星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 頭数合わせ?! 福島第一原発の事故現場、ホームレスの人々が送り込まれている

頭数合わせ?! 福島第一原発の事故現場、ホームレスの人々が送り込まれている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

「行ってもいいという人間を送り込んで、金をもらう…その先どうなろうと関係ない」
「作業員ひとり一人についてまできちんと把握しようとしたら、作業員など集まらない」

アントニア・モロイ / インディペンデント 2013年12月31日

作業員募集 1
現在は機能していない福島原子力発電所の放射線量の高い現場に、事故収束・廃炉作業を行うため日本国内のホームレスの人々が送り込まれていることが明らかになりました。

ロイター通信社が明らかにした特別レポート( http://kobajun.biz/?p=14829 )では、日本国内で最も弱い立場にある人々が、世界の先進工業国で誰もしたがらない仕事のひとつである福島第一原発の事故収束・廃炉作業に、きわめて低い賃金で従事させられていることを明らかにしました。

現場に労働者を送り込む仕事をしている手配師のひとりである佐々清二氏は、彼が北日本にある仙台駅で労働者として使えそうな人間を探し出しては福島第一原発の下請け企業にあっせんし、一人当たり10,000円の報酬を受け取っているとロイター通信の取材に答えました。

「私は質問なんかしませんよ、そんなことは私の仕事じゃないから。」
67歳の佐々氏はこう語りました。
「私がするのは使えそうな人間を見つけて、(福島第一原発の)現場に送り込むことだけ。それと引き換えに現金を受け取る。そこから先どうなるかは、私には関係ないことだよ。」

new02
2013年1月、10月、そして11月、3兆5,000億円の国家予算が投入されている福島第一原発で事故収束・廃炉作業現場で、実際の作業を請け負っているゼネコン大手の株式会社大林組の下請け企業のネットワークに違法に労働者を派遣した罪で日本の暴力団関係者が逮捕されました。

福島第一原発の事故では、2011年3月東北地方を襲った巨大地震とその結果発生した巨大津波が襲い、その結果複数の原子炉でメルトダウンが発生しました。

ロイター通信社は何人もの現場作業員から聞き取り調査を行うとともに、下請け各社にも取材を行い、繰り返される現場の不注意によるミスと、熟練した作業員の不足により、事故収束・廃炉作業が思うように進んでいないことを明らかにしました。

大林組は、日本政府の予算によって行われている福島第一原発の事故処理に従事している企業の中で代表的な存在ですが、いかなる不正についても告発されてはいません。

しかし一連の逮捕により、日本の三大暴力団である山口組、住吉会、稲川会が闇の人材市場を作り、大林組傘下の下請け企業に作業員を送り込んでいる実態を明らかにしました。

「我々は一連の事件立て続けに発生してしまったことについて、非常に深刻に受け止めています。」
大林組の広報担当の市川氏は、ロイター通信の取材にこう答えました。

101302
世界的にも『ヤクザ』の名称が知れ渡っている暴力団締め出しのため、大林組は下請け企業の雇用実態について詳細に検証を行う事を約束しました。
「私たちの取り組みが、こうした事態を防ぐために充分なもので無かった事を、思い知らされている次第です。」

あまりにも多くの企業が参加しているため、除染や事故収束のための作業の進行状況を正確に把握することが難しいという実態があります。
参加企業の総数は公表されてはいませんが、日本の情報公開法に基づき2013年8月に省庁が公表した部分的な契約事例を検証した結果、ロイター通信社は環境省の管轄下だけで733の企業が作業に従事していることを割り出しました。

このうち、少なくとも5社について存在の実態を確認することが出来ませんでしたが、元請などの大企業はすべての下請けの一社一社について、監視の目を届かせることは困難であると語っています。

「一人一人の人間にまで目を配らなければならなくなったら、除染も事故収束も進まなくなってしまうでしょう。必要な数の人間の1割すら確保できなくなってしまいます。」
建設会社のアイ総合サービスの菅沼社長がロイター通信の取材にこのように答えました。

101310
しかしかつて菅前首相の顧問を務めていた五十嵐氏が次のように指摘しました。
「いくつもの実態の解らない組織が、福島の除染や事故収束作業に入り込んでいます。どんな会社が何の作業に取り組んでいるか、いつかその全貌を徹底的にチェックする必要があります。私の考えでは、元請会社が自社の傘下の企業についてその実態を把握してないというのは、不法行為に当たるはずです。」

環境省は、福島県内の汚染のひどい場所の除染作業について、当初予定していた2014年3月の終了を延期し、さらに2~3年の歳月を必要とすると2013年12月26日に公表しました。

http://www.independent.co.uk/news/world/asia/japans-homelessdraftedin-to-help-withfukushima-nuclear-clearup-9031527.html?origin=internalSearch

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報