星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 緊急にお話ししたかったのです

緊急にお話ししたかったのです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

今、アメリカが大変な事になっています。
別の原稿をアップする予定でしたが、急遽差し替える事にしました。

ユグノー教徒のアメリカ上陸  1924年アメリカ合衆国発行

ユグノー教徒のアメリカ上陸  1924年アメリカ合衆国発行

昨年末から今年の3月まで、アメリカ北部は大雪と猛烈な寒波に見舞われました。
4月には中西部でトルネード - 竜巻が大発生し、家屋などが多数破壊されました。
5月になると今度は北部に降った大雪が溶け出し、南部のミシシッピ川が氾濫、1974年以来開けた事のない放水門を開け、近隣の市町村が水没の危険にさらされています。

そしてさらに、今度は中西部で再び巨大竜巻が発生してしまいました。
5月24日のNBC Nightly News は、メイン・キャスターのブライアン・ウィリアムズさんが急遽、竜巻で甚大な被害を受けたミズーリ州のジョップランという町に飛び、現地からリポートしました。
今回の竜巻による死亡者は116人、一個の竜巻の死者としては史上最大と伝えています。
その惨状は同行したウェザー・チャンネルのリポーターが放送中に嗚咽を漏らしてしまう程のもので、規模こそ違え東日本大震災で津波に破壊された女川や南三陸町の惨状にそっくりです。

ニュースでは巨大竜巻の様子を撮影したフィルムが放映されました。
灰色の空に真っ黒な渦が、時折稲光を放ちながら迫ってくる様子は、私たちが見た津波襲来の映像に勝るとも劣らない恐ろしさです。
番組ではこの竜巻により、家の中で祖母が死亡した若い女性にブライアン・ウイリアムズさんがインタビューしていましたが、最後に大きく女性を抱擁して慰めていました。
習慣の違いとはいえ今度の東日本大震災の取材で、何も知らない幼児に向かって「お母さん死んじゃったよ。」とやった東京のテレビ局とはあまりに違いすぎます。

もうひとつ気がかりな事があります。
このニュースが飛び込んできたのは、日本時間24日午前10時頃。
この日の夕方の日本のニュースは管首相がG8に出席する際の意気込みについて、以下のように伝えました。
「大震災を乗り越え元気に復興していく、日本が再生していくという意気込みを世界に伝えたい。」
ニュースに写る管首相のニコニコ顔を見て、私は幻滅、羞恥、そんなものがないまぜになって襲って来ました。
「東日本大震災の惨禍に苦しむ東北で、自衛隊と恊働してアメリカ軍が様々な支援活動をしてくれた事を忘れたのか?! その中にミズーリ州の兵士がいたかもしれないじゃないか!」

インタビューが行われたのは午後4時頃。
なぜ一言、アメリカの被災者に慰めといたわりの言葉が無かったのか.....
こうした気遣いこそが、今原発によって世界からの信用を失墜させてしまった日本に必要な事ではないのか?
「日本人は自分たちのことしか、考えてない。」と言われない、いや、思われないために。
秘書官などの側近なのか、首相自身なのか、無神経で自分の事しか考えていないのが誰なのかは知りません。

我が国の首相がG8でオバマ大統領に会ったら、まずは東日本大震災への援助に対する感謝はもちろん、アメリカの洪水や竜巻の被害者に対する思いやりを、誠心誠意示してほしいものです。

twitter

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報