星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 太平洋戦争の惨禍について、首相よりも踏み込んだ謝罪をされた天皇陛下 】《後篇》GRD

【 太平洋戦争の惨禍について、首相よりも踏み込んだ謝罪をされた天皇陛下 】《後篇》GRD

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

国内保守タカ派の支持を失いたくない、中韓両国も刺激したくない、結局『作為的言辞を弄』せざるを得なくなった安倍談話
日本が平和主義、民主主義、法治国家としての成り立ちを守り続けてきた、その来歴は、国家建設の模範として、不朽の価値を持つ

ジャスティン・マッカリー / ガーディアン 8月15日

追悼式典2015
14日金曜日に公表した談話の中で安倍首相は
「戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。」
と間接的な言及を行いました。
しかし安倍首相は日本国内では『従軍慰安婦』と通称される韓国女性の性奴隷の問題については、一切具体的言及をしませんでした。

中国国営の新華社通信は解説の中で、自らの支持基盤である日本国内の保守層へ配慮せざるを得ない一方、中国との外交関係にこれ以上のダメージを与えないようにしたい安倍首相が、『作為的言辞を弄した』として非難しました。
「日本の将来の世代がこれ以上謝罪を続ける必要はないとつけ加えることで、安倍首相は今回を最後に
ひとつの歴史のページを閉じようとするかのような姿勢を見せました。」
「明白な謝罪を行う事を避ける代わりに、『我が国は繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました』などの表現を用いるなど、安倍首相の談話には修辞的にかみ合わない点がいくつも見受けられます。
これは安倍首相が歴史を歪曲しようとしていることの決定的証拠であり、それこそが日本と近隣諸国との関係を損なってきた根本原因なのです。」

日本軍・舟山列島
中国外務省は次のようにコメントしました。
日本は「第二次世界大戦(太平洋戦争)当時に行った侵略について明快な説明と誠実な謝罪を行なわなければならない」、そして
「そのアジアの近隣諸国と世界的なコミュニティの信用を得るために、具体的な措置をとるべきである」

しかし、中国政府、韓国政府の反応は、一部が予想したものより抑えたものでした。
これについては現在の安倍政権はこれまでの歴代内閣の立場から離れ、中国韓国が望むものとは大部違う姿勢を見せているものの、『謝罪と反省』の姿勢は今後の日本の政権によって受け継がれていくだろうと両国政府とも判断していることを示すものだと受け止められています。

14日土曜日朝、少なくとも2名の閣僚を含む約60人の保守派の国会議員が靖国神社を参拝しました。
靖国神社は250万人の日本の戦没者を追悼する日本の宗教施設ですが、一方で14人のA級戦犯をも合祀しています。
敷地いっぱいに詰めかけた大日本帝国陸軍の制服を身に着けたり、ダークブルーの戦闘服を着込んだ右翼の過激派が日章旗を打ち振る中、この議員グループは靖国に入りました。

南京虐殺
この靖国神社については中韓両国は日本の軍国主義の象徴的施設とみなしており、終戦記念日に参拝して両国の反安部世論に再び火をつける危険を避けるため、今回安倍首相は加わりませんでした。

その代わり安倍首相は側近の萩生田光一氏を派遣し、靖国神社に供物として現金を供えさせました。
「先の大戦で尊い命を捧げられた英霊の御霊に心からの敬意を表しました。」
萩生田氏はこう語り、安倍首相は自由民主党総裁として現金をお供えしたと語りました。

高市早苗総務大臣は参拝の後、記者団の質問に次のように答えました。
「戦争犠牲者をどう追悼するかは、それぞれの国内問題であり、外交問題にすべきものではないと考えます。」

安倍首相は自身としては新たな謝罪には言及しない一方、日本の『侵略』行為について言及し、次のように延べました。
「何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛を、我が国が与えた事実。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。一人ひとりに、それぞれの人生 があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみしめる時、今なお、言葉を失い、ただただ、断腸の念を禁じ得ません。」
そして次のように続けました。
「いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。」

太平洋戦争01
米国は安部首相の談話を歓迎する声明を発表し、戦後の日本の発展は他の国にとっての模範であると表現しました。
「我々は第二次世界大戦中に日本による侵略の犠牲になり、苦痛を受けあるいは犠牲になった人々に対する安倍首相の心から後悔と、過去の歴史認識について歴代の内閣が表明した立場を引き継ぐとする姿勢を明らかにしたことを歓迎します。」
国家安全保障会議スポークスマンのネッド・プライス氏がこう語りました。
「過去70年間日本が平和主義、民主主義、法治国家としての成り立ちを守り続けてきたその来歴は、国家建設のひとつの模範として不朽の価値を持っており、この国のいたるところに確立しているのを見ることが出来ます。」

〈 完 〉
http://www.theguardian.com/world/2015/aug/15/japans-emperor-strikes-more-apologetic-tone-than-abe-over-second-world-war
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 8月19日の報道写真から 】

アメリカNBCニュース 8月14日
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)

DAY01
8月20日、シリア、反政府勢力側の勢力圏ドゥマ。シリア政府軍による空爆の後、血が流れた地面を通り過ぎる少年。
シリア政府軍がダマスカス近郊で空爆により100人以上の市民を殺害した後、監視を続けるヒューマンライト・ウォッチは国連に対し、シリアに対する武器禁輸を行うよう要求しました。(写真上)

アーリントンの国立墓地でアメリカ陸軍航空隊がアフガニスタンで犠牲になった別の葬儀が行われる中、同じくアフガンで犠牲になった同僚の軍曹の墓参のため訪れたアメリカ陸軍の軍曹と女性軍曹。(写真下・以下同じ)
DAY02
ギリシャのコス島に漂着し、神に祈りを捧げるパキスタン難民。トルコ国境近くのギリシャ各地には、財政危機が続く中での観光シーズンに、大量の難民が殺到しています。
DAY03
ギリシャの各地の島から移送され、代表港ピレウスに到着した約2,600人のシリア難民。
day04
ギリシャのレスボス島に漂着したアフガニスタン難民の女性。トルコ国境に近いギリシャ各地には現在、1日平均200名の難民が入り込んでおり、救援活動を行っている民間団体はもはや限界を超えていると警告しています。
DAY05
ネパールの首都カトマンズで、地震により倒壊した寺院のレンガが積み上げられた上に集まったハトと男性。
Day06
アフガニスタン、カブール、砂嵐の中を歩く男性。
Day07
http://www.nbcnews.com/news/photo/today-pictures-august-20-n413501

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報