星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 50年前、世界がつながった日&50年間で、最も印象的なテレビ報道

50年前、世界がつながった日&50年間で、最も印象的なテレビ報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

【 テルスター! 】

アメリカNBCニュース 7月10日

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

次は人工衛星の話題です。 初めて人工衛星というものの存在が人々に知られて以来、ずいぶんと月日がたち、今や当たり前の存在になってしまい、その話題も大きく取り上げられることは無くなりました。
しかし、エジプトのカイロやカメルーンでの出来事が、瞬時にオハイオ州クリーブランドでテレビを通して見ることができるのは、この人工衛星のおかけであることは、皆さんもご存じのとおりです。

衛星中継が実現してから、まだ50年しかたっていない、とも言えますが、初めて人工衛星が打ち上げられた50年前のその日、1962年7月10日は、実に特別な日だったのです。
初めて打ちあげられた人工衛星の名は『テルスター』(米国AT&T社の低軌道商業用通信衛星)、この衛星がすべてを変えました。
この衛星の重量はわずか77キログラム、大きさはちょっと大きめのビーチボール程でした。
しかしこのビーチボールは、数多くの科学者の努力の結晶だったのです。
『テルスター』は約2時間半で地球を一周する軌道に入りました。 それから長い月日が経ちましたが、『テルスター』は今も私たちの頭上を飛んでいます。 しかしもう機能はしていません。

『テルスター』によってアメリカ人が初めて見た映像はロンドン塔、ビッグベンの映像でした。その中にご覧の映像も入っていました。ロンドンの警官が人々と何か会話をしている様子です。
高品位テレビでの映像を見慣れた我々にとっては、これらの映像は白黒の味気ないザラザラしたものに見えますが、このニューヨークタイムズの一面にあるように、当時の人々は 「フランスの様子が手に取るようにはっきり見えた」と感じたのです。 当時のケネディ大統領はこの『テルスター』経由で、ヨーロッパの人々に向け、好んで記者会見の様子を伝えました。

こうして『テルスター』の名は人々の脳裏に、刻み込まれることになったのです。 イギリスのロックバンド『トルネイドース』は、『テルスター』という名の曲を大ヒットさせました(1962年、ビルボードで3週連続1位)。
そして実は、現在使われているサッカーボールは、この『テルスター』のデザインを参考にしているのです。 現在衛星知友系に使われているのは、『テルスター』から数えて12代目の人工衛星です。
エジプト・カイロのタヒール広場の映像をこうして伝えているのは、『テルスター』の12代目の子孫なのです。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

[1962年7月10日 テルスターにより初めてヨーロッパ向けに放映された、当時のアメリカNBCニュース]

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

この【星の金貨】を始まりのころからご覧いただいている皆さんには、結構人工衛星に関する記事の掲載が多いことにお気づきだと思います。
自分が『人工衛星好き』だと意識したことは一度もありませんが、これまで掲載した人工衛星に関する記事は、古くなった衛星が「あなたの頭上に落ちてくる?!」というブラックジョークめいたものが、ほとんどでした。

今回は、人工衛星50年に特別の感慨があるわけではなく、記事中に出てくる『トルネイドース』の『テルスター』(1962年ビルボード・ヒットチャート3週連続1位)という曲が、1960年代の自分の少年期、何というか、その時代の自分の心を象徴するような曲だったからなのです。
この曲とビリーヴォーンの『Look for a star』、パーシーフェイスの『夏の日の恋』(1960年ビルボード・ヒットチャート9週連続1位)、そして坂本九の『上を向いて歩こう』(1963年ビルボード・ヒットチャート3週連続1位)は、まさに『わが心の…』なのです。

個人の郷愁におつき合いいただき、誠に失礼致しました。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【この50年間で、最も印象的なテレビ報道とは?】

アメリカNBCニュース 7月12日

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

ソニーと調査会社のニールセンが、アメリカのテレビ視聴者に対し、この50年間で最も衝撃的な映像は何であったかを尋ね、そのランキングを発表しました。
ウェブ上にはその完全なリストが公開されていますが、ここではトップ5だけをご紹介します。
皆さんのお考えの通り、国家にとって重要な一瞬が上位を独占しました。

一位は9.11同時多発テロ、半世紀前の世代にとって、真珠湾攻撃の衝撃はこのようなものであったに違いありません。
続いてハリケーン・カトリーナ、O.J.シンプソン殺人事件、スペースシャトル・チャレンジャーの事故、そしてオサマ・ビン・ラディン容疑者殺害などが入っています。
(日本の3.11に関する一連の報道は6番目 – 訳者注)

女性視聴者に限った調査ではダイアナ妃の葬儀、そしてホイットニー・ヒューストンの死亡がトップ5に含まれました。そして9位に昨年の英国王室ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんとの婚儀が入っています。

※完全なリストは以下のURLから
http://msnbcmedia.msn.com/i/MSNBC/Sections/TVNews/Nightly%20News/2012%20Stories/April%20Interactive%20Teases/TVRankings.pdf

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報