星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 安倍首相の戦後70周年の談話は、アメリカの事前検閲(?)を受けていた?! 】DW

【 安倍首相の戦後70周年の談話は、アメリカの事前検閲(?)を受けていた?! 】DW

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

中韓両国以上に、安倍首相の談話に神経をとがらせていた国がある
多くの日本国民が安全保障関連法案の本当の目的に疑念を持つようになり、安倍政権の支持率は急落している

ドイチェ・べレ(ドイツ国際放送) 8月14日

70周年談話
安倍首相は第二次世界大戦(太平洋戦争)の終了70周年の節目となる前日の8月14日、首相としての談話を発表し、日本の歴代の総理大臣が、『繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました』との引用を行いました。
しかし自身による謝罪の言葉は無く、ひとつひとつの言い回しが極めて慎重に選ばれていました。

この首相談話については日本の侵略をうけたアジア各国の中でも、特に中国と韓国がその内容について注目していました。
2か国が注視していたのは、談話の中に「心からの謝罪」「痛切な反省」、そして日本の「植民地支配と侵略によって、多大の損害と苦痛を与えた」という事実認識が含まれているかどうかという点でした。

1945年8月15日、当時の裕仁天皇の無条件降伏の受諾から70周年になる日の前日、安倍首相は第二次世界大戦中、日本軍が東南アジア諸国の植民地支配を目指して様々な非人道行為を行った史実に対し、これまで日本の歴代の首相が謝罪を繰り返してきたという事実を引用しました。

泰緬鉄道04
今回の談話について中国、韓国両政府は、日本の第二次世界大戦(太平洋戦争)当時における日本軍の戦争犯罪や非人道行為を過小評価する保守タカ派の人物として国際的にも知られる安倍首相が、歴代内閣の見解とは明らかに異なる立場を表明するのではないかとの懸念を強めていました。
これに対し安倍首相は「こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。」と表明しました。
しかし、次の一文を加えたことが注目されることになりました。
「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。」

▽ 歴史が歪曲されてしまう事への懸念

しかし第二次世界大戦(太平洋戦争)の傷跡は、日本と中国・韓国との関係に悪影響を与え続けています。
中韓両国とも、1945年に無条件降伏するまでの間、日本の植民地支配の中で戦争犯罪や残忍な非人道行為に苦しみました。

日本無条件降伏
中国政府も韓国政府も、第二次世界大戦(太平洋戦争)以後の歴史の中で画期的出来事となった、1995年の村山富市首相の50周年談話の発表以来、日本がその立場を堅持することを明確に望むようになりました。

談話の中で村山首相は日本が行なった「植民地支配と侵略行為」により、アジア各国の人々が多大な損害と苦痛を強いられたことについてはっきりと謝罪しました。
「私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。」
20年前、村山首相はこう述べました。

▽ 中韓両国以上に、安倍首相の談話に神経をとがらせていた国がある

中国との関係改善が少しずつ進む中、そして安倍首相の北京訪問の可能性が現実味を帯びてきている状況下、中国政府はかつてない程談話の一字一句に注目していました。

安倍首相が自分に対する評価を良くしようとしていた相手は、中国・韓国政府だけではありませんでした。
安倍首相は中国・韓国との外交関係を改善するだけでなく、アメリカ政府内の自分に対する支持固めをする必要にも迫られていました。

安部自衛隊行進
「現実を直視すれば、安倍首相の聴衆は、アメリカ合衆国だったのです。」
東京の城西国際大学の客員教授であるアンドリュー・ホルバート氏がこう語りました。
「もしアメリカ合衆国の存在が無ければ、安倍首相はこれ程慎重な言い回しを工夫することは無かったでしょう。」
安倍首相は談話の発表に先立ち、10日月曜日米国のキャロライン・ケネディ駐日大使と会談しました。

安倍首相の政治的立場に対する評価は、かなり強硬な保守タカ派というものです。
安倍政権が現在成立を目指している安全保障関連法案は、平和憲法の規定を空文化するものだという国内の批判が渦巻く中、70周年の談話は公表されました。
多くの日本国民が安全保障関連法案の本当の目的に疑念を持つようになり、安倍政権の支持率は40%以下に急落しました。

アメリカ政府は安倍首相が主張する、台頭する中国の脅威に対抗するためには集団的自衛権を確立する必要があるという見解、そして日本の法体系の変更を『歓迎する』意向を明らかにしています。

http://www.dw.com/en/japan-pm-treads-carefully-in-wwii-anniversary-speech/a-18648654
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 戦争・暴力・貧困に追われ、綱渡りの脱出を続ける難民たち 】《2》

アメリカNBCニュースほか 9月2日
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)

Day07
9月2日、トルコのリゾート地ホドラム近くの海岸に打ちあげられたシリア難民の3歳の男の子、アイラン・クルディの遺体を抱え上げて歩くトルコの警官。
家族はギリシャ渡る途中の海の上で、乗っていたゴムボートが転覆し、アイランとガーリブ(5歳)の兄弟、そしてその母親のレーアン(35歳)が溺死しました。(写真上)

一夜のうちに家族を失い、トルコの遺体安置所で泣き崩れる父親のアブドラ・クルディ。
アブドラも転覆後に半ば意識を失った状態で救助され、その後病院で意識を回復した後に、家族の死を告げられたと地元トルコのメディアが伝えました。
彼らはカナダに移住することをめざす途中で、悲劇に見舞われました。(写真下・以下同じ)
day04
トルコからギリシャのレスボス島にやってきた難民たち。
ギリシャのニコス・ゾイス交通副大臣によると、2015年に入ってからすでに230,000人以上の難民がギリシャに上陸しました。
昨年の同時期の17,500人の13倍以上という激増ぶりです。
DAY02
ギリシャからマケドニアに向かう避難行の途中、急斜面を登ろうとする父親の腕の中でむずかる子供。
DAY03
ハンガリーの首都ブダペストからオーストリア行の通列車に殺到する難民、泣き叫ぶ男の子を抱え上げています。
戦争に追われて難民は急増を続け、ブダペストからは毎日一便につき200人から300人の難民を乗せて、列車が西側世界に向けて走り続けています。
DAY05
ブダペストから出発した後停止を命じられ、列車から降りていったん難民キャンプに入るよう命じられた難民の家族が、線路の上でハンガリーの警官と争う様子。
一日も早くドイツ、オーストリア領内に入ろうとする難民たちとの間に、毎日こうした争いが起きています。
Day06
ハンガリー国内の駅で、ドイツに行きたいというプラカードを持つ難民の少女。(この写真のみガーディアン http://www.theguardian.com/world/2015/sep/03/hungary-train-diverts-refugees-back-to-camp )
Day09
「私たちは喜んで難民を迎え入れます」声を挙げ始めたイギリスの市民たち。(この写真のみインディペンダント http://www.independent.co.uk )
Day10
http://www.nbcnews.com/news/photo/today-pictures-september-3-n421456

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報