星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » アメリカPGAツアー2011年[ ブリヂストン・インビテーショナル決勝ラウンド ] 〈 王者のゴルフ : アダム・スコット、そのスコットも賞賛 : 石川 遼クンの健闘 〉

アメリカPGAツアー2011年[ ブリヂストン・インビテーショナル決勝ラウンド ] 〈 王者のゴルフ : アダム・スコット、そのスコットも賞賛 : 石川 遼クンの健闘 〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

昨日もご紹介したブリヂストン・インビテーショナル、結局は「いつメジャーをとってもおかしくない」と言われ続けているアダム・スコットが優勝しました。
我らが石川遼クンは前半まで互角の戦いを展開したものの、最後に離され4位タイに終わりました。
でもやはり、勝負を決めたのはパッティングでしたね。
「遼クンは性格が良すぎるかもしれない。」と思いましたが、スティーヴ・ストリッカーのようにすごく性格がいい人でも、がんがん勝っている人がいます。
世界の頂点にたつ日が待ち遠しいです。

しかし、誰が優勝してもおかしくない世界中のトッフプレーヤーばかりが「招待」された試合で、最年少19歳の青年が最終ラウンドまで優勝争いを演じた事は、いくらほめられてもいいと思います。
アメリカPGAツアーの公式サイトも、優勝したスコットの次に、遼クンの健闘を大きく伝えています。
どころか、史上最年少優勝の100年ぶりの記録更新に、全米の注目が集まっていました。
それにしてもアメリカ、努力し、結果を残す人は国籍などに関係なく応援してくれます。
今回、遼クンも大ギャラリーから大声援を受けて戦う事ができました。
来週は今年最後のメジャー、PGAチャンピオンシップに出場です。
この勢いに乗って、がんばれ!

【今日の結末は?:WGC - ブリヂストン・インビテーショナル最終ラウンド】

2011年8月7日(日本時間8日) アメリカPGAツアー・スタッフ

アクロン、オハイオ -- 最終日、アダム・スコットはすべてに正確なショットを放つほぼ完璧なゴルフを行い、彼自身初となる世界ゴルフ選手権のタイトルを手にしました。
スコットはその勝利を、この選手権で彼よりも優勝経験が豊富なキャディ(スティーヴ・ウィリアムズ、キャディとして、ブリジストンでタイガーウッズの7回の優勝を経験している)とともに祝いました。
12年に及んだタイガーとのパートナーシップを先月解消したスティーヴは、スコットがスコアを5アンダーの65とするブリヂストン・インビテーショナルの優勝パットを沈めた瞬間、あたかも自分が優勝したように喜びました。
ウッズが13のメジャーと16の世界選手権を含む72勝をあげた際、そのバッグを担いでいたウィリアムズですが、今回の優勝を「私の人生で最高の勝利だ」と話しました。

スコットのショットの中で、12番のチップ・イン・バーディと14番の30フィートの長いバーディ・パットを沈めた事が、ファイアストンでの最終日、19歳の石川遼を引き離す結果となりました。

タイガーがこの3ヶ月で初めて試合に参戦してきた今週、はからずもウィリアムズは脚光を浴びることになりました。
彼は18番グリーンでインタビューを受けましたが、33年間145勝の彼のキャディ人生の中で「このオーストラリアの選手と一緒に勝利を掴んだこの世界選手権こそ、最も素晴らしい一週間だった。」と答え、タイガーにジャブを放ちました。
彼のキャディ人生には2001年のマスターズを始め、メジャー13勝が含まれているのに。

彼が18番グリーンの方へ歩いていた時、数人のファンがウィリアムズの名前を呼び、彼は振り返って微笑みました。
1人のファンが大声で言いました「タイガーの事は、いま、どう思ってるんだい?」と。
その時すでに、タイガーは優勝圏内からは、はるかに遠く去っていました。
足のケガで4月10日のマスターズ以来3ヶ月間トーナメントから遠ざかっていたタイガーは、最終日は70で回り37位、優勝したスコットとは18打差がついていました。

ウィリアムズは18番グリーンでCBSスポーツのインタビューに答え、たとえ彼自身はショットを打たなくとも「圧倒的なトップランナー」である、と語りました。
ひとりの脇役が、きわめて高いレベルでゴルフをしていたコンビを、自ら解消したのです。

スコットはボギーなしで最終の26ホールを回りました、彼はいかなるショットも失敗するわけには行かなかったのです。
2000年に259でフィニッシュしたウッズ以来、スコットはファイアストーンでの最小記録となる17アンダー 263を記録しました。
リッキー・ファウラーと世界ランキング1位のルーク・ドナルドは、ともに66をマークし、2位タイに並びました。

スコットに引き離されるまで優勝争いを演じた石川遼は、最終ホールでボギーをたたいてしまい、ジェイソン・デイとともに4位タイに終わりました。
それでもこの日本のスターは、アメリカのトーナメントでの自己最高位を記録したのです。

スコットはジェフ・オーグルビーとクレイグ・パリーに次いで、世界選手権のタイトルを獲得した3人目のオーストラリア人になりました。
彼は18度目の勝利を手にし、世界ランキング・トップ10に返り咲きました。

かつてのボス、タイガーが治療中に、スティーヴは全米オープン(6/16-19)でアダム・スコットのキャディをつとめる事に同意しました。彼はタイガーに「今年の全米オープンには出場しない。」と告げられる前に、ニュージーランドからアメリカまで飛んで来ました。ウィリアムズはAT&T・ナショナル(7/30 - 8/3 タイガーがホストをつとめるトーナメント)で再びスコットのために働き、そしてタイガーはファイナル・ラウンド終了日、彼を解雇すると言いました。

ウッズは、スティーヴに直接会って話した、と言っていますが、ウィリアムズは8月3日に電話で解雇すると告げられただけだ、と話します。
スコットの大きな勝利の後では、もはやどうでもいい事かもしれません。

スコットは16番の12フィートと17番ホールの2つのバーディパットを外したごく少ない例外を除けば、素晴らしいプレイをしました。
「今日、私はのってました。」と、スコットは言います。
「この場所で、世界選手権に勝つために、スティーヴの存在は非常に大きい。」
スティーヴにしてみれば、スコットはウィリアムズの経歴に傷つけませんでした。
ウッズのために働いていた間のすれの実績、メジャー・チャンピオンであるグレッグ・ノーマンとレイモンド・フロイドの為に働いていた経歴、とりわけウィリアムズはブリヂストン・インビテーショナルでのウッズの7回の優勝すべてでスティーヴはキャディをつとめていました。
「彼は、誰よりもよく、この場所を知っています」と、スコットは言いました。

リッキー・ファゥラーとジェィソン・ディも混戦の中にいましたが、スコットに最も大きい脅威を与えたのは石川遼でした。ドナルドが追い上げてきたのは後半です。
100年ぶりの史上最年少優勝を目指した石川でしたが、後半アダム・スコットが2つのバーディパットを決めてリードを3打差に広げたとき、、ついて行けませんでした。
彼には時間がなくなっていき、15番ではスリーパットしてしまったのです。
「ゲームの前半では、何ホールかトップにいた間はうまくプレーできました。」と、石川は翻訳者を通して語りました。
「私は、14番と15番ホールがすべてを決めたと思います。」
いつも通りまばゆいばかりのオレンジ色の出で立ちのリッキー・ファウラーは、まだ初勝利をつかんではいません。
日曜日はボギー無しの、ミスらしいミスの無いプレーをしましたが、それだけではスコットに追いつく事はできませんでした。
「メジャーの大会で戦えた事は、確かに最高でした。」と、ファウラーは言いました。

タイガーは出だし5ホールで2つのバーディを奪い、力強くスタートしましたが、間もなく「完璧な負けを喫して」しまいました。5つのショットをミスし、7度ティーショットでフェアウェーを捉える事ができませんでした。後半3連続バーディを奪ったものの、70で終わりました。
彼は残された来週のPGAチャンピオンシップで、シーズンを通しての成績を125以内にしなければ、プレーオフ・シリーズに進む事ができません(現在106位)。
タイガーはパドレイグ・ハリントンとデービス・ラブ3世と、最初の2ラウンドをプレーします。
ウィリアムズがスコットの勝利に貢献した方法、近い将来、タイガーとスコットの組合せが実現すれば、大物同士が火花を散らす、激しい戦いになるに違いありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報