星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 アメリカ:2基の原子炉建設、連邦政府が許認可 】

【 アメリカ:2基の原子炉建設、連邦政府が許認可 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

「フクシマがまだ終わっていない今、やるべきではない」アメリカ原子力規制委員会(NRC)グレゴリー・ヤッコ委員長

アメリカABCニュース 2月9日

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

2基の新たな原子炉建設が9日、合衆国政府の許可を取り付けました。
1979年にスリーマイル島の原子炉が部分的なメルトダウンを起こして以来、実に30年ぶりに新規建設が認められた事になります。

アメリカ原子力規制委員会はジョージア州アトランタのサウザン・カンパニーに対し、2基の原子炉がある同州ウェインズボロのヴォグトゥル原子力発電所内に、さらに2基の建設を許可しました。
計画では3号機は2016年、4号機は2017年の稼働を目指します。

サウザン・カンパニーの最高経営責任者トム・ファニングは記者会見で許可が下りた事について「著しい進展を見た」と誇らしげに語りました。
「ヴォグトゥル原子力発電所の2基の新たな原子炉は、安全性と発電効率に関する新たな基準を打ち立てる事になるだろう。」
と語り、必要な予算を確保し、計画通りに建設を進める事に自信をにじませました。

5名からなるアメリカ原子力規制委員会(NRC)のメンバーの中で、グレゴリー・ヤッコ委員長一人が、福島第一原発の事故で3基の原子炉でメルトダウンが起き、その検証が終わっていない以上、安全についての懸念がある、として反対を表明しました。
「原子力発電、そして原子炉の安全性を高めるためには、もっとさらに詳細に福島の事故について検証する必要があり、やらなければならない事はまだまだある。」
とヤッコ委員長は声明を発しました。
「それが解っている以上、私はまるで福島の事故など無かったかのように建設許可を与える事は、私は容認できない。」

NRC広報担当官のスコット・バネルは、スリーマイル島の事故後初めてとなる新たな原子炉建設である以上、稼働前に新たな安全基準と規格について、非常に厳しい基準をクリアしなければならないだろう、ABCニュースに語りました。
「認可は建設だけではなく、稼働する際にも必要であり、両方の認可条件が満たされて初めて原子炉としての利用が可能になるのです。」
認可条件を検討している間、NRCは原子力発電所が環境にどのような影響を与えるか、「数多く」寄せられた意見を検討する機会があった、とバネル広報官が語りました。

サウザン・カンパニーが公表した目論見書によれば、2基の新たな原子炉建設のためジョージア州では140億ドル(約1,000億円強)の投資が行われます。
スリーマイル島の危機の際、米国原子力規制委員会のメンバーだったピーター·ブラッドフォードは、新しい原子炉を構築することは経済的に合理的な意思決定ではない、と述べました。
「建設許可についての検討が行われた際、経済的な問題については検証が行われていません。投資家は建設費が莫大にふくらむリスクを取るつもりは無いと思いますよ。」
ブラッドフォードがABCテレビに語りました。

http://abcnews.go.com/US/construction-nuclear-reactors-approved/story?id=15549775#.TzSKwYFZ6W8

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

もう、おわかりですね、
アメリカ原子力規制委員会(NRC)グレゴリー・ヤッコ委員長が言うように
アメリカですら「フクシマの事故の検証が終わっていない今、新たな原子炉建設はするべきではない」と言っています。

一方の日本の原子力安全保安院は
[1]福島第一原発の事故を起こした責任を、東京電力と二分する立場でありながら
[2]福島第一原発の事故に関する調査では、何ひとつ成果らしい成果を上げていないのに
[3]世界の原子力産業界からですら「古すぎて危険」
と指摘のある原子炉の再稼働に躍起になっています。

[1]に関して言えば、東京電力が安全性より経済性の方を向きがちになるのは、ある意味私企業の宿命とも言うべきかもしれません。
だからこそ国民・国土を守る機関として、業界を指導・規制しなければならないのが原子力安全保安院。

それが、福島第一原発の事故がまだ続いている、160,000人からの人々が避難を余儀なくされ、そのほとんどが生活再建ができないのに、
そして首都圏から秋田、岩手までの広範囲な地域の数千万人の人々の生活が脅かされているのに、
視界に入っているのは原発再稼働だけ。

国民・国土を守る機関としての矜持、責任、反省、良識、叡智、etc.....

この中で日本の原子力安全保安院が持っているもの、皆さんはいくつあるとお考えですか?

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報