星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 原発立地自治体での投票を繰り返しながら、じりじりと再稼働へと進む日本 】

【 原発立地自治体での投票を繰り返しながら、じりじりと再稼働へと進む日本 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

川内原発の再稼働によって生活と生計手段が脅かされる可能性がある住民全てを対象に、公開の場でその意向が確認される必要がある
川内原発から60キロ、霧島連山の硫黄山では火山活動が活発化

ジャスティン・マッカリー / ガーディアン 10月28日

川内原発NYT
薩摩川内市議会は九州電力・川内原発2基の原子炉の再稼働の可否に関する議決を行い、賛成多数で承認、ここに2011年に発生した福島第一原子力発電所の事故以降初めての日本国内での原子力発電の再開が実現される見通しが強まりました。

東京の南西およそ1,000の場所にある鹿児島県薩摩川内市議会の26人の議員中19人は、九州電力・川内原発の再稼働に賛成票を投じました。
4人が反対、3人が棄権しました。

九州電力・川内原発は福島第一原発の事故後に導入された新しい安全基準を一番最初にクリアしましたが、薩摩川内市議会の議決により直ちに再稼働できるわけではありません。
九州電力は操作上の安全基準をクリアする必要があり、続いて鹿児島県の承認を得る必要があります。
こうした事情から川内原発の2基の原子炉が実際に再稼働するのは翌年になる見通しだと、県の関係者が語りました。

今回の動きは日本の原子力発電を段階的に再稼働させ、福島第一原発の事故以前と変わらぬ状況にまで復活させようと考えている安倍晋三首相には追い風となります。
原子力発電所の停止により、原油と天然ガスを大量に輸入せざるを得なくなっている日本はそのコストに苦しんでおり、さらには温室効果ガス削減の目標達成も危うくなっているとして、安倍首相は原子力発電所の再稼働を支持しています。
一方で大多数の日本国民が原子力発電所の再稼働を望んでいない現実に直面している安倍首相は、再稼働させるかどうかの最終的判断は地元に一任すると語っています。

川内原発再稼働02

グリーンピースは28日に行われた議決は、九州電力・川内原発周辺の住民たちの意思と『はっきり矛盾している』とするコメントを公表しました。
「多くの重要な安全上の問題が未解決であるか、無視されています。川内原発の再稼働によって生活と生計手段が脅かされる可能性がある住民全てを対象に、公開の場でその意向が確認される必要があります。」
グリーンピース・ジャパンで原子力発電問題に取り組んでいる柏木愛氏がこう語りました。

他の多くの原発立地自治体がその経済を原子力発電所に頼っているのと同様、薩摩川内市もまた歳入の多くを原子力発電関連に依存しています。

日本国内のすべての原子炉が2011年3月11日の巨大災害以降、稼働を停止しました。
この時襲った巨大地震と巨大津波は福島第一原子力発電所の重要な設備である原子炉冷却システムを破壊し、3基の原子炉がメルトダウンの状態に陥りました。
この事故により福島第一原発周辺で生活していた160,000人の人々が避難を強制されることになり、市町村そのものも放射性物質に汚染されてしまいました。
未だに多くの避難住民が、放射線線量が高すぎるため故郷にも自宅にも戻れずにいます。

101406

日本では福島第一原発の事故の発生を受けて原子力発電所の安全基準が改定され、稼働を続けるためにはこの基準をクリアする必要が生じ、このため国内の稼働可能な原子炉48基がすべていったん停止しました。
稼働を停止した原子力発電所に代わり主に国内の火力発電所がフル稼働の体制に入ったため、日本では化石燃料の消費が一気に増大、原油と天然ガスについては輸入に頼らざるを得ない経済事情に大きな影響が出ることになりました。
福島第一原発の事故発生以前、日本は電力の供給の約30%を原子力発電に依存しており、2030年にはその比率を50%にまで引き上げる計画がありました。

川内原発の再稼働については、周辺自治体住民の意向がはっきりと分かれています。
2基の原子炉が立地する薩摩川内市に対しては、数十億円に上る補助金が給付されています。
しかし原子力発電所からそう遠くない位置に有り、万が一事故が起きれば薩摩川内市とほぼ同様の健康被害が発生すると考えられる、いちき串木野市のような自治体に対する助成金等の金額はきわめて限られています。
今年度、いちき串木野市の30,000人の市民の半数以上が、川内原発の再稼働を止めるよう求める嘆願書に署名しました。

この問題は川内原発から約60キロの場所にある火山の活動が活発化し、専門家が小規模な噴火が起きる可能性があると警告したことにより、より一層込み入ったものになりました。

御嶽山06
日本の気象庁によれば、霧島火山のうち硫黄山では最近になって微弱振動が増加しており、最近発生した7分間続いた弱い地震等などの状況を考え合わせると、火山活動が活発化している可能性があります。

http://www.theguardian.com/world/2014/oct/28/japan-nuclear-power-reactors-satsumasendai-fukushima

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報