星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 東京都知事のスキャンダル、参議院選前の火消しに大わらわ 】

【 東京都知事のスキャンダル、参議院選前の火消しに大わらわ 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

安倍政権の政治宣伝手法は太平洋戦争中の大本営発表にそっくりだと発言し、都知事の座を追われた舛添氏
一向にはかどらないオリンピックの開催準備、このままでは都政の健全化など遠い先の話?

エコノミスト 6月18日

舛添都知事
一回の食事代が80,000円もするイタリアン料理。
ミステリー小説、漫画雑誌、中国製のシルクのシャツ、そして、彼の家族のための休日。骨董品の芸術。さらには五つ星のコンラッド・ロンドン・セント・ジェームズ・ホテルの最も高価なスイートルーム。これらは舛添要一氏が東京都知事であった時代、公金を使って贖ったものの一部です。

東京都議会の傍聴席が怒りを覚えた都民でいっぱいになる程大きくなり、数週間の間国民の視線を釘付けにしたスキャンダルを、舛添氏は当初謝罪によって何とか逃れようとしていました。
冒頭掲げた出費はいずれも違法なものではありませんでしたが、都議会における不信任決議が目前に迫り、実施を控えた参議院議員選挙への悪影響を恐れた自民党の圧力の前に、舛添氏は6月15日、都知事を辞任する旨表明しました。

東京オリンピック01
自民党にとっては危ういところで難を免れたということになるかもしれませんが、2020年にオリンピックを開催しなければならない東京都にとっては、舛添氏の辞任はさらなる困難をもたらす結果となりました。

自民党の推薦を受け、当選した東京都知事が金銭がらみのスキャンダルで2人の都知事が続けて辞任することになりました。
前任の猪瀬直樹知事は医療機関から受け取った5,000万円の貸付金の正当性について疑問を突きつけられ辞任に追い込まれました。
皮肉なことに元テレビコメンテーターで閣僚経験もある舛添氏は、オリンピック開催に向けクリーンな都政の実現を約束し、悪化した評判を払しょくすべく都知事に就任したはずでした。

東京の上智大学の政治学者である中野孝一教授は、舛添氏に都知事留任を許せば、
「自民党の代名詞とも言うべき時代遅れの金権政治の象徴としてなお一層の注目を集めてしまい、参議院選挙の投票の際、自民党の党勢に響きかねない」結果につながっただろうと語りました。

甘利辞任
舛添氏のデタラメな金遣いによってこの夏再び都知事選挙をしなければならなくなった東京都は、そのために50億円の出費を強いられることになり、多くの東京都民の怒りはさらに大きなものになりました。
そして現時点での都知事の辞任はオリンピックの開催準備をなお一層難しくしてしまいました。

3年前、効率的運営開催を実現するという日本の首都の売り込みと大会開催に向けた日本国民の熱意は、競合するマドリードとイスタンブールに対し、開催地の決定投票を行う上で東京に有利に働きました。

しかし東京オリンピックの開催計画はその後、当初の試算をはるかに上回る費用の見積もり、そしてメインスタジアムの設計やロゴの選定などでの不祥事が相次ぎ、予想もしていなかった困難に直面することになりました。

そして追い打ちをかけるように、今度は日本のオリンピック開催委員会が国際的な贈収賄の捜査対象になってしまったのです。

東京五輪5
さらに舛添氏はオリンピックの開催費用の東京都の負担割合を巡り、安倍政権との間で激しい応酬を繰り広げました。
舛添氏はこの時、安倍政権がいつもの調子で2020年オリンピックの開催準備が順調に進んでいるとの見解を示したことに対し、それの態度はまるで太平洋戦争当時、大日本帝国が戦争において順調に勝利を重ねているとの宣伝を繰り返して国民を安心させようとしたやり方にそっくりだという、特筆すべき比較を行ったのです。

舛添氏の後継者として現在、防衛大臣、環境大臣の閣僚経験がある自民党の国会議員小池百合子氏の名が挙がっています。
さらに日本弁護士会の会長経験者である宇都宮健児氏も近く立候補を表明することになっており、他にも複数が立候補するものと見られています。

東京五輪07
しかしこれ以上オリンピック開催に黄色信号が灯るような事態になれば、オランダ1国を超える経済規模を持っている東京の経済運営を健全なものにするという公約は雲散霧消する可能性があります。

http://www.economist.com/news/asia/21700675-row-over-public-funds-topples-tokyos-governor-another-one-bites-dust?zid=306&ah=1b164dbd43b0cb27ba0d4c3b12a5e227
 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 ソーラー・インパルス2号機、歴史的大西洋横断飛行に成功 】

アメリカNBCニュース 6月23日

Solar01
ニューヨークを出発した太陽光発電飛行機は、3日間の大西洋横断飛行を順調にこなし、23日木曜日、無事スペインに到着しました。
6月20日にニューヨーク上空を飛行するソーラー・インパルス2号機。パイロットはスイス人のベルトラン・ピカール。(写真上)

ソーラー・インパルス2号機の主翼の長さはボーイング747型機を上回り、17,000個の太陽電池を積んでいます。
夜間は日中に蓄電したエネルギーを使って飛行を続けることが出来ます。

Solar02
solar03
スペイン、セビリャのサン・パブロ空港への到着を前に、スペイン空軍のアクロバット飛行チームの出迎えを受けるソーラー・インパルス2号機。
solar04
http://www.nbcnews.com/slideshow/solar-impulse-soars-across-atlantic-historic-flight-n597771

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報