星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 福島第一原発の海洋汚染 – イギリスのメディアはどう伝えたか?その2 】

福島第一原発の海洋汚染 – イギリスのメディアはどう伝えたか?その2 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 11分

汚染水は太平洋に流れ込み、専門家はその中に放射性ストロンチウムの存在を確信

ガーディアン(英国)2011年12月6日

福島第一原発の水処理施設の壁の割れ目から、大量の放射能の高濃度汚染水が漏れ出しました。
一部は海洋中に流れ込んだものとみられる、と東京電力が発表しました。

メルトダウンを起こしている3基の原子炉を冷却するため、使われた水の浄化装置のコンクリートの擁壁のひび割れから、45トンの汚染水が漏れ出した、と東京電力は話します。
同社はそれ以上の漏出を防ぐため、土嚢を積み上げましたが、その時点ですでに600メートル離れた太平洋の海中に、側溝を通って汚染水が流れ込んだ恐れがあります。
専門家は汚染水には高濃度のストロンチウム-90によって汚染されていた、と考えています。
このベータ崩壊型(ベータ線を放出しながら崩壊する)放射性物質は、体内に入り込むと骨肉種(骨にできる悪性腫瘍・青少年期の発症が多い)を発症させる危険性があります。

公共放送局NHKは、漏れ出した汚染水に含まれるセシウムのレベルは低いものの、半減期29年のストロンチウムの量は1平方センチメートル当たり130,000ベクレルの値の可能性がある、と伝えました。

緊急作業員は4日・日曜日、汚染水の水たまりを発見した後、浄化装置を停止させました。
東京電力はこの水たまりの表面から、一時間当たり1.8ミリシーベルトのガンマ型放射線と、110シーベルトのベータ型放射線を検出した、と声明の中で述べています。
漏水はすでに止まったと思われ、現在はスケジュール通り、浄化された水によって原子炉の冷却作業が行われている、と述べています。

今回の事件は膨大な量の汚染水の再利用をどうするか、という問題も含み、福島第一原発の作業員にとって事 態がますます難しいものになっていることを、強調する結果となりました。
10月に、フランスの政府機関である放射線防護原子力安全研究所は、福島第一原発は史上かつてない規模で行われた放射性物質の放出に対し責任を持つべきである、と語りました。

ところで、3月11日午後、高さ14メートルを超える津波に同発電所が襲われた際の、現場の技術者たちの絶望的な戦いの様子が明らかになりました
無名の労働者のうちの一人は災害発生時、中央制御室にいましたが、同僚に対し、どうか持ち場を離れないでくれ、と懇願したことを思い出しました。
彼は中央制御室にあるパネルのランプが点滅を始めたとき、津波が発電所の災害を発生させてしまったことに気づき、制御室を飛びだしました。
「私は一人の作業員が制御室に飛び込んできて『海水が押し寄せて来た!』と叫んだとき、津波が発電所を襲ったことを知りました。
「私は、すべての電源が失われると、全身から力が抜けてしまいました。」
発電所の「事態を憂える」従業員たちが、どうやって危機を食い止めるか大声で議論を始めると、一人が全員で逃げ出すしか選択肢は無い、と話しました。
「ここに留まっても、私たちに出来ることなんか何もないでしょう。」
と彼は言いました。

「私は頭を下げ、彼らにここに留まってくれるよう頼みこみました。」

事故の後始末を行う労働者は、『福島の50人』という別名でよばれることもありました。
事故の発生以来、大体50人前後で処理に当たったためですが、持ち場に残り、事故が大崩壊へと向かわないよう、英雄的な戦いを行ったのです。

中の一人は高まり続ける原子炉内の圧力を下げるため、原子炉内建屋に入り、手動で換気用のバルブを開ける作業を行うべく、申し出た作業員のことを思い出しました。
「我々は完全な防護服を着用していましたが、その場の放射線量はあまりに高く、若い彼をその場に行かせることはできませんでした。」と、彼は語りました。
「その場所に着いたとき、私は下の方から奇妙な、大きなボコッボコッ、という音が聞こえました。そして作業を始めたのですが、熱のためはいていた黒いゴム長靴が溶けてしまいました。」

労働者たちは彼らが『死ぬ』と思った瞬間の状況について、つい先ごろ食道がんのため現場の責任者を退くことになった、福島第一原発の吉田雅夫所長と同じ説明を行いました。
「私たちは大きな余震に襲われ、再び津波が襲って来るのではないか、と防備マスクをしたまま丘を必死で駆け上がりました。」
と一人が話してくれました。
もう一人は彼自身、そして一緒に働いていた仲間が、水たまりにつかったまま作業を続けている間中、ずっと感電死の心配をしなければならなかったことを思い出しました。

http://www.guardian.co.uk/world/2011/dec/05/fukushima-leak-radioactive-water?INTCMP=SRCH

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

この原稿がアップされるのは12月10日土曜日、用意していたクリスマスの『感動的なお話』をご紹介するつもりだったのですが、次々ニュースを訳しているうち、こちらを掲載せざるを得ないな、と思い、予定を変更しました。
しかし、福島沖、いや東日本沖太平洋の汚染はいったいどれほどなのでしょうか?

そのことを解明すべく行われた、日本・アメリカを中心とする国際チームによる調査に、日本政府が資金提供を拒否したことは、ここでも一度ご紹介しました(【 福島沖には驚くべき事実が隠されている – 海洋汚染の実態 】http://kobajun.biz/?p=1268)。
福島第一原発の事故については、海外のメディアでは4月ごろから『cover-up(隠ぺい)』の文字が見え始めていたのですが、いまだに続いていると思わざるを得ません。

そして、福島第一原発の作業員の方々の『命を懸けた戦い』、敬服するほかはありません。
しかし、東京電力の経営層がこうならないための対策を。事故前きちんと行っていれば…
全くの天災ではなかったはずです。
ここでも、そのことを指摘した記事をいくつかご紹介済みです。
【 東京電力のサクセス・ストーリーの、暗い側面を明らかにした福島の原子力発電所事故〈前編〉】ドイチェ・ベレ(ドイツ国際放送) http://kobajun.biz/?p=920
【 日本人の静かな怒り】〈 日本の原子力発電に幻滅はつきもの 〉フランス / ル・モンド http://kobajun.biz/?p=1068
【 世界の原子力発電の経済性、危険性の議論と福島の現状〈後編〉 】アメリカCNNニュース http://kobajun.biz/?p=1087
など…

事実を隠さずすべて公開し、議論を重ねながら最良の解決策を探る、なぜそれができないのでしょう。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 枝野経済産業大臣、東京電力への資金注入を否定 】

英国BBC放送 12月9日

日本の経済産業大臣枝野幸男は、問題を抱えた原子力発電会社東京電力は、政府による巨額の資金援助を受ける予 定であるとする報告を否定しました。

枝野氏は機能不全に陥っている福島原子力発電所を運営する東京電力は、公的資金に対する要求は行っていないと述べました。
問題の報告は東京電力が実質的に国営化されるだろうというもので、来年日本政府が1兆円 を 支出し、実質的に経営権を握ることになる、としていました。

東京電力の株価は木曜日急落し、11%以上値を下げて取引を終えました。

3月に発生した巨大地震と津波により、東京電力が運営する福島第一原発は3基の原子炉がメルトダウンを引き起こし、同社は賠償と放射能汚染対策のため、巨額の支出に直面しています。

政府は11月にすでに被災者に対する補償を行うため、9,000億円の資金援助に合意していました。
木曜日日本のメディアから出された情報では、今回の1兆 円の支出は、この9,000億円とは別に支出される、というものでした。
匿名の情報を引用したこの報告は、来年6月の定時株主総会で新株を発行する枠である株式授権枠の拡大について承認を求めることになるだろう、と述べています。
一部の報道では、購入する株式の総額が3兆円に上る、としています。

しかし枝野氏は金曜日に記者団に対し、こう述べました。
「現在のところ、東電側から具体的な資金供与の要請があった訳ではありませんが、公的資金を注入する方向での調整を行うべき事例ではありません。」
「今は我々はあらゆる可能性を念頭に置いて、検討を行っています。」

http://www.bbc.co.uk/news/business-16082349

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 毎年恒例のパレードが今年は抗議の場に?! 】

アメリカNBCニュース 11月29日

毎年新年に行われるカリフォルニア州パサデナでのバラ祭りのパレードも、今年は米国経済の現状を映し出すものになるかもしれません。 『ウォール街を占拠せよ!』の抗議者たちがこのイベントに数千人規模で参加する計画を立てています。今年はパレードのフロートの数が減ら される予定で、フロートを制作する地元の会社1社には仕事がありません。
いくつもの会社が脱落していきました。
記憶に残る限り初めて、バドワイザー・クレイズデール(アメリカでイベント用のタレント馬を飼育しレンタルする会社)のような会社ですら、地元セント・ルイスで私たち同様パレードをテレビで眺める羽目になるかもしれません。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報