星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 不要な医療行為の削減に取り組む、アメリカの医師たち 】

【 不要な医療行為の削減に取り組む、アメリカの医師たち 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

「国家の医療費総額の3分の1は不必要」

アメリカNBCニュース 4月4日

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

医療関係者と消費者団体は互いに協力し、年間数兆ドルに上る基本的に不要な医療行為のリストを作成しました。
NBCの ナンシー・スナイダーマン医師がお伝えします。

それでは、冒頭にご紹介した医療に関するニュースをお伝えします。
治療や検査はすればするほど良いと考えられてきた時代は過去のものとなり、全米ガン専門医師会や全米心臓医師会を含むアメリカの9つの医療団体は、いまや医療検査や医療行為を必要最小限にとどめるようすすめています。
NBCの医事問題担当のナンシー・スナイダーマン医師がお伝えします。

心電図による検査を繰り返すより、日常的にからだを動かす努力をすること。

内臓の内視鏡検査などを行う際は、十分に間隔を空けて実施すること。

これはあらゆる専門分野の医師たちと、賛同する消費者が互いに協力して作り上げた数十項目に上る、医療上の推奨行為のリストの中からの2項目です。
アメリカ内科医委員会(ABIM)クリスティン・カッセル医師
「このリストが作成された主要な目的は、注意を喚起することです。
そして患者が不要な検査や医療行為により、治療どころかダメージを受けることを防ぐためなのです。」

アメリカ国内で一年間に医療行為などに費やされる金額は2兆6,000億ドル(約210兆円以上)に上りますが、一説にはそのうちの3分の1は不必要かつ、患者にとってむしろダメージになる検査や治療、投薬などに費やされています。

今回この取り組みを行ったグループが発表した45の推薦事項の中には、単なる背中の痛みや軽い頭痛ですらMRI検査を実施するようなことは避けるよう、明言されています。
あるいはめまいがした程度でCTス キャンをするようなことも避けるべきだとされています。
軽い風邪をひいたときに抗生物質を投与することは無意味であり、 簡単な手術の前に胸部X線検査を行うことも不要であるとしています。

チャールズ・バーデス医師「まれに例外的に、私たちは以前より症状が軽くなった、という例に出会うこともありますが、多くの場合はかけなくてもよい多額の費用をかけており、もっと問題なのは、患者に浴びる必要のない放射線を浴びさせたりしていることなのです。」

しかしこうしたアドバイスを受け入れるかどうかは、人によってまちまちのようです。
女性「私には病院での検査が嫌いな友人がいたのですが、結局3年たって彼女にはガンが発見されたのです。」
女性「私にとってこの提言は役に立ちましたよ。今まで受けていた治療や検査の中で少なくとも10個は不要だとわかったので、やめることにしました。」

今回の提言が経済的には損失につながることがわかっている内科医であっても、そこに盛られている不要な医療行為は削減すべきである、という考え方には同調しています。
チャールズ・バーデス医師「「その検査を行っても、数パーセントしか有効性が期待できないのであれば、するべきではないと思います。しかし、その検査を行うことによって確実に必要な情報が得られるのであれば、そのことが確信できるのであれば、その時は自信を持って検査を行うべきです。」

クリスティン・カッセル医師「私たちは患者がもっと必要な情報を適切に提供され、医師との間のコミュニケーションがスムースに行われることにより、不要な医療行為によって患者が危険にさらされたり、医療スタッフに不要な負担がかかったりすることを減らすことができるのです。」

究極のゴールは無駄を削り、必要な部分に集中することでヘルスケアを進歩させることなのです。
今回の提言はどんな場合にもあてはまる万能のものさしではありま せん。しかし、今行われようとするその医療行為が、もしかしたら不要である上、患者にダメージを与えてしまうかもしれない、そのことへの注意を喚起することができます。
そして本当に治療を必要とする人々に、医療行為を行うことにより、国民全体の健康を向上させることができるのです。どうでしょう、ブライアン?

ブライアン・ウィリアムズ
「これを機会に私たちも意識を変える必要があるかもしれません。」

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

「最大の健康法は、できるだけ病院に行かないようにすること」

こんな冗談ともつかぬタイトルの本が、結構売れたりしているようです。

個人的なお話をさせていただきますが、私の高校時代の同級生には医者が多く、一緒にゴルフをした時など医者同士が「情報交換」をしているのを小耳にはさむ機会があります。
脇で話を聞いていると、患者に対する姿勢について「???」と感じることがあります。
それが彼の医療のすべてであるとは思いませんが、医療の目的は病気を治すことであって、医療報酬というのは単なる事務手続きのはず。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【マスターズ2012 : グリーンジャケットに手の届かなかったトップ・プレイヤー達】

アメリカPGAツアー 4月4日

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報