星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » [ リビア内戦終了後の武器はどこへ? ]

[ リビア内戦終了後の武器はどこへ? ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

ついにリビアがカダフィ政権の圧政のもとから解放されました。人々の権利が回復され、秘密警察の目が光る生活から解放される事は、同じ人間として本当に喜ばしい事です。

しかし、一方で懸念もあります。
ビデオでも武器を持った国民協議会の兵士が多数映っていますが、内戦の終了後はこれらの武器が回収され正規軍だけが武器を持つ、という治安が回復するのでしょうか?
有名な話なのでみなさんもご存知とは思いますが、アフガニスタンのゲリラ、タリバンに始めに武器を与え、訓練をしたのはアメリカでした。
1978年のソ連のアフガン侵攻に対し、アメリカが抵抗勢力であるムジャヒディーンに武器供与などを行ったのです。
さらには1988年のソ連軍撤退の際、大量の武器がアフガニスタン領内に遺棄され、これが現在まで続く泥沼の内戦で使われることになってしまいました。

はかない願いですが、一般の人々が武器に怯えないですむ『新リビア』の誕生を願ってやみません。

なお、事態が流動的なため、この原稿がアップされる時点でニュース・動画ともに現実とくい違ったりするかもしれません。
その節は平にご容赦を......

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 リビア市民首都の大半を制圧、カダフィ大佐は行方不明 】

アメリカABC放送ワールド・ニュース 8月21日

反乱軍は8月21日夜になってトリポリ市内のほとんどの地域を制圧し、数千人の人々が首都トリポリを始め国中の都市の道路に溢れ出し、モマール・カダフィの42年に渡る支配が終わる事を喜びあいました。
「私たちはこの日の来る事を待ち望み、そしてそれが現実になったのです。」50歳のエンジニア、ヌール・エディン・シャトウニは強権体制の支配が終わった事を祝福し、AP通信に語りました。
「すべてのモスクで神に対する感謝の祈りが一斉に捧げられました。とても良い香りがしました。それは勝利の香りです。来るべきときが来たのです。」

反乱軍が設定した暫定国民協議会(NTC)政権は、カダフィの3人の息子たちが拘束された、または降伏したと語りました。ムハンマド・カダフィ、リビアの最高指導者の息子は、涙ぐみながら反対勢力に降伏したことを電話でアルジャジーラに語りました。 彼は電話口で泣きながら、彼の家が武器をもって包囲され、自宅軟禁下にあることを語りました。

暫定国民協議会によると、この電話の直前、セイーフとサーディの二人の息子がにトリポリの反乱軍によって拘束されました。
セイーフ・アル・イスラムは、父親同様、人道に対する罪の容疑で国際刑事裁判所に起訴されています。
月曜日、国際刑事裁判所の代表者が国民協議会と会談し、セイフ・アル・イスラムをハーグに移送する方法を協議する予定である。」と国際刑事裁判所主任検察官ルイス・モレノ・オカンポは、AP通信に語りました。
反乱軍はカダフィのバブ・アル・アジジヤの邸宅を包囲していると、反乱軍の代表は周辺で銃声が続く間、AP通信に語りました。
モハマド・アル・アカリ国民協議会顧問は、モアマル・カダフィはトリポリに残っている、バブ・アル・アジジヤのどこかに潜んでいると信じる、と語りました。
「今夜すべては終わった。」とアカリは語りました。

国民協議会はまた、カダフィ大統領護衛隊のメンバーが反乱軍に降伏したと主張しています。
リビアの反乱軍はトリポリの中心部にある緑の広場に集まりましたが、複数の報道によると、政府軍および狙撃兵との衝突が、市内全域で繰り広げられました。
リビア東部のベンガジでは、群衆が旗を振ってカダフィの退陣を喜びあい、花火を打ち上げました。

アメリカのオバマ大統領は「今日の出来事はカダフィに対したったひとつの選択を求めています - 強権を放棄し、リビアの人々自身に将来のことを決めさせる事です。」と語っています。
「流血の事態を終わらせる最も確実な方法、それは簡単な事です。モアマル・カダフィと彼の政権は、彼らの支配が最後に迎えていることを認識すればいいのです。」オバマ大統領は語りました。
「カダフィは、彼がもはやリビアをコントロールしていないという現実を認識する必要があります。今や、彼はすべての権力を放棄しなければなりません。」

北大西洋条約機構(NATO)の現地司令官は、NATO軍の空爆が反乱軍の成功を後押ししたと述べ、カダフィ政権は「明らかに崩壊した」と述べました。
NATO現地司令官アンダースン・フォー・ラスムッセンは、政府側の「市民を脅かすどのような攻撃」に対しても、空爆を行う、と語りました。

カダフィの所在は不明ですが、彼の生命がこの夜国営テレビで放映され、彼の軍は決して降伏しない、「最後の血の一滴になるまで戦う。」と演説しました。
「何のためにお前たちはここに来るのだ?再び占領するためか?」とカダフィ大佐自身は映っていない放送で述べました。
「裏切り者が、トリポリに展開する占領軍の道案内をしているのだ。」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報