星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 捨てられた盲目の犬、その感動的な変身 & がんへの恐怖、そしてうつ病が蔓延する日本の避難民〈第3回〉

捨てられた盲目の犬、その感動的な変身 & がんへの恐怖、そしてうつ病が蔓延する日本の避難民〈第3回〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

アメリカABCニュース 3月27日

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

この心温まる動画はロスアンジェルスの捨てられた盲目の犬が、どうやって生まれ変わることができたのかを伝えてくれます。
ビデオはフィオーナという名の不潔なプードル、はじめは怯えていた彼女が視力を取り戻すまでの物語です。

動物救援組織[動物たちの手にも希望を]のボランティアが、ロスアンジェルス南郊のゴミ捨て場の中から一匹のプードルを救い出しました。
「フィオーナは全くうらぶれた姿をしていました。吠えることもできず、そして明らかに盲目でした。その上体中ノミだらけでした。彼女は長い間捨てられたその場所で生きてきたのです。」
救援組織の設立者エルダッド・ハガーが語りました。

ハガーと彼の妻オードリーは、フィオーナを自宅につれて帰り、殺菌消毒してして取り除いた寄生していたノミを一掃した後体を洗い、トリミングをし、健康を取り戻すまで看病しました。
これまで12年間動物の救援を行ってきたハガーは、フィオーナを見た瞬間、盲目であることがわかりました。
「彼女の眼球は白色でした。私たちはフィオーナをすぐ獣医のもとに連れて行くべきであることがわかっていました。」
ハガーは、ABCニュースのインタビューにこう答えました。

ハガーはロスアンジェルスの眼科を得意とする獣医師のマイケル・チャンのもとにフィオーナを連れて行き診断を受けさせましたが、彼女は実際に盲目でした。
高額な眼球手術のために必要な資金を調達するため、ハガー夫妻はフィオーナの物語をオンラインで公開し、寄付を募りました。
「私たちは世界中から寄付を受け、4日間で必要な金額の4,000ドル(約32万円)を調達することができたのです。」

チャン医師は、犬の眼球のレンズを交換する手術を行いました。
見えるようになったのは片目だけでしたが、多分それで十分でした。
カメラはすっかり元気になり、しっぽを振りながら、元気に病院の中を走り回るフィオーナの様子をとらえています。

[動物たちの手にも希望を]のメンバーはフィオナの物語が世界中の人々に、どんなに小さな命であってもかけがえの無いものであることを伝えてくれるよう願っています。

「人間は動物たちに背を向けるべきではありません。あなたがもし困っているとき、周囲の人々に背を向けられたらどんな気持ちになりますか?」
ハガーがこのように語りました。
「本当に困ったときこそ、差し伸べられた手によって、いろんなことが良くなっていくはずです。」

フィオーナには新しい飼い主が現れ、ビデオには全く生まれ変わった彼女の様子が映し出されています。
「彼女はいま、素晴らしい家族に恵まれとても幸せに暮らしています。初めて会った時とは全く別の犬に生まれ変わりました。」
ハガーが語りました。
「どうですか、フィオーナが世界で最も幸せな犬に生まれ変わった様子を見て、あなたも幸せな気持ちになれるでしょう?!」

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

もうお分かりいただけたと思いますが、命というものは本当に大切なんだ、ということを痛感させられます。
あのうらぶれた盲目の犬が、こんな快活に、こんなに楽しそうに生きることができるなんて…
小さな命をひとつひとつ、いとおしみながら守っていける社会をつくっていくこと。
それが文明の進歩の本質だと思っています。

ましてこの国の子供たちの命は、何にも優先してこの国が守らなければならないもののはず。
それを本然として持っていない人間が、政治家や高級官僚であっては、未来が作れなくて当たり前です。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 がんへの恐怖、そしてうつ病が蔓延する日本の避難民 】
[福島の原子力大災害]〈第3回〉
「もっと広範な徹底的な調査を行わない限り、今回の日本の大惨事の全貌は明らかにできない」

デア・シュピーゲル・オンライン(ドイツ) 2012年3月9日

▽ チェルノブイリからの教訓

メットラーやヴァイスのような放射線専門家の主張の根拠とするのは、チェルノブイリの大惨事の研究結果です。
2011年4月『原子放射線による影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)』は、チェルノブイリの大惨事に関する最新の研究結果を発表しました。
この報告書は事故当時、工場の敷地内で収束作業を行った50万人以上の作業員の検査に基づくものです。
この結果を約100万の住民の甲状 腺に蓄積された放射線量を比較しました。
チェルノブイリの大惨事が甲状腺ガン発症の直接原因となったとみられる子供と若者の数は、6,000人を超えました。
しかし、チェルノブイリでは他の種類の癌を引き起こしたという、決定的な証拠はありませんでした。

核戦争防止のための国際的な医師団(IPPNW)とグリーンピースは、ともにUNSCEARが発表したデータに疑いを抱き、もっと広範な徹底的な調査を行わない限り、今回の日本の大惨事の全貌は明らかにできないと、真っ向から批判しています。
そしてUNSCEAR内に4つのグループを設立すべきであるとしています。

1番目は福島第一原発でメルトダウンが発生した当時施設内にいた作業員と、一般と比較して明らかに大量被ばくしてしまった人々を調査する部門。
2番目は一般市民の被ばくの実態を調査する部門。
3番目は福島第一原発から放出された放射性物質の総量と、それがどこまで環境を汚染したのか、すべての資料をかき集め、実態を明らかにする部門。
4番目は入手したデータの信頼性について専門に検証する部門。

「データを検証し、評価することは最も重要なことであり、決定的手段を手に入れることにつながります。」とヴァイスも認めています。
今回の大惨事に対する日本政府の初期のあまりにひどい情報提供の在り方を見て、国連は透明性と独立性の確保に力を入れたい、と考えるようになりました。

今年5月にUNSCEARは最初のレポートを公開し、もう一つの大きなサマリーレポートは、2013年5月に予定されています。
UNSCEARは今年5月、この問題に関する最初の報告書を公表し、来年5月にはさらに詳しい報告書の公表を予定しています。

ところで世界の複数の専門家は、一つの重要な点について同じ意見を持っています。
すなわち、原子力大惨事による心理的な打撃は、被災者に放射線そのものよりも大きなリスクをもたらす、という事です。
チェルノブイリ事故の後、避難者の多くがストレスやうつ病、絶望感に苦しみ、同じような状況に追い込まれました。
食生活が粗末になり、喫煙やアルコール依存が高まり、結果的に癌のリスクを高めることになってしまいました。

看護師の松本さんもこの点には同意しています。
葛尾難民が抱える一番の問題は、今や放射線ではなく、体を動かす機会が極端に減ってしまったことです。

村民のほとんどは、大惨事の前には懸命に働いていた農民たちでした。
今、緊急避難施設にいて食生活をレトルト食品などに頼っている彼らは、かつては自分たちが育てた新鮮な野菜を食べていました。おかげでコレステロールの値や血糖値が上がる傾向にあります。
「すでに何人かの人がうつ病になってしまいました。」
松本さんがこう語り、さらに以下のようにつけ加えました。
ここにいる避難民の人々は、それに加えて職を失い、住んでいた家も失いました。

「いったいどうしたら、事態を改善できるのか、全く見当がつきません。」
〈完〉

http://www.spiegel.de/international/world/0,1518,820314,00.html#ref=rss

video platform
video management
video solutions
video player

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報