星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 放射能のない日本への戦い 】第4回

【 放射能のない日本への戦い 】第4回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

[ 苦難の道を歩む東北地方のコミュニティ ]
「東京電力は情報の抱え込みや情報提供の遅れが常態化」

アルジャジーラ 2011年9月

日本の文化風土により人々はあからさまな不満や反対意見を表明しませんが、人々が心理的に苦しんでいる、 そして助けを求め始めている、という兆候があります。
例えば、多くの人がまだ避難所に住んでいる気仙沼市の病院では、1,000人以上の犠牲者を出した津波の衝撃による、心理的な影響に対処するための診療を始めています。
患者の10%が心的外傷後ストレス障害に見舞われ、50%が臨床的措置が必要な程度に重篤な抑鬱状態にある、と診断されているとされています。


そして地域の人々が、原子力の安全問題の基本事項について学ぶことを余儀なくされていることが、すべての問題に影を落としています。
人々は政府や電力会社を信頼し、何とか前に進もうと努力しています。
しかし信頼を形作る事実は現れず、人々の心は揺らいでいます。

東京電力は情報の抱え込みや情報提供の遅れが常態化している、という評価がすでに確立しました。
政府の過失の程度は不明ですが、多くの人々は国が自分たちの安全を最優先にはしていない、と感じています。
こうした状況は様々なコミュニティにおいて、もはや物事を自分たちの手で進めようという小集団を生み出してい ます。

例えば、利用可能なガイガーカウンターの数が不足していることにしびれを切らし、福島県のエンジニアのグルー プは、独自の『メイド・イン・福島』 ガ イガーカウンターを制作しました。
彼らは周辺の学校にそれらを寄付する予定ですが、一か月ほどで一般向けにもリーズナブルな価格で販売できるよ うになります。

別のチームは、放射線によって汚染された土壌の除染方法、さらに家庭用に汚染された水の放射能の除染方法を考案しました。

ざっと700組ほどの福島県の親のグループは、放射線から子どもを守るための福島ネットワークを組織しました。この組織は放射線量の測定だけで満足するつもりはない、と語っています。

富山美恵子さんは、10月にグループが『ベジタブル・カフェ』を開設する予定だと語りました。そこに並ぶ野菜はすべて福島県外から直送されます。さらに1995年の阪神淡路大震災に襲われた大阪の農家と神戸の近くのコミュニティからは、安い価格で野菜が送られてくることになっています。

一言で言ってしまえば、福島県の一部の親たちは、いかなる機会も生かそうとはしていません。
日本の政府によって許可される食べ物や飲み物放射線のレベルは、他の国々よりも高くなっているのです。

「セシウム137が1kg当たり500ベクレルという値は、アメリカよりも、ベラルーシよりも、ウクライナよりもはるかに高い値です。しかも、輸入野菜のレベルはこれよりも低く設定されています。」
こう語る富山さんは、もはやスーパーマーケットにもこのような野菜が並んでいる以上、どこに安全な野菜があるのか、一人の力では探し出すのは難しいと付け加えました。
「セシウムのレベルがキロ当たり500ベクレル未満の食品の場合、この食品は安全で、放射線に汚染されていない、とされてしまいます。たとえそれがキロ当たり499ベクレルの値でも安全ということにされ、学校給食で提供されてしまうのです。」

ちょっとした作業でも、この問題の存在を気づかせることがあります。
東和町の農協では地元の農産物仕分センターに放射能測定装置を購入し、人々が安心して商品を購入できるようにしています。
地元NPO(非営利状態の組織)の会長武藤さんは、グループはまた、京都の桑の実ファームから寄贈されたガイガーカウンターを用いて、80か所以上のポイントの放射線量を測定していると述べました。
地上レベルでの放射線量を測定するだけでなく、食品内の放射線量を測定していることで、消費者はいくらか安心しています。
「しかし、私たちは土壌を除染しなければなりません。
それをして初めて、私たちは人々の心から何も知らされていない、という懸念を取り除くことができるのです。」
と武藤さんは語りました。

〈つづく〉

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 こどもたちとミシェル・オバマ大統領夫人の挑戦 】

10月12日 アメリカNBCニュース

今からご覧いただくのは2組の『ファースト』、始めはファースト・レディのミシェル・オバマ大統領夫人、もうひとつはホワイトハウスの裏庭で、ジャンピング・ジャック(跳躍運動)に初めて挑戦するこどもたちのグループです。
これは大統領夫人の、子どもたちを健康にする運動の一環なのです。
これはNBCのキャスター、アル・ロカーがリードし、ナショナルジオグラフィック・少年版がホストする、400人の子どもたちが元気いっぱいジャンピング・ジャックの、ギネス記録に挑戦するイベントの一部として行われました。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報