星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 原子力の真実:広島、長崎から六ヶ所村再処理施設、安全保障関連法案…つながる一本の線 】《3》

【 原子力の真実:広島、長崎から六ヶ所村再処理施設、安全保障関連法案…つながる一本の線 】《3》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

先進各国が口にする平和は、富裕層が今手にしている特権と資産を奪われないように必要な秩序を維持することが目的
人類が望むべき『持続可能な世界平和』とは全く逆の政策を進めている、日本の安倍政権はその典型的な例
武器の製造・輸出、六ヶ所再処理工場、日本の政治指導者たちが金と権力に極めて貪欲であることの証明

金子千穂、フェアウィンズ理事会メンバー / フェアウィンズ 10月18日

FW Title 1
もちろん、ただ平和を願うだけでは、平和な世界を夢見るだけでは何も実現できません。
私たち人類すべてが世界中のあらゆる場所で『持続可能な世界平和』の実現のため、現実世界における活動を不断に活発に続ける必要があります。

現実世界の先進各国の指導者たちが口にする平和は、人類が手にすべき真実の平和とは似て非なるものです。
彼らが口にする平和は、それぞれの国の富裕層が今手にしている特権と資産を奪われないように必要な秩序を維持することが目的であり、地球上の人類が平等な条件の下で永続的な平和な暮らしを続けるというものではありません。

現在の日本の政権(安倍政権)が、人類が望むべき『持続可能な世界平和』の実現とは全く逆の政策を進めている典型例のひとつであるというのは、私が信じて疑わないところです。

日本の国会は、憲法に明記されている世界的にも有名な「戦争の放棄」という条文を無視し、安全保障関連法案を可決成立させました。

安全保障法案03
日本政府は新しい政府機関として防衛装備庁(本文中ではDefense Equipment Agency、機関自身の表記はAcquisition Technology & Logistics Agency)を10月1日に発足させ、日本の強力な政治団体である経団連は、武器の製造・輸出をこれからの日本の経済成長の手段の中心に据えるビジョンを具現化しようとしています。
このビジョンの視野には現在日本国内で行われている原子力発電、そして青森県にある六ヶ所再処理工場のフル稼働が含まれています。

六ヶ所再処理工場は世界にたった3か所しかない、商業用核物質再処理施設のうちの1つです。
イランの核開発疑惑を巡って世界的な議論が行なわれている最中である一方、日本が六ヶ所再処理工場のフル稼働に向けた取り組みが認められていることについて、皮肉な現実、そして欺瞞を感じざるを得ません。

六ヶ所再処理工場は原子力発電によって無限に生み出される使用済み核燃料の解決手段として大いに宣伝されましたが、これまでの試運転において技術的トラブルが続出し、全く成功していません。
六ヶ所再処理工場を稼働させる目的は原子力発電所の原子炉の炉心から取り出した使用済み核燃料から燃料棒を取り外し、化学処理を行って兵器級プルトニウムを取り出すというものです。

六ヶ所村
日本政府内には、日本が自前で核兵器を製造・所有することを可能にするための有力手段とみなしているメンバーがいて、私はそれが万が一にも現実になることを心から恐れています。
そして公にはされていませんが、六ヶ所再処理工場がフル稼働すれば周辺環境に壊滅的な影響が出る危険性があり、その事を何より懸念しています。

私は日本の政治指導者たちが金と権力に極めて貪欲であることを示すこうした実例を目の当たりにして、身震いする思いです。
こうした考えを持つのは私一人ではありません。
数週間の間、私は安全保障関連法案の成立を阻もうと日本中で一般市民が立ち上がり、大規模な抗議行動、抗議集会に発展したという報告や報道に接してきました。
9月19日、混乱を極める中で安全保障関連法案が成立した後も、多くの研究者や市民グループがこれらの法案の違法性について非難しています。

国民が恐れているのは第二次世界大戦(太平洋戦争)以前の日本がそうであったように、国家の安全保障という名の下に市民の権利が徐々に剥奪されて行き、気がつけば国全体が軍国主義に支配され、一切の異論が許されない社会が再び現実になる事です。

広島原爆ドーム02
私はこの地球上の誰もが核兵器攻撃の被害者、原子力大災害、あるいは原子炉のメルトダウン発生による原発事故の被災者には決してなりたくないと考えている、そう確信しています。

原子力産業は、実は1945年8月に日本の2つの都市を壊滅させた原子爆弾を起源とするものです。
この2つの『事業』は不可分に密接につながっており、決して切り離して考えられるものではありません。

原子炉の燃料を作るために使われるウラン濃縮技術は、広島を壊滅させたウラン型原爆を作る際に必要不可欠な技術です。
六ヶ所再処理工場において抽出されるプルトニウムは、長崎を壊滅させたプルトニウム型原爆に使われたものとまったく同じものです。

核兵器、原子力発電、そして各種の原子力施設の存在は国家にとって必要だという説を容認し続ける限り、私たち人類は核爆発・核分裂が生み出す無数の悲劇から逃れることはできないのです。

-《4》へ続く –

http://www.fairewinds.org/nuclear-energy-education//nuclear-is-atomic
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 10月29日までの報道写真から 】

アメリカNBCニュース 10月29日
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)
day01
10月28日、ギリシャ、レスボス島の沿岸で悪天候の中、沈没寸前のボートから降りて、陸地を目指すアフガニスタン難民。
ギリシャ政府は冬の到来を目前に控え、増え続ける難民救済のための対策を急いでいるとのコメントを発表しました。(写真上)

レスボス島沖合で沈没してしまったボートから救出された難民の男の子を抱きかかえるボランティアの男性。(写真下・以下同じ)
トルコからエーゲ海を渡りギリシャを目指していたボートが転覆し、子ども3人を含む5名の難民が死亡しました。
day02
救出された赤ちゃんの蘇生措置を行う救護隊員と医師。
day03
10月29日スロベニア、シェンティリで国境を越える許可を待ち続ける難民の前で泣いている少女。
day 2
http://www.nbcnews.com/news/photo/today-pictures-october-28-n453301

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報