星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 私たちは今、どのような歴史の目撃者になろうとしているのか? 】《後編》

【 私たちは今、どのような歴史の目撃者になろうとしているのか? 】《後編》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

近代的民主主義国家と国民の象徴として、平和な社会を望んでおられる明仁天皇
平和と民主社会の実現に貢献した現行の平和憲法を大切にされている明仁天皇

加藤 典洋 / ニューヨークタイムズ(公募論説) 8月16日

明仁天皇退位
明仁天皇の生前退位を実現させたいという要望が、現在の憲法を改定する決心を露わにしている安倍政権の姿勢と関連するものだという事は、今や誰の目にも明らかな状況にあります。
1890年当時の明治憲法の下でかつてそうであったように、安倍首相率いる自民党が提案する憲法改定の中には、天皇を現在の国民の象徴から再び国家元首の座に戻すという条項があります。
何のためにそのような改定が必要なのかは明らかにされてはいませんが、一つ言えることは戦後の日本が掲げてきた理想主義の否定であることは間違いないという事です。

明仁天皇
何人かの専門家は、安部政権がNHKに対し、明仁天皇が生前退位されたいという意向を持っていることを大きく取り上げるよう密かに圧力をかけた可能性があると指摘しています。
現在の法体系では生前の退位は不可能であり、具体的手続きに着手することが出来ません。
明仁天皇の生前退位は、まず憲法を改定することにより実現するのが最も確実な手段である可能性が高く、安倍政権はこの問題を着手点にして宿願とする憲法の他の条文の改定を一気に進めたいと考えているというものです。

しかし私にとってより説得力のある解釈は、現行憲法を改定しようという安部政権のあからさまな姿勢について、明仁天皇がひどくお気持ちを害されているという事実です。

安部自衛隊行進
安倍政権が目指す憲法改定においては、天皇の役割が政治的なものに変わるだけでなく、国際紛争の解決手段として戦争行為を禁じている、いわゆる平和条項が削除されることになります。
明仁天皇が望まれているのは『新たな憲法問題』を提起することにより、安倍首相の任期が尽きる2018年まで安倍政権が意図している憲法改定への作業を遅らせようと考えておられる可能性があります。

そしてどちらを優先させるのかと考えた場合、人間としての問題により重きを置くべきでしょう。
明仁天皇はすでに高齢であり、さらにその存在の重要性を考えれば、生前退位の問題こそまず着手されるべきでしょう。

これまで記してきた中でどれが正しいのか、それを確かめるすべはありません。
しかしながらひとつだけ間違いのないことがあります。

強制労働03
仮にその表現が曖昧なものであったとしても、史上初めての明仁天皇の大胆な意向の表明は、日本の一般国民の中の印象を父である裕仁天皇よりもより大きなものにしました。

裕仁天皇は『現人神』として長年人々の上に君臨した後、『国家の象徴』という抽象的立場に置き換わることを求められました。

そして今明仁天皇は、誰もが予想していなかった新たな段階にあることを示し、そしてご自身の強い意志の下、戦後の天皇の地位が本来どうあるべきかについて明確に示されることになったのです。

明仁天皇は帝位について以来、これまでずっと憲法の遵守を自らの態度によって示すよう努められ、平和と国際協調への関与に積極的に取り組んできました。

明仁天皇の生前退位の試みが成功すれば、日本の天皇は『神聖かつ不可侵の存在である』という長年の概念を覆すことになります。

皇太子
そして天皇自身が、戦後の民主主義体制と法体系の中で人間であるという点においては一般市民と変わらないのだという事を証明することになるでしょう。


+ – + – + – + – + – + – + – + – +

【 アイウィットネス 】

ガーディアン 8月21日、

Eyewitness01
8月21日日曜日、英国ウィルトシャー、ソールズベリー平原の無人のインバー村に向かって進む3台のルートマスターバス。
インバー村は1943年、大陸侵攻の準備のためアメリカ軍の居留地となり、村人全員が他の場所へと移住させられました。
それ以来無人となったインバー村は英国国防省に管理され、日曜日のみ一般市民の立ち入りが許可されています。(写真上)

英国スコットランド、年に一度開催されるレアグの子羊のオークションに集まった農民たち。
このオークションは家畜市場としてはヨーロッパ最大規模のもので、北部スコットランド全域から集められた約20,000頭の羊が取引されます。(写真下・以下同じ)
Eyewitness02
8月16日、中国四川省全域に高温注意報が出され、6,000人以上がリゾート都市遂寧のプールに殺到しました。
Eyewitness03
https://www.theguardian.com/world/series/eyewitness

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報