星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » こうしてあなたは監視される…、これが権力機構による新技術

こうしてあなたは監視される…、これが権力機構による新技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 12分

あなたが発信した位置情報により、行動パターンが解析され、リストが作られる

ライアン・ギャラガー / ザ・ガーディアン(英国) 2月10日

021401
特報 : レイセオン社が開発したコンピュータ用プログラム『Riot(暴動対策)』は、ソーシャルメディアの膨大な情報の中を『スパイ用グーグル』のように嗅ぎまわっているとして、市民運動家などから批判を受けています。

多国籍企業の警備会社が、ソーシャルメディアの各サイトから個人の行動記録を追跡し、将来の行動予測までを行うソフトウェアを密かに開発しました。

ガーディアンが入手した一本のビデオは、軍需企業として世界第5位の規模を持つレイセオン社が、フェイスブック、ツイッター、フォースクエアなどのウェブサイトから膨大な量の情報を集め、『驚くべきスケールで分析を行う』システムの実態を明らかにしました。

レイセオン社はこのソフトウェア『RIOT – リオット(Rapid Information Overlay Technology – 環視情報高速処理技術)』を他に販売していないと語ります(ちなみにRiotという英単語には暴動などの意味があり、Riot Police であれば機動隊警察の意味になります)。

しかし2010年、アメリカのマサチューセッツ州に本社を置く同社は、共同研究開発の一環として、サイバースペースから何兆件という情報を収集・分析できる国の治安システムを構築するため、アメリカ合衆国政府、そして他の企業に協力していたことを認めました。

021405
この『RIOT – リオット』の能力ですが、普段は第3者の目には触れにくい、国の治安機関や情報機関にとって価値のある情報を、人気の高いウェブサイトから法律上疑問の残る手法を使って収集することが可能です。
このような能力から、公正な市民運動に対する脅威と同時に、個人のプライバシーに関する懸念が取りざたされています。

この高度な技術を使えば、『アラブの春』の革命運動の推進役を果たしたソーシャル・ネットワークを、同時に人々の行動を監視したり、そそのかしたりする『スパイ用グーグル』として利用することが可能になります。
『RIOT – リオット』を使えば、その人との生活実態、交友関係、そして訪れた場所を地図上に表現するなどして、ちょっとした操作でその人間の一面を描き出すことが可能になるのです。

ガーディアンが入手したビデオ( http://www.guardian.co.uk/world/video/2013/feb/10/raytheon-software-tracks-online-video )の中で、レイセオン社の「主任研究員」ブライアン・アークは、ソーシャル・ネットワークに掲載されている写真には時として緯度経度情報が含まれていると語っています。
スマートフォンによって撮影された際、自動的に書き込まれたものです。

『RIOT – リオット』はこの情報を取り出し、写真を掲載した個人だけでなく、撮影した場所も特定します。

「それではわが社の一人の社員を、試しに追跡してみましょう。」
レイセオン社の社員の中から実例として選ばれた『ニック』が撮影した写真を取り出しながら、アークがこう語りました。
『RIOT – リオット』はソーシャル・ネットワーク上からたちどころに情報を集め、ニックがしばしばワシントン・ナショナル公園を訪れる習慣がある事を伝え、画面上にニックがブロンドの女性と一緒に公園で撮影した写真を表示しました。
「私たちはニックがどこに出かけるか、どのような生活習慣を持っているか、すでに把握しています。」
アークがこう語り、次のように続けました。
「今はその人の行動を予測できるようにするための開発を、行っているところです。」

さらに『RIOT – リオット』は、ツイッターでのやり取りを収集・分析し、特定個人の社会的背景や交友関係などをクモの巣状の図として表示する機能を備えています。

021404
さらに2,500万人が利用する、友人に現在の居場所を伝えるための携帯電話のアプリケーション、そしてフェイスブックやフォースクエアのGPS機能を使って、地理的情報を加えることが出来るようになっています。
フォースクエアを使い、特定の個人が良く訪れる場所の上位10か所をグラフで表し、訪問回数も表示することが可能です。

フォースクエアにいつも自分の居場所を投稿しているニックが、早朝午前6時ごろによくジムに通っていることを、『RIOT – リオット』がすでに把握していることをビデオは紹介しています。
「したがってもしあなたがどうしてもニックに会う必要があれば、あるいはニックが持ち歩いているノートパソコンに興味があれば、月曜日の午前6時にニックが通っているジムに行けばよいということが解るのです。」

ウェブサイトから個人に関する情報収集を行うことは、ほとんどの国で違法ではありません。
例えば昨年2月、FBIは不法行為に手を染めている個人やグループを、ソーシャルメディアの中から探し出すためのプログラムの開発への協力を要求しました。
しかし、ワシントンに本拠を置くプライバシーに関する電子情報センターのジンジャー・マッコール弁護士は、レイセオン社の技術は、個人情報を密かに取集することについて、いかなる基準も規制も無いことの問題点を浮き彫りにしていると指摘しました。

「ソーシャル・ネットワークのサイトは、利用者のどんな情報が共有されているのか、そして、それがどのように転用される可能性があるか、明確に示していない場合があります。」
マッコールがこのように語りました。
「ユーザーのほとんどは、友人だけがその内容を閲覧しているという事を前提に、投稿を行っているかもしれません。しかしそれは治安関係者によって見られる可能性、『RIOT – リオット』のようなデータ収集サービスの下で蓄積されている可能性があるのです。」
2012年の年商が250億ドル(2兆3,500億円)に達するレイセオン社は、それがまだ一度も市販されたことが無い製品の『概念を明らかに』してしまうとの理由から、今回の『RIOT – リオット』のデモンストレーション用ビデオを公開したくは無かったようです。

021402
レイセオン社の知的製品・情報システム部門のスポークスマン、ジャード・アダムズ氏は、ガーディアンの取材に対し、電子メールで以下のような回答を行いました。
「現在わが国の安全保障システムは、迅速に新しい内容のものに変換していくことを求められています。『RIOT – リオット』は、膨大な量の情報を目的のために利用できるようにするため、全社を挙げて、国の研究機関や他の企業などとの協力の下に、開発したものなのです。」

「その革新的なプライバシー機能は、私たちが最も気をつかって開発したものなのです。この技術は、保険証の番号、銀行の口座番号などは機密にしたまま、特定の個人情報を取り扱う事を可能にしました。」

昨年12月レイセオン社は、特定の人物が社会にとって危険な存在かどうかを判断するために、ソーシャル・ネットワークやブログ、その他の情報源からデータを集めるシステムの開発推進のため、新たに一連の特許の申請を行い、『RIOT – リオット』をプロジェクト開発の中心に据えました。

今年4月には、『RIOT – リオット』は、非公開で開催されるアメリカ政府と国の安全保障にかかわる産業界との会合において、新開発技術分野の「膨大な量のデータの解析・アルゴリズム(ある特定の問題を解いたり、課題を解決したりするための計算手順や処理手順のこと。これを図式化したものがフローチャートであり、コンピュータで処理するための具体的な手順を記述したものがプログラムである – Yahoo辞書)部門」製品として紹介されることになっています。

021406
アメリカ政府貿易管理局が公刊している輸出規則集によれば、このようなプログラムは「EAR99」という種類に分類されることになります。
それはすなわち、北朝鮮やイランなど一部地域を除いて世界中どこへでも、特別の許可を得ることなく販売できることを意味しています。

http://www.guardian.co.uk/world/2013/feb/10/software-tracks-social-media-defence?INTCMP=SRCH
  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

ツイッターを使っていた時、「あなたのツイートには位置情報が書き込まれています。悪用されないよう気をつけてください。』というメッセージをいただいて以来、私も自分の位置情報の管理には気をつかっています。
気をつけないと、スマートフォンが所有者の意図しない「情報発信」をする可能性があり、やはり便利な機械にはそれなり間管理方法が必要なようです。

でも、そうして得られた情報から行動パターンを割り出したり、人脈図まで自動生成するとは改めて驚きました。
しかし人間が機械が行う類型化によって分類され、場合によってはタグ付けもされる、という事を考えると、やはり不気味な感じは否めません。

  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 ウィンター・ワンダー・ランド!〈4〉】

アメリカNBCニュース 2012年1月25日~
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)

ドイツの伝統行事のそりすべり大会で、せっかくの演出が風に飛ばされてしまったチーム。バイエルン地方のガイサッシュ村、1月27日。(写真下・以下同じ)
020105
パステルカラーに染まっ寒い冬の一日。ハノーバーの近くの道を走り抜ける一台の自動車。この日の気温は摂氏マイナス20度、1月25日。
020106
アメリカ、ミネアポリスのハリエット湖畔を歩く女性と飼い犬。1月23日。ミネソタ州。
020110
そりすべりを楽しむ母娘と一緒に大はしゃぎのポメラニアンとペンブロウク・ウェルシュ・コーギの雑種犬、タッカー5歳。コネチカット州マンチェスターの近く。1月7日。
020111
ニューヨークのサラナック湖で開催されるスノー・フェスティバルで作られる、氷の宮殿に使う氷を切り出す厚生施設の男性。
1月28日、ニューヨーク・ロチェスター地区。
020803
020804
ポーランド、ワルシャワ近郊。2月7日。
Win01

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報