星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 放射能汚染・インチキ商法がはびこる日本 & 100歳の現役教師「100歳は単なる折り返し点!」

放射能汚染・インチキ商法がはびこる日本 & 100歳の現役教師「100歳は単なる折り返し点!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

【 放射能汚染への懸念から、インチキ商法がはびこり始めた日本 】
 
FOXニュース 4月6日


 
この四半世紀で最悪の原子力事故が発生してから1年余り、日本では市場に出回っている製品が放射線によって汚染されてはいないか人々の監視が続く一方、行政は放射線量 を軽減させるための対策に頭を痛める事態となっています。
これを受け東京にある
 
2012年1月、日本保育園協会は、人間の髪の毛が帯びている電磁波の量を測定することで、その人の体内に蓄積されている放射線量を計測できる、と主張する日本QRS健康管理協会という会社に対し、詐欺である旨の警告を行いました。
これを受け東京都の保険福祉局が調査を開始しました。
 
そして昨年の7月には発汗によって体内に蓄積した放射性物質を体外に排出できる、とうたったスーツが、当局により詐欺の容疑でマークされました。
さらに日本の消費者庁は約50万円という価格の入浴によって体内の放射性物質を代謝すると謳った浴槽について、他の疑わしい商品とともに消費者に対して注意を促しました。
 
2011年3月に事故を起こした福島第一原発の南約40キロに位置するいわき市では、市の緊急対策部門はあらゆる種類の放射性物質が市内に降り注いだ、と見ています。
こうした状況に便乗し、特に福島第一原発に近い場所では、市民の放射性物質への懸念を商売の糧にしようとする業者が出現しています。
 
高い濃度の放射線が牛肉や米、 そして肥料やコンクリートなどあらゆるものから検出されています。
こうした事態に周辺住民にはいったいどれだけの放射性物質が体内に入り込み、それが将来どのような被害を生み出すのか懸念が募る一方なのに、政府の対応は常に後手に回り続けました。
そのため住民は自分の身は自分で守るしか無い、という思いに駆り立てられることになったのです。
 
これらの放射線『対応』製品の多くには何の効果も期待できない、と専門家が指摘しました。
「一言で言えば、どれもインチキです。」
どれだけの放射性物質が体内に蓄積されているか、数十本の髪の毛を分析することによって検知できるという機械について、コロンビア大学メイルマン・スクールの公衆衛生が研究分野であるノーマン・クライマン教授が語りました。
 
しかし放射線に関する専門知識に乏しく、その影響のみを懸念する多くの消費者にとって、どこまでが科学的で、どこからはそうでないかを判断するのは簡単なことではないのです。

こうしたことがある一方で、専門家によって放射線によってもっとも被害を受けやすいとされる、幼い子供たちを持つ若い親たちの懸念は深まるばかりです。
 
http://www.foxnews.com/health/2012/04/06/radiation-worries-spur-quackery-cures-in-japan/

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【100歳の現役教師「100歳は単なる折り返し点!」】

アメリカABCニュース 2012年1月25日
アメリカNBCニュース 2012年3月13日

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 シカゴ市民のオリビア・ノイバウアーは、1935年にプルマン技術高等学校で教鞭をとり始めました。
そして77年後、彼女はまだ現役の教師です!
 
 現在99歳のオリビア・ノイバウアーはシカゴの西第83番街にあるアッシュバーン・ルーテル小学校で教鞭をとっています。
この私立学校では、幼稚園に入る前から読書を行うなど、基礎学力の養成に力を注いでいます。
3月11日に100歳の誕生日を迎えることになるノイバウアーさんは、読書の先生です。
 
「私の息子はしょっちゅう私に『いったいいつになったら引退するつもりなんだい?』って尋ねるのよ。私はこう答えるの、『その時が来たら、神様が教えてくださるわよ。』」
ノイバウアーさんがこう語りました。

今はノイバウアーさんは基本的に1対1で教えています。
77年前、彼女が教職に就いた当時、先生対生徒の割合は今とはだいぶ違っていました。
「そうね、はっきりとは思う出せないけど、常時200人ぐらいの学生を教えていたと思うわ。1年生を教えたときも、2年生のときも、3年生のときも。」
 
1935年当時、彼女は体育を教えていました。
現在では彼女は読書教師で、午前6時から正午まで週5日、ここで教えています。
しかし彼女はそれで十分だとは思っていません。
「私は子供たちも、教えることも大好きなの。本当に素晴らしいことだわ。子供たちも本当にいい子ばかりよ。」
 
「彼女は優秀な先生です。彼女が教えている幼稚園の男の子も女の子も、クリスマス・シーズンには本が読めるようになっています。それもよどみなく。」アッシュルーテル小学校の聖職教務主任のエリザベス・ヒラーがこう語りました。
 
1964年にノイバウアーさんハアッシュバーン・ルーテル小学校の設立に参加し、それ以来戦力であり続けています。
 
彼女の長寿への秘密は?

実に簡単、彼女の母は96歳、祖母は100歳、そして2人のいとこは101歳まで元気でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報