星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » あらゆる場所で脱原発!【 飛行の新時代を約束するソーラー飛行 】

あらゆる場所で脱原発!【 飛行の新時代を約束するソーラー飛行 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

アメリカCNNニュース(スイス)2011年11月29日

翼の長さはジャンボジェット並み、エンジンの大きさはスクーター・サイズ。
ソーラー・インパルス号はユニークな飛行機です。

12,000個近くの太陽電池と4つの電気駆動プロペラのおかげで、日中も夜間も、燃料なしで飛行可能な世界の最初の航空機です。
63メートルの幅と1,600キログラムの重量のこの飛行機は、2010年に26時間の連続飛行を達成して記録を打ち立て、その記録は未だ破られていません。
しかし、それはただ単に飛行記録だけの問題ではない、とパイロットのアンドレ・ボルシュベルグは言います。
「私たちは太陽電池と電動プロペラで、どこまでのことができるのか証明したいのです。」
「我々は生活の質を保ちながら、一方でエネルギー消費を減らし、石油と原子力エネルギーへの依存を減らすことは可能なのです。」

ソーラー・インパルス号のアイディアは、ベルトラン・ピカール(世界で初めて気球でノンストップの世界一周を達成)がヒントになりました。
1999年当時の大冒険を振り返り、ピカールはこう語りました。
「燃料切れのため、我々は危うく失敗するところでした。」
「その時私は、次に挑戦するときには燃料が無くても飛行できるようにする、と自分に誓ったのです。この構想実現のため、ソーラー・インパルス号は生まれたのです。」

しかし、その構想を実現のためには、彼は7年前のボルシュベルグとの出会いまで待たなければなりませんでし た。
2014年に航空史上初となる、彼らの最終目標である燃料無しでの世界一周を実現するためには、1億3,400万ドルの予算が必要であり、そのためのスポンサーが必要です。
「やることすべてが初めてのことになります。過程のすべてが初の試みなのです。」
ピカールは語ります。
「ライト兄弟が飛行機を発明してから、リンドバーグが初めて大西洋横断に成功するまで、25年の月日が必要でした。このとき彼は一人でしたが、100人の乗客を乗せた飛行機が大西洋を横断するまでは、さらに25年がかかりました。」

彼らの背に向かって順風が吹いています。
ピカールとボルシュベルグは太陽光エネルギーによる飛行に明るい展望を持ち、21世紀の航空史にパイオニアとして2人の名を刻み込むことになる、ソーラー・インパルス号の記録達成を確信しています。

【改良型・スイスでの飛行に成功】
アメリカNBCニュース 5月24日

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

この【星の金貨】をスタートの頃からご覧いただいておられる方には、すでにおなじみの[メイド・イン・アメリカ]。
ここではアメリカ製品をすすめている訳ではなく、私たち日本人も[メイド・イン・ジャパン]、いや日本製品を消費・愛用すれば、その分日本人の雇用が生まれるのではないか、という事をお伝えしたいのです。

アメリカABCニュースの[メイド・イン・アメリカ]は今年4月頃からスタートしたと記憶していますが、同国内で多くの共感を得たようです。
ここでも、主なものはすべてご紹介しています。
(http://kobajun.biz/?p=621、http://kobajun.biz/?p=655、http://kobajun.biz/?p=722など)

アメリカ程ではないにしても、日本でも働く場が無いために、生活の再建ができない方が多くいらっしゃいます。
ここ、3.11の被災地でも、職が無いために、生活再建の目処をたてられず、不安なままに年を越さなければならない方がたくさんいらっしゃいます。

確かに『日本製』は割高かもしれませんが、購入する事で身の回りの雇用創出に貢献する、という意識を常に持っても良いのではないでしょうか?

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

[メイド・イン・アメリカ・クリスマス]あなたは参加しますか?
〈 雇用拡大のため、自国製品の購入を呼びかける 〉

アメリカABCニュース 11月30日

ABCワールド・ニュースは[メイド・イン・アメリカ・クリスマス]企画をさらに強力なものとするべく、皆さんに手を貸していただくことにしました。

一般的アメリカ人はクリスマスの贈り物に、一人当たり平均704ドルの出費をします。
アメリカ全体では4,650億ドル(約3兆6,300億円)という金額になることが、全米小売組合連合会の試算で明らかになっています。
もしこの金額がすべてアメリカ製品の購入に充てられれば、4,600万人分の雇用が生まれることになります。
しかし、このたびはそこまでは欲張らないことにします。
もし私たち一人一人が、この年末に64ドル分のアメリカ製品を購入すれば、200,000人分の雇用が新たに生まれることになるのです。

そこでお尋ねします、あなたはこの取り組みに参加なさいますか?
もしご参加いただけるのであれば、お聴きしたいことがあります。
あなたは64ドル分、どのようなお買い物をされますか?

あなたはどんな素晴らしいアメリカ製品を買われましたか?
あるいはお買いになる予定でしょうか?

我々ABCニュースは、あなたがこのクリスマス・シーズンにどんなアメリカ製品をお買いになり、そしてご近所の方々に、どんな風にこの取り組みをご紹介されるおつもりか、お尋ねしたいと考えています。

あなたはご家族、お友達、ご近所の皆さん、読書クラブのお仲間あるいは教会でのお知り合いに、このクリスマスシーズンに64ドル分のアメリカ製品を購入するよう、おすすめいただけたでしょうか?
そしてどれほどの方にご賛同いただけたでしょうか?

あなたの体験をABCニュースにもお話しください、ABCワールド・ニュースの番組、またはウェブサイトでご紹介できるかもしれません。

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報