星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 放射線が子どもたちを攻撃するメカニズム・第2部 】《3》

【 放射線が子どもたちを攻撃するメカニズム・第2部 】《3》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

こどもたちの命にかかわる問題の存在までが隠ぺいされている
フクシマ程甲状腺がんの発症割合が高い場所は、世界中でチェルノブイリ周辺以外にはない
事故前は国内最低だった福島の甲状腺ガン発症比率、事故後突出して高くなったにもかかわらず、放射線との関連を認めない『専門家』

フェアウィンズ 7月7日

マーガレット・ハリントン :
それでは福島第一原発の事故が発生した際、原子力発電所の周辺住民が事前に配布されていなければならなかったヨウ素剤の準備が全くなされていなかったことについて検証しましょう。

マギー・ガンダーセン :
さて、ヨウ化カリウムは人間の甲状腺に無害なヨウ素を吸収させることにより、放射線影響を緩和して甲状腺ガンの発症を予防する働きがあります。
しかし内部被ばくを防いだり、放射性物質が放つ放射線から皮膚を守ったりする効果はありません。
飽くまで甲状腺がんだけに対してのみ効果が期待されるものですが、特に甲状腺がんを発症しやすい女性や子供たちを守る際に一定の効果が期待できます。
しかしアメリカでは第二次ブッシュ政権時代、原子力発電所が事故を起こせばきわめて重大な事態が起きるという現実を住民に突きつけて怯えさせないようにするため、そのヨウ化カリウム(ヨウ素剤)の準備すらやめてしまったのです。
そうです、住民を放射線の脅威から守る代わり、原子力産業の印象を守るという選択です。
そして福島で3基の原子炉がメルトダウンした時に起きたことも、まさにその通りの出来事でした。

線量調査の列
日本の官僚機構は福島の住民を守るためのヨウ素剤の必要性の説明と配布を行いませんでした。
理由は上からの命令が無かったからです。
結局ヨウ素剤は配布されず、多くの子どもたちが甲状腺がんを発症するという結末を迎えてしまったのです。

マーガレット・ハリントン :
福島第一原発の3基の原子炉がメルトダウンしたことによって、福島の子どもたちの甲状腺がんの発症割合が高くなったという点について、さらに詳しい検証が必要なようですね。金子さん、あなたはこの問題について詳しい説明が出来ますか?

金子チホ :
ええ、福島県は福島第一原発の事故が発生した当時18歳以下だった子供たちの甲状腺がんの発症状況について追跡調査を続けています。該当するのは約300,000人の子供たちです。
最新の調査では172人 – 彼らは現在青少年といった年代に達しています - が甲状腺がんの発症が確認されるか、あるいは発症している疑いを持たれています。
このうち131人がすでに切除手術を受けました。
これはかなりの数です。
福島第一原発の事故が発生する以前、子どもたちに甲状腺がんが発症する確率は100万人に1人ないし2人でしたから、それと比べれば大変多い数であるはずです。

112813
マギー・ガンダーセン :
福島県の子どもたちの甲状腺がんの発症割合は、福島第一原発の事故以前は全国で最低レベルでした。現在は全国で群を抜いて高くなっています。

金子チホ :
問題なのは、こうした事実が何を意味するものなのか文政する立場の『専門家』達の行動です。
今日でさえ彼らは、子どもたちの甲状腺がんの発症割合が非常に高くなっているという事実について、放射線との因果関係を結論づけることは難しい、そう言い続けているのです。

マギー・ガンダーセン :
それはまったく偽りであることは明らかです。
世界中にそれ程甲状腺がんの発症割合が高い場所は、チェルノブイリ周辺以外ありません。
原子炉のメルトダウンが始まるとその早い段階で放射性ヨウ素が放出されることになります。
そして放射性物質はあらゆる配管からあらゆる廃水から漏れ出し、あるいは放出されて、人間の甲状腺を攻撃することになるのです。

GRD14
マギー・ガンダーセン :
おっしゃる通り、フクシマでは組織的に放射線の影響の事実が隠ぺいされています。
私たちはその目撃者です。
オバマ大統領はつい最近、ヒロシマへの歴史的訪問を実現させました。
しかし私は次のことは見過ごせない事実だと思っています。
オバマ大統領は広島における放射性障害については一言も言及しませんでした。
さらにはフクシマで起きたメルトダウンについても一切触れようとはしませんでした。
それはすなわち、事実の存在そのものを否定する行為です。

マギー・ガンダーセン :
オバマ大統領は日本に原爆を投下したことについて、日本の人々に対する謝罪は行いませんでした。私個人の感想を言わせていただければ、非常に失望しています。
アメリカの政府関係機関に残されている記録を検証すれば、原爆投下の本当の目的は戦争を終わらせることではありませんでした。
戦争そのものは実質的にはもう終わっていました。
しかしロシア人たちにアメリカは原爆を開発する技術を持っており、その威力はこれだけのものなのだという事を見せつけるためのものでした。
しかしその技術とはただただ破壊と殺戮をするためのものでした。
アメリカはこの点を謝罪すべきだったと私は考えています。

オバマ広島訪問02
そしてもう一点、オバマ大統領は福島第一原発についても一切言及しませんでした。
私は米国原子力規制委員会、エネルギー省、そしてアメリカ政府の諸機関が、フクシマの事実の隠ぺいに加担していると信じています。
アメリカ政府は核燃料の再処理施設の稼働を維持するために資金提供を行っていますが、その財源はアメリカ国民が納税したものです。
しかしアメリカ国民の80%は核燃料の再処理施設の閉鎖を望んでいます。
さて私はアメリカ国民としての立場から原子力・核兵器、政治権力とカネに関する私の見解を述べさせていただきましたが、金子さん、日本人としてのあなたの見解はどのようなものですか?

《4に続く》
http://www.fairewinds.org/nuclear-energy-education//children-suffer-nuclear-impact-worldwide-part-2
 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 8月2日の報道社員から 】

アメリカNBCニュース 8月2日

day01
リオデジャネイロの競技場で練習するドイツのトラック競技自転車チーム。(写真上)

イスラエル北部のアクレを取り囲む古代の城壁から地中海に飛び込むアラブ人の少年たち。(写真下)
day02
http://www.nbcnews.com/slideshow/today-pictures-august-2-n621911

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報