、そのことをつくづく感じまし た。手の届かない被災地にいる息子を心配する彼のご両親には申し訳ない話かもしれませんが、彼の存在は我が家にとってまさに「天の配在」ともいうべきもの でした。

私たち家族は4人とも、彼を支えようとして、彼に心を支えてもらっていたのです。

今度の震災は私たちの住む社会を、コミュニティを、どれほど変えてしまうか解りません。津波の被害を受けた仙台市から多賀城辺りの沿岸部からは、耳を洗いたくなるような嫌な話も次々伝わってきます。「人間不信」、そんな言葉も頭をよぎります。
しかし私たち家族には彼と過ごした11日間があります。彼には不自由な思いをさせないよう、変な遠慮をしないよう、私たちも一生懸命でしたが、彼はそれを超える大きなものを残していってくれました。

今、私たちはこの惨状の中、誰かのために何かできることがあるなら、喜んでしよう、という気になっています。

恐縮してくれる方にはこう言っています。

「この震災にあって、私たち人間は支え合うことこそ大切なことなのだ、ということが解りましたから。」

.
twitter

大きなため息をつきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

今度の大震災、

どっちを向いても大きなため息ばかりをついてしまいます。

でも、我慢することはありません。

やりきれなかったら、

つらいと思ったら、

大きなため息をつきましょう。

ため息をつけば、全身の緊張がゆるみます。

体が緊張しっぱなしでは

あなたの体が回復しようと思って、老廃物や疲労物質を外に出したりすることが

スムーズに行かなくなります。

リンパの流れも悪くなり、全身の免疫機能も低下します。

大きなため息をついて、肺にたまった空気をいったん出し切ってしまいましょう。

そしてそのあとは、丸くなった背中を少ししゃんとさせます。

そしてもう一度深呼吸。

これから復興に向け、私たちは様々な苦難を乗り越えなければなりません。

でもすべてに立ち向かう必要はありません。

やり過ごす、かわす、抱え込まない、そうしなければあなた自身が保たなくなってしまう場面もあるはずです。

そんなとき、しなやかな体と姿勢があなたを守ります。

.

twitter

ブログ【大震災】 ご相談下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

今回の大震災で、震災発生10日後の今日、私たちが住む宮城
県の犠牲者が10,000人を超すことが確実視されています。

これが悪い夢で、すぐに覚めるのではないか、覚めてほしい、日に
一度はそう考える毎日です。

しかし、一方の頭ではこれが逃れようの無い現実であることを突き
つけ続けています。

1,000年に一度の大災害だ、と言われますが、1,000年に一
度、ということはどういうことだろう、と考えます。

答えがあろうはずがありません。

解っているのは、これからも生きるつもりなら、再建を始めなけれ
ばならない、ということだけです。

今日3月21日、仙台市の中心部、中央通と一番町を歩い
てみました。

仙台市内でいちばんの繁華街、さまざまな業種の商店が延々と軒を
連ねる商店街。

しかし半分以上の店のシャッターは閉まったまま。

そのことが、今や私たちが『非日常』の中にいるのだという現実を
突きつけてきます。

待ち合わせた友人と話がしたくて、一番町の端から端まで喫茶店、
コーヒーショップのたぐいを一軒一軒確認して回りました。

どこも開いていません。

そのかわり、道ばたで何カ所も弁当を売っている出店があります。

その中の一つ、洋食を売っている出店の張り紙の端っこに、かねて
知っているイタリア料理店の名前を見つけました。

「もしや?!」と、思い、出店の人に「店内で食事はできます
か?」と勢い込んで尋ねました。

すると「11時30分からランチを提供します。」という
返事が返ってきたのです。

待ち合わせた友人を誘い、店の前のベンチで20分ほど待っ
て、ようやく店内へ。

暖かい店内、暖かい食事。

そのとき気がついたのです、今すぐ始められる復興、

それは商店が一店でも多く店を開けることだ、と。

通常の物流が途絶えている今、私たちあおい薬局にも、震災以来ま
だ一度も商品は入荷していません。

でも、それでも、相談とアドバイスなら、今すぐ始められることに
気がつきました。

固定電話はまだつながりませんが、eメールとインターネット
は復活しました。

あおい薬局は体とこころの健康相談とアドバイスから再建を始めます。

被災地に限りません、体とこころに悩みをお持ちの方、ぜひメール
をください。

お待ちしています。

twitter

あおい薬局

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報