星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 福島第一原発事故・東京電力3役員の責任は 】

【 福島第一原発事故・東京電力3役員の責任は 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

社内調査により福島第一原発への巨大津波の襲来を予測していた東京電力、報告を無視した3役員

東京電力の安全意識の欠如と原子力行政の管理監督業務の怠慢により、悲惨な境遇に落とされた原発難民の人々

信じられない程多くの人々が人生の基盤を破壊され、苦しい生活を続けてきた

 

ジャスティン・マッカリー / ガーディアン 2017年6月30日

 

6月29日木曜日、3基の原子炉がメルトダウンした6年前の福島第一原子力発電所の事故に関わる唯一の刑事裁判で業務上過失致死傷の罪を問われている東京電力の3人の前役員は、無罪を主張しました。

30日金曜日に開かれた東京地方裁判所の裁判の第1回の審理では、当時の勝俣恒久社長と2人の役員は、予備の冷却装置の電源を喪失させ、結果的に3基の原子炉のメルトダウンを引き起こすことになった巨大な津波について、それ程の規模の津波の襲来を予見することは不可能だったと語りました。

「重大な事故を引き起こし、周辺地域の皆様、広く社会に大変なご迷惑をおかけしたことを改めてお詫び申し上げます。」

勝俣前社長はこう謝罪し、わずかに頭を下げました。

 

検察側は証拠となる資料を提示しながら、勝俣元社長(77歳)、同社元副社長の武黒一郎被告(71歳)と武藤栄被告(67歳)の3人が原発の敷地の高さである10メートルを超える巨大津波に襲われて建屋が浸水し、原子炉を冷やす電源が失われてしまう事態とその他の深刻な状況に陥ることを予見できたにもかかわらず、それを回避するための対策の実施を怠ったと主張しました。

日本政府が組織した委員会の調査によれば、2008年東京電力は福島第一原子力発電所に対する津波の被害を想定するシュミレーションを行い、マグニチュード8.3の地震が福島県沖で発生した場合には最大15.7メートルの津波が同発電所を襲う可能性があると結論を出しました。

しかし当時の東京電力の経営陣はこの内部報告を無視したと伝えられています。

 

3人の元役員は事故の影響による業務上過失致死傷罪で強制起訴されていますが、3人とも事故を機に退職しています。

この裁判では数十兆円をかけた福島第一原発の事故収束・廃炉作業を強いられている東京電力が被告ではありません。

3人の役員が有罪となった場合は最高で5年間の懲役、あるいは100万円の罰金を科されることになります。

 

福島第一原発の事故では放出された放射性物質による死亡は1件も確認されていませんが、検察側は福島第一原発の近くの病院の高齢の患者ら44人に長時間の避難を強いて死亡させた責任があると主張しました。

福島第一原子力発電所は2011年3月11日に襲ったマグニチュード9.0の巨大地震によって引き起こされた巨大津波に襲われ、3基の原子炉がメルトダウンする事故を引き起こしました。

 

この津波によって日本の東北地方沿岸の約19,000人が死亡、福島第一原発周辺で暮らしていた150,000人以上が放射線による被害を免れるため避難を強いられることになりました。

こうして避難した人々の何割かは、かつて暮していた場所の放射能汚染はまだ深刻であり、かつての住民が戻って暮らすことは危険に過ぎると考えています。

 

「東京電力はいかなる安全対策も取らずに原子力発電所の運転を続けました。」

検察側の弁護士はこう指摘しました。

「もし東京電力が必要とされていた対策さえとっていれば、このような悲惨な事故は決して起きなかったでしょう。」

 

福島第一原発の事故の2年前に巨大津波襲来の危険性を指摘されていたにもかかわらず武藤元副社長も他の被告も必要な対策を採ることを怠ったとする検察側の主張に反論し、武藤元副社長は反論しました。

「当時の状況を思い出してみましたが、このような事故が発生することを予見することは不可能でした。したがって私はこの事故のすべてについて刑事責任は無いと確信しています。」

 

福島第一原発の事故に対する国会事故調査委員会を始めとする各種の調査は、東京電力の安全意識の欠如と日本の原子力行政の管理監督業務の怠慢を厳しく批判しましたが、検察庁は2度にわたり3人の役員を不起訴処分としました。

しかし、市民からなる検察審査会の議決を受け、勝俣元会長ら3人が16年2月に強制起訴されました。

 

法廷の外で原告団のリーダーで福島県民の武藤るい子さんがこう語りました。

「事故発生以来、事故を起こした責任が誰にあるのか、なぜ事故は起きたのか、すべてが明確にされずに今日に至ってしまいました。

そして多くの人々が人生の基盤を破壊され、苦しい生活を続けてきました。

どれだけ多くの人々が悲しみに打ちひしがれているか、そして怒りに震えているか、東京電力の3人の元役員にはその事をきちんと理解してもらいたいと考えています。」

 

https://www.theguardian.com/environment/2017/jun/30/fukushima-nuclear-crisis-tepco-criminal-trial-japan#img-1

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報