星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【ヘリコプター撃墜でアメリカ兵30人が犠牲に】 アフガン派遣部隊・史上最悪の犠牲者数

【ヘリコプター撃墜でアメリカ兵30人が犠牲に】 アフガン派遣部隊・史上最悪の犠牲者数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

- 30名のアフガン駐留米兵の犠牲を悼むアメリカ国民 -

私たち昭和30年代に生まれた人間、特に男の方ですが、子供の時にテレビで「コンバット」や「ギャラントメン」、あるいは「ラット・パトロール」などという戦争ドラマをさんざん見て育ちました。小学生の頃は戦争ごっこをさんざんやりましたし、タミヤのありとあらゆる戦車・戦闘機・戦艦などのプラモデルを作りまくった記憶があります。
映画も「史上最大の作戦」「バルジ大作戦」「パットン」「遠すぎた橋」(いずれも1960年代~1970年初頭)などを見て、同年代にはいまだに「戦争映画好き」がたくさんいます。
しかし、その戦争映画、第二次世界大戦に限っても、上記「遠すぎた橋」から「プライベート・ライアン」「シンドラーのリスト」そして「バンド・オブ・ブラザース」と続いて見ているうちに、どうやらヒロイックなドラマではなく、この上なく悲惨なドキュメントだという事に、だんだん気づくようになります。

実は日米共同製作の「映像の世紀」全巻、そして全26巻の「戦争の世紀」(主に第一次世界大戦~湾岸戦争)というビデオを見てからは、その思いが決定的になりました。
日本のニュースではとうとう放送しませんでしたが、「戦争の世紀」の最後の巻に湾岸戦争の際、アメリカ軍の航空部隊に襲撃されたイラク軍の地上機械化部隊の映像がありました。
はっきり言ってそれは戦争、というよりは「屠殺」に近いもので、大きなショックを受けました。知られているように、アパッチ攻撃用ヘリなどで編成されるアメリカの対地上攻撃航空部隊は、露出している(ジャングルや地下などに隠れていない)部隊に対して途方も無い攻撃力を持っています。ビデオにはイラクの地上軍がほとんど抵抗らしい抵抗もできず、ほぼそのままの形で「抹殺」されたことが、はっきりと映し出されていました。

これを見た時に、自分の中にはっきりと「もう戦争など、やっていい時代は終わったのだ。」という考えが生まれました。
今や人間が創りだした兵器は、当たるか当たらないかわからない弾を遠くからぶっ放すのではなく、目指す相手に確実に致命的な攻撃を加えるものに変わりつつあります。
人の命が奪われる、という事はその人の全人生が奪われてしまう事であり、巨大な規模でそれを行う戦争は、人間の存在と全く相容れないもののはずです。

今日は8月15日、太平洋戦争が終わった日です。
以下にご紹介するニュースも、持って行き場の無い、戦争のやり切れなさを伝えているように私には感じられるのですが.....

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ヘリコプター撃墜でアメリカ兵30人が犠牲に】
アフガン派遣部隊・史上最悪の犠牲者数

8月8日アメリカNBCニュース

ブライアン・ウィリアムズ
「困難ばかりが続く2日間でした。
経済や市場の混乱に加え、私たちは8月7日にアフガニスタンで、22名の海軍特殊部隊(SEAL)隊員を含む30名のアメリカ兵の命が失われた、という知らせを受け取りました。
アメリカ兵をのせた双発の大型ヘリコプターが敵に撃墜され、1日の間に失われた犠牲者の数で最悪の記録を作ってしまいました。
今夜は隊員たちはどんな人間たちだったのか、そしてどんな任務を行おうとしていたのか、
NBCのチーフ外国特派員リチャード・エンゲルのレポートをお伝えします。
リチャード、こんばんは。」

リチャード・エンゲル
「こんばんは、ブライアン。今日米軍は、今回の任務に関する新しい情報を発表しましたが、新たな疑問も生まれました。
それは本当に必要な作戦だったのでしょうか?
土曜日の夜明け前、アメリカ軍の高官は、アメリカ陸軍精鋭レンジャー部隊がタリバンの指導者を標的とする作戦を発動したと発表しました。
レンジャー部隊がカブールの南西約60マイルのタンジ峡谷に、ヘリコプターで到着したときには真夜中だったと、目撃者は語っています。
彼らは懸命に戦いました。増援のための双発の大型ヘリコプターが現れるまで、銃撃戦は30~40程続いたとタリバン側が語っています。
ヘリに乗っていたのはほとんどが海軍特殊部隊で、アメリカ軍の中でも高度に訓練された最精鋭の秘密部隊でした。
現地の NATO軍当局者は、増援部隊が目的地に到着したまさにその瞬間、ヘリコプターがロケット弾攻撃を受けたと語りました。
目撃証言によれば、、ヘリコプターは川底近くに墜落・爆発しました。爆発後、ヘリコプターは巨大な炎に包まれました。
「アメリカ軍に包囲されていたため、我々は夜の間、出てくることができませんでした。朝になってアメリカ軍の遺体を見ました。」とタリバンの目撃者は語りました。
双発の大型ヘリ、チヌーク輸送ヘリコプターは、離陸と着陸時にはゆっくりとしか動けず、標的になりやすくなります。
近距離攻撃に対しては無防御になります。
結局、30人のアメリカ兵が、22人の海軍特殊部隊を含め、ヘリコプターで殺されてしまいました。

リチャード・エンゲル
「しかし細部が明らかになるにつれ、疑問も浮かんできます。
特殊部隊の経験を持つ何人かの軍事アナリストは、海軍のシールズが人里離れた人も住まない谷間で、中堅クラスのタリバンのリーダーを捕まえるための戦闘に、海軍特殊部隊が増援として派遣されたのか、きわめて疑問だ、と話しています。」

退官した元大佐でNBCニュースの軍事アナリスト:ジャック・ジェイコブス
「海軍特殊部隊は攻撃部隊の一つであることを忘れないでください。しかし、海軍特殊部隊が投入されるのは、それ相応の理由が無ければなりません。」

リチャード・エンゲル
「結局のところ、パキスタンでウサマ・ビン・ラディンを殺害した、その海軍特殊部隊が犠牲になりました。」
「この十年で米軍に対する最悪の攻撃であったという事以外、何も明らかにはなっていない、とアナリストは語ります。現在、アフガニスタンのアメリカ軍部隊は撤退が続いています。
問題なのは、アフガニスタン政府は国内を掌握していないため、この国の危険がいやが上にも高まっていることなのです。」

ウィリアムズ
「アフガニスタンのカブールから、リチャード・エンゲルがお伝えしました。リチャード、ありがとう。」

動画[上記ニュースと同内容]

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報