星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 真珠湾攻撃、日本の目論見とアメリカの怒り 】

【 真珠湾攻撃、日本の目論見とアメリカの怒り 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

第二次世界大戦において局外中立を模索していたアメリカの希望を、1941年12月9日日本軍が打ち砕いた
奇襲の繰り返しにより戦術的勝利を得た日本、しかし戦略的優位性を持ったアメリカに徐々に追いつめられていった

ガーディアン 12月9日

真珠湾攻撃
1941年12月9日の朝、第二次世界大戦に対し、何とか巻き込まれずに済ませられないかというアメリカの希望は、潰え去りました。

結局日本の攻撃は、アメリカ国民を団結させ、局外中立を模索していた国家に一夜にして戦闘態勢をとらせることになりました。
ほとんどのアメリカ人は突如無警告で攻撃されたことに心底驚きました。
アメリカ国内では日本の東條内閣に対する威嚇が充分効果を発揮しているとの見方が一般的だったのです。
しかしこの日の朝、開戦から一年以上が過ぎていた第二次世界大戦に、何とか巻き込まれずにいたいものだというアメリカの希望は、潰えました

そして午後にはアメリカ議会は日本への宣戦布告を決議し、ここに極東においてアメリカ合衆国、大英帝国、オランダ、中国を合わせた対日本軍事同盟が動き出したのです。

真珠湾攻撃号外
それまで孤立主義を主張していた政治指導者たちや各報道機関は例外なく口うるさい少数派の意見、すなわちアメリカは局外中立を貫くべきだという主張はもう通用しないと態度を一変させました。
日本の真珠湾攻撃は、アメリカ合衆国が第二次世界大戦には直接関わらずに済むだろうと思っていた人々の考えを一変させることになったのです。

枢軸国側による世界侵略への脅威とアメリカの勢力圏に対する直接的な脅威の両面を踏まえ、日本の攻撃はドイツ政府の指示によるものだという事が広く信じられています。

もし日本がハワイではなくタイを攻撃していれば、ほとんどのアメリカ国民が憤激の嵐を巻き起こすような事態にはならなかったと考えられます。
議論の余地が全くないという程ではありませんが、ドイツがポーランドを侵略した際にもアメリカは宣戦布告を行なわなかったように、真珠湾を攻撃する代わりに日本がタイを侵略していれば、アメリカは動かなかった可能性があります。

沖縄戦負傷兵
日本が真珠湾その他の米軍基地に対し、宣戦布告が先か攻撃が先か解らない程不意の奇襲を行ったため、枢軸国側はアメリカの全面的な参戦に対する備えを充分に行うという戦略について、あらゆる希望を失ってしまいました。

アメリカ政府から見れば、ストライキによって国内の軍需産業の生産活動がストップすることを、日本が未然に防いでくれたことにもなりました。
さらにはルーズベルト大統領の外交政策はもともと人気が高いものでしたが、真珠湾攻撃によってその支持は完全無欠に近いまでの状態になったのです。

太平洋戦争がいつどの段階で始まるのか、日本の軍当局や海軍当局による厳しい検閲によりその判断は難しいものでした。
それでもアメリカ側には広い範囲をカバーする戦略の概略は出来ていました。
「A.B.C.D包囲網」
太平洋戦線における4か国による連合国は、日本がアジア侵略を進める際にアメリカ軍に横撃されないようナチスドイツに倣い奇襲を繰り返した開戦当初、敗北の連続で苦しむことになりました。

太平洋戦インドシナ01
真珠湾への日本の攻撃目的は、アメリカ太平洋艦隊を破壊し、設計された反撃能力を削いでしまうことにありました。

日本は不足するゴム、スズ、タングステン、そしてキニーネを求めてマレー半島とシンガポールを攻略する可能性がありました。
さらに日本近海の制空権を確立するため、当時領有していた千島列島の空港が悪天候の際使えなくなった場合の代替地を確保する目的で、ウラジオストックも攻撃する可能性がありました。

グアム、ウェーキ島、フィリピンには日本軍の攻撃の脅威が迫っていました。
アメリカ太平洋艦隊が南シナ海での活動を行う場合、これらの島々は必要不可欠な拠点でした。
インドネシアのボルネオ島にある、英国とオランダが経営していた油田地帯も、日本軍に攻略される可能性は現実のものでした。

太平洋戦争地図
アメリカは太平洋戦線において英国、オランダ、オーストラリア、中国と同盟関係にありましたが、一方で日本軍の攻撃が自分たちに向けられる可能性があることを早くから予想していました。
そして日本が奇襲によって、緒戦を有利に展開しようとするだろうという事も解っていました。
しかし当時の連合国側の専門家は、日本軍は広大な太平洋戦線を維持していくだけの膨大な数の艦船を持ってもいないし、そこまで訓練された軍隊も存在しないというものでした。

当初の展開は多くのアメリカ人が信じていたほどには簡単なものではありませんでした。
しかし政府内には優れた分析官が存在し、アメリカ社会には健全な報道体制が敷かれていました。
そしてアメリカ国民はその優れた軍隊、戦略的地位、そして戦時計画の妥当性により、最終的には勝利できると確信していました。

http://www.theguardian.com/world/2015/dec/09/pearl-harbor-attack-us-japan-1941-archive

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報