星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 キセノン検出 – 新たな核分裂の脅威を軽視する東京電力 】

【 キセノン検出 – 新たな核分裂の脅威を軽視する東京電力 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

ドイチェ・べレ(ドイツ国際放送) 11月2日

東京電力は福島第一原子力発電所でのさらなる問題の発生を確認しました。
発電所の技術者が放射性キセノンの存在を確認し、制御不能が続く同発電所の問題をさらに難しいものにする恐れが出てきました。

事故を起こした福島第一原発は、東京電力が原子炉2号機から核分裂の副産物として生成される放射性キセノン133と135の存在を報告したことで、またもや目が離せない状況に陥りました。
東電は冷却水にホウ酸の注入を開始しました。
ホウ酸は核分裂における中性子の放出速度を遅くし、核反応の加速による危険を減少させるために用いられます。

キセノンは最近行われた原子炉2号基の格納容器から、除去される放射性物質のサンプルの徹底的なテストの結果見つかったものです。

東京電力のスポークスマンは少量のキセノンの検出は、大規模なメルトダウンを証明するものではない、と強調しました。
原子炉内の温度と圧力は未だに安定しており、放射能の漏出量も増えてはいない、とも述べています。
キセノンの検出は福島第一原子力発電所の詳細な監視を行っている、日本の原子力安全保安院によっても確認されました。

キセノンの検出とその結果生じた核反応の脅威は、年末までに破壊された原子力発電所を制御下に置く、という日本政府とその計画に対する障害になるかもしれません。

3月11日 の地震と津波の後、福島第一原子力発電所の冷却システムは停止し、原子炉1号基、2号基、3号基の燃料棒は部分的に、あるいは完全にメルトダウンを起こしました。

水素爆発が原子炉を覆っていた建屋にさらなるダメージを与えました。
続く数カ月間の間、現場作業員が大量の海水を注水することにより、先週になってやっと原子炉の安定化の第一段階である、圧力容器内の温度を摂氏100度以下まで下げることができました。
加えて原子炉1号基のタイヤを再建、原子炉をすっかり覆うことによって、放射能漏れ減少させたところでした。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

今日は【福島 - それでも原子力発電に未来はあるのか?〈後編〉】をお贈りする予定でしたが、キセノン検出のニュースがドイチェ・ベレ(ドイツ国際放送)に掲載されましたので、いつものことですが予定を変更し、こちらをお送りします。
これで掲載中の未完の原稿が、
▽【 放射能のない日本への戦い [ 苦難の道を歩む東北地方のコミュニティ ]】
▽【 3.11 津波の後の姉妹都市 】
▽【福島 - それでも原子力発電に未来はあるのか?】
いずれも翻訳は完了していますので、順次掲載をさせていただきます。

加えて情けないニュースを下記に掲載します。
このパフォーマンスは英国BBC放送、米国NBCニュースで取り上げられましたが、当然のことですが賞賛などはありません。
こうした安手のパフォーマンスは、これまでこの[星の金貨]で繰り返しご紹介して来た被災地の方々の苦しみや不安に対し、どんな解決にも慰めにもなりません。

どころかアメリカ・イギリスのキャスターたちが眉をひそめるように、
「いったい何をしたいのだ?!」
という、困惑だけを世界中から買ったかもしれません。
この方は日本の衆議院議員です。
世界は別の意味で驚いたと思います。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 福島第一原子力発電所内の水を飲む日本政府当局者 】

英国BBC放送 11月1日

日本政府の当局者が、昨日、制御不能となっている福島第一原子力発電所内で、放射能を帯びた水槽から採取した1杯の水を飲みました。
テレビの画面は、民主党衆議院議員の園田康博(内閣の議会内スポークスマン)氏が、地域から汚染を除かれた水の安全についてジャーナリストによって疑問を呈された後、意を決してコップの水を飲むシーンを放映しました。
立ち入り禁止区域は3月11日 の地震と津波の後、福島第一原子力発電所の周囲に設定されました。
当発電所は3基の原子炉でメルトダウンを引き起こしています。

BBCのローランド・バーク特派員(東京)は、この水は人間の飲用には明らかに適さないと語りました。

【 決死の?!パフォーマンス、しかし得たものは… 】

アメリカNBCニュース 11月2日

私たちに言えることは、水を飲むなら飲むのにふさわしい水を飲んだ方がいい、ということです。
昨日公衆の面前で、日本の国会議員が福島第一原子力発電所内の貯水槽の水を、コップ一杯飲んで見せました。
やって見せた理由は汚染除去作業が順調に進み、このエリアの水道水が安全なことをアピールするためでした。

しかし今日になって、原子炉2号機からの放射性物質キセノンの漏出への対応に大わらわになっていことが新たに報告されました。
原子炉内で核分裂反応が続いていることが懸念されています。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報