星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 過去の教訓が明日の命を守る 】〈前編〉

【 過去の教訓が明日の命を守る 】〈前編〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

『本当に命を守ってくれるものとは』

この数十年で最悪の自然災害を生き延びた人々は、生き残るための自衛手段を、根本から見直さなければないかもしれません

ドナルド・ハーディング / アルジャジーラ 2011年11月23日

2011年3月東北地方を襲った巨大地震と、その結果発生した何もかもを壊滅させてしまった津波は、沿岸部に暮らすあらゆる世代の人々に将来の津波対策をどうするか、という問題を突きつけることにな りました。
多くの人々が答えを求めて、 過去に目を向けることになりました。

「私は祖父の手を離すつもりはありませんでした。」
「でも離してしまったのです。
私は祖父を引いて逃げていましたが、祖父の足はあまりに遅く、津波が迫っていることを感じた私は祖父の手を離し、丘を駆け上がりました。後ろを振り返ることなく。」
故郷の街を巨大津波にめちゃくちゃにされた39歳の萬(よろず)あきこさんはこう語り、彼女の脱出を振り返ります。
マグニチュード9.0の地震が東北地方を襲った直後、膨大な量の海水が陸地になだれ込んできました。
そして数分のうちに、何百もの町や村が呑み込まれて行きました。
それは何世代にもわたる歴史の中で最大規模の津波であり、公表された死者・行方不明者の数は20,000を 超え、当時の首相であった菅直人をして、この国を襲った第二次世界大戦以来最悪の自然災害と言わしめました。

たくさんの人々が、萬さんのように、その後の運命を左右する瞬時の判断を下すよう迫られました。
「あの時点では、どこか高い場所に逃げなければ、私は溺れてしまっていたでしょう。まずは自分の身を守らなければなりませんでした。冷たいように思うかもしれませんが、他にどうしようもなかったのです。」

萬さんは『てんでんこ』を教え込まれていました。
『てんでんこ』の言い伝えは、津波に襲われた時は他人を助けることなど考えず、一目散に逃げることに徹することを教える、生き延びるための言い伝えです。
一見自分のことしか考えていないようですが、いったんこの教えが町全体に徹底されれば、最も多くの生存者数が確保される、もっとも単純で確実な方法となるのです。
「私たちが子供のころ教え込まれたように、大地震に見舞われたら家に戻ったり親を探そうとしたりせず、まず自分自身を守らなければなりません。そうしないと、津波にのまれてしまうんです。」
今や二人の子供の母親である萬さんが、こう語りました。

日本の東北地方の市町村、あるいは三陸沿岸は、これまでも大自然の猛威にさらされ続けてきました。
太平洋プレートとユーラシア・プレートの境界に沿って存在する断層に沿って市町村が存在するため、大きな地震が発生しやすいのです。
海中で発生する地震は頻繁に津波を引き起こします。しかしいくつかは行政などによって拡声器から警報は発せられるものの、漁港や港では実際に動く水位は数インチにとどまり、これら地震頻発地帯の海岸線に点在する 入り江や湾に対し、公式の警告が発せられた、という以上の意味はありません。
しかし、100年から150年に一度の間隔で、巨大な波が陸をめがけて確実にやって来ます。
そのような津波は1896年に22,000人の犠牲者を出し、数千戸の家屋を破壊しました。
1933年の津波は同じ場所で3,000人の犠牲者を出し、ある町では家屋の98%が失われてしまいました。
『てんでんこ』の教えは、こうした度重なる災害から生まれました。
三陸という地方の人々の知恵はひとりひとりに、他人のことは構わずまず自分の身を守ることを求めます。
ダーウィニズム※に通ずるこの自衛本能は、人々の命が危険にさらされたときに、自然に働くようにしなければなりません。
しかし、自分よりも他の人のことを優先すべきという伝統を持つ日本の社会では、他人を差し置いてまず自分を守る自衛本能の発揮は難しいのです。
〈つづく〉

※ダーウィニズム
ダーウィニズムという言葉は自由市場の発展に関する「適者生存」と言う概念に使われる事が多い。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 月の石517個を紛失 】

アメリカNBCニュース 12月9日

今夜月の石のサンプル517個が盗まれ、あるいは紛失してしまった事が明らかになりました。
これまで6回のミッションが行われ、わずか12名だけが月に行きましたが、これまで842ポンド(382キログラム)の岩石と土を持ち帰りました。これらは単に何年もの間貸し出され、あるいは持ち出されています。
あなたも引き出しの中を確認してみてください。
NASAは管理方法について、改善を行う、と語っています。
どうやら彼らはこれら国宝級のサンプルについて、永遠に失われてしまう危険にさらされている、とは考えてはいないようです。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報