星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » [ 安全面で不安の残る原子力とエネルギー産業の今後 ]

[ 安全面で不安の残る原子力とエネルギー産業の今後 ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

動画[ 特派員、決死の『アイリーン』中継 ]

愚痴を言う訳ではありませんが、様々なジャンルのニュースを訳してきた中で、いちばん面倒なのが科学・技術に関する報道です。
昨日のNBCのハリケーンのニュースなどに比べると、実は今日のAOLの記事は3倍から5倍も訳すのが面倒なのです。
特にこのピーター・ガーデットという人の文章は難文もいいところで、正直なところ願い下げなのですが、大切な事が書いてあれば無視する訳にもいきません。

過去に掲載した【新しい原子力安全基準に何がふさわしいのか、へのさまざまな反応】福島第一原発の事故を受けて、アメリカは特別委員会を設置 - http://kobajun.biz/?p=762 なども訳すのに苦労したのですが、訳して行くうちにアメリカの原子力産業界ですら、日本の電力会社の原子力事業と原子力行政に疑問と不信を抱いている事がわかったりします。

今回も驚くような新事実などは出てきませんが、「福島での悲劇的な出来事の後に、こんなにも早く発生した米国での原子力発電所停止の事実は、原子力事業の安全性について新たな疑問と恐怖をもたらしました。」というくだり、どうお感じになるでしょうか?
私には「多様な再生可能エネルギー技術が進化してきた現在、これ程安全面で不安の残る原子力発電にしがみつく理由は何なのだろう?」
と問いかけているように感じるのですが。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 アメリカ東部大地震とハリケーン『アイリーン』】
[AOLエネルギー この一週間]

ピーター・ガーデット
AOLエナジー 8月26日

珍しい米国東海岸の地震と月曜日に東海岸沿いに北上する予定の巨大なハリケーンは、破壊が避けられない事を前提に準備を進めるかどうか、この国のエネルギー産業に選択を迫っています。
日本の原子力災害、前例のない米国の債務危機、そしてテキサス州での熱波による送電障害を含む危機が次々と訪れた数ヶ月間が、夏の終わりともに過ぎようとしています。

ライフライン事業者、パイプライン技術者、製油所、送電網会社は、 ハリケーン『アイリーン』がキャロライナ海岸に近づくこの週末、スクランブル態勢に入っています。
それは、北大西洋上から絶えずエネルギーを補給して勢力を保ちながら、週末いっぱい、国で最も人口の多い米国の東海岸に沿って移動すると見られています。

ハリケーンは、東海岸の地震の直後に停止措置がとられた、バージニア州北部ノースアンナ原子力発電所をも襲う事になります。
ニューヨークでAOLのエネルギーのオフィスも激しく揺らした地震に対し、工場の自動化された緊急時対応装置はほぼ完璧に動作しました。
しかしながら、福島での悲劇的な出来事の後に、こんなにも早く発生した米国での原子力発電所停止の事実は、原子力事業の安全性について新たな疑問と恐怖をもたらしました。

▽ 次の嵐が激化

差し迫った危機についてはとりあえず置いておき、今度は延々と続いている問題に目を転じましょう。
それは天然ガスの開発における水圧掘削の役割についてです。

ニュージャージー州知事クリス・クリスティは、ニュージャージー州で天然ガス掘削作業が凍結されたままの場所を訪れました。
プロジェクトはマルケッルス・シェールに近い地域で提案されてきましたが、現在は一切が中止されています。
ニュージャージーの掘削が全面的に禁止されている状況に対する、エネルギー業界の反応は様々です。
天然ガスの支持者はそれを間違いであると非難、一方エネルギー業界が将来的にはより安全性の高い分野に移行すべきだとして、理解を示す人々もいます。
天然ガスはいくつかの州にまたがって膨大な埋蔵量がある、とされていますが、正確な埋蔵量については機論の最中です。
米国地質調査所はマルケッルス・シェールの天然ガス埋蔵量について、過去に試算した量よりも上回る、とする報告書を発表しましたが、天然ガス業界はこの報告を喜んで受け入れました。
政府の最新の研究では、米国地質調査所のこの数値を受け入れ、今後に影響を与えることになる予測モデルに使用すると語っています。

改定された計画は、掘削や開発のための当面の計画には、ほとんど影響を与える可能性はありません。
それでも、ガス供給施設における今後の数十年間、原料調達分野における安価な天然ガスが利用可能であるという事実は、今後の方針の行方に影響を与える事になるでしょう。

▽完成された技術の実現にはまだ時間が必要

背景のさらに深いところ、ハリケーンや地震のような差し迫った危機の背後、さらには天然ガス掘削開発のケンケンガクガクの議論の背後では、米国のエネルギー産業における技術変革の議論が、企業や規制当局を引き続き混乱させる事になるでしょう。

エネルギー価格や提供されるエネルギーの内容に、情報技術と通信技術は大きく影響される。この事実についてまわる問題を、消費者は抱込んでいる、という状況を、世界中を調査した結果発見した、とIBMが今週ビデオの中で発表しました。
「すべてが非常に速く変化しています。」ビデオでインタビューされたある消費者は、エネルギー・ビジネスの変化の大きさと早さについて、こう述べています。

規制当局や政治家は既存の市場と法制度に、新技術を整合させる方法を見つけだすために苦労しています。
ここ数年間の仕事の集大成である連邦エネルギー規制委員会の『行動計画1000』に対し、今週、既存の公益事業者からは、その地域事業モデルが不公平だとして異論がでました。
地域の指導者自身は争うようにして、この計画を理解しようとしています。
西部諸州の知事と当局者は一致して、合衆国西部の送電網の整備のための投資の必要性について訴える、『行動計画1000』を支持しています。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

今日の動画
【命がけで『アイリーン』の中継をする特派員たち】

アメリカNBCニュース 8月27日(日本時間28日)

ブライアン・ウィリアムズさんが「皆さんは、なんでそこまでやらなければならないのか?!と、思われるかもしれませんが......」と話す通り、ハリケーン『アイリーン』のまっただ中での中継を命じられた特派員たちの、壮絶な姿をご覧ください。
でも、みなさん、ブライアン・ウィリアムズさん、ビミョーに笑ってませんか?
「皆さんはちゃんと家の中に留まっていてくださいね。」だそうです。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報