星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 放棄されたゴルフコースが、太陽光発電フィールドに生まれ変わる日本 】

【 放棄されたゴルフコースが、太陽光発電フィールドに生まれ変わる日本 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

バブル期に乱開発された余剰のゴルフコース、地域に正真正銘のクリーン電力を供給
放棄されたゴルフコース、日当たりのよい広大な土地は太陽光発電所にはうってつけの場所

ダグ・ボルトン / ザ・インデペンダント 7月6日

ゴルフコース発電所
2011年に福島第一原子力発電所事故を引き起こした日本は、事故後電源開発の多角化を進めています。
その取り組みの一つとして日本に、太陽光パネルに覆い尽くされたゴルフコースが出現しました。

日本がバブル経済の好況に沸いていたころ、全国には新しいゴルフコースが次々と開発造成されました。
しかしそのバブルがはじけてしまうと、今度は世界の中でも1、2を争うほど人口密度の高い島国の中でゴルフコースを維持経営していくための高額な費用に苦しむことになり、数多くのゴルフ場が経営の継続を断念せざるを得なくなってしまいました。

その結果数多くのゴルフコースが放棄されることになりましたが、今、再生可能エネルギー企業が有望な発電所建設用地として検討を行っています。

太陽光 2
7月初旬、日本の多国籍業である京セラは京都府内のゴルフコース跡地に23メガワットの『太陽光発電所』建設を開始したと発表しました。

ゴルフは日本での人気があるスポーツのひとつですが、作り過ぎた結果多くのゴルフコースが放棄される結果になりました。
このうちのひとつを使い、今回京セラが太陽光パネルを設置した発電所に生まれ変わります。
稼働開始予定は2017年9月、毎年年間約26,312メガワット/ 時の電力を作りだす予定で、この電力量は標準的一般世帯8,100戸分の使用電力を賄うのに充分な量です。

さらに鹿児島県内の別の放棄されたゴルフコースでは、京セラにもう一社が加わり、さらに大規模な発電所建設を計画しています。
この発電所は2018年に稼働を開始する予定ですが、その発電量は京都府内に建設するものの約4倍の発電量を実現する見通しです。

010110
過去にゴルフコースの乱開発を行ったために、維持経営が困難になったゴルフコースは日本国内に数百か所あります。
その多くは住宅団地と公園などに生まれ変わりましたが、その日当たりのよい広大な土地は太陽光発電所にはうってつけの場所なのです。

こうした日本のビジネスモデルは、世界の他の場所でも参考例とされています。
アメリカでもゴルフの人気は長期的に低下傾向にありますが、いくつかの米国企業は自社が所有するゴルフコースを電力会社に売却することを検討していることが明らかになりました。
整備された土地が放棄され荒れるにまかされるよりも、その方がはるかに有効な使い道であると言えるでしょう。
環境を悪化させることなく、地域に正真正銘のクリーン電力を供給するのですから。

http://www.independent.co.uk/environment/japan-is-turning-abandoned-golf-courses-into-solar-farms-to-solve-its-energy-problems-10379109.html?origin=internalSearch
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 これが冥王星の顔! 】

アラン・ボイル / アメリカNBCニュース 7月11日

冥王星07
ピアノサイズのNASAの探査宇宙船、『ニューホライズン』は現在、刻一刻と冥王星に近づいていますが、その距離400万キロメートルの時点で、冥王星表面に見える『黒い影』の姿が増々はっきりとしてきましたが、その形も増々怪しいものになってきました。

今回公開された7月11日撮影の冥王星の反対側の写真について、約892億円をかけたこの事業の責任者のひとりであるサウスウェスト研究所のアラン・スターン主任研究員は、『最新の、この数十年間で最高傑作であると誰もが認めざるを得ない観察結果』であると語りました。
その理由は『ニューホライズン』が搭載している長焦点超広角調査映像装置が、『黒い影』の姿をはっきりと捉えることに成功したからです。

『ニューホライズン』による観測は14日火曜日にクライマックスを迎え、冥王星に12,500キロメートルまで最接近することになりますが、その際にはカメラは正面の明るいハート型の領域に向けられることになっています。

土曜日にとらえられた画像は、冥王星の南極側から北に向かって、暗いまだら模様、あるいはクレーター状の地形のより詳細な情報をもたらしました。
NASAの科学者たちは、それが何であるかまだ見解を持つには至っていません。

冥王星08
これについてNASA本部のカート・ネイバーは、
「これら不規則な形の暗い部分がほぼ一定の感覚をもって並んでいることが、不可解な点だと語りました。」

NASAのエイムス研究センターのジェフ・ムーアは、
「明るい部分がが台地あるいは平野状のものなのか、あるいは表面が滑らかなために光を反射して明るく見えるのか、」
現在のところは全く分からないと語りました。

http://www.nbcnews.com/science/space/plutos-spots-turn-weird-splotches-new-view-new-horizons-n390581

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報