星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » [ チョコレートはもはや『罪深き喜び』ではありません?! ]

[ チョコレートはもはや『罪深き喜び』ではありません?! ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

今日のお話はチョコレートはほどほどの量を食べるのであれば、体にいい、というお話です。
そのメカニズムについて詳しく説明すると思いきや、その部分はほんのちょっと。
むしろ『食べる喜び』のほうが強調されているように感じるのですが......

【 適量なら心臓病にいいチョコレート 】

アメリカNBCニュース 8月30日

これは、あなたが地元の食料品店でチョコレートを買いたい放題・食べたい放題してもいいですよ、という番組ではありません。
あなたがチョコレートを食べ過ぎて体重が300ポンド(136キロ - この体重の人、アメリカには普通にいます)に増えちゃったとか、顔に成人性のニキビがたくさんできちゃったとか、そのような事で後で私たちを責められても困るのです。
そしてもし、チョコレート中毒になってしまっている、あるいはチョコレートだけはごめんだと公言される方には、このニュースはお勧めしません。
本当の本物の科学、チョコレートが特にあなたの心臓のために、有益であり、良い影響があるというお話です。
NBCのリー・コーワンがお伝えします。

レポーター:カカオ豆それ自体はかなり苦くとも、 チョコレートになってしまえば甘くなります。
アメリカ大陸を発見したクリストファー・コロンブスは、世界初のチョコレート中毒であったという説があります。
近代文明と出会う以前、古代のアステカ族は何千年もの間、ココアを飲んでいたとされています。
いずれにせよ、チョコレートは私たちの社会を変える事ととなりました。

少年「時々ぼくは特大ボトルにココアを作って、それをぜーんぶ飲んじゃうんだ!」
母親「…ええっ?!」

レポーター:きゃあきゃあ言ってるかわい子ちゃんのハートをつかまえるにも十分。
エイリアンたちと友好関係を築く事だってできます。
格言の有名な一節 -「人生はチョコレートの詰め合わせのようなものだ。何を手に入れられるかは、誰にもわからない。」

レポーター:しかし、チョコレートは、エンドルフィン(内在性鎮痛系にかかわり、また多幸感をもたらすと考えられています。そのため脳内麻薬と呼ばれることもあります)の分泌を促します。
カフェイン同様に鎮痛鎮静効果があり、私たちは摂取について慎重でなければなりません。
ある英国の医学雑誌は、一方で一定の量以上のチョコレートを食べると、約37パーセント心臓病を減少させる可能性があることを示唆しています。
チョコレートはお菓子の世界の王様 – アルコール界のロゼ・ワインともいうべき存在です
いくつかの利点がありますが、食べる量は適量でなければなりません。。
フラボノイドのように明らかに治療 効果のある成分を含む食品、抗酸化作用のある食品などがありますが、それらはいずれもチョコレートが持っているような愛好者を持ってはいません。

チョコレートが大好きなビアンカの場合を見てみましょう。彼女はチョコレートに夢中で、愛おしむようにチョコレートに関するブログを書いています。
「ゆっくり召し上がってください。味わって、ただし図に乗って食べ過ぎないように。」

記者:マークトウェインはこう言いました。
「健康でいるための立ったひとつの方法、それは食べたくないものを食べること。好きなものも飲んでもいいけど、そうではないものも飲む事。」
完璧なものなどありません。
しかし、母なる自然に限りなく近いチョコレートは、かなりいい線を行ってるかもしれません。
リー・コーワン、NBCニュース、ロス・アンジェルス

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報