星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 大切だった人が、心の中に住まう日が来る

大切だった人が、心の中に住まう日が来る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

私は40代のとき、いわゆる「過労」で倒れ、ごく短い間でしたが、記憶を失ったことがあります。

そのときの恐怖は、たとえようのないものでした。

記憶が無い、ということは人生が無いのと同じだということを痛感しました。

今度の大震災では、津波が数えきれないほどの命を奪いました。

一瞬にして、多くの「人生」が「無」になってしまいました。

本当に痛ましいことです。

でも、逝ってしまわれた方々の人生を、「無」のままで終わらせない方法があると思います。

逝ってしまわれた方々のことを、思い出として心の中に大切にしまっておく。

そして、折に触れ思い出したとき、一緒にいたときの幸せをかみしめることだと思います。

私も、大好きだった祖母を中学生のときに病で亡くしました。

大切な人を亡くす、ということは、悲しみではなく、恐ろしいほど虚しい喪失感に襲われるということでした。

でもいつの日からか祖母はお墓の中ではなく、私の心の中に住まい続けています。

私の手を引いて、夕暮れの町を歩く祖母。

そのことを思い出すきっかけは決まってなどいませんが、優しく手を引かれて本当に幸せだったことを思い出します。

その思い出が私に「人間」を取り戻させてくれたことが、何度あったことか。

もうすぐ私は祖母が亡くなった年齢を超えることになります。

でも、祖母が大切に守ってくれていた幼い私と祖母は、いつまでも私の中に住まい続けることでしょう。
.
twitter

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報