星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 100年間に2度の天体ショーは、太陽系の解明にどう役立ったのか : 金星の太陽面通過

100年間に2度の天体ショーは、太陽系の解明にどう役立ったのか : 金星の太陽面通過

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

アメリカCBSニュース 6月3日≪スマートフォンの方はこちら≫
http://www.cbsnews.com/8301-18563_162-57446964/transit-of-venus-how-rare-astral-event-helped-astronomers-measure-the-solar-system/?tag=cbsContent;cbsCarousel

二度と見ることが出来ない天体ショーを明日、見ることが出来るかもしれません。
それは『金星の太陽面通過』です。
金星が太陽と地球の間を通過していく様子を、太陽の表面を比較的大きめの黒い点が移動していく様子として見ることが出来ます。
この天体ショーが次に見られるのは105年後になります。
『金星の太陽面通過』は何世紀もの間、天文学者たちを魅了し続けて来ました。

天文学者にとって、この天体スペクタクルを観測できるチャンスは生涯2度目になります。一度目は8年前の2004年、次回は21世紀中には起きません。

1700年代、『金星の太陽面通過』は世界中の天文学者の間に、天文学の研究競争を巻き起こすことになりました。テーマは天国の大きさ、つまり太陽系の大きさはどれほどなのか?
「1700年代、つまり18世紀には天文学者たちは『金星の太陽面通過』によって、当時の天文学界最大の謎であった『太陽系の大きさ』を計算できる、と考えました。」
『金星の探求 – 天国の大きさを測る競争』の著者であるアンドレア・ヴルフがこう語りました。
「一方で彼らはこの研究が、自国の海洋技術の進歩に貢献できることを知っていました。時は帝国主義伸長の時代であり、通商能力や海軍技術の進歩に重要な役割を果たしたのです。」

▽『金星の太陽面通過』に関するさらなる情報

天文学者たちは、金星が太陽の表面を横切る際のタイミングと角度を、地球のいろいろな場所から観測することにより、地球と太陽の間の距離を計算することが出来ました。
しかし三角測量によって地球と太陽の間の距離を割り出すためには、12か国を超える世界中の遠く離れた場所で、数百人の天文学者が測定を行う必要がありました。
彼らは重くかさばる器械を引きずりながら、アフリカ、シベリア、そして北極圏へと旅しなければなりませんでした。
―当時は未開の地だったこうした場所への旅を、天文学者たちは『耐え忍び通しました』、とヴルフが話してくれました。
「あらゆる場所に危険が潜んでいる上、衛生的な問題もありました。そして熱帯性低気圧やハリケーン、そして北極圏の凍りつく温度。」
タヒチへのジェームズ・クック・キャプテンの最初の航海の記録には、この時の輸送の様子が記されています。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

アメリカのフィラデルフィアでは、発明家のD・リッテンハウスが、取りつかれたように『金星の太陽面通過』観測を行いました。
1769年、彼は「謎の15分間の空白」を除き、『金星の太陽面通過』の記録に大きな成功を収めました。
「ついに金星が太陽の表面を横切り始めたとき、彼は興奮を抑えることが出来ませんでした。気絶してしまったのです、15分間…。そのために彼は人生の中で最も重要な観測を、15分間できなくなってしまったのです。」

こうして18世紀の観測のための悲喜劇が幕を閉じました。
この時の観測により、地球と太陽の間の距離は、9,200万マイルから9,700万マイルの間だという事がわかりました。
もちろん現在では、その正確な距離が9,300万マイルだという事が解明されています。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ポール・マッカートニー、スティーヴィー・ワンダー、エルトン・ジョン、その日のダイヤモンド・ジュビリー・コンサート】

アメリカNBCニュース 6月4日

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

さて、ロンドンの大盛り上がりの一夜についてお伝えします。
エリザベス女王即位60周年を記念して、イギリスのトップクラスのミュージシャンが勢ぞろいし、祖国の記念事業を一緒に祝いました。
NBCのステファニー・ゴスクがロンドンからお伝えします。

レポーター : 夫君のフィリップ殿下の姿を欠きましたが、エリザベス女王がダイヤモンドジュビリーを記念する烽火台に火を点じました。
世界中で彼女の即位60周年を祝う烽火が輝いています。
この世、英国王室はバッキンガム宮殿の昇段前で開催された、トップスターによるコンサートに感謝を表明しました。
天使の姿をしたアニー・レノックスがこの言葉を、地上に降りた天使たちにも伝えてくれることでしょう。

リポーター: エルトン・ジョンが私たちに、ロックミュージックの黎明期を思い出させてくれました。

スティーヴィー・ワンダーはアメリカから駆けつけ、この瞬間を一層盛り上げてくれました。

ポール・マッカートニーの登場は、いやがうえにも人々を興奮させることになりました。

リポーター: 10,000人の幸運な人々が抽選で、この日のコンサートチケットを手に入れ、トップスターの競演を直に体験することが出来ました。
チャールズ皇太子が母君、そして父君の栄誉を称えるためにステージに上がりました。
「女王、そして殿下がこれまでこの国のために、最大限の義務と献身を果たしてきたことを思わずにはいられません。」

リポーター: この日の出来事は何世紀も続いてきた英国王室の伝統を、最も現代的・鮮烈な形で表現することになりました。
日曜日、テームズ川の河面には1,000層のボートが繰り出しました。その中心には女王とフィリップ殿下、そしてその家族が乗った船がこのロンドンの中心部をゆっくりと航行し、人々は手を振り、そして国民からの祝福を受けていました。
座乗船の前甲板には『チャートウェルの精神』を象徴する王座がしつらえられていましたが、86歳の女王は最後まで腰掛けることはありませんでした。
フィリップ殿下はダンスが出来そうなほど元気な姿を見せていました。
横殴りの雨にもかかわらず姿を現した女王は、彼女の在位60周年を称える国民の歓呼に応えていました。
数百万の人々が建物のバルコニー、橋の上、そして川岸にあふれていました。
在位60周年を迎え、英国王室の人気はかつてと比べ上昇しています。歴史の時々において厳しい批判にさらされることもありましたが、現在は批判されるような事件も起きていません。
ある場所でのスピーチでチャールズ皇太子が、夫君であるフィリップ殿下が体調を崩していることに触れ、国民の皆さんが病室にいる父に聞こえるようにその名前を大声で連呼してくれれば、父はきっと回復するでしょう、と語りました。
すると聴衆は喜んでフィリップ殿下の名を、声を張り上げて連呼しました。
その声は殿下の耳に、きっと届いたに違いありません。

ブライアン・ウィリアムズ : ステファニー、ずいぶんと素晴らしい光景を目の当たりにしたようですね、ありがとう。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【家族と一緒に大漁を喜ぶ少年 : インド・チェンマイ】
アメリカNBCニュース 6月4日

【天安門事件犠牲者追悼集会】香港・ビクトリア公園
アメリカNBCニュース 6月4日


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報