星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 安倍首相の戦後70周年談話、そこに潜む『真意』】《前篇》CNN

【 安倍首相の戦後70周年談話、そこに潜む『真意』】《前篇》CNN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

ナチスドイツの所業について『永遠の責任』を認めたアンゲラ・メルケル首相、日本軍の非人道行為についてはもう謝罪は必要ないと宣言した安倍首相
安倍首相は旧大日本帝国の非人道的行為の検証を『自虐史観』と攻撃、『謝罪外交』を否定することにそのキャリアのすべてを捧げてきた
日本はこれ以上の謝罪を行う必要はないとする安倍首相の見解は、一般国民の感情を代表するものではない

ジェフ・キングストン / アメリカCNNニュース 8月16日

安全保障法案05
その曖昧で抽象的な表現が『解釈変更』により、将来国民が考えているのとは全く別の形で運用される可能性も考慮に入れ、安倍首相が8月14日に発表した太平洋戦争終結70周年の談話については、今後各国でひとつひとつの言葉について詳細な分析が行なわれることになります。

それはまるでロールシャッハテスト(抽象的な図柄を見せ、何に見えるか答えさせることにより、その人の心理状態を判断する検査方法)です。
安部終首相が語った言葉は、そして語らなかったことは、聞く人によって自分の都合の良いように、自分が思いたいように解釈することが可能でした。

70周年談話については、日本国内ではイデオロギー的立場によってその主張は異なっていました。
安倍政権は右派に支持され、左派の批判にさらされてきました。
そして70周年談話について、右派の中でもタカ派はいなる表現であれ『後悔』という言葉の表明は許さないという立場を取っていました。
一方の左派は安倍首相の談話は心から謝罪をするという誠意に欠け、個人としての謝罪の言葉が無く、ただ単に用意された文章を読み上げているようにしか見えなかったと批判しました。

安倍政権NO!
安倍首相の談話はアメリカ国内の批判を鎮静化させることに成功し、アメリカ政府内の親安倍派はもろ手を挙げて歓迎する声明を公表しました。
一方、中国政府と韓国政府は従軍慰安婦問題に関する具体的言及など、安倍首相が大切な部分を省いてしまったことについて失望を露わにしました。

安倍首相は旧大日本帝国が犯した非人道的行為を検証することを『自虐史観』と攻撃し、戦後日本の対外姿勢を『謝罪外交』だと否定することにそのキャリアのすべてを捧げてきた、歴史を歪曲しようとする立場を代表する人物です。
安倍氏は1995年に当時の村山首相が公表した村山談話を20年間に渡り批判し続け、1993年いわゆる従軍慰安婦の問題について日本の責任を認めた河野談話については、時間をかけてその信頼性を傷つける工作を続けてきたネオコン(新保守主義)の国家主義者であり、戦後日本の平和主義の対極に立つ人物です。

安倍氏は同時代のナチス・ドイツの所業について『永遠の責任』を認めたアンゲラ・メルケル首相とは対照的に、加害者としての旧日本軍の事歴を葬り去り、自分自身も、日本の将来の世代も、これ以上謝罪を続けることを要求されるべきではない、そう考える人物なのです。

安倍 3
しかし、日本が軍国主義日本の侵略をうけた国々と戦後共有してきた歴史観を否定し、侵略国として犯した史実を受け入れることなく、一方的に謝罪の終了を要求することは、国際社会における日本の地位を確立していく上ではかえって逆効果です。

最近行われたNHK世論調査は、第二次世界大戦(太平洋戦争)に関する日本の謝罪を否定する回答がわずか15%であったのに対し、42%の回答者は日本の戦争責任について襟を正して謝罪すべきだと考えていることを明らかにしました。
日本はすでにこれまでに充分な謝罪を行ったとする安倍首相の見解は、一般国民の感情を代表するものではないのです。

〈 後篇に続く 〉

http://edition.cnn.com/2015/08/15/opinions/japan-abe-wwii-statement-analysis-kingston/index.html
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 なぜ今、シリアから国外に逃れる大量の難民が発生しているのか?! 】《前篇》

アメリカNBCニュース 8月22日
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)

Syr07
デゥマの仮設の病院で、治療を待つ負傷した姉妹。(写真上)
シリアの首都ダマスカスの北東にあるデゥマは現在反政府市民軍が制圧していますが、バシャル・アル・アサド大統領側の戦闘機のミサイル攻撃にさらされています。
8月24日の攻撃ではビルが完全に倒壊し、現場からは少なくとも50の遺体が回収されました。
8月16日にも政府側の空爆があり、この時は住民約100人が犠牲になりました。

4年に及ぶ内戦の中、デゥマに対する攻撃は最も凄惨な結果を生み、住民100万人のうち、これまでに4分の1が殺害されたと見られています。
こうした残虐極まりない状況は、シリア領内から1,000万人という難民を作りだしました。

シリアの内戦を監視している国連査問委員会は、アサド政権に対し一般市民で混雑する場所を狙っての無差別砲撃と空爆を行っているとして非難しています。
これに対し政府側は一般市民を標的としていることを否定し、反政府勢力の拠点への攻撃だと主張しています。

シリア政府軍の攻撃の着弾地点から逃げる少年。(写真下・以下同じ)
Syr01
空爆の後、負傷した女性を運び出す男性。
Syr02
着弾地点から助け出される少女。
Syr03
着弾現場から避難する人々。
Syr04

〈 後篇に続く 〉
http://www.nbcnews.com/news/world/horrific-images-show-why-syrians-flee-their-daily-life-n415291

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報