星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 放射能のない日本への戦い 】第6回

【 放射能のない日本への戦い 】第6回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

[ 苦難の道を歩む東北地方のコミュニティ ]

アルジャジーラ 2011年9月

入所者の平均年齢が84.7歳 という、飯舘村の特別養護老人ホームの総務部長の佐々木さんは、『計画的避難区域』内に帰ってくることにした少数の人々の中のひとりです。

『計画的避難区域』内にある特別養護老人ホームの運営を続ける、という決定は単独で決めたわけでもなく、簡単な決定であったわけでもありません。
患者とその家族に相談し、代わりになる収容施設についても検討しました。さらに、リスクについても検討を行いました。
「私たちは患者さんの安心と安全の、両方を考えなければなりませんでした。
屋内の放射線の内部のレベルはそれほど悪いわけではなく、また、他の施設で入所者を移動させた際に死亡者が出ていたので、移動は困難だと判断したのです。」
佐々木さんは語ります。
「そのため、私たちはここに留まることにしました。その方が家族の方も見舞いに来やすいですから。」
佐々木さんは自ら訴えようとはしませんでしたが、その顔には明らかに苦悶の表情が浮かんでいました。

放射線が漏れ始めてから、一部のスタッフは辞めていきました。
残ったスタッフは、ガイガーカウンターを携行しています。
佐々木さんは今以上に状況が悪化し、100人ほどの入所者を避難させなければなくなった時、いったいどうしたらいいのか、と懸念しています。
「たぶん私はここにいる皆さんを、一度に収容できる施設を見つけることはできないでしょうから、少人数のグループに分けなければならなくなります。」
これは患者さんにとって大きなストレスとなるだけでなく、10パーセントの人は車いすで移動しなければならないなど、それぞれのグループが独自の看護師や設備を必要とするので、同様に主要な人員配置の問題を提起することになるでしょう。

彼はそれをやってのけることができたとしても、患者にとっては環境の変化自体が有害である可能性があります。

「今のところ、入所されている皆さんの環境は変わりないと思います。」
こう佐々木さんは言いますが、もちろん、これからもそうである保証はありません。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ピーナッツ・バターはもはや手軽な食材ではなくなります】

アメリカNBCニュース 10月30日

現在スーパーマーケットで起きている、何ともいただけない価格上昇のお話です。
つい最近の食料品の購入明細を見て、あなたは合計金額が高くなっていることに気がつかれるかもしれません。
原料価格の高騰が、メーカーからあなたの家庭に転嫁されようとしています。一部の家族にとってはお気に入りの食品の価格が高騰しようとしています。
NBCのジャネット・シャムリアンから報告してもらいましょう。

レポーター「家族が学校のカフェテリアや食堂で好んで注文する、主要食材の一つ。アメリカの家庭なら9割の食品貯蔵庫にそれはあるはずです。
主婦にとっては、ありがたい存在でもあります。」

しかし、しばしば手軽なタンパク源として利用されてきましたが、価格が一気に高騰しようとしています。明日という早いタイミングで、メーカーは価格を引き上げようとしています。
あるメーカーは価格を4割引き上げようとしています。
一家の主婦ティナには、ハロウィーンのキャンディのような物が大好きな2人の子供がいます。
「4割も値段が上がったら、誰だって気がつくでしょうに。特にピーナッツバターとなれば、誰もがショッピングカートに入れたくなるような商品でしょ。」

リポーター「農民の側では、今年の落花生の収穫は13%減少となっており、そのことも需給関係に影響を与えています。」
全米ピーナッツ生産者組合 / ラファエラ・マリー・フェン「燃料価格の上昇、熱波、そして干ばつが手をつないでやってきたのです。」
リポーター「特にジョージア、テキサス、アラバマ各州の収穫は、仮借ない熱波により大幅に落ち込みました。この結果、落花生の価格が高騰することとなりました。
2010年には1トン当たりの価格が450ドルであったものが、今年2011年にはほぼ1,200ドルにまで上昇しました。この商品については、小幅な値上がりですら家計に響くことでしょう。
平均的な子供は中学校を卒業するまでに、1,500回ピーナッツ・バターのサンドウィッチを食べる、という統計があるのです。こうした数字は下がらざるを得ないでしょう。
最近の研究では、アメリカではその商品の価格が上昇すると、3分の2の消費者が買うのを思いとどまる傾向がある、という結果が出ています。」

消費者「我が家ではもはやピーナッツバターは必需品としてではなく、ときおり楽しむ贅沢な食品になるかもしれませんね。」

リポーター「今のところその値段はまだ、許せる範囲にとどまっています。しかし、『子供たちのランチトレイ』 という名のブログも書いているテキサスのこのお母さんは、いずれピーナッツバターについては、今様に気軽に使うことをやめなければならない、と語ります。」
ティナ「価格はあまりにも高くなっています。私はこの価格高騰はたくさんの困っている人々を、さらに困らせることになると思います。」

リポーター「南部で発生した干ばつが北部の落花生の価格を高騰させ、またもや主要食材に対する家庭の出費を増やすことになりました。」

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報