星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 放射能のない日本への戦い 】第5回

【 放射能のない日本への戦い 】第5回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

[ 苦難の道を歩む東北地方のコミュニティ ]
「福島で開催された非公開の国際放射線防護委員会は、住民が感じている不安には耳を貸そうとはしなかった」

アルジャジーラ 2011年9月

確かにこの半年間は日本人にとって、懸念の上に、さらに懸念を積み重ねてきた6ヵ月間だったのです。

浄土真宗本願寺派の僧侶松村さんは、心の奥深い部分で、国民の苦悩と向かい合っています。

「私たちは仮設住宅が建てられた地区のコミュニティセンターを訪れ、お茶や軽食を一緒にとるのです。」
松村さんは普段は京都を拠点にしていますが、現在は寺の災害救援の事務所で働も働いています。
「人々がリラックスして私たちと話しをするうちに、自然に私たちに助けを求めるようになるかもしれません。」
「今人々が最も強く求めているのは、亡くなった大切な人々に対する祈りなのです。」
しかしあまりに大きな損失と、これからやらなければならない山のような仕事を前に、人々はどうすれば苦痛を和らげることができるというのでしょう?
「地震と、津波と、そして原子力災害によって破壊されてしまう文明を、これまでずっと築き上げてきたことについてもう一度考え直す、よい機会かもしれません。」
松村さんはこう、仙台市でアルジャジーラに話しました。
「文明の発展によってだけでは私たちの幸せを築けないのなら、本当の幸せとはいったいなんでしょう?」

④ 不安定な生存

国際放射線防護委員会(核ロビー、いわゆる原子力ムラやそこに属する専門家の幹部により構成される)は、9月11日福島市に集まり、放射線被ばくのリスクが一般の人々にほとんど誤解されている、と結論づけました。
しかし、誤解をしていようがしていまいが、すべての一般の人々は、福島での日常生活に対処していかなければなりません。

この会議は非公開で行われましたが、福島という場が使われたにもかかわらず、集まった専門家は住民が感じている不安に耳を貸そうとはしなかった、と感じた福島の住民を憤慨させることになりました。

⑤しかし、人々の営みは続く

住民が避難を余儀なくされている浪江のような町は、いまだにほとんど住民は暮していません。一方で福島第一原発から30キロの『計画的避難区域』とされている地区に、あえてとどまり続けている人々がいます。
ここでは、住民は避難するよう勧告を受けていますが、原発から20km圏内の日本人が『警戒区域』と呼ぶものとは違って、数名の人々が例外的に残留しています。

『計画的避難区域』とされる飯舘村車で通過すると、亡霊の町を通りすぎるのに本当によく似ています。商店の窓は打ち付けられた板で覆われ、外を歩く人の姿は見当たりません。作業目的の車両が通りすぎていくだけです。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 末期がん患者の85歳の女性 - 人生の最後に望んだものは 】

アメリカNBCニュース[メイキング・ア・ディフェレンス] 9月27日

今夜のメイキング・ア・ディフェレンスのレポートはアーカンサスからです。
このレポートを受け取った時、私たちは迷い無くこの話を皆さんと共有すべきだと考えました。
NBCのアン・トンプソンが「今は私は、満たされている」と語る女性の物語をお伝えします。

レポーター:これは楽しくなる騒音です。

レポーター:マーティ・バレットは、残り少ない人生の時間に、再びこのバンドの演奏を聴けるとは思っていませんでした。

マーティ「私にとって一番のスリルだわ。」

レポーター:ロジャース記念ハイスクール・バンドで孫のアンソニーが誇らしげに演奏するのは、マーティが買ってあげたトランペットです。

彼女は今、癌の最末期、ホスピスのケアの下にいます。
マーティは、アンソニーがフットボールの試合で演奏する様子を見に行くことができません。
彼女にはもう時間が残されていませんが、もう一度だけハイスクール・バンドの演奏を聴きたいと思っていました。

その願いを知った120人のメンバー全員が今週、彼女のもとにやって来たのです。
もちろん、アンソニーが今日の主役として、ひときわ目立つ場所にいます。

85歳のマーティは伝説のビッグバンド時代(1930~50年代)に生きた女性です。
一番のお気に入りはベニー・グッドマン。
でももうずいぶん時間が経ちました。

マーティの息子(アンソニーの父)「これほどのことをしてもらって、ほんとうに言葉もありません。」

マーティの顔に浮かぶのは、カーニバルが始まったことに興奮する子どものような表情です。
音楽を聴ける喜びと孫に対する誇り。

「愛してるよ、おばあちゃん」
「わたしもよ」

彼女にはまたひとつ、生きた証となる思い出ができました。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報