星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 英国BBC放送が伝える「ストレステスト」実施の発表とその影響

英国BBC放送が伝える「ストレステスト」実施の発表とその影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

BBCのアジア太平洋で見つけた記事ですが、訳して改めて見てみると、断片的内容を綴り合わせた感じで、何かを強く主張している、という程ではありません。
ただ、ここのサイトマップをご覧いただくとご理解いただけるかと思いますが、各国のニュースをその都度いちいち記録しておくと、後からまとめて眺めたときに、一本の記事ではわからなかったことが見えて来たりもします。
みなさんには、まとめのつもりでご覧ください。

批判を浴びる「ストレス・テスト」実施
- BBCワールド・ニュース7月7日付アジア太平洋地区 -

原子力発電所の安全性について、さらなるテストを行おうとする日本の計画は、広範囲に及ぶ批判を招き、結果として管直人首相に対する圧力を強める結果となりました。
政府は、原子力発電所の再開について、安全性が確認されたと宣言したほんの数週間後に、このテストの実施を発表しました。
他方、当局は、国内の電力不足が年間を通して発生する可能性がある、という問題を解決するのにどれだけの時間が必要か、示していません。

3月11日の地震と津波は福島第一原発を破壊、原子力発電に対する見直しの機運を高めました。
メルトダウンを起こし、放射性物質の露遺影を引き起こした3基の原子炉で、未だに技術者たちが事態の終息のために働き続けています。
国内の記録で最も大きかった9.0マグニチュードの地震は、国の東北地方の海岸沿いの都市や町を消滅させるほどの、巨大津波を引き起こしました。

「混乱を助長する」
原子力発電所のある玄海町の岸本町長は、政府による突然のストレス・テストの実施の発表に講義するため、停止中の原発の再開許可を取り消しました。
町長は3日前に玄海原子力発電所の再開に同意したばかりでした。

2011年
3月11日 東日本大震災と続いて襲った巨大津波により福島第一原発が破壊される
3月16日 20km圏内の住民に避難勧告
4月17日 東京電力が一年以内に福島第一原発の原子炉の機能回復達成の計画を発表
5月20日 東京電力の清水社長が、福島第一原発の事故対応とその補償による会社の損失が、1兆2,500億円にのぼる見通しとなったことの責任を取って、辞職する事を発表
6月2日 東日本大震災と福島第一原発事故の対応を巡る菅首相の不信任決議案否決

ストレス・テストは大災害の後の再出発のため、当然の行われるべき事です。
しかし、玄海町の岸本町長は政府の発表について
「この発表によって、私の決断が無意味なものになったと思わざるをえません。その事に私は非常な怒りを感じています。」
日本政府は国内の原子力発電所の安全性は保たれて入るものの、ストレス・テストを行う事によって国民の危惧を払拭できると言っています。



国内の反原発感情の高まりに対応するため、国内に54基ある原子炉の3分の2が、現在停止中です。
菅首相はこれまで原子力事故の安定化と、地震と津波によって破壊された地区の再建について、多大なプレッシャーを受け続けて来ました。
そして7月6日のストレス・テストの実施を発表した事により、政権は再び危機に見舞われることになりました。
発表にはストレステストに何が含まれ、どれぐらいの期間が必要かなど、具体的内容が含まれていません。
日本経済新聞の社説には、この発表が「混乱をもたらした」と書かれていました。
金融会社のゴールドマン・サックスは、日本国内の夏の電力需要ピーク時に原子力発電によって十分な電力供給が行われる見通しは遠のいた、という声明を発表しました。
発表の後、日本のエネルギー関連株の時価総額が急激に下落しています。

海江田経済産業大臣(原子力経済被害担当大臣を兼務)は先月、原子力発電所が再開するための安全は確保されている、と発表済みでしたが、さらなる検証が「安心感を高めるため」には必要であると語りました。

木曜日、原子力発電所再開問題について混乱をもたらした責任について国会で追求を受けた際、「しかるべき時期が来たら辞任する」と答弁しましたが、直ちに辞任する状況ではない、と話しています。
津波は福島第一原発の補助発電システムを破壊、冷却システムを動作不能に陥らせ、それがメルトダウン、水素爆発、放射能漏れへとつながって行きました。
福島第一原発を運営する東京電力は、天災に対する充分な備えを怠った事により、厳しい批判にさらされています。

[本日の動画]
「ファウル・ボールを捕球後、男性死亡 - テキサス・レンジャーズの試合で」
危ない事はやめましょう、ほんとうに。

今年の梅雨明けは記録的な早さとなり、日本列島は連日うだるような暑さ。
水の事故も相次いでいるようですが、アメリカではこんな事故が。
テキサス・レンジャーズの試合観戦中、ファウル・ボールを捕球した男性がバランスを崩し、20フィートと言いますから、6メートル程頭から落下して死亡してしまいました。
みなさんも、2011年大震災があった年 - 今年は諸事慎重に、事故の無いようにこの夏を乗り切ってくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報