星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 イスラム国(ISIS)犯罪記録マップ2015 】

【 イスラム国(ISIS)犯罪記録マップ2015 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 11分

イラク・シリア以外での犠牲者数、18カ国50カ所1,100人、現在の主要攻撃目標は北アメリカ?!
シリア・イラク領内に点として存在していたイスラム国(ISIS)は、瞬く間にその触手を世界中に広げてしまった

 

レイ・サンチェス、ティム・リスター、マーク・ビクスラー、ショーン・オーキー、マイケル・ヘーゲンミラー、モハメッド・タウィフィーク CNN  12月17日

San Bernardino 1
一組の夫婦がカリフォルニア州サンバーナーディーノで14人を殺害したとき、アメリカ国内で2001年9月11日以降最悪となるテロ事件が起きてしまいました。
そしてこの事件は世界で起きている恐るべき現実を世界中の人々に思い知らせることにもなったのです。
イスラム国(ISIS)は、イラク・シリア国内で荒れ狂う災いから、世界中の人々に対する脅威へと変貌していたのです。

2014年6月に正統のカリフによる統治を宣言して以降、イスラム国樹立を主張するISISは18カ国で少なくとも50件のテロ事件に関与し、1,100人を殺し、1,700人以上を負傷させました。
サンバーナーディーノの捜査官は、夫婦の一方がISISのリーダーに忠誠を誓っていたと証言しました。
そしてISIS側もこのテロリストを、「殉教者」であり「支持者」であると認めました。

 

ではISISは実際にテロを計画し、それを命令したのでしょうか?
そしてISISの掲げる主義主張が、テロリストたちを実際の行動へと突き動かしたのでしょうか?

国際的なテロリストが計画しているテロの内容やそれぞれの役割を特定することは、非常に困難であることがしばしばです。
2015年7月にテネシー州チャタヌーガで4人の米国の海兵隊員と海軍兵士が殺害される事件が起きましが、FBI長官ジェームズ・コメイは
「外国のテロリスト・グループのプロパガンダが殺人動機となった」
ということを明らかにする一方で、どのテロリスト・グループが関わったのかは特定することが困難だと語りました。

しかしひとつの事だけは明らかです。
シリア・イラク領内に点として存在していたイスラム国(ISIS)は、瞬く間にその触手を世界中に広げてしまったのです。
下に掲げた地図は、シリア・イラク以外の場所でイスラム国(ISIS)が直接関わったか、あるいはその系列化にある各地のテロ組織が引き起こした事件の分布マップです。

[地図 : イスラム国(ISIS)が関わったテロ事件の分布マップ(世界)]、
ISIS Map 1
▽ 北アメリカを直接攻撃するイスラム国(ISIS)
▼ 2014年10月20日
マーティン・ルーロー・クチュールがカナダ、ケベックのサンジャン・シュル・リシュリューの政府庁舎の外で2人の兵士に襲いかかり、1人を殺害しました。
クチュールはイスラム教に改宗した後、ウェブ上でイスラム国(ISIS)の支持を表明していました。
戦争調査研究所によるとクチュールはISISスポークスマン・アブ・マホメット・アル・アドナニと電話で連絡をとっていた可能性があります。
ISIS側はその英字誌『ダビク』でクチュールについて言及し、襲撃がアドナニの電話での指示によるものだと書き、クチュールの写真を掲載しました。
いずれにしてもこの襲撃の背後にはイスラム国(ISIS)がいると信じられています。

 


▼ 2014年10月22日
マイケル・ザハフ・ビボーがカナダの首都オタワの国立戦没者記念碑とパーラメントヒルで銃撃事件を引き起こし、ネーサン・シリリョ軍予備兵伍長を殺害しました。
犯人のザハフ・ビボーは下院の守衛ケビン・ビッカーズに射殺されました。
他に警備員を含む2名が負傷しましたが、ここでもISISの英字機関誌『ダビク』はザハフ・ビボーの犯行がアドナニの電話での指示による直接的な結果であると伝えていることを戦争調査研究所が報告しました。

 

▼ 2014年10月23日
手に斧を持った男がニューヨークで4人の警官に襲いかかりました。
容疑者は米国人のゼール・トンプソン、ネットなどを通じ過激な思想に染まっていったものと見られています。
警察によると、トンプソンはISISが繰り返す頭部の切断「beheadings 」、アルカイダ、ISIS、ソマリアの過激武装勢力アルシャハーブ「alShabaab」などをキーワードにネット上で検索していました。
ISIS側はその英字誌『ダビク』でクチュールについて言及しており、この襲撃の背後にはイスラム国(ISIS)がいると信じられています。

 


▼ 2015年5月3日
2人の男がダラス郊外で開催されたイスラム教の預言者モハメッドの漫画コンテストの会場の外で銃撃事件を起こしました。
警察が彼らに発砲して、殺す前に、銃撃者のエルトン・シンプソンとナディア・スーフィの2人は警備員一人を負傷させた後、両名とも警察に射殺されました。
連邦法執行機関によれば、シンプソンは銃撃の前にツイッターに自分をISISと関連づける投稿を行っていました。
この日のイベントではオランダの右翼政治家ギアート・ヴィルダーが基調演説を行いましたが、彼はアルカイダの抹殺対象者リストの上位にいる人物です。
銃撃犯の少なくとも一方は、ソーシャルメディアを通じシリア国内のISISの諜報機関と接触していた形跡があります。
戦争調査研究所によればISISは銃撃犯を「カリフの忠実な兵士」と呼び、関与を主張しました。戦争調査研究所は銃撃を「ISISの働きかけによる」ものと見ていますが、米政府当局はISISによる関与の主張は「事件に便乗したものであろう」と語っています。
しかしやはりISISが関与しているという見方が有力です。

 

▼ 2015年12月2日
タシュフィーン・マリクと夫のシド・リツワン・ファルークの2人がカリフォルニア州サンバーナディーノの地方自治公衆衛生従事者の集会会場を襲撃、14人を殺害し、21名を負傷させました。
マリクとファルークの2人は警察官や治安部隊との銃撃戦の末射殺されました。
事情に詳しい米国の3人の捜査官はCNNの取材に対し、マリクがフェイスブックでISISのリーダー・アブー・バクル・アル・バグダディに忠誠を誓っていたことを明らかにしました。
夫婦は2013年にISISが勢力を大きく拡大する以前から、過激な思想を持つようになっていたとコメイFBI長官が言及し、そしてファルークは他のテロリスト・グループとの連携も試みていたことも明らかにしました。
戦争調査研究所は2人の経学がISISだけではなく、アルカイダのテロ攻撃部門とも繋がりがあったという見方を示しています。
「この襲撃事件は、アルカイダまたはISISにつながる、銃と爆薬の扱いに習熟したテロリストが米国内で初めて行ったテロ攻撃事件となったのです。」

ISIS米国テロ現場地図
http://edition.cnn.com/2015/12/17/world/mapping-isis-attacks-around-the-world/index.html
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

なぜ今自分がこの【星の金貨】を続けているのか、下の写真を見ているうちにその答えのひとつがあるような気もしてきました。
私は小学校の中〜高学年に小学館か講談社の『少年少女世界名作文学全集』全50巻、それぞれが400ページほどあるのが家にあったため、片っぱしから読んでいきました。
ガルガンチュアもシラノ・ド・ベルジュラックもミュンクハウゼンもオリバー・ツイストも皆この本で知ったのですが、その中で繰り返し読んだのは『ホメロス物語」でした。
でも心に残ったのはアメリカの『モヒカン族の最後』とイタリアの『ポンペイ最後の日』だったと思います。
いずれも『滅び」の物語でしたが、今思えば、『運命」というものの理不尽さに子供ながらに衝撃を受けたのかもしれません。
3.11では多くの人命が失われ、福島第一原子力発電所の事故では何十万という人が生きる場所を奪われましたが、その理不尽さを作り出したものは何なのか…
2015年という年の瀬に、そんなことを考えていました。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 公開 : ポンペイ最後の日、6軒の古代の家 】

アメリカNBCニュース 12月24日
(掲載されている写真をクリックして大きな画像をご覧ください)

Pompei 1
4年に及んだ修復作業が終わり、12月24日古代ローマのポンペイ6軒の古代の家が公開されました。
ポンペイの古代ローマ帝国の歴史的建造物である6軒のドムス公開の除幕式でスヒーチをするイタリアのマッテーオ・レンジ首相(写真上)
ドムスは古代ローマにおける上流階級の裕福な市民の住宅でした。

6軒のドムスのうちのひとつ、フロニカ・ディ・ステファヌス。
今回行われた修復作業は欧州委員会が資金を供給し、ここにしかないユネスコ世界遺産の保護すを目的とする総費用1億500万ユーロの大きなポンペイ・プロジェクトの一環として行われました。(写真下・以下同じ)
Pompei 2
フロニカ・ディ・ステファヌスの中で撮影用の器材を組み立てる報道関係者。
Pompei 3
パクイウス・プロクルス邸。
Pompei 4
クリプトポルティコ邸。
Pompei 5
クリプトポルティコ邸の中にあったアンフォラ型古代容器(出口が細く、二つの取っ手がある。油やワインなどの容器として使われた)。
Pompei 6
http://www.nbcnews.com/slideshow/ancient-houses-restored-unveiled-pompeii-n485516

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報