星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 ついに連続殺人鬼の正体を現した、核の『平和』利用・原子力発電 】〈第5回〉

【 ついに連続殺人鬼の正体を現した、核の『平和』利用・原子力発電 】〈第5回〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

[原発、廃棄物処理施設の所有者、管理運営会社、規制当局は遠い存在。質問にも答えず、その挙句連絡を取ることさえできなくなる。]
[実効性の高いチェック機能、国民の目線に立った報告の欠如により、いざとなれば原子力業界が責任を回避する事は簡単]

チップ・ウォード/ ル・モンド・ディプロマティーク / フランス

▽ 危険は、数学の問題ではありません

何もかも秘密にする体質は原子力業界の生まれつきの体質であり、理論的にも必要なものです。
太陽光や風力発電とは異なり、原子力発電は大規模な投資、高度な専門知識、堅牢なセキュリティ、そして何よりそれら一切をコントロールできる権力を必要とします。

ウラン鉱山、原子力発電所、または補助金などと引き換えに廃棄物の保管場所を受け入れる事になり、その影響に直面させられている地方の住民の皆さん、
あなた方は何か起きたとき、これらの設備の所有者、管理運営会社、および規制当局が遠い存在であり、質問にも答えず、その挙句連絡を取ることさえできなくなることを思い知らされることでしょう。
彼らは持てる力を上手に使い、そうした責任から免れる術を完全に身に着けています。
実効性の高いチェック機能、国民の目線に立った報告、これらが欠如しているため、彼らが責任を回避する事は簡単なのです。

脱原発を目指す人々はすぐに理解できることですが、原子力発電の危険性は、専門家だけが理解できる高等数学の問題などではないのです。
こうした危険を冒してでも、利益を手にするのは誰なのか?
利益と費用の配分、そして管理運営方法の信頼性についての評価は公平に行われているのか?

こうした問題は国民が直接その影響を受ける、国民自身の政治的問題なのです。

原子力産業界の本質にある物は非民主的体質であるため、原子力発電に関する限り、利益と費用の配分は公平ではありませんし、そして管理運営方法の信頼性についての正しい評価も行われていません。
事業のコストと危険性の正しい評価については、原子力産業界の役員たちは利害を同じくする株主たちに対してのみ明かしても良いよう、普段はそれを隠しています。

平均的な市民にとって原子力の発電理論を理解すること、あるいは核分裂を起こして発電目的の蒸気を作る方法についての、複雑な物理学や工学を理解することは難しいかもしれません。
しかしほとんどの人は、でたらめを言われればピンとくるものがあるはずです。
原子力産業のような業界はいつか馬脚を現す時が来ることを、私たちはちゃんと知っています。

二酸化炭素を排出するエネルギー源が、地球の温暖化を進め、その結果地球の未来を危うくすることが徐々にわかってきました。
しかし、火力発電を原子力発電に変えて行くことは、麻薬中毒患者がそれまで常用していたヘロインをマリファナに変えるようなものです。
いずれ廃人になってしまうだろうことに、変わりはありません。

『原子力の平和利用』のような『原子力ルネッサンス』用語は、エネルギー産業界が考え出したスリーカード・モンテゲーム(トランプ3枚を使うイカサマばくち。堂本だけが儲かるようになっている)のようなもので、原油流出事故、公的資金による大手金融機関の救済と同じく、大きな資産を持つものだけを潤すために存在し、そしてこの新しい世紀においても私たちを苦しめ続けているのです。

原子力発電は、連続殺人犯です。
彼らが再び犯罪を犯す前に止めなければなりません。
何が信頼できることなのか、それをつきとめるために博士号やガイガーカウンターは必要ありません。

《チップ・ウォードは、ユタ州にあるHEALの創立者です。HEALはユタ州で核廃棄物の処分を行う事に反対する市民グループであり、隣接するグリーン川ぞいに新たな原子力発電所を建設する事にも反対しています。》
〈完〉

http://mondediplo.com/openpage/how-the-peaceful-atom-became-a-serial-killer

  
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

5回にわたりご紹介したこの原稿、実は2011年3月28日に掲載されたものでした。
しかし私も含め多くの日本人は、3月28日時点でこの原稿を読んでもびんとは来なかったかもしれません。
しかし、この後信じられないような汚染の広がりを目の当たりにし、福島第一原発内の実状なども徐々に伝えられるようになり、原子力業界を見る私たちの目にはだんだん疑惑が込められるようになりました。

そして東日本大震災からちょうど10ヶ月の今日、『連続殺人鬼の正体を現した核の平和利用原子力発電』というタイトルはちょっと過激であるにしても、記事の内容はきわめて真っ当なものである事を確信する人は、3月28日時点とは比較にならない程増えていると思います。

折しもネット上では福島第一原発3号基の爆発と戦術核兵器の爆発の様子を詳細に比較、さらにはこれと水蒸気爆発の映像も比較しながら、3号基の爆発が『核爆発』の疑いがきわめて高い事を伝える動画も見れるようになりました。

「原子力産業がつぎつぎ馬脚を現す時」が来ています。
しかし一方では1日も早く、1基でも多くの原発の再稼働に動いています。
原発停止を求める人々の関心が少しずつ弱まり、一人ずつ少なくなる事を待ちながら、彼らは闇の中で目を光らせているのです。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 歯磨き大好きねこ 】

(米国CBS放送10月)- 猫ちゃんの行動にまつわる楽しい動画がたくさんオンライン上に流されています。
ご紹介するビデオは、おかしなタイミングで、おかしな場所にしがみつく猫ちゃんを紹介しています。
奇妙で楽しい動画をYouTubeのユーザーsweetpea377さんが投稿しました

「ある晩私がシャワーの後、歯を磨いているとこの子がやって来て、『寒さよけにはこの場所がいちばん!』とばかりに頭の上に飛び乗り、以来それが彼女の日課になってしまいました。」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報