星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 原子力発電は廃止しなければならない、その理由 】〈後編〉[ザ・ガーディアン]

【 原子力発電は廃止しなければならない、その理由 】〈後編〉[ザ・ガーディアン]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

「ストレステストは原子力業界がこれまで通り事業を継続することを、一般国民に受け入れさせるためのPR事業の一環」
「利益を上げ続けている原子力発電所に、巧妙に粉飾された公的補助金が交付され、コストを不当に安く見せている」
「福島第一原発の事故から1年、最終的な原子力発電の廃止について、次の事故の発生まで待つべきではない」

キャロライン・ルーカス/レベッカ・ハームズ/ダニー・コーン・ベンディット / ザ・ガーディアン 2012年2月17日

ヨーロッパの市民の反応は、EU全域のストレステストの結果を待っている状態です。
しかしながらこれらのストレステストは一面では、原子力業界がこれまで通り事業を継続することを一般国民に受け入れさせるための、PR事業の性格を持っています。
ストレステストの中身には火災、人為的ミス、必ず起きるはずのインフラの劣化や飛行機の墜落事故などの重要な要因が含まれず、原子力発電所の完全なリスク評価と呼べるものではありません。

英国内ではデイヴッィド・キャメロン首相とフランスのサルコジ大統領の緊密な関係を象徴するかの如く、政府が一連の原子力発電所建設計画の推進を決定しました。
両国政府の官僚と原子力産業界の連携により、福島第一原発の事故後も原子力発電賛成の世論作りのためのキャンペーンが展開されました。そして、原子力発電所がいったん事故を起こせば途方もない悲劇をもたらすという事実も、「新たな原子力発電技術」に取りつかれた閣僚たちの考えを改めさせることはありませんでした。

官僚たちは、福島と同様の事故が英国で起きるかどうかの政府自身の検証の結果報告まで、待つことすらしませんでした。
現在英国で提案されている電力市場の再編は、原子力発電に対する依存を高めようとするものです。
この提案を後押ししているのは、石油価格高騰により年間5,000万ポンド(約65億円)前後既存の原子力発電コストの方が割安である、というたなぼた式に現れた状況です。

しかし原子力発電がそれほど割安である、という事実には裏があります。
閣僚たちはそのことを強く否定していますが、すでに十分な利益を上げ続けている原子力業界に対し、いまだに公的な補助金が名前を変えて流れ込んでいるのです。
まるで政権公約をあざ笑うがごとく…
エネルギーの監視をおこなっている機関は、原子力災害に関する信頼性の問題を隠ぺいした上で、公的補助金を引き出すような行為はEUの法律に違反していると指摘を行い、彼らは実際にEU委員会に対する提訴を行っています。

福島の事故は我々に、原子力発電が高い危険性を持つ技術であることを教えてくれました。
その上、経済的な落とし穴があることも明らかになっています。

ご存知の通り、ヨーロッパでは現在新たに2基の原子炉が建設中ですが、当初計上されていた建設予算が法外に安く見積もられていました。
フィンランドとフランスで建設中のEPR原子炉は、すでに予算が倍にまで膨らんだ上、完成日時も大幅にずれ込んでいます。

原子力発電所の隠されたコスト - 廃棄物処理、保険、廃棄費用なども金額的に巨大であり、これらの費用はすべて最終的には国民が負担しなければなりません。
原子力発電がこれほど金がかかるものならば、その予算を再生可能エネルギーの技術開発に回す方がはるかに理にかなっているのではないでしょうか?

福島第一原発の事故から1年、私たちは最終的に原子力発電をあきらめるため、さらなる事故の発生まで待つべきではありません。
〈完〉

※ レベッカ・ハームズとダニー・コーン・ベンディットは、ともに欧州議会の緑の党/ EFAグループの会長を務めています。

http://www.guardian.co.uk/environment/2012/feb/17/phase-out-nuclear-power?INTCMP=SRCH
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

「これらのストレステストは、原子力業界がこれまで通り事業を継続することを一般国民に受け入れさせるための、PR事業の一環のようにも思えます。」
このような表現は本当に、日本のメディアができないところです。
でもこの部分を読んで思わず「その通り」、と思われた方は多いのではないでしょうか?

ところで、毎日この【星の金貨】の為にニュースの翻訳をしていて一番いらだつのは自分のタイプミスです。
それが音声入力がすらすらできるようになったら、どんなに楽でしょうか。
以下の iPad 2のニュースを見ると、将来はそんな私のいらだちも解決されるかもしれません。
でも指先を使わなくなる分、脳の退化が進んでしまうかもしれませんね。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 新発売の iPad 2、注目するのはどこ?】

アメリカABCニュース 3月7日

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

まあ、なんて美しい画面なんでしょう。
これがあたらしい iPadを見たときの第一印象でした。
しかし人々が iPad 2を 見ての第一印象はオリジナルのiPadと比べ、格段に薄くなったことです。
しかしアップルとしてはやはりみんなに話題にしてほしいのは、その画面の美しさでしょう。
その願いはかなえられると思います。

実測値で iPad 2は9.7インチ画面、1インチあたり246ピクセルに相当する2048×1536の解像度を持っています。
これを実際に見てみると信じられないほどシャープな画像、そして鮮明なテキストを目で確かめる事ができます。
私は時間の大半を使ってデモ用の画像と1秒あたり1,080コマの動画を確かめましたが、どれもきわめて鮮明な事に感動しました。ハードディスク内蔵テレビを見ているような感じです。
文字も鮮明で、電子書籍の読書にうってつけです。

そうですね、iPad 2は白と黒のツートンカラーですが、前モデルと比較すると厚さ9.5ミリのボディに搭載されているアプリケーションは一見同じように見えますが、実はまったく新しいコンテンツが詰まっています。

私は短い時間で5メガピクセルのiSightカメラと、撮影された画像の品質を徹底的に調べる事はできませんでしたが、カメラの起動時間の早さと、『インフィニティ・ブレード』のようなゲームのスムースな動きには驚かされました。これは5倍速のクアッドコア・グラフィックス・プロセッサの働きによるものと思われます。
すべての動作が軽快なのが、新しいiPad 2の特徴のひとつです。

「Siriは新しいiPadには搭載されている?」
こんなことを同僚が、イベント会場にいる私宛のメールで尋ねてきました。
でも驚いた事に、iPhone 4に搭載されていた音声起動システムは iPad 2には移植されていません。その代わり、あなたがテキスト入力したい文章を、音声入力できる機能があります。アップルが iPad 2を貸してくれましたが、残念ながらこの騒々しい会場内では、その性能を試す事は不可能でした。
同様に4G / LTEの速度を試す事もできませんでした。

「だけどねえ、新型画面、新型カメラ、そして高速プロセッサ、それだけの事じゃないの?」
会場内の数人の評論家はこう言って、iPad 2をさほど高くは評価しませんでした。
しかしiPad 2に搭載されるアプリはこれから、各社が開発競争を行う事になります。
4.99ドル支払えば、写真撮影を始め、驚く程高度な作業が iPad 2を使って可能になります。
私は写真の影の調整作業をする事ができました。
同様に、新しいiMovieのアプリケーションは、ビデオ編集ツールの中でも非常に使いやすく感じました。

今後も iPad 2についてたくさんの試験・改良が続けられ、その全容は発売時に明らかにされます。
iPad 2が発売される予定の来週3月16日には、大勢の人々がその画像の美しさを賞賛する事になるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報