星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 極めつけの凡人より

極めつけの凡人より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

人生とは次々に起きる出来事の積み重ね。
だけではないはずです。
起きた出来事をどう受け止めたか。
そして、どう考えるのか。
その事が、実はその人にとっての人生だと思うのです。

イギリス領アデン(現イエメン)1938年発行

イギリス領アデン(現イエメン)1938年発行

私はこの世で最も憎むべき行為は、人の人生を取り上げてしまう事だと思っています。
そういう意味で、私が「許せない」のは
第二次世界大戦において
ナチス・ドイツがやったホロコースト。
日本軍がやった特攻隊攻撃。
そしてアメリカ軍の広島・長崎への原爆投下です。
そして現代では、9.11アメリカ同時多発テロ。
いずれも実に多くの人々が、選択の余地なく人生を「他人に」奪われてしまいました。

私は凡人も凡人、しかも極めつけの凡人。
そのため死ぬ、という事には非常な恐怖を持っています。
死とは何か、今の所科学的に証明されているのは「物理的に消滅する」という事だけです。
したがって、私にとっての「死」とは、今途切れる事なく続いているこの意識が、ある日突然停止し、二度と復活しない、という事になります。
それはいったいどういう事なのか、それこそ死ぬまでわかりません。
未知への恐怖、それこそが「死」についての恐怖の最大のものです。

こうした恐怖から逃れるため、人々は「宗教」というものを考えだしたのだろう、私はそう思っています。
世界の4大宗教、という言い方をしますが、いずれも「死後の世界」は重要なテーマです。
結論は実に大ざっぱにいえば、いずれも生きている間身を慎んでひたむきに生きれば、やがて安らかなしを迎える事ができる、というもの。
具体的な「死後の世界」については各宗教ごと、解釈・説明はさまざまです。

しかし、この宗教を歪曲してしまい、その結果、他人に死を強制する行為を行う心悪しき人間が後を絶ちません。
一部のアラブのテロリストは、何の罪もない一般市民を無警告に殺戮する事を「聖戦(ジハド)」と言い張ります。確かにイスラム教の中に「コーランか、死か?!」と入信を強制する部分があります。
しかし、イスラム教の創始者ムハンマドの真意は、当時アラブ世界に数多くいた倫理観をほとんど持たず平気で殺人・犯罪を繰り返していた人間に、一定の規律を与えることによって安定した社会を築くことにあった、と言われています。
現にムハンマドはイスラム教を築くにあたり、にユダヤ教、キリスト教を大いに参考にしました。
そして、彼らを攻撃せよ、とは一言も言っていません。
もちろん、アラブのテロリストについては、イスラエル問題があり、因果関係は単純なものではありません。
しかし、テロリストが貧しく教育のない若者を狙って歪曲したイスラム教をすり込み、殺人機械を作り上げ、自爆テロによって自他もろとも多数の人々を殺す、人生を奪う。

今回の東日本大震災、実に3万人もの人々が人生を奪われてしまいました。
被災地の真ん中にいて考えることは、
「人間が同じ人間から『人生を奪う』ことは決して、決してやってはならない。」
ということです。

twitter

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報