星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 津波の下に消えてしまったこどもたち : 3.11の想像を絶する悲劇の真相 】《2》

【 津波の下に消えてしまったこどもたち : 3.11の想像を絶する悲劇の真相 】《2》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

確実に安全な避難場所の目の前で、なぜ大勢の子供達が命を失ってしまったのか…

「津波が来ます!子供たちを早く丘の上に避難させてください!」「まあまあ、落ち着いてください、お母さん……」

 

リチャード・ロイド・パリー / ガーディアン 2017年8月24日

 

地震発生当初の大川小学校の子どもたちは、当初模範的と言えるスピードで避難をしました。

机の下身を隠してからわずか5分後、子供たちはそれぞれ自分のロッカーに保管されていた硬いヘルメットを着用し、クラスごとに校庭に整列しました。

その後石巻市当局は、生存している証人へのインタビューと目撃談に基づき、その日の午後起きたことを分ごとに記録した資料を作成しました。

その記録は大地震の後の興奮とあきらめ、光明を見つけ出そうとする思いと恐怖という地震直後の心理状態を映し出しています。

 

子供:みんなが座って、点呼が行なわれました。

低学年の女の子たちが泣いていましたが、城田さんと紺野さんがその子たちの頭を撫でて「大丈夫よ。」と言っていました。

ひとりの6年生の少年が「自宅のゲーム機は大丈夫だろうか?」

と心配そうに話していました。

 

子供:地震ショック症候群の一種かもしれない。吐き気がこみ上げてきた子は他にはあまりいないから。

 

子供:友達がこう言いました。「ほんとうに津波が来るのだろうか?」

繰り返し余震が襲ったことで、幼い子供たちの警戒心はいやが上にも大きくなっていきました。

午後2時49分、東日本から東北地方にかけて本震によって引き起こされた余震が繰り返される中、気象庁は6メートルの津波が押し寄せる可能性があると警告を発しました。

特に東北地方沿岸の住民は、全員が高地に避難すべきだと告げたのです。

午後3時03分、午後3時06分、午後3時12分、立て続けに大きな余震がありました。

午後3時54分、気象庁はさらに警告を発し、津波の高さが10メートルに達する恐れがあると発表しました。

 

校庭にいた教師たちは桜の木の下に集まり、小声で議論を始めました。
他の多くの日本の教育機関同様、大川小学校もマニュアルによって運営と管理が行なわれていました。

学習指導要領と呼ばれる日本の教育計画は、倫理原則から卒業式の式次第にまで言及しています。

その中では、火災、洪水、伝染性疾患の流行などの緊急事態への対応について、1章が割かれています。

学習指導要領は国が定めたものであり、学校はそれぞれ置かれている環境によってそれを手直しし、運用しています。

海岸線に近い場所にある小中学校では大きな地震が発生した直後、教師と生徒たちは急こう配の道や階段を登ってできるだけ高い場所に避難するよう指示していました。

しかし大川小学校では学習指導要領の中身を学校の実情に合わせて改訂することを担当していたはずの石坂教頭が、基本マニュアルの表現その他をそのままにして運用していました。
その時校庭に立っていた石坂教頭本人は、こうした漠然とした表現を目の前の現実に当てはめようとしていたのです。

「一次避難場所:学校の敷地…津波の場合の二次避難場所は学校近くの空き地、公園、その他…」

しかしこんな曖昧な表現は現実の役には立ちませんでした。

「公園など」という表現がありましたが、田園地帯である大川小学校の周りには畑や丘があるばかりで公園などは見当たらず、こうした場所ではほとんど意味をなしませんでした。

そして「空き地」については、周囲のいたるところにありましたが、問題は避難すべき場所をどうやって選ぶのかという事だったのです。

 

現実には明らかに安全な場所がありました。

大川学校は一番高いところで標高が220メートルの森におおわれた丘のすぐ前にあったのです。

数年前まで子どもたちは理科の授業の一環として、シイタケの栽培を行うためにこの丘に実際に登っていたのです。

この丘は最年少の子供たちですら簡単に上り下りできるような勾配しかなく、5分もあれば一番高い場所に行く着くことが可能だったのです。

海抜をはるかに超える津波が襲ってきても、5分あれば大川小学校の子どもたちは全員がその影響が及ばない安全な場所まで避難することが可能だったはずでした。

年配の教師のひとり、遠藤淳二先生は逃げ遅れた生徒がいないかどうかチェックをした後で、石坂教頭と交わした短い会話を覚えていました。

「私たちがすべきことは何ですか?急いで丘の上に避難すべきじゃないですか?」

しかし私はこう告げられたのです。

「余震が続くうちはそんなことは不可能だ。」

しかし生き残ることができた6年生の女子の1人は、もっと劇的な場面を記憶していました。

遠藤淳二先生は学校から飛び出すと大声でこう叫びました。

「丘、丘の上!丘の上に走って逃げろ!」

 

遠藤先生の警告に従おうとしたのは6年生の男子生徒、紺野大介くんと友人の佐藤裕樹くんです。彼らは担任の佐々木隆志先生にこう訴えました。

「先生、丘の上に逃げましょう。

 

遠藤先生が発した警告にすぐに反応した生徒たちがいました。

6年生の今野大輔くんと友人の佐藤優樹くんです。

二人も自分たちの担任の佐々木隆先生にこう訴えました。

「丘の上に避難すべきです。このままここにとどまっていたら、地割れが起きてそこにのみ込まれてしまうかもしれません。ここにいたら死んでしまいます!」

少年たちは丘の上の椎茸の栽培場に向かって駆け出しました。

しかし遠藤先生の提案は却下され、避難しようとした生徒たちもクラスのみんながいる場所に戻るよう命じられました。

 

このとき2つの異なるグループの人々が学校に集まり始めていました。
最初は両親や祖父母で、子供たちを迎えに車と徒歩でやってきました。
2番目は地元集落の人々でした。
大川小学校は近隣の釜谷地区の住民の指定避難場所だったのです。
このことが事態の展開を一層複雑なものにしてしまいました。

 

そして2つグループの間には明らかな意見の違いがあり、時に表立って意見がぶつかり合うこともありました。

教育委員会がまとめた記録には、この時の心情が綴られていますが、両親は、子供たちをできるだけ早く避難させたいと考えていました。

子供:私のお母さんが私を迎えに来てくれました。
私は佐々木先生に親と一緒家に帰りますと告げました。
でも私たちは、「今家に帰るのは危険だから、学校にいるほうがいい」と言われました。

親:私は佐々木先生に、
「ラジオでは10メートルの津波が来ると警報渓谷しています。」と言いました。
そして丘の上を指差してこう言いました。
「丘の上に避難してください!」
しかし私は、こう言われたのです。
「まあまあ、落ち着いてください、お母さん。」

この時地元の住民たちは、多くが大川小学校にとどまることを望んでいました。
学校にやってきたのはほとんどが専業主婦の母親たちでした。
そして留まり続けるよう主張していたのはほとんどが退職者、高齢者、男性でした。

それは何世紀も前に津波が襲ってきた時に記録されていた、人々の行動の再現であったかもしれません。
早く対応するよう訴えかける女性たちの声と、年老いたものたちの傲岸とも見える否定的な態度のぶつかり合いでした。

 

-《3》に続く –

https://www.theguardian.com/world/2017/aug/24/the-school-beneath-the-wave-the-unimaginable-tragedy-of-japans-tsunami

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報